FC2ブログ

【音楽CD入手】フェイセズ/ウー・ラ・ラ(リマスター紙ジャケ)

 リマスター紙ジャケ盤

ウー・ラ・ラ(紙ジャケット)ウー・ラ・ラ(紙ジャケット)
(2010/06/23)
フェイセズ

商品詳細を見る

その他のエディション。

 いとしのシンディ

http://youtu.be/1junF1faGDI

 フェイセズ…か。ワーナーはその表記で行くらしい。Small Faces はスモール・フェイセス、なんだけどな。こっちはユニバーサルになるのかな?。個人的にはその流れでフェイセス、という表記のほうが馴染みがあるんだけど。まぁ、表記の話はいいや(笑)。

 この紙ジャケはね~。最初に出た時、すぐに買わずに放置していたら、あっという間に定価以上に高沸してしまってました。ただでさえ定価が高いのに(\3,000円)、それ以上とは、かんべんしてよ、って感じ。しかし、今年再プレスされて、価格も適価になったので、急いで購入しました。ま、現状の価格を見ると、慌てることなかったみたいですけどね。
 この紙ジャケはギミックが楽しいのですが、僕はあんまり遊んでません。まぁ、紙ジャケは収納効率が命、と思っているわけで。でもまぁ、ワーナーのページからこんな画像を拾って来ました。変形するのですね。 

   
 
   

http://wmg.jp/wmlife/sp/faces/ps01.html

 解散間際の最悪な人間関係の中で作られた4thアルバムにして、スタジオ盤ラストアルバム。この後、マーキュリーとワーナーから同じ内容でライヴ・アルバム「Coast To Coast」が出るんですが、そこにはもうオリジナル・ベーシスト、ロニー・レーンの姿はないです。スモール~時代から、フェイセスの屋台骨を支え続けてきたレーンの、実に、これがフェイセスでの最後のアルバムとなりました。
 レコード・コレクターズの特集などでは、「散漫な出来のアルバムで、チャートアクションが良かったからと言って、最高傑作のように言われるのは納得ができない」とまで言われてしまっています。ぼくも、その評価に引きずられて、正しく評価しておらず、F通時代の後輩が、「☆彡ふらんぼうさん、これ、最高のアルバムじゃないですか!、全然悪くないですよ!」といった時も、あまり芳しい反応を示さなかったのですが、今となっては大反省です。今回改めて聴き直してみたけど、G島君、君の評価は正しかった。これは良いアルバムです!。
 A面の5曲はルーズ・ロック・サイドとでも言いましょうか。勢いと粘り気のあるロックンロールが楽しめます。
 B面は抒情的的な楽曲が並び、ロニー・レーンのソング・ライティングが光るサイドとなっています。
 ルーズなノリの中にもタイトなグルーヴ。それに乗っかるロッド・ステュワートのヴォーカル!。フェイセスの醍醐味が味わえる好アルバムと言えましょう。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR