FC2ブログ

【CD入手】ドナルド・バード&ジジ・グライス / ジャズ・ラブ #DonaldByrdAndGigiGryce #JazzLab

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●“クリフォードの想い出”世界初録音
●明るく晴れやかな“虹の彼方に”
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ドナルド・バード&ジジ・グライス / ジャズ・ラブ

All compositions by Gigi Gryce except as indicated

1. "Speculation" (Horace Silver) - 3:38
2. "Over the Rainbow" (Harold Arlen, Yip Harburg) - 8:21
3. "Nica's Tempo" - 5:27
4. "Blue Concept" - 5:03
5. "Little Niles" (Randy Weston) - 7:04
6. "Sans Souci" - 7:17
7. "I Remember Clifford" (Benny Golson) - 4:57

Recorded in New York City on February 4, 1957 (tracks 1 & 3), February 5, 1957 (tracks 2 & 6), and March 13, 1957 (tracks 4, 5 & 7)
Released 1957

Personnel
Gigi Gryce - alto saxophone
Donald Byrd - trumpet
Jimmy Cleveland (tracks 5 & 7), Benny Powell (tracks 1 & 3) - trombone
Julius Watkins - French horn (tracks 1, 3, 5 & 7)
Don Butterfield - tuba (tracks 1, 3, 5 & 7)
Sahib Shihab - baritone saxophone (tracks 1, 3, 5 & 7)
Tommy Flanagan (tracks 1-3 & 6), Wade Legge (tracks 4, 5 & 7) - piano
Wendell Marshall - bass
Art Taylor - drums

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

ジャズ・ラブ / ドナルド・バード&ジジ・グライス Jazz Lab / Donald Byrd - Gigi Gryce


■目次に戻る

 
●“クリフォードの想い出”世界初録音

 ジャズ・トランペット奏者、ドナルド・バードが、同アルト・サクソフォン奏者のジジ・グライスと組んで作った1957年のアルバムです。

 ここでの「ラブ」は「Love」ではなく「Lab」。ラボラトリー(Laboratory)の略です。「ジャズ研究所」と言うわけですね。
 研究所と言っても、演ってることは、こむつかしいことではありません。どこまでも気持ちの良~いジャズを研究してくれています。

 ウリはなんと言っても“アイ・リメンバー・クリフォード(クリフォードの思い出、クリフォードの想い出)”の世界初吹き込みでしょうか。
 一般的には、ジャズ・トランペット奏者、リー・モーガンの『Vol.3』に収録されたバージョンが有名なのですが、そちらは3/24の録音。こちらは3/13の録音なので、タッチの差でこちらのほうが早いですね。

 どちらのアルバムにも参加しているグライスが橋渡しをしたのでは、と言う憶測もできますが…。ちなみに“クリフォードの~”の作者であるベニー・ゴルソン(ジャズのテナー・サクソフォン奏者)はリー・モーガンの方のアルバムに参加しています。

 まぁ、吹込みの早い遅いは、リスナーにとってはどうでもいい話ではあります。問題は演奏の善し悪し。というわけで、両者を聴き比べてみましょう。

 
ドナルド・バード&ジジ・グライス


 
リー・モーガン


 どうでしょう。
 いずれ劣らぬ出来ではありませんか。

 モーガンもバードも、天才トランペッター、クリフォード・ブラウンが夭折した後に、ブラウンの後継者として期待されてシーンに登場してきたミュージシャンです。その二人がブラウンを偲(しの)ぶ楽曲をほぼ同時期に吹き込んだと言うだけでも胸が熱くなる話ではありませんか。これらの演奏に優劣をつけるのは馬鹿らしいですよね。

 でも世間的にはなぜかモーガンが支持されているんだよな(笑)。もちろんそれだけのいい演奏だとは思うんだけど、バードが無いこと扱いみたいにされているのがちょっと不満。

■目次に戻る

 
●明るく晴れやかな“虹の彼方に”

 もう一曲聴き物を挙げるとしたら“オーヴァー・ザ・レインボー (虹の彼方に)”でしょうか。1939年のミュージカル映画『オズの魔法使』でジュディ・ガーランドが歌った劇中歌ですが、いちいちそういうことを言うまでもないスタンダードな名曲であります。

オーヴァー・ザ・レインボー (虹の彼方に)


 通常はわりとしっとりと歌われることの多い曲ですが、ここでは、心浮き立つような晴れやかなリズムで演奏されています。さすがラボラトリー!、と、知ったふうなことを言いたくなりますね(笑)。

 そう思って、ひるがえって一曲めを聴いてみると、これがなかなかどうして、かっこいいのですよ。

スペキュレイション


 切れ味の鋭いトランペット!、そしてそれを軽やかに受け止めるアルト!。どうですか、なかなかなオープニングじゃないですか!。最初から最後まで聴きどころ満載!。これは通して聴かなくちゃね!(笑)。

■目次に戻る



■ドナルド・バード日記一覧





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR