FC2ブログ

【CD入手】ピート・タウンゼント / フー・ケイム・ファースト #PeteTownshend #WhoCameFirst

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●ピート・タウンゼントのファースト・ソロ・アルバム
●ザ・フー・バージョンとの聴き比べ
●その他の聴き比べ
●1996年盤

 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ピート・タウンゼント / フー・ケイム・ファースト <45周年記念2CDデラックス・エディション>

ディスク:1
1. ピュア・アンド・イージー Pure and Easy (Pete Townshend) 5:32
2. エヴォリューション Evolution (Ronnie Lane) 3:44
3. フォーエヴァーズ・ノー・タイム・アット・オール Forever's No Time at All (Billy Nicholls, Katie McInnerney) 3:06
4. ワイルド・アクション Nothing Is Everything (Let's See Action) (Pete Townshend) 6:25

5. タイム・イズ・パッシング Time Is Passing (Pete Townshend) 3:27
6. ゼアズ・ア・ハートエイク・フォロイング・ミー There's a Heartache Following Me (Ray Baker) 3:23
7. シェラトン・ギブソン Sheraton Gibson (Pete Townshend) 2:37
8. コンテント Content (Maud Kennedy, Pete Townshend) 2:58
9. パーバーディガー Parvardigar (Meher Baba, Pete Townshend) 6:46

ディスク:2
1. ヒズ・ハンズ His Hands (Pete Townshend) 2:11
2. ザ・シーカー (2017エディット) The Seeker (Pete Townshend) 4:34
3. デイ・オブ・サイレンス Day of Silence (Pete Townshend) 2:53
4. スリーピング・ドッグ Sleeping Dog (Pete Townshend) 2:59
5. メリー・ジェーン (ステージA) Mary Jane (Pete Townshend, Westlake) 2:35
6. アイ・オールウェイズ・セイ (2017エディット) I Always Say (Pete Townshend) 4:58
7. ビギン・ザ・ビギン (2017ミックス) Begin The Beguine (Porter) 4:41
8. ババ・オライリィ (インストゥルメンタル) Baba O'riley (Pete Townshend) 9:46
9. ラヴ・マン (ステージC) (未発表音源) The Love Man (Pete Townshend) 4:54
10. コンテント (ステージA) (未発表音源) Content (Maud Kennedy, Pete Townshend) 2:46
11. デイ・オブ・サイレンス (オルタネイト・ヴァージョン) (未発表音源) Day of Silence (Pete Townshend) 4:38
12. パーバーディガー (オルタネイト・テイク) (未発表音源) Parvardigar (Pete Townshend adapted from Maher Baba's Universal Prayer) 7:12
13. ナッシング・イズ・エヴリシング (アーリアー・テイク) (未発表音源) (Nothing is everything) Let's See Action (Pete Townshend) 3:57
14. ゼアズ・ア・フォーチュン・イン・ドウズ・ヒルズ (未発表音源) There's A Fortune In Those Hills (Pete Townshend) 4:09
15. ミハー・ババ・イン・イタリア (未発表音源) Meher Baba In Italy (Pete Townshend) 2:20
16. ドゥローンド (ライヴ・イン・インド) (未発表音源) (MONO) Drowned (Pete Townshend) 2:02
17. エボリューション (ライヴ・アット・ロニー・レイン・メモリアル、ロイヤル・アルバート・ホール、ロンドン/2004年4月8日) (MONO) Evolution (Stone) (Ronnie Lane) 6:12

Personnel
Pete Townshend — vocals, guitars, keyboards, bass guitar, drums, percussion; harmonica on "Day of Silence"
Ronnie Lane — vocals and guitar on "Evolution"
Billy Nicholls — vocals and guitar on "Forever's No Time at All"
Caleb Quaye — guitars, bass guitar, and percussion on "Forever's No Time at All"

Released October 1972
Recorded 1969-72

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

フー・ケイム・ファースト (オリジナル・アルバム・パート) / ピート・タウンゼント Who Came First (Original album) / Pete Townshend


 
フー・ケイム・ファースト (45周年記念2CDデラックス・エディション) ディスク2 / ピート・タウンゼント Who Came First (45th Anniversary edition) disc 2 / Pete Townshend


■目次に戻る

 
●ピート・タウンゼントのファースト・ソロ・アルバム
 
 英国のベテラン・バンド、ザ・フーのリーダー、ギタリストにして、メインのコンポーザーであるピート・タウンゼントの1972年発表のファースト・ソロ・アルバムです。
 ピート自身による解説を読むと、出したくて出したアルバムでなかったことがわかりますが、そこらへんはこの日記では割愛させていただきます。興味を持った御仁はぜひ当CDを購入して解説を読んでみてください。
 基本的にすべての楽器をピート自身が演奏しており、思いっきり宅録しております。

 ところで、このアルバム、やたら、「聴き比べ」できる楽曲が揃っています。もちろん一番気になるのはザ・フーとの聴き比べなのですが、ま、落ち着いて一曲づつ見ていきましょう。

■目次に戻る

●ザ・フー・バージョンとの聴き比べ

 まずはA面一曲めの“ピュア・アンド・イージー”を聴き比べてみましょう。

“ピュア・アンド・イージー”ピート・タウンゼンド『フー・ケイム・ファースト』


“ピュア・アンド・イージー”ザ・フー『フーズ・ネクスト・デラックス・エディション』(1971年3月17日NYレコードプラント録音)


“ピュア・アンド・イージー”ザ・フー『オッズ・アンド・ソッズ』(1971年3月スターグローヴズ録音)


 ザ・フーによる2つのヴァージョンはいずれも1971年の3月録音のようですが、該当CDの解説などの状況証拠から、『オッズ・アンド・ソッズ』に収録されたもののほうが後に録音されたようです。
 ピートのデモがややおとなしい感じなのに対して、ザ・フーはさすがに騒々しいですね(笑)。

 
 “ワイルド・アクション”もザ・フーの演奏が有ります。ピートのバージョンは2種類収録されているので、それぞれ聴いちゃいましょう。

“ワイルド・アクション”ピート・タウンゼンド『フー・ケイム・ファースト』(ディスク1)


“ワイルド・アクション”ピート・タウンゼンド『フー・ケイム・ファースト』(ディスク2)


“ワイルド・アクション”ザ・フーのシングル(1971年発表)


 やはりどこか朴訥(ぼくとつ)としたピートのヴァージョンと、荒っぽいザ・フーのヴァージョン。どちらを良しとするかは好みの問題のような気もするなぁ。

 この楽曲のザ・フー・バージョンはオリジナル・アルバムには未収録です。僕の手持ちの音源を漁(あさ)ってみても『レアリティーズVol.1&2』と、『マキシマムR&B』の、それぞれ編集アルバムなのですが、そこにしか見つけられませんでした。

 
 次はボーナス・ディスクの方になりますが、“ザ・シーカー”も、ザ・フーによる演奏が残されています。

“ザ・シーカー”ピート・タウンゼンド『フー・ケイム・ファースト』


“ザ・シーカー”ザ・フーのシングル。1970年発表


 これも、ザ・フーによるバージョンは、オリジナル・アルバムには収録されておらず、僕の持っている音源では、編集アルバムの『マキシマムR&B』に「エディット」バージョンが見つかったのみでした。

 
 と、何曲か聴いてきましたが、圧巻なのは、なんと言っても、“ババ・オライリィ (インストゥルメンタル) ”でしょう。

ザ・フーの“ババ・オライリィ”、アルバム『フーズ・ネクスト』収録


ピート・タウンゼントの“ババ・オライリィ (インストゥルメンタル) ”、アルバム『フー・ケイム・ファースト』収録


 ピートのデモはひたすらシンセのリフと、バックの演奏のみが展開していきます。もちろん、ロジャー・ダルトリーのヴォーカルが乗っているザ・フー・バージョンの方が間違いなくカッコイイのでは有りますが、これはこれで鬼気迫るデモだと思います。

 ちなみに、このデモをカラオケ代わりにして“ババ・オライリー”そのものは歌えません。展開部の小節数が違っていたりしますから。

■目次に戻る

 
●その他の聴き比べ

 その他にも、盟友のロニー・レーンとの交友の証(あか)しとして、一曲、“エヴォリューション”という曲があるので、これも聴き比べてもらいましょう。

エヴォリューション


ザ・フェイセスの“ストーン”、アルバム『ファースト・ステップ』より(1970年発表)


 『フー・ケイム~』は1972年の発表なので、フェイセズ版のほうが先に世に出ていたことになります。曲名が違うのはどちらかが遠慮斟酌(しんしゃく)したのかもしれません。歌詞も全く同じではありませんが、曲そのものは同じですね。歌っているのもどちらもロニー・レーンですし。

 あと、僕が気になったのは、スタンダードの“ビギン・ザ・ビギン”を演っていること。ギター一本ですが、浸りきって演奏している様子が微笑ましい。
 スタンダードなので誰がオリジナルとも言いがたいのですが、以前の日記でも上げたフリオ・イグレシアスのバージョンを参考につけておきましょう。

ピート・タウンゼントの“ビギン・ザ・ビギン”


フリオ・イグレシアスの“ビギン・ザ・ビギン”


■目次に戻る

●1996年盤

 なお、このアルバムには、今回の盤の他に1996年に再発された盤があります。僕が持っているのは2008年に再々発された盤ですが、内容は1996盤とおなじのようです。
 この1996年盤でのみ聴ける曲が一曲だけ有ります。(注意深く聴き比べれば他にも有るのかもしれませんが。)

 ピアノソロによる、なんてこと無い静かなインストなのですが、気になってしょうがないという人のために引用しておきます。
 なお、冒頭でちらっと触れた、当アルバム発売までの経緯は、どっちかと言うと1996年盤のほうがわかりやすいです。…とか書いちゃうと惑わせてしまうかな。(^_^;

ピート・タウンゼント / フー・ケイム・ファースト(1996年盤)
ディスク:1
1. ピュア・アンド・イージー
2. エヴォリューション
3. フォーエヴァーズ・ノー・タイム・アット・オール
4. レッツ・シー・アクション
5. タイム・イズ・パッシング
6. ゼアズ・ア・ハートエイク・フォロイング・ミー
7. シェラトン・ギブソン
8. コンテント
9. パヴァーディガー
10. ヒズ・ハンズ
11. シーカー
12. デイ・オブ・サイレンス
13. スリーピング・ドッグ
14. ラヴ・マン
15. ランタン・キャビン

Lantern Cabin 4:12



 なんか、アルバムの紹介というよりは聴き比べ大会になってしまいましたが、そこはまぁ、ザ・フー・ファンの性(さが)という事で勘弁(かんべん)していただければと(笑)。
 さて、予定ではこのアルバムを嚆矢として、ピートのソロ・アルバムの拡張版が出されていくという噂なのですが…。聴きませんね、噂。(^_^; やっぱり売れ行き悪いのかしら。
 個人的には、ピートのソロは入手しやすいものと、入手しにくいものが乱雑に出ている状態なので、この再発プロジェクトには期待したいところなんですけどね…。


■目次に戻る





■ザ・フー日記
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

echigo-butaさん

 こう言う拡張盤は、値段も高いし、なかなか入手に躊躇してしまいますよね。(^_^;

 このCDはまだAmazonでも新品が出回っている状態ですが、いつ入手困難になるかは予想がつかないですよねぇ…。

 『マイ・ジェネレイション』5種類はすごいですね!。箱物のスーパー・デラックス・エディションもお持ちなのでしょうか!。僕は欲しいけど指を加えて見ている状態です。こちらも入手困難になりそうだなぁ…!。

ああ後回し

ピートのソロは『エンプティ・グラス』以降は聴いているのですが、これに関してはいまだに未聴・未入手でございます。というのも、本体(THE WHO)がいろいろ出しすぎるから (『マイジェネ』なんて通算5種類も買うても~た 笑)
もちろん既発曲の寄せ集めなのは存じてましたので、優先順位が低かったというのもあります(-_-;)
さすがに今後もずっと流通し続けるとは思えないので、そろそろゲットしておいた方が無難ですかね?
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR