FC2ブログ

【音楽と世間話】「令和の原典」と“トレイン・ケプト・ア・ローリン”

■目次
●「令和」の真の原典は漢詩?
●トレイン・ケプト・ア・ローリン
●各バージョン聴き比べ
●ドヤ顔したいのもわかるけど


 
●「令和」の真の原典は漢詩?

 世間では、「新元号の「令和」は万葉集から採ったとされているけど、実は張衡と言う漢王朝時代の人が書いた漢詩が本当の原典」と言う話が盛り上がっています。

 これを聴いて僕が切磋に思いついた(こじつけた)のが、ヤードバーズの“トレイン・ケプト・ア・ローリン”でした。
 「何の関係があるんだ?」と問われたら「いや、ほとんど関係ないんだけど」と答えますが(笑)。

■目次に戻る

 
●トレイン・ケプト・ア・ローリン

 「“トレイン・ケプト・ア・ローリン”が誰の曲か」と訊(き)いた時、どの返事が返ってくるかでその人の「ロック感」みたいなのがわかるような気がします。

 僕はもちろん「ヤードバーズ!」と答えるわけですが、それは、彼らの演奏で初めてこの曲を知ったから。今の僕は、元々はタイニィ・ブラッド・ショウが1951年に放ったジャンプ・ブルースの傑作だという事も知っていますし、ジョニー・バーネット・トリオが1956年にまるきりフレイバーを変えてロカビリー曲としてカバーしたことも知っています。そして、おそらくはヤードバーズの連中がジョニー・バーネット・トリオを参考にしたであろうことも。(そして日本のバンド、サンハウスがオマージュとして“レモンティー”を作ったことも。)

■目次に戻る

 
●各バージョン聴き比べ

タイニィ・ブラッド・ショウによるオリジナル・バージョン


ジョニー・バーネット・トリオによるカバー


ヤードバーズ・バージョン


サンハウス“レモンティー”


(おまけ)
エアロスミスの“ブギウギ列車夜行便”


■目次に戻る

 
●ドヤ顔したいのもわかるけど

 「令和は万葉集から採った」と言うことは間違いでは無いでしょう。大もとが張衡の書いた漢詩(「帰田賦」)だというのも本当のことのようです。ただ、日本の古典(に限らないとは思うけど)というものは少なからず中国由来のものだし、そもそも日本の文字はすべからく漢経由なわけで(笑)。
 そんな状態で漢字二文字の元号が純日本製にできるわけはないのはちょっと考えればわかることだし、「張衡の「帰田賦」」でドヤ顔したいのもわかるけど(笑)。(当時のアホな政権を嘆いて書いた詩らしい。)
 はっきり言って大人気ないよ。

 少なくとも僕は今回あげた5種類の“トレイン・ケプト・ア・ローリン”はどれも好きだぜ?。それで良いんじゃないか?。
 やれヤードバーズがジョニー・バーネットをパクったとか、やれサンハウスがヤードバーズをパクったとか、そんな矮小な話じゃないんだよ。
 …なに?、お前はこんなに“トレイン・ケプト・ア・ローリン”について詳しいんだぞとドヤ顔したかっただけだろうって?。うん、いや、もともとその意を隠したつもりはないから、そんな「見破ってやったぞ」みたいなドヤ顔されても(笑)。

■目次に戻る


■ミュージシャン別日記一覧



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ミュウさん

 おぉ、来ましたね、“ストロール・オン”。CD音源としては持っているのですが、この記事を書く時はすっぽり頭から抜け落ちておりました。フォローありがとうございます!。
 映画「欲望」で“トレイン~”をやろうとしたら、なぜか使用許可が降りなくて、苦肉の策で歌詞を書き換え、“ストロール~”として演奏し、事なきを得たという話でしたね。と言うか、そもそものアルバム『ハヴィング・ア・レイヴ・アップ』で作者名を記載していなかったらしいですけど。(^_^;


 “レモンティー”は、実はサンハウスのバージョンは今回、急遽耳にしました。(^_^;
 もともとは、シーナ&ロケッツのライブCDで聴いたことがあるんですけど、「“レモンティー”としてのオリジナルは鮎川誠が以前いたサンハウスと言うバンドによる」らしいと言う話を耳にしたので、今回聴いてみました。いやカッコイイ!、ですよね。
 フォガットの“ハニー・ハッシュ”も聴いてみましたがGood!ですね!。ジェフ・ベックが確立させたあのパワー・リフは強力すぎますね!。ツェッペリンもライヴで演っていたらしいですね。

 ジェフ・ベック自身による再演バージョンだけでも無数にある(笑)ので、フォローするのは大変な楽曲ではあります。(^^ゞ

ローリングウエストさん

 またうかがいます~。(^^)/

私もマニアです

この曲については私もマニアです。

ジェフ・ベックがお気に入りで、ソロでもよくやってますよね。
レモン・パイはふらんぼうさんの年齢では知らないはずだと思ってましたけど、
やっぱり、日本のロックの名曲は押さえているんですね。

ところで・・・

ヤードバーズの別バージョン「ストロール・オン」
https://www.youtube.com/watch?v=adbGT8Rg9OE

フォガットの「ハニー・ハッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=Tdopp1OjLA4

も、ふらんぼうさんの トレイン・ケプト・ローリンのストック集に加えてください。

フォガットのこのバージョンはライブでめちゃくちゃ盛り上がってます。

曲名を変えて、アレンジも相当変えてますけど、間違いなくトレイン・ケプト・ローリンですね!

ヤードバーズ自体がアレンジを変えた際に曲名を変えているのも面白いです。
ベックとペイジのツインギターには痺れます。

No title

 “トレイン・ケプト・ア・ローリン”、まさにロケンロール初期の名曲ですね!名前に小生のHNがゆかりがあるのもいいです!
またこちらにも遊びに来てくださいね~

ローリングウエストさん

 “トレイン・ケプト・ア・ローリン”名曲でしょ?。(笑)

No title

ようやく新元号、決まりましたね~!これを予想した人は殆どいなかったのでは?「日本の未来に向かって国民が美しく心を寄せ合う!文化を育くむつ」・・、日本のアイデンテティを世界発信してわが国の魅力をもっと知ってもらいたいものです!新元号を迎えた桜満開の新年度、まだ花冷えですがこれから温かく明るい春になると期待しています。
「新元号・令和の響き爽やかに ともに築かむ日本の未来」
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR