FC2ブログ

【CD入手】リー・モーガン / VOL.3 (紙ジャケット仕様) #LeeMorgan #LeeMorganVol3

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●オリエンタル(?)な幕開け
●クリフォードの思い出 聴き比べ
●軽快で明るいアルバム
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
リー・モーガン / VOL.3
 
 
 
1. "Hasaan's Dream" ハサーンズ・ドリーム - 8:44
2. "Domingo" ドミンゴ - 9:22

3. "I Remember Clifford" クリフォードの想い出 - 7:07
4. "Mesabi Chant" メサビ・チャント - 6:09
5. "Tip-Toeing" ティップ・トーイング - 6:39

All compositions by Benny Golson

Released 1957
Recorded March 24, 1957

Personnel
Lee Morgan - trumpet
Benny Golson - tenor saxophone
Gigi Gryce - alto saxophone, flute
Wynton Kelly - piano
Paul Chambers - bass
Charlie Persip - drums

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

VOL.3 / リー・モーガン VOL.3 / Lee Morgan



■目次に戻る

 
●オリエンタル(?)な幕開け

 なんちゃって中近東を思わせる冒頭のあやしい雰囲気で、ありゃりゃ、と腰砕けになるのだが。オリエンタリズムってやつですか?。
 でもまぁ、最初を除けばまともな演奏になるので、一安心。

 重厚な三管編成(トランペット、テナー・サックス、アルト・サックス)が楽しめるアルバムとなっています。と言っても重たい感じはなく、実に軽快。

 ベニー・ゴルソンというテナー・サックス奏者が全曲の作曲をしています。編曲も多分この人なのかな?。
 あちこちのジャズ・アルバムで、作曲者として名前を見かけるので、割と有名な人のようです。

■目次に戻る

 
●クリフォードの思い出 聴き比べ

 “クリフォードの思い出”は、以前紹介したドナルド・バードとジジ・グライスの『ジャズ・ラブ』の日記でも聴き比べをしましたが、ここでも改めて聴き比べてみましょう。

アイ・リメンバー・クリフォード / ドナルド・バード&ジジ・グライス


 
クリフォードの想い出 / リー・モーガン


 バードとグライスの録音がこの曲の世界初吹き込み(1957年3月13日)ですが、この曲のモデルになったトランペット奏者クリフォード・ブラウンは1956年6月26日に自動車事故で亡くなっています。
 バードの編成は自身のトランペットの他にグライスのアルト、さらにはトロンボーン、フレンチ・ホルン、チューバ、バリトン・サックスまでが加わった六管編成。
 アドリブ・ソロを取っているのはバードのトランペットとグライスのアルト。尺は短めです。

 モーガンは、自身のソロをたっぷり聴かせた後、ウィントン・ケリーのピアノにバトンタッチ。モーガンのソロをじっくり聴かせている分、こちらのほうが尺は長めです。

 短めに言いたいことを言い切ったバードの演奏も、溢れる思いを止めることなく演奏にぶつけたモーガンと、どちらかに軍配を上げるのは僕には難しいです。世間一般的にはモーガンに軍配、と言うか、バードの『ジャズ・ラブ』自体が忘れ去られているかのようで寂しいのですが。(T_T)

 いずれにせよ、“クリフォードの思い出”は、ジャズ界になくてはならない重要なスタンダード曲となっています。色んな人が演っているから、動画を探してみると面白いよ~。

■目次に戻る

 
●軽快で明るいアルバム

 ゆったりした曲は先の“クリフォード~”だけで、後は軽快な楽曲と演奏が並んでいて聴きやすいですね。「陰」な楽曲が一つもないのが良いです!♪

 このアルバムは“クリフォード~”だけで語られることの多いアルバムなんですが、その他の楽曲・演奏を侮(あなど)るのはもったいないです。…いや、冒頭のなんちゃってオリエンタルはともかくとしてね。(^_^;

 締めのこの曲なんて、本当に心浮き立ちます。ポール・チェンバースのベースもキマってます!。

ティップ・トーイング / リー・モーガン


■目次に戻る






■ミュージシャン別日記一覧
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ローリングウエストさん

 “クリフォードの想い出”は旋律がとても美しいので、馴染みやすいと思います。

 お時間のあるときにでも一聴していただければ気に入ってもらえるのではないかと。

No title

年末は実に渋い方で締めておられますね!リー・モーガンさん全く知りません。ジャズ音痴のRWはちょと遠い存在です。令和元年の年末もいよいよ押し迫り最後のご挨拶です!今年も洋楽記事に毎回こまめにコメントを頂戴して誠にありがとうございました!最後の記事はS&G「明日に架ける橋」で来年への架け橋記事としました。お体をご自愛頂き年末年始を健やかにお過ごし下さい。また元日記事で皆様への新年賀詞交換をさせて頂きます。よいお年を!
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR