FC2ブログ

【CD入手】ポール・サイモン / ポール・サイモン (紙ジャケット仕様) #PaulSimon

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●サイモンの実質的なファースト・ソロ
●両面トップは明るい楽曲だが…
●研ぎ澄まされ、内省的な作品集
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。

ポール・サイモン / ポール・サイモン (紙ジャケット仕様)

特記無き曲はすべてポール・サイモン作詞作曲。

Side 1
1.母と子の絆 - "Mother and Child Reunion" – 3:05
2.ダンカンの歌 - "Duncan" – 4:39
3.いつか別れが - "Everything Put Together Falls Apart" – 1:59
4.お体を大切に - "Run That Body Down" – 3:52
5.休戦記念日 - "Armistice Day" – 3:55

Side 2
6.僕とフリオと校庭で - "Me and Julio Down by the Schoolyard" – 2:42
7.平和の流れる街 - "Peace Like a River" – 3:20
8.パパ・ホーボー - "Papa Hobo" – 2:34
9.ホーボーズ・ブルース - "Hobo's Blues" (Paul Simon, Stéphane Grappelli) – 1:21
10. パラノイア・ブルース - "Paranoia Blues" – 2:54
11. コングラチュレーション - "Congratulations" – 3:42

2004年リマスター盤ボーナストラック
12. 僕とフリオと校庭で(デモ) - "Me and Julio Down by the Schoolyard" (Demo - San Francisco 2/71) – 2:29
13. ダンカン(デモ) - "Duncan" (Demo - San Francisco 2/71)" – 2:48
14. パラノイア・ブルース(未発表ヴァージョン) - "Paranoia Blues" (Unreleased Version) – 3:14

 
Musicians

Paul Simon - acoustic guitar, vocals, percussion (10), producer, arranger (all tracks)
Hal Blaine - drums (4, 10, 11)
Lynford "Hux" Brown - lead guitar (1)
Ron Carter - double bass (4)
Russell George - bass guitar (6)
Stéphane Grappelli - violin (9)
Winston Grennan - drums (1)
Stefan Grossman - bottleneck guitar (10)
Jerry Hahn - electric guitar (4, 5)
Neville Hinds - Hammond organ (1)
Jackie Jackson - bass guitar (1)
Larry Knechtel - piano (1, 11), Wurlitzer electric piano (3, 11), harmonium (3, 8), Hammond organ (11)
Denzil Laing - percussion (1)
Fred Lipsius - alto saxophone (5)
Los Incas - flute, charango, percussion (2)
Mike Mainieri - vibes (4)
Charlie McCoy - bass harmonica (8)
Victor Montanez - congas (7)
Airto Moreira - percussion (5, 6)
Joe Osborn - bass guitar (7, 11)
John Schroer - tenor saxophone (5), baritone saxophone (10)
David Spinozza - acoustic guitar (4, 6)
Steven Turre - trombone (10)
Wallace Wilson - rhythm guitar (1)
Cissy Houston, Von Eva Sims, Renelle Stafford and Deirdre Tuck - backing vocals (1)

 
Released January 24, 1972
Recorded January to March 1971

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Paul Simon (Full Album-1) +3 / Paul Simon

I can't uploaded some tracks cause copyright:"Congratulations".

■目次に戻る

 
●サイモンの実質的なファースト・ソロ

 さて、ここまで、この日記ではサイモン&ガーファンクルの音源を追いかけてきました。
 いよいよS&Gの解散を迎え、今回からはしばらくポール・サイモンを追っていくことにします。
 さて、S&Gのラスト・アルバム『明日に架ける橋』が発表されたのが1970年の初春。
 そしてこちらのアルバム『ポール・サイモン』が発表されたのが1972年の初春。

 この2年間に何もしてなかったわけではないでしょうが、ま、詮索はよしましょう。
 いつものように出てくる音だけで楽しむとします。

■目次に戻る

 
●両面トップは明るい楽曲だが…

 アルバムAB両面のトップが明るい曲(“母と子の絆”、“僕とフリオと校庭で”)で始まっているので、そういうアルバムかと思いきや。(どちらも明るくポップな曲なので、僕は大好きです。)

母と子の絆


 
僕とフリオと校庭で


 A面2曲めの憂いのある“ダンカンの歌”でいきなり現実に突き落とされます。(大げさ。(^_^;)
 この曲のバック演奏は“コンドルは飛んで行く”と同じロス・インカスというグループです。

 
ダンカンの歌


 この流れは端的にこのアルバムの振れ幅をよく示しています。
 こう言った内省的な楽曲が多めなのが当アルバムの特徴なのです。
 そのせいか、僕的にはあまり思い入れることなく聴き流していたのですが、いや、これはこれで名盤よ?。って、何を今更。(^_^;

 そんな中でも、サイモンはユーモアを忘れていません。例えばこの、ステファン・グラッペリ(ジャズ・バイオリン)と共演した一曲の愉快なこと。

 
ホーボーズ・ブルース


 それに続けて演奏される“パラノイア・ブルース”も、どこか八つ当たり的な明るさがあって好き。

 
パラノイア・ブルース


 さて、締めくくりの“コングラチュレーション”は著作権の関係でオリジナル音源がYoutubeに上がっていないので、1973年のライヴ音源(多分客席録りのブート)で代わりとしましょう。

 
Congratulations - Live in Los Angeles, 1973


■目次に戻る

 
●研ぎ澄まされ、内省的な作品集

 ここまで聴かれて気づいた方もいらっしゃると思いますが、いずれの楽曲も楽器編成はシンプルです。そして余計な音は一切鳴らさず、省けるところはギリギリまで切り捨てています。それで一本調子になっていないのは、適材適所で、曲ごとに工夫をこらしているからでしょう。サイモンの音へのこだわりを感じさせるではないですか。

 このように内省的なアルバムを、自身の門出として発表したというのは、これはつまり、サイモンの決意表明だったのではないでしょうか?。
 「S&Gで富も名声も手に入れた。あとは音楽家として好きなことだけやるんだ」と。
 このアルバムでは、S&G時代以上にサイモン自身のギターが良く鳴っているのもそういうことなのでしょう。

 当アルバムは世界中で100万枚を超える売上を示し、アメリカで4位、イギリスで1位となりました。
 S&Gのアルバム『明日に架ける橋』が英米で1位になり、500万枚以上を売り上げたことに比べれば密やか(かなぁ?(^_^;)な再スタートでしたが、ともあれ、サイモンは自分の道を歩き出したのです。

■目次に戻る

 
 
 
 
■サイモン&ガーファンクル日記
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ローリングウエストさん

 ローリングウエストさんにとっては思い入れのあるS&Gなのですね。

 ローリングウエストさんが挙げられた楽曲はどれも名曲ですね…!。

 フィルム・カメラ→デジカメ→スマホ、と、今ココ、ですが、そのうちウェラブルデバイスに取って代わられるかもしれません。(それともドローンかな?。)

 そんな時代になっても、良曲の輝きは永遠であることを確信しております!。

No title

S&Gで洋楽に嵌ったRWとしては彼らがソロになっても相当な思い入れがあります。ソロデビューが「母と子の絆」(1972)で一挙に米ビルボードチャート上昇しましたね、まさか彼がレゲエをやるとは思いませんでした。第2弾シングル「僕とフリオと校庭で」はお茶目の雰囲気曲で連続のでしたね~。「明日に架ける橋」という壮大な感動曲の直後であり、従来のS&G音楽性とは全く変わってしまったことに対するギャップ・違和感を感じながらも、新たな試みに挑戦し再出発を図っている新生ポールサイモンを応援したものです。「僕のコダクローム」はアップテンポな乗りのいい曲でフィルムカメラの名門ブランドを称賛した曲にはアナログ時代の懐かしさをヒシと感じますが、今やスマホカメラ画質の良さでデジカメでさえも後退傾向にある状況なのですから時の流れは実に早いもんだなあ・・・。
(PS)女性版ロッド・スチュワートとも呼ばれハスキーな声で70年代後半から80年代にかけてバラードから力強いロックまで熱唱するパワフルな女性シンガー「ボニー・タイラー」を公開しております。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR