FC2ブログ

アニメ映画:宇宙戦艦ヤマト復活編【ネタバレ有り、注意】。

 広島バルト11まで観に行ってきました。以前、ストーンズのシャイン・ア・ライトを観に行ったときに、初めてバルト11に行ったんですけど、とにかくアクセスが不便だったと言う記憶があります。

 その時はバス停で降りて、向かって左に向いてソレイユを回ってバルト11を探したんですけど、見つけるのにかなり苦労しました。Webページに
はソレイユの中央入り口(目印は煙突)から入って、って書いてあるんですけど、その煙突が見つけられなかったんです。軽くトラウマになってしまいました。
「新作映画、バルト11じゃなきゃ良いな」って。

 今回は、バス停から降りて、衝動的に前回と逆の右に向いてソレイユへ向かったんですけど、そうすると、あっさり煙突も中央入り口も見つかってしまいました。前回あんなに苦労したのはなんだったんでしょう?。

 トラウマは解消されましたが、やっぱりバルト11じゃない映画館の方が良いです。自転車で行くにはちょっと遠いような気がしますし。ソレイユ行
きの無料シャトルバスが広島駅前から出てるんですけど、一番早いので9時40分発なんですよね。朝一の映画には間にあわないんです。しょうがないので有料
のバスで、っていうことになるんですが、これが気に食わない。余計なお金がかかっちゃう。

 今度、地図をよく見て、自転車で行ってみようかな。(今回は広島駅まで自転車で行き、そこから府中行きのバスに乗り換えました。)でも一時間ぐらいかかりそうだな~。



 ちょっと前に、キムタク主演での実写版製作発表が話題になったヤマト。アニメ版も出来上がってました。



 宇宙戦艦ヤマト復活編 公式Webページ

 http://yamato2009.jp/index.html



 えっと、今回は、ブラックホールが地球に近づいてきて、地球と敵対する異星人連合が現れて、ヤマトが復活して、両方とも波動砲でぶっ飛ばして、地球は守られました、メデタシメデタシ、でも行方不明になった雪は見つかりませんでした、復活編・第一部・完、と言う内容。

 かいつまみすぎですかね。(^_^;

 でもそんな感じですよ。どこが見所のヤマだったのか、よく分かりませんでした。異星人連合の幹部メッツラーをやっつけたところが一つのヤマだっ
たのかな。でも、ちょうどそのあたりで眠りに落ちてしまっていました(笑)。完全に寝たわけじゃなくて、ところどころ目をつむってた、て感じですけど。

 最後にブラックホールを波動砲でぶっ飛ばす、ってのは、ヤマトのファンなら常識的に予測できるので、ヤマと言うには弱すぎるしなぁ。

 まぁ、色々と趣向を凝らしてはいるんですよ。敵の異星人連合が複数の星の同盟で成り立っていて、そのうちのいくつかがヤマトに共鳴して寝返っちゃうとかね。

 古代進の娘の美雪が進に対して素直になれなかったりとかね。

 雪が行方不明になっちゃう時のワープシーンでヌードになったりとかね(笑)。(最初のヤマトでもそういうシーンがありましたね。)

 あとまぁ、せまりくるブラックホールからは逃げられない、ってんで、人類がアマール星の月へ移住しようとしたりとかね。これは今までのヤマトには無かったパターンではありますわな。

 でも、どれも、なんとなく生煮えな感じ。

 新しく出てきたキャラたちもいまいちアイデンティファイしにくい。そもそも、主人公(なのかな?)の古代進にしてからが、何考えてるのか伝わってこない。薄っぺらい感じ。

 そもそも、ヤマトの復活が、なんか、劇的じゃない。あっさり復活しちゃってる。演出の仕方がイマイチということでしょうか?。

 おしまいのあたりで進が言う「ヤマトよりも守るべきは地球だ」(うろ覚え(^_^;)と言うセリフが、どうも決めゼリフらしいんだけど(パンフ
読むとそんな感じ)。でも、自衛隊や各国の軍隊が自国を守るのはあまりにも当たり前のことなので、このセリフも、全然、胸に響いてこない。

 あと、音楽の使い方で、ちょっと不満が。今回はヤマトのオリジナル・スコア以外にもクラシック曲からいくつか使用しているらしいんだけど、
まぁ、僕はクラシックには造詣が深くないんで、ほとんど気にならなかったんだけど、一つだけ。グリーグのピアノ協奏曲だけは分かったんだけど、これが敵の
要塞のテーマ曲みたいに扱われていたのには違和感を覚えました。グリーグのピアノ協奏曲をそういう風に使って欲しくなかったです。僕よりクラシックに親し
んでいる人は、多分、他の部分でもっと違和感を感じたんじゃないでしょうか。やっぱり、徹頭徹尾、オリジナル・スコアで行くべきだったんじゃないかな、
と、思いました。

 と、つらつら不満を述べてきましたが、第二部が作られたら、観に行くんだろうなぁ、多分(笑)。








関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルービンシュタインのシューマン

小細工を弄することなく正攻法で堂々と挑んでいるところが凄い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR