FC2ブログ

【CD入手】ビートルズ/オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 #Beatles #OnAirLiveAtTheBBC

ビートルズ / オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2

輸入盤等はこちらから。
[収録内容]
★収録曲 DISC1
1. And Here We Are Again (Speech) / アンド・ヒア・ウィ・アー・アゲイン ※
2. WORDS OF LOVE / ワーズ・オブ・ラヴ
3. How About It, Gorgeous? (Speech) / ハウ・アバウト・イット、ゴージャス? ※
4. DO YOU WANT TO KNOW A SECRET / ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
5. LUCILLE / ルシール *
6. Hey, Paul… (Speech) / ヘイ、ポール… ※
7. ANNA (GO TO HIM) / アンナ
8. Hello! (Speech) / ハロー! ※
9. PLEASE PLEASE ME / プリーズ・プリーズ・ミー
10. MISERY / ミズリー
11. I'M TALKING ABOUT YOU / アイム・トーキング・アバウト・ユー ☆公式未発表曲(カヴァー曲)
12. A Real Treat (Speech) / ア・リアル・トリート ※
13. BOYS / ボーイズ
14. Absolutely Fab (Speech) / アブソリュートリー・ファブ ※
15. CHAINS / チェインズ
16. ASK ME WHY / アスク・ミー・ホワイ
17. TILL THERE WAS YOU / ティル・ゼア・ウォズ・ユー
18. LEND ME YOUR COMB / レンド・ミー・ユア・コーム *
19. Lower 5E (Speech) / ロワー・5E ※
20. THE HIPPY HIPPY SHAKE / ザ・ヒッピー・ヒッピー・シェイク *
21. ROLL OVER BEETHOVEN / ロール・オーバー・ベートーヴェン
22. THERE'S A PLACE / ゼアズ・ア・プレイス
23. Bumper Bundle (Speech) / バンパー・バンドル ※
24. P.S. I LOVE YOU / P.S.アイ・ラヴ・ユー
25. PLEASE MISTER POSTMAN / プリーズ・ミスター・ポストマン
26. BEAUTIFUL DREAMER / ビューティフル・ドリーマー ☆公式未発表曲(カヴァー曲)
27. DEVIL IN HER HEART / デヴィル・イン・ハー・ハート
28. The 49 Weeks (Speech) / ザ・フォーティーナイン・ウィークス ※
29. SURE TO FALL (IN LOVE WITH YOU) / シュアー・トゥ・フォール *
30. Never Mind, Eh? (Speech) / ネヴァー・マインド、エン? ※
31. TWIST AND SHOUT / ツイスト・アンド・シャウト
32. Bye, Bye (speech) / バイ、バイ ※
33. John - Pop Profile (Speech) / ジョン ― ポップ・プロフィール ※
34. George - Pop Profile (Speech) / ジョージ ― ポップ・プロフィール ※

DISC2
1. I SAW HER STANDING THERE / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
2. GLAD ALL OVER / グラッド・オール・オーヴァー *
3. Lift Lid Again (Speech) / リフト・リッド・アゲイン ※
4. I'LL GET YOU / アイル・ゲット・ユー
5. SHE LOVES YOU / シー・ラヴズ・ユー
6. MEMPHIS, TENNESSEE / メンフィス、テネシー *
7. HAPPY BIRTHDAY DEAR SATURDAY CLUB / ハッピー・バースデイ・ディア・サタデイ・クラブ
8. Now Hush, Hush (Speech) / ナウ・ハッシュ、ハッシュ ※
9. FROM ME TO YOU / フロム・ミー・トゥ・ユー
10. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) / マネー
11. I WANT TO HOLD YOUR HAND / 抱きしめたい
12. Brian Bathtubes (Speech) / ブライアン・バスチューブス ※
13. THIS BOY / ジス・ボーイ
14. If I Wasn't In America (Speech) / イフ・アイ・ワズント・イン・アメリカ ※
15. I GOT A WOMAN / アイ・ゴット・ア・ウーマン *
16. LONG TALL SALLY / ロング・トール・サリー
17. IF I FELL / 恋におちたら
18. A Hard Job Writing Them (Speech) / ア・ハード・ジョブ・ライティング・ゼム ※
19. AND I LOVE HER / アンド・アイ・ラヴ・ハー
20. Oh, Can't We? Yes We Can (Speech) / オー、キャント・ウィ? イエス・ウィ・キャン ※
21. YOU CAN'T DO THAT / ユー・キャント・ドゥ・ザット
22. HONEY DON'T / ハニー・ドント
23. I'LL FOLLOW THE SUN / アイル・フォロー・ザ・サン
24. Green With Black Shutters (Speech) / グリーン・ウィズ・ブラック・シャッターズ ※
25. KANSAS CITY/HEY-HEY-HEY-HEY! / カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ!
26. That's What We're Here For (Speech) / ザッツ・ホワット・ウィアー・ヒア・フォー ※
27. I FEEL FINE (STUDIO OUTTAKE) / アイ・フィール・ファイン(スタジオ・アウトテイク)
28. Paul - Pop Profile (Speech) / ポール ― ポップ・プロフィール ※
29. Ringo - Pop Profile (Speech) / リンゴ ― ポップ・プロフィール ※

※:メンバーの会話23トラック

公式未発表曲:
DISC1-11 : アイム・トーキング・アバウト・ユー:チャック・ベリーのカヴァー。公式発表は初めて。
DISC1-26 : ビューティフル・ドリーマー:19世紀半ばにアメリカの作曲家スティーヴン・フォスターが書いた曲。ビング・クロスビーやアル・ジョルソンがレコーディングしたスタンダード・ナンバー。

 筆者注:DISC2-7.ハッピー・バースデイ・ディア・サタデイ・クラブ も、ビートルズのレコード/CDとしては初のはずである。
 筆者注:アスタリスク(*)を付けたものは、ビートルズ現役活動中にレコード化されていなかった曲。ただし、前作の「ライヴ・アットBBC」などで別テイクなどが収録済み。
 筆者注:以下の三曲は既発表トラック。
 DISC1-13.BOYS / ボーイズ →CDシングル「ベイビー・イッツ・ユー」(前作の「ライヴ・アットBBC」の時シングルカットされたもの)
 DISC1-18.LEND ME YOUR COMB / レンド・ミー・ユア・コーム →「アンソロジー1」
 DISC2-23.I'LL FOLLOW THE SUN / アイル・フォロー・ザ・サン →CDシングル「ベイビー・イッツ・ユー」


http://youtu.be/RkPZH4MYCKM


 ハイ、曲間のくっちゃべりは全カットして、楽曲だけまとめたCD-Rにして聴いています。それで、ギリギリ一枚に収まらないところがなかなか悩ましい。(^_^;
 皮肉屋ジョン・レノンが言った、「僕達のライヴ・バンドとしてのピークはレコードデビュー直前なんだ」という言葉があります。(記憶に頼っているので正確ではないと思いますが。)デビューして、人気が沸騰してからは、観客の嬌声(きょうせい)に演奏が遮(さえぎ)られ、まともに演奏できなくなった、ということらしいですが。BBC(UKの国営放送局)の放送用収録では、観客は入れていないものがほとんどなので、その意味ではコンディションは良いわけです。でも、それじゃスタジオ・レコーディングとどこが違うの?、てなっちゃう。まぁ、レコードではフェイド・アウトしていた演奏が、ここでは最後まで聴けるとか、そんぐらいなもんでしょうか。ま、スタジオでのレコーディングも、この時期はほとんど一発録りだったわけで、なおかつ、彼らはライヴでのダイナミズムをレコードに叩き込めた稀有な存在でも有りました。(イヤ、この時期の実際の純正ライヴ音源を聴いたことはないんだけど。(^_^;)
 そうして出来上がったレコードと比べると、こちらのBBCライヴは、やや弛緩しているような気もしないでは有りません。
 いやもう、はっきり言っちゃいましょう、僕がビートルズのBBCライヴをあまり評価しないのは、一にも二にも、ライヴならではのダイナミズムが感じられないことに尽きます。こじんまりとまとまりすぎているのです。
 実は、これはビートルズだけじゃなくて、他のバンドもそう。フー、ツェッペリン、ヤードバーズ、ストーンズ。「レコードとどう違うの?」って言うものばかり。BBCライヴって、何故だかよくわからないけど、バンドを縮こませる効果があるような気がする。皆BBCライヴを褒めそやすけど、はっきり言って、良くないよ。
 とまぁ、言いたいことを言ってしまったので、後は野となれ山となれ(笑)。
 あ、あと、DISC1-26 : ビューティフル・ドリーマー は、イントロがばっさりカットされています。アナウンスがかぶさっていたみたいですね。
 アップルさん、映画レット・イット・ビーや、唯一の公式ライヴ、ハリウッド・ボウルをファンは待っていますよ。






■ビートルズ日記一覧目次




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ビートルズのカバーソングもなかなかいいですね。というかカバーされソングもかな。

ビートルズのカバーソングもなかなかいいですね。というかカバーされソングもかな。

 ビートルズはカヴァーのセンスも一流でした。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR