FC2ブログ

【音楽ヴィデオ入手】ビートルズ/マジカル・ミステリー・ツアー

DVD国内盤
マジカル・ミステリー・ツアー

Blu-ray国内盤
マジカル・ミステリー・ツアー

Blu-ray+DVD完全初回生産限定盤デラックス・エディション国内盤
マジカル・ミステリー・ツアー

DVD輸入盤
マジカル・ミステリー・ツアー

Blu-ray輸入盤
マジカル・ミステリー・ツアー


 ビートルズ・ファンでこれを見たことがないというのは、相当珍しいのかもしれないですが、まぁ、僕の場合、こんな祭り的な再発でもなければ、観ようと思わなかったヴィデオです。ビートルズの音源はサントラで全曲聴けるしね。内容はまぁ、ファンなら、重々承知だろうとは思うんだけど、初見の特権で、感想を書かせてもらいます。
 一言で言えば、一大ナンセンス叙事詩。これは、ビートルズ・ファンが、「あぁ、ビートルズってこんなことがやりたかったのね」、とうなずいて観るヴィデオです。それにしても、自由すぎるだろ、ビートルズ!。
 この作品についての事前情報は、イヤというほど入りまくっていたし、サントラも擦り切れるほど聴いているのだけれども(まぁ、CDだけど)、本編を見るのは、本当に今回が初めて。その率直な感想です、ハイ。
 贅沢を言えば、もっとビートルズに画面に出てきて欲しかったのと、ビートルズの楽曲が少ないことかな。ん~、やっぱ、EP2枚分(LPでやっと片面分)の音楽では、少なすぎたのでは?。フルアルバム一枚作るぐらいの気合が欲しかった。ヴィデオクリップ集としての側面がもっと強く出ていれば、発表当初の酷評はなかった、と思うのは、浅薄な見方でしょうか。
 今回の再発の音質は、ヴィデオとしては良好で、くっきりと立ち上がる低音にはちょっとびっくりしました。レディジェンもサム・ガールズ・テキサスも音質はイマイチでしたが(サム・ガールズは音質の良いCD付きも選べましたが)、さすがはビートルズ。いつかは出てくるであろう、「レット・イット・ビー」映像版にも期待がかかりますね。

 それにしても。と、もうちょっと内容を突っ込んでみれば。
 ストーリーは、とりあえず、無い。有るようでない、のではなくて、はなっから、無い。エピソードの連なりというのも違う。ビートルズのビデオクリップの間をナンセンスギャグ(ギャグなんだろうか?)で、埋めてみました、という感じです。
 スパゲティの下りは下品。食べ物をこんな風に扱うなんて、ちょっと、僕には考えられない。まぁ、天才ジョン・レノンだから、常人とは発想が違うってことなんだろうけど。
 リンゴのおば役の女優のおデブな感じが生理的に嫌い。何度も出てくるので正直うんざりした。中盤でわけのわからんオジサンとロマンス・シーンが有るのは、どうよ?。気持ち悪いだけじゃん。TV初回放送の時、BBCはこのパートをカットしたそうだが、わからんでもない。
 ぶっちゃけ、“アイ・アムザ・ウォルラス”と“フール・オン・ザ・ヒル”以外は、なくても良かったんじゃないか、という気もしないでもない。“フライング”はサントラで聞いてもたいして面白く無い曲だったが、映像がつくと、退屈さが増大した感じだし、“ブルー・ジェイ・ウェイ”もイマイチ印象に残らない。“ユア・マザー・シュッド・ノウ”は、あぁ、やっと終わりか、という感じだし、タイトル曲はまぁ、オープニング・ロールだから、あんなもんだろう。
 アヴァンギャルド映画の走りみたいなことを行って褒める人もいるけど、そりゃ贔屓し過ぎなんじゃない?。なんでも「ビートルズが始めた!」としたがる、難儀な人たちがそういうことを言っているんだと思う。
 とはいえ、通常の「良し悪し」の判定を拒否するようなところが、確かにこの作品にはある。すごく面白かった!、と言うとウソになるし、全然つまらなかった!、というわりには、53分間、とりあえず通して観れた。とはいえ、もう一回観ろ、と言われたら断るだろうな(笑)。
 マニアには、ボーナス・フィーチャーが気になるところだろうが、ただの平凡なファンである僕にとっては面白いものは殆ど無かった。本編音楽クリップの別ヴァージョンは、「だからどうしたの?」という出来だし、“ハロー・グッバイ”のクリップは、演奏シーンなどなく、音楽クリップである必然性を感じさせない散漫なもの。でもまぁ、マニアは「観たことない映像だ!」というだけでありがたがるんだろうな。トラフィックの未使用映像/楽曲がまぁ、良かったかな。これは曲がいいんだな。“Here We Go Round The Mulberry Bush”、どっかで聴いたこと有ると思ったら、持ってるステーヴ・ウィンウッドのアンソロジー的コンピCDに収録されてた。
 ポール・マッカートニーのオーディオコメンタリーは、とりあえず、まじめに聴いたが、これも、だからどうしたの、という内容で、これを聴いたからといって、本編が面白く感じられるというものではないです。“フライング”の映像について、「有名な監督の有名な映画の未使用シーン(なんという監督のどの作品だと言っていたかは忘れた。メジャーな作品だったと思う)を譲ってもらったんだ」と熱を込めて語るが、要するに他人のボツ・シーンを使いまわしたんだろ?。そりゃ面白くないわけだよ。
 というわけで、まぁ、ビートルズ・ファンが揃えるべき映像作品としては、最後尾でも良いんじゃないか、という感じ。まだ「イエロー・サブマリン」の方が面白いや。サントラ「イエロー・サブマリン」も、「マジカル~」流にB面にビートルズの同時期のヒット曲を入れていれば、もっと評価高かったろうにな。まぁ、今回はヴィデオについての話なので、どうでもいいけど。

 p.s.一万四千円の「Blu-ray+DVD完全初回生産限定盤デラックス・エディション」とか…。買う「バカ」(とあえて言わせてもらう。気を悪くしても謝る気はない)いるんだろうな…。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR