FC2ブログ

【CD入手】var. / ROOTS OF ROCK & ROLL - ROUGH AND ROWDY (10CD, 輸入盤) #LouisJordan #BigJoeTurner #TinyBradshaw #Rocket88

■目次
●基本情報(ジャケット画像)
●曲目およびYoutube音源引用
●“ロック・アラウンド・ザ・クロック”前後のR&Rたち
●史上初のロックン・ロール・ヒット“ロケット88”
●もう一つの“ロック・アラウンド・ザ・クロック”
●マディ・ウォーターズやエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲群(1950年代)
●リトル・リチャードの元ネタたち(1950年代)
●ヤードバーズとストレイ・キャッツが採り上げた楽曲群(1960年代以降)
●名残惜しいけど。


●基本情報(ジャケット画像)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。

var. / ROOTS OF ROCK & ROLL - ROUGH AND ROWDY

■目次に戻る

 
●曲目およびYoutube音源引用

Disc: 1 (49:38)
1. Louis Jordan - Caldonia (Moore) 1945 #1 - 2:39
2. Ruth Brown - Wild, Wild Young Men (Nugtre) 1953 #3 - 2:31
3. Bobby Day - Honeysuckle Baby (Thomas) 1957 - 2:34
4. Oscar Mclollie - Roll, Hot Rod, Roll (Scott) 1955 - 2:59
5. Johnny Otis Orchestra with Marylin Scott - Beer Bottle Boogie
(Scott) 1951 voc. Marylin Scott - 2:46
6. Champion Jack Dupree - Shake Baby, Shake (Dupree) 1952 - 2:24
7. Hank Ballard & The Midnighters - Work with Me Annie (Ballard) 1954 #1 - 2:46
8. Smiley Lewis - Lillie Mae (Bartholomew / Lewis) 1955 - 2:13
9. Big Joe Turner - Lipstick, Powder and Paint (Stone) 1956 #8- 2:30
10. Don Julian & The Meadowlarks - Boogie Woogie Teenage (Jenkins) 1956 - 2:23
11. Fluffy Hunter - Fluffy's Debut (Banks / Pyles) 1948 & Buddy Banks Sextet - 2:30
12. Jackie Brenston - Rocket 88 (Brenston (Actually Ike Turner)) April 1951 #1 - 2:49
13. Pee Wee Crayton - You Know Yeah (Crayton / Crayton / Taub) 1954 - 2:33
14. Eddie Bo - I'm Wise (Bocage / Collins / Smith) 1956 - 2:13
15. Richard Berry - Crazy Lover (Berry / Josea) 1955 - 2:54
16. The Gaylarks - Teenage Mambo (Richards) 1956 - 1:46
17. Johnny Guitar Watson - Space Guitar (Watson) (Inst.) 1954 - 2:37
18. Professor Longhair - Oh Well (Byrd) 1951 - 2:27
19. Bullmoose Jackson - Watch My Signals (Jackson) 1955 - 1:59
20. Ivory Joe Hunter - Shooty Booty (Hunter) 1958 - 1:46



 
Disc: 2 (50:45)
1. Mickey & Sylvia - No Good Lover (Vanderpool / Baker) 1956 - 2:56
2. Professor Longhair - Go To The Mardi Gras (Byrd / Terry) 1950 - 2:34
3. Roy Montrell - (Every Time I Hear That) Mellow Saxophone
(Montrell / Marascalco / Blackwell) 1956 - 2:23
4. Big Joe Turner & Pete Johnson - Roll 'Em Pete (Turner / Johnson) 1939 - 2:49
5. Bob Merrill - I Ain't Mad At You (Sparkler) 1954 - 2:38
6. Stick Mcghee & His Buddies - Drinkin' Wine Spoo Dee O Dee (McGhee / Williams) 1949 #2 - 3:11
7. Big T. Tyler - King Kong (Tyler) 1957 - 2:01
8. Huey "Piano" Smith & The Clowns - Rockin' Pneumonia (Smith / Vincent) 1957 #5 - 2:12
9. Wyona Carr - Ding Dong Daddy (Carr) 1958 - 2:09
10. Johnny Otis Orchestra With Redd Lyte - Little Red Hen (Hillis / Otis) 1951 voc. Redd Lyte - 2:29
11. Etta James - W-O-M-A-N (Hawkins / James / Mallory / Mitchell) 1955 - 2:43
12. Hank Ballard & The Midnighters - Sexy Ways (Ballard) 1954 #2 - 2:29
13. Lavern Baker - Whipper Snapper (Leiber / Stoller) 1957 - 2:11
14. Willie Nix - Just Can't Stay (Nix) 1953 - 2:40
15. Big Jim Wynn - Be-Bop-A-Liba (Dixon) 1945 - 3:16
16. Zeb Turner - Jersey Rock (Turner) 1953 - 2:35
17. Merrill Moore - Red Light (Moore) 1953 - 2:29
18. Billy Boy Arnold - I Ain't Got You (Calvin Carter) 1955 - 2:13
19. Joe Lyons - Shufflin' Jive (Lyons) 1959 - 2:18
20. John Lee Hooker - Dimples (Hooker / Bracken) 1956 - 2:10



 
Disc: 3 (48:29)
1. Big Joe Turner - Bump Miss Susie (Toombs) 1951 - 2:22
2. Arthur "Big Boy" Crudup - I Want My Lovin' (Crudup) 1946 - 3:00
3. Chuck Higgins - Motorhead Baby (Porter / Watson) 1952 - 2:12
4. Johnny Otis Orchestra with Little Esther & Mel Walker - Cupid's Boogie
(Otis) 1950 voc. Little Esther & Mel Walker - 2:36
5. Ruth Brown - Hello Little Boy (Ellington / Kemp) 1954 - 2:36
6. Chuck Willis - Caldonia (Moore) 1952 - 2:22
7. Clarence Henry - Ain't Got No Home (Henry) 1956 #3 - 2:21
8. Big Mama Thornton - They Call Me Big Mama (Thornton) 1953 - 2:02
9. Paul Gayten - Music Goes Round and Round (Farley / Riley / Hodgeson) 1956 - 1:59
10. Bobby Day - Beep, Beep, Beep (Thomas / Byrd / Vikki) 1957 - 2:35
11. Young Jessie - Hit, Git and Split (Smith / Paul) 1956 - 2:30
12. Etta James - That's All (Davis / Josea) 1955 - 2:13
13. Roy Milton - You Got Me Reelin' and Rockin' (Milton / Williams) 1955 - 2:08
14. Lionel Hampton Orchestra - Rag Mop (Wills / Anderson) 1950 #4 voc. The Hamptones - 2:49
15. Piney Brown - That's Right Little Girl (Perry) 1950 - 2:38
16. Don Covay - Bip Bop Bip (Covay) 1957 - 1:54
17. Dolly Cooper - My Man (Ling) 1955 - 2:10
18. Joe Houston - Rock That Boogie (Houston / Porter) 1956 - 2:25
19. Clarence Garlow - Crawfishin' (Rene) 1953 - 2:35
20. Hank Ballard & The Midnighters - Annie Had a Baby (Glover / Ballard) 1954 #1 - 2:40



 
Disc: 4 (50:06)
1. Calvin Boze & His All Stars - Waiting and Drinking (Boze) 1950 - 2:28
2. Ann Cole - Got My Mojo Working (Preston "Red" Foster) 1957 - 2:39
3. Slim Harpo - I Got Love If You Want It (Harpo) 1957 - 2:46
4. Nappy Brown - Open the Door (Brown) 1956 - 2:18
5. Big Maybelle - Tell Me Who (Myles) 1956 - 2:04
6. Zeb Turner - Chew Tobacco Rag (Briggs) 1951 - 2:34
7. Piano Red - Wildfire (Instrumental) (Perryman) 1957 - 2:21
8. Hank Ballard & The Midnighters - Annie's Aunt Fannie (Ballard / Bass / Woods) 1954 #10 - 2:49
9. Frankie Lee Sims - Hey Little Girl (Sims) 1957 - 2:36
10. Roy Hamilton - Don't Let Go (Stone) 1958 #2 - 2:30
11. Jimmy Liggins & His Drops of Joy - Saturday Night Boogie Woogie Man (Liggins) 1950 - 2:57
12. Erline Harris - Jump And Shout (Harris / Lieb) 1950 - 2:17
13. James Waynes - Please Baby Please (Wayne) 1952 - 2:27
14. Ruth Brown - Mama, He Treats Your Daughter Mean (Wallace / Lance) 1953 #1 - 3:00
15. Oscar Wills - Flatfoot Sam (Wills) 1957 - 2:08
16. Chuck Higgins & His Mellotones - Motor Head Baby (Watson / Haven) 1952 - 2:12
17. Big Joe Turner - Honey Hush (Turner) 1953 #1 - 2:39
18. Lester Robertson - Take It Home To Grandma (Robertson) 1958 - 2:02
19. Oscar Mclollie & His Honeyjumpers - All That Oil in Texas (Rene) 1953 - 2:26
20. Rosco Gordon - New Orleans Wimmen (Gordon) 1952 - 2:32



 
Disc: 5 (51:04)
1. Rosco Gordon - Booted (Gordon) 1952 #1 - 3:10
2. George Green - Brand New Rockin' Chair (Randolph) 1953 - 2:34d
3. Harold Burrage - Way Down Boogie (Burrage) 1953 - 2:53
4. Marvin & Johnny - Tick Tock (Josea) 1954 #9 - 2:52
5. Hank Ballard & The Midnighters - Henry's Got Flat Feet (Glover) 1955 #14 - 2:41
6. Jackie Brenston - Much Later (Turner) 1957 - 2:16
7. Nappy Brown - Don't Be Angry (Brown / McCoy / Mendelsohn) 1955 #2 - 2:24
8. Bobby Day - Little Bitty Pretty One (Byrd) 1957 #57 - 2:28
9. Mercy Dee - Romp and Stomp Blues (Walton / Bihari) 1955 - 2:23
10. Rene Hall - Twitchy (inst.) (Duncan) 1953 - 2:26
11. Big Joe Turner - Flip, Flop and Fly (Calhorn / Turner) 1955 #2 - 2:49
12. Big John Greer - Bottle It Up And Go (Trad.) 1953 - 2:29
13. Smiley Lewis - Bumpity Bump (Bartholomew) 1955 - 2:31
14. Anita Tucker - Hop, Skip and Jump (Jones) 1956 - 2:42
15. Slim Saunders - Let's Have Some Fun Honey (Delove / Saunders / Sturgill) 1954 - 2:16
16. Gene & Eunice - Bom Bom Lulu (Forrest / Frost) 1957 - 2:32
17. The Rocking Brothers - Play Boy Hop (McNeely) 1954 - 2:36
18. Junior Gordon - Blow Wind Blow (Smith) 1957 - 2:18
19. Marvin & Johnny - Wine Woogie (Phillips) 1952 - 2:10
20. Johnny Otis Orchestra - Rock Me Baby (Otis) 1953 - 2:32



 
Disc: 6 (52:14)
1. Little Esther - Hollerin' and Screamin' (Leiber / Stoller) 1953 - 2:54
2. Mike Gordon & The El Tempos - You Got To Give (Gordon) 1954 - 2:13
3. Jimmy Rushing - Hi Ho Sylvester (Rushing) 1951 - 2:22
4. Harold Burage - You Eat Too Much (Burage) 1956 - 2:45
5. Fluffy Hunter - The Walkin' Blues (Powell / Bass) 1951 - 2:53
6. Wynonie Harris - The Deacon Don't Like It (Nubin) 1953 - 3:05
7. Roy Brown - Fanny Brown Got Married (Brown) 1955 - 2:19
8. Lionel Hampton - Hey Ba-Ba-Re-Bop (Hammer) 1946 #1 - 3:10
9. Sunnyland Slim - It's You Baby (Luandrew) 1956 - 2:20
10. Tiny Grimes - Hey Now (Grimes) 1949 - 2:34
11. Tiny Topsy - Come On, Come On, Come On (Cooley) 1957 - 2:40
12. Calin Boze - Safronia B. (Boze) 1950 #9 - 2:22
13. Fats Noel - Ride Daddy, Ride (Noel) 1951 - 2:09
14. Milt Trenier - Flip Our Wigs (Leiber / Stoller) 1953 - 2:59
15. Freddie Kohlman & His Orchestra - Hole in the Ground (Kohlman) 1953 - 2:25
16. Tiny Bradshaw - Breakin' Up the House (Glover) 1950 - 2:42
17. Harold Burage - She Knocks Me Out (Burage / Toscano) 1956 - 2:15
18. Stomp Gordon - Damp Rag (Gordon) 1952 - 2:27
19. Otis Rush - Three Times a Fool (Rush) 1957 - 2:50
20. Sly Fox - I'm Tired of Beggin' (Fox) 1954 - 2:31



 
Disc: 7 (49:39)
1. Wynonie Harris - Bloodshot Eyes (Penny / Hall) 1951 #6 - 2:42
2. Larry Williams - Short Fat Fannie (Williams) 1957 #1 - 2:24
3. Roy Brown - Mister Hound Dog's In Town (Brown) 1953 - 2:34
4. Wynona Carr - Nursery Rhyme Rock (Carr) 1956 - 1:59
5. Sonny Boy Williamson II - Don't Start Me To Talkin' (Williamson) 1955 - 2:34
6. Lavern Baker - Jim Dandy (Chase) 1956 #22 - 2:10
7. Smiley Lewis - Shame, Shame, Shame (Hopkins / Fisher) 1956 - 1:57
8. Howlin' Wolf - Smoke Stack Lightning (Burnett) 1956 #8 - 3:04
9. Linda Hopkins - Rock And Roll Blues (Conelly / Warner) 1957 - 2:08
10. Bobby Day - Sweet Little Thing (Byrd) 1957 - 2:23
11. Amos Milburn - Chicken Shack Boogie (Milburn / Cullum) 1948 #1 - 2:52
12. Stick Mcghee - One Monkey Don't Stop No Show (Terry) 1949 - 2:41
13. Mabel King - Alabama Rock And Roll (Kramer / Herman) 1956 - 2:40
14. Willis Jackson - Gator's Groove (Inst.) (Jackson) 1952 - 2:37
15. Roy Brown - Butcher Pete (Brown) 1949 - 2:28
16. Tommy Ridgley - Jam Up (Ridgley) 1954 - 2:45
17. Ella Mae Morse - Oakie Boogie (Tyler) 1952 - 1:57
18. Larry Williams - Bony Maronie (Williams) 1957 #18 - 3:01
19. Amos Milburn - Soft Pillow (Tylor) 1957 - 2:20
20. Etta James - Tough Lover (James) 1956 - 2:12



 
Disc: 8 (50:32)
1. Roy Milton & His Solid Senders - Milton's Boogie (Milton) 1946 #4 - 2:51
2. Jackie Brenston & Billy Love - Juiced (Brenston) 1951 - 2:31
3. Big Joe Turner - Low Down Dog (Turner) 1947 - 3:01
4. H-Bomb Ferguson - Rock, H-Bomb, Rock (Ferguson) 1951 - 2:09
5. Melvin Smith - I'm Out Of My Mind (Maceo / Howard / Hughes) 1952 - 2:25
6. Varetta Dillard - Easy, Easy Baby (Toombs) 1952 #8 - 2:40
7. Big Maybelle - Ring Dang Dilly (Mendelsohn) 1957 - 2:17
8. Hal Singer Sextet - Corn Bread (Singer / Reig) 1948 #1 - 2:58
9. Marie Adams & The Three Tons Of Joy - Ma (He's Making Eyes At Me) (Conrad / Clare) 1957 #2 - 2:26
10. Pearl Bailey - I Can't Rock and Roll to Save My Soul (Tobias) 1956 - 2:22
11. Boo Breeding - Country Woman (Davis) 1955 - 2:25
12. Roy Byrd & His Blues Jumpers - Bald Head (Byrd) 1950 #5 - 2:32
13. Plas Johnson & His Orchestra - Blue Jean Shuffle (Johnson) 1956 - 2:18
14. Sparkle Moore - Rock-A-Bop (Morgan) 1956 - 2:15
15. Vince Monroe - Give It Up (Monroe / West) 1956 - 2:20
16. Lowell Fulson - Rocking After Midnight (Fulson) 1949 - 2:44
17. Smiley Lewis - She's Got Me Hook, Line And Sinker (Bartholomew / King) 1956 - 2:27
18. Professor Longhair - Misery (Byrd) 1957 - 1:58
19. Rufus Thomas - Tiger Man (Burns / Louis) 1954 - 2:49
20. Donna Hightower - Hands Off (McShann / Bowman) 1956 - 2:55



 
Disc: 9 (50:52)
1. Melvin Smith - California Baby (Smith) 1952 - 2:09
2. Champion Jack Dupree - Shim Sham Shimmy (Dupree) 1953 - 2:43
3. Johnny Otis & Marie Adams - Bye Bye Baby (Otis) 1957 #20 - 2:19
4. Todd Rhodes - Rocket "69" (Glover / Mann) 1951 - 2:43
5. H-Bomb Ferguson - I Love My Baby (Turner) 1951 - 2:46
6. Ernie Williams - My Pretty Baby (Williams) 1954 - 2:01
7. Memphis Slim - Rockin' The House (Chatman) 1947 - 2:47
8. Doc Starkes & The Niteriders - Women and Cadillacs (Starkes) 1954 - 2:54
9. Big John Greer - I'm The Fat Man (Greer) 1952 - 2:29
10. Cootie Williams - Mercenary Papa (Williams) 1949 - 2:15
11. Jackie Brenston - In My Real Gone Rocket (Brenston) 1951 - 2:30
12. Jimmy Preston - Oh Babe (Prima / Kobak) 1950 - 2:48
13. B. B. King - She's Dynamite (King) 1951 - 2:30
14. Mister Sad Head - Sa Head Blues (Thurman / Ford / Astor) 1952 - 2:45
15. Wild Bill Moore - Hey Spoo-Dee-O-Dee (Brannon / Theard) 1950 - 2:41
16. Eddie Davis - Mountain Oyster (Bernard) 1949 - 2:40
17. Jesse Allen - Let's Party (Allen) 1952 - 2:25
18. Frank Motley - New Hound Dog (Motley) 1954 - 2:27
19. Tiny Bradshaw - Walk That Mess (Bradshaw / Glover) 1951 - 2:43
20. Jimmy Wilson - Jumpin' From Six To Six (Ervin) 1954 - 2:06



 
Disc: 10 (53:00)
1. Sonny Dae & His Knights - Rock Around The Clock (Freeman / De Knight) 1954 - 2:46
2. The Treniers - Rock-A-Beatin Boogie (Haley) 1954 - 2:18
3. Big Mama Thornton - Hound Dog (Leiber / Stoller) 1953 #1 - 2:57
4. Big Joe Turner - Shake, Rattle And Roll (Calhoun) April 1954 #1 - 3:02
5. Huey "Piano" Smith & The Clowns - Don't You Just Know It (Smith) 1958 #4 - 2:35
6. Little Willie Littlefield - K. C. Loving (Leiber / Stoller) 1952 - 2:39
7. Louis Jordan & His Tympany Five - Choo Choo Ch'boogie (Horton / Darling / Gabler) 1946 #1 - 2:45
8. Jimmy Preston - Rock The Joint (Crafton / Keene / Bagby) 1949 #6 - 2:36
9. Bobby Charles - Later Alligator (Guidry) 1955 #14 - 2:51
10. Billy "The Kid" Emerson - Red Hot (Emerson) 1955 - 2:25
11. Arthur Gunter - Let's Play House (Gunter) 1954 - 2:45
12. Tiny Bradshaw - The Train Kept A-Rollin' (Bradshaw / Mann / Kay) 1951 - 2:46
13. Big Maybelle - Whole Lotta Shakin' Goin' On (David / Williams) 1955 - 2:41
14. Little Richard - Tutti Frutti (LaBostrie / Luby / Penniman) 1955 #2 - 2:24
15. Ella Mae Morse - Razzle Dazzle (Calhoun) 1955 - 2:45
16. Bo Diddley - Bo Diddley (McDaniel) 1955 #1 - 2:28
17. Ruth Brown - Lucky Lips (Leiber / Stoller) 1957 #26 - 2:10
18. Milton Brown - Keep A Knockin' (Brown) 1936 - 2:34
19. Chuck Berry - Maybellene (Berry) 1955 #1 - 2:19
20. Roy Brown - Good Rocking Tonight (Brown) 1948 #11 - 3:02



■目次に戻る

 
●“ロック・アラウンド・ザ・クロック”前後のR&Rたち

 おそらくは、1955年の“ロック・アラウンド・ザ・クロック”のヒットを軸に編集されたオムニバスの10枚組。肝心のビル・ヘイリーによる“ロック~”は収録されていませんが、競作となったソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツのヴァージョンが収録されています。

 興味深いのは、『ルーツ・オブ・ロック&ロール』と言うタイトルが指し示すように、“ロック・アラウンド・ザ・クロック”以前の楽曲が多めに収録されていること。そして、更に興味深いのが、それら“~クロック”以前の曲と、以後の曲とに、さほどのスタイルの違いが感じられないことです。
 これは、ロックン・ロールと言う音楽のスタイルが、ビル・ヘイリー一人によって作られたのではないことを示す一つの具体的な証拠と言えましょう。
 つまり、“~クロック”タイプの楽曲は、それ以前からも脈々と演奏され続けており、その中から“~クロック”が選ばれたのは、ある種、偶然だったのではないか?、ということです。
 さて、それでは、そういった観点を踏まえながら、各楽曲を見ていきましょう。と言っても、全部に触れるのは無理なので、個人的に気になる楽曲を選択することになりますが…。

■目次に戻る

 
●史上初のロックン・ロール・ヒット“ロケット88”

 まずは、ジャッキー・ブレンストンの“ロケット88”。
 サム・フィリップス(エルヴィス・プレスリーらを輩出したサン・レコードの創始者のひとり)が「史上初のロックン・ロール・ヒット」と称した楽曲。まぁ、これはちょっと屋上屋というか、自分がプロデュースした楽曲の宣伝、みたいなところもあると思いますけど。サムがこの発言をしたのがいつ頃か、詳しくは調べていないのですけれども、雰囲気的にビル・ヘイリー(の“ロック・アラウンド・ザ・クロック”)のヒット以降のような気がします。
 もともとはアイク・ターナーが作った曲で、彼自身のコンボにブレンストンを参加させて吹き込んだもの。その時のプロデューサーがサムでした。
 これが、チェス・レコードから発売される段になると、ターナーの名前はどこにも無くなってしまい、ブレンストンのオリジナル扱いで発売されたので、ターナーはむちゃくちゃ不機嫌になったとかならなかったとか。しかもそれがそこそこヒットした(ビルボードR&Bチャートで首位)もんだから、ターナーの不機嫌さはいや増したとか増さなかったとか。(^_^;

 ジャッキー・ブレンストン“ロケット88”ディスク1-12. Jackie Brenston - Rocket 88 (Brenston (Actually Ike Turner)) April 1951 #1 - 2:49


■目次に戻る

 
●もう一つの“ロック・アラウンド・ザ・クロック”

 さて、“ロケット88”が史上初のロックンロール・ヒットなら、こちら“ロック・アラウンド・ザ・クロック”は史上初のナンバーワン・ロックンロール・ヒット。“~88”も前述の通りR&Bチャートでは首位になっていますが、ナショナル・チャートでは首位になっていません。“~クロック”は、ビル・ヘイリーのヴァージョンが Billboard Best Sellers in Stores と Billboard Most Played by Jockeys (後に両者が合わさってホット100チャートになった…らしい(^_^;)で1位を獲得。ロックンロール・ムーヴメントの突端となったことは衆目の一致する所。

 前述の通りこのCD-BOXには、ビル・ヘイリーのバージョンの代わりにソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツの音源が収録されています。ここでは両者を聴き比べてみましょう。

 ソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツ“ロック・アラウンド・ザ・クロック”ディスク10-1. Sonny Dae & His Knights - Rock Around The Clock (Freeman / De Knight) 1954 - 2:46


 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ“ロック・アラウンド・ザ・クロック”(当CD-BOXには未収録)


 聴き比べてみると、ソニー・デイの方は、なんとも朴訥(ぼくとつ)で、アピールが希薄です。これは明らかにビル・ヘイリーの方ができが良いですね。とは言っても、ビル・ヘイリー・ヴァージョンがヒットしたのも、映画「暴力教室」の挿入歌に抜擢されたればこそ。でなければそのまま歴史に埋もれていてもおかしくはなかったのでは。

■目次に戻る

 
●マディ・ウォーターズやエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲群(1950年代)

 さて、ここからは、後のミュージシャンに影響を与えた曲、有り体に言えばカヴァーされた曲を、そのカヴァー・ヴァージョンとともに見て(聴いて)いきましょう。順不同です、悪しからず。

 まずは1950年代編。同時代のミュージシャンへ影響を及ぼした楽曲群です。

 アン・コールと言う女性シンガーのことはよく知らないのですが、後に大御所ブルース・マン、マディ・ウォーターズがカヴァーする“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”を最初に吹き込んだ人として名前は知っていました。その、アン・コールのヴァージョンがこのCD-BOXで聴けます…!。
 マディ・ウォーターズは間髪をいれず1957年に採り上げてスタジオで吹き込んでいるのですが、ここでは、僕が初めて聴いた1960年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでのライヴ演奏を聴いていただきましょう。

 アン・コール“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”ディスク4-2. Ann Cole - Got My Mojo Working (Preston "Red" Foster) 1957 - 2:39


 マディ・ウォーターズ“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”(ニューポート1960年)(当CD-BOXには未収録)


 
 1950年代のロック・スターと言えば、なんと言ってもエルヴィス・プレスリー。彼が採り上げた2曲です。

 “ハウンド・ドッグ”はもうプレスリーがオリジナルだと思っている人がいるくらい彼に馴染んでいる曲ですが、元ネタはビッグ・ママ・ソーントンです。本家ならではの力強い歌唱が印象的ですね。

 ビッグ・ママ・ソーントン“ハウンド・ドッグ”ディスク10-3. Big Mama Thornton - Hound Dog (Leiber / Stoller) 1953 #1 - 2:57


 エルヴィス・プレスリー“ハウンド・ドッグ”(当CD-BOXには未収録)


 
 お次は、以前の日記でも紹介したビッグ・ジョー・ターナーの最有名曲“シェイク・ラトル・アンド・ロール”です。この曲はビル・ヘイリーも吹き込んでヒットさせていますが、エルヴィスも演っていたんですね。
 どのヴァージョンもノリノリのジャンプ・ブルース(ここではテンポ速めでリズミカルなブルースだと思ってください)に仕上がっています。…エルヴィスは軽めなロカビリーかな…?。
 このCD-BOXはビッグ・ジョーのヒット曲が多めに(全7曲)入っているのがなんとも嬉しいところ。

 ビッグ・ジョー・ターナー“シェイク・ラトル・アンド・ロール”ディスク10-4. Big Joe Turner - Shake, Rattle And Roll (Calhoun) April 1954 #1 - 3:02


 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ“シェイク・ラトル・アンド・ロール”1954年(当CD-BOXには未収録)


 エルヴィス・プレスリー“シェイク・ラトル・アンド・ロール”1956年(当CD-BOXには未収録)


 
 今度は、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲です。と言うか、このCD-BOXを聴くまで、この曲はジェリー・リーのオリジナルなんだとばかり思っていました。ジェリー・リーが軽快な(当時はこれでも「凶暴な」と思われていたようですが)ピアノの響きに乗っているのに対し、ビッグ・メイベルの歌いぶりはいかにもヘヴィで迫力があります。

 ビッグ・メイベル“ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン”ディスク10-13. Big Maybelle - Whole Lotta Shakin' Goin' On (David / Williams) 1955 - 2:41


ジェリー・リー・ルイス“ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン”1957年(当CD-BOXには未収録)


■目次に戻る

 
●リトル・リチャードの元ネタたち(1950年代)

 このCD-BOXは、なぜかリトル・リチャードびいきなようで、彼が採り上げた楽曲の元ネタが3曲も入っています。
 曲によっては改題されていますが、間違いなくリチャードの元ネタです。
 “カンサス・シティ”はおまけでビートルズの演奏も引用しておきました。ビートルズは著作権監視が厳しいから、すぐ無くなっちゃう気がするな。(^_^;

 エディ・ボー“アイム・ワイス”ディスク1-14. Eddie Bo - I'm Wise (Bocage / Collins / Smith) 1956 - 2:13


 リトル・リチャード“スリッピン・アンド・スライディング”(当CD-BOXには未収録)


 
 リトル・ウィリー・リトルフィールド“K.C.ラヴィング”ディスク10-6. Little Willie Littlefield - K. C. Loving (Leiber / Stoller) 1952 - 2:39


 リトル・リチャード“カンサス・シティ”(当CD-BOXには未収録)


 ビートルズ“カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ”(当CD-BOXには未収録)


 
 ミルトン・ブラウン“キープ・ア・ノッキン”ディスク10-18. Milton Brown - Keep A Knockin' (Brown) 1936 - 2:34


 リトル・リチャード“キープ・ア・ノッキン”(当CD-BOXには未収録)


 こうして並べて聴くと、リトル・リチャードがいかに強力なシャウターなのか解かります。正直、他の演奏は色あせて聴こえますね…。

■目次に戻る

 
●ヤードバーズとストレイ・キャッツが採り上げた楽曲群(1960年代以降)

 ここからは1960年代以降です。

 まずはヤードバーズが採り上げた曲を2題。
 「お金も名誉も手に入れたけど、お前だけが手に入らないよ」と言う(訳は意訳ですのでご了承を(^_^;)切なくも豪快なジャンプ・ブルースを、エリック・クラプトン在籍時のヤードバーズは若さいっぱいでカヴァーしていました。

 ビリー・ボーイ・アーノルド“アイ・エイント・ガット・ユー”ディスク2-18. Billy Boy Arnold - I Ain't Got You (Calvin Carter) 1955 - 2:13


 ヤードバーズ“アイ・エイント・ガット・ユー”1964年(当CD-BOXには未収録)


 そして“トレイン・ケプト・ア・ローリン”。この曲は、ジェフ・ベック時代のヤードバーズが採り上げているのですが、ジョニー・バーネットが採り上げたヴァージョンを参考にしているのではないかと思われます。そして、確か、ヤードバーズのヴァージョンが初出の時は作者を詐称していたのではなかったかな?。僕の勘違いかもしれないんだけど。
 オリジナルのタイニィ・ブラッドショウが、いかにもジャンプ・ブルース然としているのに対し、ジョニー・バーネットは完全にロカビリーのスタイルになっています。そのバーネットの演奏にちらっと出てきたギター・リフを拡大して、全面的に適用し、8ビートに仕立て上げたのがヤードバーズの演奏。
 どの演奏をとっても兄なり難く弟たり難い名演だと思います。

 タイニィ・ブラッドショウ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”ディスク10-12. Tiny Bradshaw - The Train Kept A-Rollin' (Bradshaw / Mann / Kay) 1951 - 2:46


 ジョニー・バーネット・トリオ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”1956年(当CD-BOXには未収録)


 ヤードバーズ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”1965年(当CD-BOXには未収録)


 
 そして最後は、ぐっと時代が下がって、ストレイ・キャッツの元ネタです。てか、僕はストレイ・キャッツがカヴァーしていたというのを知らなかったのですが。(^^ゞ
 マイナー・キーで哀愁深くも、ぐいぐいノッて聴かせる楽曲です。

 ロイ・モントレール“メロウ・サクソフォン”ディスク2-3. Roy Montrell - (Every Time I Hear That) Mellow Saxophone (Montrell / Marascalco / Blackwell) 1956 - 2:23


 ストレイ・キャッツ“ワイルド・サクソフォン”(1981年)(当CD-BOXには未収録)


■目次に戻る

 
●名残惜しいけど。

 と言う感じで、本当はまだまだ触れたい楽曲はあるのですが…。渋いブルース・マン、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIとか、ジョン・リー・フッカーとか、ハウリン・ウルフとか。
 ギター演奏が冴えるピー・ウェイ・クレイトンとか、ジョニー・ギター・ワトソンとかにも触れたかったなぁ…。
 あと、おきゃんなスパークル・ムーアとか、重厚なエタ・ジェイムスなどの女性シンガーにも触れておきたかった…。ですが、キリが無くなるので、このへんで妥協します。(^_^;

■目次に戻る





■ミュージシャン別日記一覧




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR