FC2ブログ

【音楽DVD入手】ローリング・ストーンズ他/ロックン・ロール・サーカス


1. ジェフリーへ捧げし歌/ジェスロ・タル
2. クイック・ワン/ザ・フー
3. エイント・ザット・ア・ロット・オブ・ラヴ/タジ・マハール
4. サムシング・ベター/マリアンヌ・フェイスフル
5. ヤー・ブルース/ザ・ダーティ・マック (John Lennon)
6. ホール・ロッタ・ヨーコ/ザ・ダーティ・マック (John Lennon) feat.イヴリー・ギトリス(vn)
7. ジャンピン・ジャック・フラッシュ/ローリング・ストーンズ
8. パラシュート・ウーマン/ローリング・ストーンズ
9. ノー・エクスペクテーションズ/ローリング・ストーンズ
10. 無情の世界/ローリング・ストーンズ
11. 悪魔を憐れむ歌/ローリング・ストーンズ
12. 地の塩/ローリング・ストーンズ
(サイドショウズ)
13. ピート・タウンゼント・インタビュー
14. チェッキン・アップ・オン・マイ・ベイビー/タジ・マハール
15. リーヴィン・トランク/タジ・マハール
16. コリーナ/タジ・マハール
17. 火祭りの踊り/ジュリアス・カッチェン(pf)
18. モーツァルト ピアノ・ソナタ第15番 ハ長調 K.545 第一楽章/ジュリアス・カッチェン(pf)
19. ヤー・ブルース(テイク2)/ザ・ダーティ・マック (John Lennon)
20. バックステージ・フッテージ
21. フォト・ギャラリー
22. 悪魔を憐れむ歌~ファット・ボーイ・スリム・リミックス・ヴァージョン

 幻の映像作品のDVD。1996年に映像化された時もレーザー・ディスクで購入しましたが、今回のDVDは2004年にDVD化された時のものの再発盤で、映像特典(13.以降)満載、オーディオ・コメンタリー三種類収録という豪華さです。

 1968年にTV放映用に収録されたものの、放置されたままになっていた本作。その放置された理由は、3種類のオーディオ・コメンタリーで、監督(マイケル・リンジー・ホッグ)、参加ミュージシャンなどの話を聞いたあとも判然としません。ビル・ワイマンはコメンタリーで「バンドに落ち度はなかった。自分のパフォーマンスに満足できなかったヴォーカリストのワガママさ」などと言ってますが…。当のミック本人の話もいまいち歯切れが悪い。

 この作品の概要は、デイヴィッド・ドルトンの「ローリング・ストーンズ・ブック」で読むことができ、1996年に公式発表されるまでは、その文章で夢をふくらませていたものです。もちろん、もっと積極的な人はブートを買って観て(聴いて)いたのでしょうが。


 サーカスのセットをバックに、演し物として音楽演奏その他を見せるという作品ですが、音楽ファンとしてはやはり音楽演奏に興味が行くでしょう。
 僕はあまり映像人間ではないので、このDVDから音声だけリッピングしCD-Rに焼いて楽しんでいます。
 1.のジェスロ・タルはデビュー直後、トニー・アイオミ在籍時の貴重な映像ですが、演奏そのものは口パクあてぶりです。(^_^;
 2.のフーは、この曲をかなり気に入っていたようですが、僕はどうも好きになれません。ミニオペラというコンセプトはともかく、どうも曲想が薄っぺらで軽薄に感じてしまうのです。とはいえ、ここでの力演は、「ストーンズがフーに食われたからミックがお蔵入りを決めた」という憶測を生み出すことになります。
 3.のタジ・マハールは、個人的に、この作品で最も気に入っているものです。ファンキーなノリが最高!。ただ、特典映像に収められた他の演奏を聴くと、ファンキー一辺倒の音楽性というわけでは無いようですね、この人は。
 4.のマリアンヌ・フェイスフルはひたすら美しく、こればかりは映像付きで観ないと、という気がします。
 5.のジョンのバンドは、メンツの豪華さが売り(クラプトンのギターにミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス)のドラムス、キース・リチャードのベース)ですが、演奏はビートルズ・ヴァージョンをしのいでいるとは言いがたいもの。まぁ、「匹敵する」と言っても褒め過ぎではないとは思いますが、このメンツならではの展開はナシ。6.ではヴァイオリニストのイヴリー・ギトリスとジョイントし、ヨーコが奇声を上げます。これはちょっとギトリスがかわいそうだなぁ。個人的には一番つまらないトラックだと思いますが、人によって評価は分かれそう。
 7.以降のストーンズの演奏は、ファンなら満足の行くもの。ブライアン・ジョーンズが参加している数少ない映像であることも貴重ですが、彼の弾く9.でのスライド・ギターは感涙モノです。ピアノには、ニッキー・ホプキンズが参加しており、趣味の良いサポートぶりを聴かせます。11.ではパーカッションのロッキー・デジョーンも加わり、盛り上がりは最高潮。もっとも、全体の収録に20時間以上もかかり、参加者は疲れきっていたらしいですが。
 12.は本編最後の曲ですが、演奏はレコードと同じ音源で、ヴォーカルだけ吹き込んだもの。
 他にも、サーカス風の演し物も2演目ほど有り、本編は1時間ちょっとの収録時間となっています。
 「サイドショウズ」と銘打たれたボーナス映像は、まずはピート・タウンゼントのインタビューから。このサーカスが始まるきっかけなどが語られます。
 そして14.~16.はタジ・マハールの大盤振る舞い。何故に彼だけそんなに優遇されているのかはわかりませんが、まぁまぁの力演。
 17.18.のジュリアス・カッチェンは、残念ながら本編には組み入れられなかったもの。純粋なクラシック演奏なので敬遠されたのでしょうか。18.のK.545は第一楽章のさわりだけ。もっと聴きたかった。
 19.の“ヤー・ブルース”は4分割映像による別ヴァージョンですが、音は本編と同じものなのかな?。僕の聴き方はぞんざいなので、違いがあるかどうかわわかりませんでした。
 DVD音声リッピングすると、最後に“ノー・エクスペクテーションズ”のさわりも抽出されるのですが、映像のどこに挿入されているものかはよくわかりません。(いい加減だな、俺も。(^_^;)
 22.は余計だったかな。まぁ、これを観て(聴いて)、「Sympathy For The Devil Remix」を買う気にはなったのですが。

国内盤を含むその他の商品。

 欲を言えば、ボーナス映像で、ストーンズの別音源などが入っていれば嬉しかったのですがね。ワンテイクで撮りきったというわけではないでしょうから、あると思うのですがねぇ。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR