FC2ブログ

【CD入手】ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル #Beatles #LiveAtTheHollywoodBowl

ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

【収録曲】
1.ツイスト・アンド・シャウト Twist and Shout(1965年8月30日)
2.シーズ・ア・ウーマン She's A Woman(1965年8月30日)
3.ディジー・ミス・リジー Dizzy Miss Lizzy(1965年8月30日/1965年8月29日――1曲にエディット)
4.涙の乗車券 Ticket To Ride(1965年8月29日)
5.キャント・バイ・ミー・ラヴ Can't Buy Me Love(1965年8月30日)
6.今日の誓い Things We Said Today(1964年8月23日)
7.ロール・オーバー・ベートーヴェン Roll Over Beethoven (1964年8月23日)
8.ボーイズ Boys(1964年8月23日)
9.ア・ハード・デイズ・ナイト A Hard Day's Night(1965年8月30日)
10.ヘルプ! Help!(1965年8月29日)
11.オール・マイ・ラヴィング All My Loving(1964年8月23日)
12.シー・ラヴス・ユー She Loves You(1964年8月23日)
13.ロング・トール・サリー Long Tall Sally(1964年8月23日)
14.ユー・キャント・ドゥ・ザット You Can't Do That(1964年8月23日――未発表)
15.抱きしめたい I Want To Hold Your Hand(1964年8月23日――未発表)
16.みんないい娘 Everybody's Trying To Be My Baby(1965年8月30日――未発表)
17.ベイビーズ・イン・ブラック Baby's In Black(1965年8月30日――未発表)

 著作権監視厳しいため音源引用はありません。

 「音楽的にはザ・ビートルズは素敵なサウンドだし、素晴らしい楽曲も持っている。でも、ライヴ・バンドとしてはどうだ? 彼らは微妙だったよね」by キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズのギタリスト)
 「ライヴ・バンドとしてのビートルズの頂点はデビュー前だったんだ。デビューしてからは観客の嬌声にかき消されてまともな演奏なんかできやしなかった」by ジョン・レノン

 冒頭のキースの発言は、このハリウッド・ボウルのライヴのCD化が発表された頃のもの。なので、普段はストーンズ派の寺田正典さんも、「何もこのタイミングで言わんでも…」と、思わずTwitterでつぶやいていました。
 ですがまぁ、キースの言わんことも分からないではないです。
 ここで聴けるビートルズの演奏は、決してベストといえるものではありません。それは、スタジオ・テイクでの素晴らしい演奏を知っているファンなら周知のことでしょう。なにせ、PAの考えがまともにない時代で、演奏者用のモニターもないような状況。そんな中、1万7千人もの観客が一斉に騒いでいる嬌声の中で演奏されてますからね。これはいい演奏になりようがない。(^_^; それでも、なんとか破綻なく演奏できているのは、レコード・デビュー以前にハンブルグ巡業などで叩き上げた結果でしょう。

 とまぁ、いささか微妙(笑)な当盤ではありますが、これは復刻されたことに意義のある再発と言っていいと思います。「アナログでは発売されていたのになんでデジタルでは聴けないんだ」と言う、今のビートルズ・ファンの切なる願望に応えたものであって、間違っても映画の宣伝のための再発ではないと思いたい。ジャケットを見るとそうとしか思えないんだけど(笑)。
 いずれにせよ、当時のビートルズがどういう状況でどういう演奏を繰り広げていたかを窺い知れる一級の「資料」であることには間違いはありません。

 ただ、このCD、ビートルズ初心者が、「話題になっているから」と言うので気楽にこれに手を出されて「ビートルズってこの程度か」と思われると困ります。今まで、『アンソロジー』や『ライヴ・アットBBC』で、そういうことが起こったと聞きます。今回もそういうファンが出てきやしないかと、いささか不安なのですが…。

 ところで、ビートルズが卓越したライヴバンドであった証拠は、これ以外の公式盤にしっかり刻み込まれています。いささか変則的なライヴでは有りましたが、ファンならおなじみの、ゲット・バック・セッションでの、ルーフトップ・コンサートです。アルバム『レット・イット・ビー』には、このライヴから“アイヴ・ガッタ・フィーリング”“ワン・アフター・909”“ディグ・ア・ポニー”が収録されました。また『アンソロジー』でもこの時の演奏は観れるし聴けるので、(アップルさん、次こそはビデオ『レット・イット・ビー』をお願いしまっせ!)これを聴けば、ライヴ・バンドとしてのビートルズの資質に疑いを持つものはいないはず。
 冒頭のキースの発言は、多分、あれはセッションであってコンサートではない、と、言うことなのかもしれませんし、ジョンの発言(※)も、同様なのでしょう。

 ※:この発言は確か、1970年に行われたロング・インタビューの中でのもので、邦題『回想するジョン・レノン』と言う本にまとめられていたと思います。その本は僕は持ってはいるのですが、本棚から引っ張り出すのが面倒くさいので、ここではうろ覚えな記憶に頼って書きました。ので、細かな言い回しは適当です。余談ですが、このインタビュー本、最初に翻訳された時は『ビートルズ革命』と言うとんでもないタイトルでした。現在では『レノン・リメンバーズ』と言う、翻訳の手間を省いたとしか思えないタイトルで流通しているようです。原題は『Lennon Remembers: The Full Rolling Stone Interviews from 1970』だそうです。

 ちょっと寄り道にそれて、『ハリウッドボウル』と同時期に収録された有名どころのライヴ・アルバムも少しみてみましょう。ストーンズの『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット』(EP:1965年、LP:1966年収録)やキンクスの『ライヴ・アット・ケルヴィン・ホール』(1967年収録)、ディランの『ロイヤル・アルバート・ホール』(1966年収録)など。(ディランは最近とんでもない枚数の1966年ライヴ・ボックスが出ましたが、ここでは敬して遠ざけておきます。)他にビーチ・ボーイズで『ビーチ・ボーイズ・コンサート』(1963-1964年収録)、ジミヘンやオーティス・レディングなどが活躍した『モンタレー・ポップ・フェスティバル』(1967年収録)もありますね。クリームが轟音でライヴ会場を席巻するのは1968年に入ってからですが、このくらいになると、PAの考え方も本格的になってきてるはずですから、ちょっと『ハリウッドボウル』とは同列には語れないのではないでしょうか。
 ビーチ・ボーイズの1963年収録のライヴ・アルバムというのはどうだったのか聴いてみたいところですが、残念ながら僕は未聴。このように、ざっと並べた感じだと、1967年位にPAの発達の境目があったのではないかという気がします。モンタレーのライヴはいい音で録れたものが残っていますし。キンクスの『ケルヴィン・ホール』は例外としても(笑)。ストーンズのライヴは中々いい演奏なのですが、これは実はスタジオで修正が入っています。なので、これも『ハリウッドボウル』と同列に語るのはフェアではないですね。(だよね、キース?。)

 ビートルズに戻って、ちょっと資料的なことを述べておきましょう。
 ハリウッドボウルでは、ビートルズは3回の公演をしています。1964年8月23日、1965年8月29日、1965年8月30日です。これらの日程でのセットリストと、当CDに収められたCDとの曲目比較をした図を、マイミクのriverさんが作られていたので、ご本人の許可を頂いて転載させていただきます。
ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル曲目表
 1965年は2日とも同じセットリストということで問題ないでしょう。気になるのは、当CDに収録漏れの曲がぼろぼろとあることです。理想で言えば、3公演完全収録が良かったわけですが、そこまで行かなくとも、全曲目をフォローするまではしてほしかったと思うのですが…。“恋におちたら”“アイ・フィール・ファイン”“彼氏になりたい”“アイム・ダウン”、曲目的にはこの4曲が漏れていることになります。これはフォローしてほしかった…!。特に僕のフェイヴァリットの“恋におちたら”なんかむっちゃ聴きてぇ!。(^_^;最近出た「著作権切れ音源CD」にこれらの曲が収録されているものがあるので、入手しようかな、と、迷っています。マニアな方ならブートレグなどでおなじみなんでしょうね。

 最後に、この『ハリウッドボウル』が出されるきっかけになったアルバムを紹介して締めくくろうと思います。ファンならご存知、アップル/EMIのあずかり知らぬところで制作された『ライヴ・アット・ザ・スター・クラブ』。1962年12月、レコード・デビュー直後のハンブルグでのライヴを収録したものです。このアルバムの制作までの経緯は省きますが、内容的には、ビートルズ人気が爆発する前の、「ファンの嬌声に邪魔されない」演奏が堪能できるものになっています。音質的にはキビシイですが。(^_^;1977年当時、このアルバムが発表された時、アップル側はなんとか発売を差し止めようとしたのですが、かなわず、やむを得ず対抗馬として『ハリウッドボウル』を出した、と言う経緯があります。
 演奏曲目的には、レノン・マッカートニーの楽曲がほとんど無く、その点では『ハリウッドボウル』には遠く及びませんが、演奏の覇気みたいなものは劣っていないと思います。
 色々出てる』スター・クラブ』物ですが、今回は、国内盤で出たテイチクの『レア・ライヴ'62(完全版)』から聴いていただきます。「ホンマに完全盤なんかい!」と言うツッコミはもっともなんですが(^_^;、まぁ、曲目を見た感じでは、これが一番多く収録されているんじゃないかと。

ビートルズ / レア・ライヴ'62(完全版)


Live At The Star Club In Hamburg Germany1962 (Japanese Teichiku ver.) / Beatles

 
 
 
 
 
■ビートルズ日記一覧目次





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Beat Wolfさん

 ファンにとっては嬉しいライブ・アルバムですよね。

 僕もこの日記では結構ケチつけつつも、楽しんで聴いていました(笑)。
 素直にそう書けないところが、こじらせ男の悲しい性かな、という気がします。(^^ゞ

 オリジナルではジョージ・マーティンはかなり苦労してミックス作業を行ったようですね。このCDではジャイルズが頑張って音に磨きをかけたと思います。

このアルバム

好きです。
何といってもポールのロング・トール・サリーが凄いです。
リンゴのボーイズもいい。

ビートルズのライブについてはジョンが言っているとおりですが
このアルバムではジョージ・マーティンが頑張って
臨場感抜群です。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR