FC2ブログ

【CD入手】フランス・ギャル / 初めてのヴァカンス (紙ジャケット仕様) #FranceGall #MesPremièresVraiesVacances

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●オリジナル・フルアルバムを聴いてみよう
●フランス・ギャルの歌唱力
●具体的な楽曲を聴いてみよう~次回予告
 
 
 
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
フランス・ギャル / 初めてのヴァカンス

1. 初めてのヴァカンス Mes premières vraies vacances (Maurice Vidalin/Jacques Datin) 2:14
2. ジャズ・ア・ゴーゴー Jazz à gogo (Robert Gall/Alain Goraguer) 2:27
3. 恋はおとなしく Soyons sages (Robert Gall/Guy Magenta) 2:33
4. リボンと花 Les Rubans et la Fleur (Robert Gall/André Popp) 2:53
5. パンス・ア・モア Pense à moi (Robert Gall and France Gall/Alain Goraguer) 2:39
6. 恋のサバ・サバ娘 Ça va je t'aime (Adaptation de Hip-Huggers)
(French adaptation by André Salvet and Claude Carrère/Edna Lewis & Robert H. Moseley) 2:18

7. ギターとバンジョーと鐘 La Cloche (Adaptation de My Boyfriend Got a Beatle Haircut)
(French adaptation by André Salvet/Jack Wolf and Maurice "Bugs" Bower) 2:07
8. アイドルばかり聞かないで N'écoute pas les idoles (Serge Gainsbourg) 1:49
9. 審判のテーマ J'entends cette musique (Robert Gall/Jacques Datin, based on the adagio by Remo Giazotto) 2:38
10. お友達に云わないで Ne dis pas aux copains (Maurice Tézé/Guy Magenta) 2:38
11. 恋のお返し Ne sois pas si bête (Adaptation de Stand a Little Closer)
(French adaptation by Pierre Delanoë/Jack Wolf and Maurice "Bugs" Bower) 2:22
12. もし男の子なら Si j'étais garçon (Pierre Cour/Jean Claudric) 2:11

1964年8月発売

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

初めてのヴァカンス(全曲) / フランス・ギャル
Mes premières vraies vacances / France Gall



■目次に戻る

 
●オリジナル・フルアルバムを聴いてみよう

 早いもので、フランス・ギャルが亡くなってからもうすぐ2年が経とうとしています。(2018/1/7(日)没、享年70歳。)
 とは言え、そこらへんのしんみりした話は前回の日記で言い尽くしたので、今回はこれ以上はナシ。

 今回からのフランス・ギャル日記は、2018年1月に日本国内で再発された最初期のオリジナル・フルアルバム5枚を聴いていこうと思います。

 まずは彼女の最初期の歌声を集めたファースト・アルバムです。

 ただ、フル・アルバムとしては確かに一枚目(1964年8月発売)なのですが、これ以前の3月に8曲入りの10インチ・アルバムを出しています。以降、フル・アルバムと10インチ・アルバムとが入り乱れて制作・発売されていく(4曲入りのEP盤も多数作られた)のですが、ご心配なく。今回日本国内で再発された5枚のオリジナル・アルバムはフィリップス・レコード時代=アイドル時代の楽曲をすべて収録しています。

 ステレオ・ミックスがどうのモノ・ミックスがこうのと言い出すとさすがにキリがないんですが、まずは楽曲がきちんと揃(そろ)うことを喜びましょう。

 今回このファースト・アルバムのCDではボーナス・トラックは一切なしという素っ気なさですが、そこが逆に清々(すがすが)しいとも言えます。2枚目以降のCDにはそこそこボートラが付いてるんですよね。それはそれで嬉しいですけど(笑)。

■目次に戻る

 
●フランス・ギャルの歌唱力

 さて、ここでの可愛らしい歌唱を聴いていると、つい「初(うい)ういしい」と言う手垢のついた表現を使いたくなりますが、ちょっとそれは違うと思います。
 すでにこの時点で自身のスタイルを確立していたのではないかと。

 彼女は「ヘタウマの元祖」みたいな、ありがたいんだか、ありがたくないんだか、よくわからないことを言われたりもしていますが。
 僕は彼女の歌唱を聴いて、「下手だ」とか「技量が足りない」とかは微塵(みじん)も思いません。楽曲の魅力をきちんと引き出すという点では申し分がないと思いますし、彼女ならではのチャーミングさが加わって、どの曲もとても素敵な歌唱だと思います。

 あえて「ウマ」を探せば、“ジャズ・ア・ゴーゴー”の間奏でのスキャットでしょうか。
 事前に作曲されていたのか、アドリブなのかわかりませんが(当時の力関係を推察すると事前に作曲されていた可能性が高いと思いますが)、全く自然にノって歌いきってしまうあたりは只者ではないでしょう。

ジャズ・ア・ゴーゴー


 ちょっと話題がそれますが、フランス語は日本語と同様に開母音の言語です。
 ローマ字で書くと必ず母音(a,i,u,e,o)で終わる言語なんですね。(もちろん、どんな事項にも例外はある、と言う原則に例外はなく、日本語でも n で終わる単語がふんだんに有ったりします。フランス語にも似たような例外はあります。)

 英語のような子音で終わる単語が多い言語はスピード感などは満点ですが、優雅さや優しさには欠ける感があります。(あくまで僕の主観です。)

 ここでのフランス・ギャルの歌唱は、そのフランス語ならではの小洒落(こじゃれ)た感じ、開母音ならではの品の良さがよく出ていて、僕は大好きですねぇ。

■目次に戻る

 
●具体的な楽曲を聴いてみよう~次回予告

 デビュー曲は1963年10月9日発売の“恋のお返し”。フランス国内で8位まで上がるヒットでした。

恋のお返し


 セカンド・シングルでは悪名高い(と言っていいんだろうかなぁ。音楽家としての才能は間違いない人なんですが…)セルジュ・ゲインズブールの作詞作曲による“アイドルばかり聞かないで”。これは1964年の5月に国内で5位まで上がっています。

アイドルばかり聞かないで


 B面の“リボンと花”も同時にヒット、こちらは12位まで上がっています。いやもう、デビューしたときからトップ・アイドルだったんですねぇ。
 この曲での愛らしく表情豊かな歌唱は、楽曲の世界観を見事に歌いこなしていると言えましょう。

リボンと花


 “審判のテーマ”はクラシック音楽の(正確にはバロック音楽というべきか)“アルビノーニのアダージョ”に歌を付けたもの。
 原曲は勘弁してというくらい暗く演奏されることの多い楽曲ですが、ここでのフランス・ギャルの歌唱は、やや趣が違います。
 「暗い」のではなく「しっとり」としているのです。この違いは大きいですね。

審判のテーマ


 こういうしっとりした楽曲から“恋のサバ・サバ娘”のような明るく弾けた曲まで、見事に構成されたアルバムだと思いますし、それらを歌いこなすフランス・ギャルの歌唱も素晴らしいです。

恋のサバ・サバ娘

 CDの解説によると「Ça va」は「元気?」と言う意味だそうです。

 何でもかでもビートルズを基準にするというのも頭の悪い話ではありますが、このファースト・アルバムの楽曲群は、ビートルズがデビューして旋風を巻き起こしていた頃とほぼ同時期に発表されているということは頭の片隅に置いておいて良いでしょう。

 と言う感じで、フランス・ギャルの見事なファースト・アルバムを聴いてみました。
 次回のフランス・ギャル日記は大ヒットしたあの曲を収録したセカンド・アルバムを聴いてみます。例のごとく大したことは書けませんが、あまり期待せずどうぞお楽しみに!。

■目次に戻る



■フランス・ギャル日記
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

実験鼠さん

 どうも、恐縮です。僕もやっと2年前に聴き始めたばかりなので…。(^_^;

 デビュー曲がどれ、というのは、なにげにウィキペディアを見て知っただけなので、そんな大層なことでもないです。(^_^;

 デビュー当時から売れていたフランス・ギャルなんですけど、アイドル時代は確かナンバーワンヒットはなかったと思います。

 それでも、これだけ素敵な歌を聴かせてくれているのですから大したものです。

 今、アイドル時代以降のフランス・ギャルのCDも探しているのですが、あまり資料が見つからずに頓挫しています。

 ユニバーサルさん、再発してくれないかな。(^_^;

No title

今更言うまでもなく、フランス・ギャル大好きですが、☆彡ふらんぼうさんの領域には到底およびません。現状は2枚のベスト盤しか持っていないので、時系列で全く捉えられていないので、今回の記事を見させていただいて、「あ、この曲がデビュー曲だったんだ」と認識している次第です。

ちなみに上記の全12曲、多分知らない曲もあるはずですが、アップされていた7曲は全部知っている曲でした。デビュー作とはいえ、バラエティに富んだ楽曲を容易く消化していて、素晴らしいと思います。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR