FC2ブログ

【CD入手】ドナルド・バード/カリカチュアズ #DonaldByrd #Caricatures

輸入盤等はこちらから。
1. ダンス・バンド
2. ワイルド・ライフ
3. カリカチュアズ
4. サイエンス・ファンクション
5. ダンシング・イン・ザ・ストリート
6. リターン・オブ・ザ・キング
7. オンワード・ティル・モーニング
8. テル・ミー


 1976年の春の吹き込み。相変わらず、ノリノリです。一曲目のグルーヴするベースラインからして、もう、ノリノリ。
 と言うようなことを書きながら、なかなか、「ブラックバード」以降の各アルバムの感想を書き分けるのはしんどいなぁ、と、思っております。どれもファンクで良いんだけど、アルバム毎の特徴と言うのが区別しづらい。どれも「ノリノリ」としか言い様がない、と言うことになってしまいます。それでも、各アルバムを聴く毎に飽きが来ないのは、やはり、色々考えてサウンド作りをしているからなんだろうなぁ、と、思います。本当に、BGMで聴いていると、耳に心地よく流れていって、「ラッパのアドリブ・ソロがどうのこうの」なんて全然、意識させられないです。まぁ、僕がいい加減に聴き流してるんじゃないの?、と言われたら、なかなか弱いところなんですが。(^^ゞ
 というわけで、「ブラックバード」からこっち、タッグを組んでいるマイゼル兄弟との5作目です。今回はヴォーカル入りが多めかな。にも関わらず歌詞カードがついていないとは、どうした国内盤!?。個人的には、ヴォーカル入れるより、純正インストで勝負してほしいと思っております。“ダンシング・イン・ザ・ストリート”のイントロが中華風なのは狙っていたのだろうか!?。もちろんこれは、モータウン・レコードのマーサ&バンデラスの1964年のヒット曲が原曲。
 ブルーノート・レコードでは最後のアルバムとなりましたが、これは、ブルーノートが倒産した(?)とか、そういう影響なのかな?。よう知らんけど。
 次のアルバムからはエレクトラから出してますが、マイゼル兄弟とは組んでいないようです。今までは輸入盤しか有りませんでしたが、折よく、11月20日に国内盤が再発されました。早速入手してチェックしております。こっちもノリノリでっせ~。後ほどそちらもレビューしますが、まぁ多分、今回と同じような内容を書くかと(笑)。では、ばいちゃ。







■ドナルド・バード日記一覧





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR