FC2ブログ

【CD入手】クリフォード・ブラウン/コンプリート・パリ・セッションVol.1-3 #CliffordBrown #TheCompleteParisSessions

 クリフォード・ブラウン/コンプリート・パリ・セッションVol.1 クリフォード・ブラウン/コンプリート・パリ・セッションVol.2 クリフォード・ブラウン/コンプリート・パリ・セッションVol.3


Clifford Brown Paris Collection
https://www.youtube.com/watch?v=oPm5ogGZHvM&list=PL0q2VleZJVEnmpSc9zndxB-vqE0lxXRLn




1. ブラウン・スキンズ (別テイク) Brown Skins (Alternate Take) (Gigi Gryce) 6:07
2. ブラウン・スキンズ Brown Skins (Master Take) (Gigi Gryce) 6:09
3. デルティトニュ Deltitnu (Gigi Gryce) 3:35
4. キーピング・アップ・ウィズ・ジョーンジー Keeping Up With Jonesy (Master Take) (Gigi Gryce) 7:07
5. キーピング・アップ・ウィズ・ジョーンジー (別テイク) Keeping Up With Jonesy (Alternare Take) (Gigi Gryce) 6:28
6. コンセプション Conception (Master Take) (Gigi Gryce) 3:18
7. コンセプション (別テイク) Conception (Alternate Take) (Gigi Gryce) 3:22
8. オール・ザ・シングス・ユー・アー All The Things You Are (Master Take) (Jerome Kern, Oscar Hammerstein II) 3:52
9. オール・ザ・シングス・ユー・アー (別テイク) All The Things You Are (Alternate Take) (Jerome Kern, Oscar Hammerstein II) 4:22
10. 波止場にたたずみ I Cover The Waterfront (Johnny Green, Edward Heyman) 4:00
11. グーフィン・ウィズ・ミー Goofin' With Me (Clifford Brown) 4:49

1-5 Gigi Gryce Et Son Orchestre
Clifford Brown, Art Farmer, Fernand Verstraete, Walter Williams (trumpet) Fred Gerard (trumpet -1,2) Quincy Jones (trumpet, arranger) Jimmy Cleveland, Al Hayse, Bill Tamper (trombone) Gigi Gryce, Anthony Ortega (alto saxophone) Henri Bernard, Clifford Solomon (tenor saxophone) Henri Jouot (baritone saxophone) Henri Renaud (piano) Pierre Michelot (bass) Alan Dawson (drums)
Paris, France, September 28, 1953

6-11 Gigi Gryce - Clifford Brown Sextet
Clifford Brown (trumpet) Gigi Gryce (alto saxophone) Henri Renaud (piano) Jimmy Gourley (guitar -6/9) Pierre Michelot (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, September 29, 1953


1. マイノリティ Minority [Master Take] (Gigi Gryce) 5:26
2. マイノリティ (別テイク1) Minority [Alternate Take 2] (Gigi Gryce) 5:29
3. マイノリティ (別テイク2) Minority [Alternate Take 3] (Gigi Gryce) 5:33d
4. サリュート・トゥ・ザ・バンド・ボックス Salute to the Band Box [Master Take] (Gigi Gryce) 5:42
5. サリュート・トゥ・ザ・バンド・ボックス (別テイク) Salute to the Band Box [Alternate Take] (Gigi Gryce) 5:44
6. ストリクトリー・ロマンティック Strictly Romantic (Gigi Gryce) 4:16
7. ベイビー Baby [Master Take] (Gigi Gryce) 5:46
8. ベイビー (別テイク) Baby [Alternate Take] (Gigi Gryce) 4:40
9. クイック・ステップ Quick Step [Master Take] (Gigi Gryce) 2:41
10. クイック・ステップ (別テイク1) Quick Step [Alternate Take 2] (Gigi Gryce) 2:42
11. クイック・ステップ (別テイク2) Quick Step [Alternate Take 3] (Gigi Gryce) 2:43
12. バムズ・ラッシュ Bum's Rush [Master Take] (Quincy Jones) 3:11
13. バムズ・ラッシュ (別テイク1) Bum's Rush [Alternate Take 2] (Quincy Jones) 3:07
14. バムズ・ラッシュ (別テイク2) Bum's Rush [Alternate Take 3] (Quincy Jones) 3:11
15. ノー・スタート、ノー・エンド No Start, No End (Clifford Brown) 11:47

1-8 Gigi Gryce - Clifford Brown Sextet
Clifford Brown (trumpet) Gigi Gryce (alto saxophone) Henri Renaud (piano) Jimmy Gourley (guitar -1/5) Pierre Michelot (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, October 8, 1953

9-14 Gigi Gryce Et Son Orchestre
Clifford Brown, Art Farmer, Quincy Jones, Walter Williams (trumpet) Jimmy Cleveland, Al Hayse, Benny Vasseur (trombone) Gigi Gryce, Anthony Ortega (alto saxophone) Andre Dabonneville, Clifford Solomon (tenor saxophone) William Boucaya (baritone saxophone) Henri Renaud (piano) Pierre Michelot (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, October 9, 1953

15 Gigi Gryce - Clifford Brown Octet
Clifford Brown (trumpet) Jimmy Cleveland (trombone) Gigi Gryce (alto saxophone) Clifford Solomon (tenor saxophone) Henri Renaud (piano) Jimmy Gourley (guitar) Pierre Michelot (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, October 10, 1953


1. シェ・モア (Venez donc) Chez moi (Paul Misraki) 7:49
2. オール・ウェアード All weird(Master take1) (Clifford Brown) 5:15
3. オール・ウェアード (別テイク1) All weird(Alternate take2) (Clifford Brown) 1:52
4. オール・ウェアード (別テイク2) All weird(Alternate take3) (Clifford Brown) 4:57
5. ブルー・アンド・ブラウン Blue and brown (Clifford Brown) 3:07
6. せめて夢で I can dream, can't I? (Clarke) 2:57
7. せめて夢で (別テイク1) I can dream, can't I?(Alternate take2) (Clarke) 3:00
8. せめて夢で (別テイク2) I can dream, can't I?(Alternate take3) (Clarke) 3:02
9. ザ・ソング・イズ・ユー The song is you(Master take1) (Jerome Kern, Oscar Hammerstein II) 2:50
10. ザ・ソング・イズ・ユー (別テイク) The song is you(Alternate take2) (Jerome Kern, Oscar Hammerstein II) 2:51
11. 降っても晴れても Come rain or come shine(Master take1) (Harold Arlen, Johnny Mercer) 4:08
12. 降っても晴れても (別テイク)Come rain or come shine(Alternate take2) (Harold Arlen, Johnny Mercer) 3:02
13. 春の如く It might as well be spring(Master take1) (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II) 4:55
14. 春の如く (別テイク) It might as well be spring(Alternate take2) (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II) 5:07
15. ユーアー・ア・ラッキー・ガイ You're a lucky guy(Master take1) (Sammy Cahn, Saul Chaplin) 2:42
16. ユーアー・ア・ラッキー・ガイ (別テイク1) You're a lucky guy(Alternate take2) (Paul Chaplin, Sammy Cahn) 3:04
17. ユーアー・ア・ラッキー・ガイ (別テイク2) You're a lucky guy(Alternate take3) (Paul Chaplin, Sammy Cahn) 3:09

1 Gigi Gryce - Clifford Brown Octet
Clifford Brown (trumpet) Jimmy Cleveland (trombone) Gigi Gryce (alto saxophone) Clifford Solomon (tenor saxophone) Henri Renaud (piano) Jimmy Gourley (guitar) Pierre Michelot (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, October 10, 1953

2-4 Gigi Gryce - Clifford Brown Nonet
Clifford Brown (trumpet) Jimmy Cleveland (trombone) Gigi Gryce, Anthony Ortega (alto saxophone) Clifford Solomon (tenor saxophone) William Boucaya (baritone saxophone) Quincy Jones (piano) Marcel Dutrieux (bass) Jean-Louis Viale (drums)
Paris, France, October 11, 1953

5-17 Clifford Brown Quartette
Clifford Brown (trumpet) Henri Renaud (piano) Pierre Michelot (bass) Benny Bennett (drums)
Paris, France, October 15, 1953


 1953年、ライオネル・ハンプトン楽団の一員としてヨーロッパを巡業していた若手たちが、ボスのハンプトン(ヴィブラフォン)の目を盗み、現地のアンリ・ルノー(ピアノ)の手引でパリのヴォーグ・レコードに吹き込んだ音源集。ブラウンがソロをとっていない一曲(“ハロー”という曲。10月10日のセッションで収録)が未収録とのことですが、そこまでこだわることもないでしょう。とは言え、同じくブラウンがソロをとっていない“デルティトニュ”は収められているのに何故?。という気はしますけど。(ちなみに“Deltitnu”は“Untitled”を逆に綴ったもの。)
 と言ったゴタクはともかくとして。22才のクリフォード・ブラウンのトランペットをフィーチュアした録音集として、ジャズ・ファンからは珍重されていたセッションがまとめて聴ける3枚のCD。三分の二は中/大編成のバンドで演奏されますが(ブラウンがリーダーになったセッションはなく、せいぜい副リーダー)、ラストのセッションとなった『Vol.3』の5曲めからは、ブラウンのワン・ホーン・セッションとなります。もちろんブラウンがリーダー。
 ブラウンのワン・ホーンは意外に珍しく、僕の手持ちのCDでも、当盤しかないです。(いやまぁ、当盤以外では9枚しか持ってないんですけどね。(^_^;)そして、このセッションが一番の聴き物と言えるでしょう。なにせ他の演奏者のソロに邪魔されること無くブラウンのソロに集中できるんですから。
 と言うわけで、「3枚もまとめて聴くのはなぁ」と思っている方は、『Vol.3』から攻めてください。ブラウンのソロが充分に堪能できますよ。
 ちなみに、サックス大好きな僕は、ジジ・グライス(アルト・サックス)のソロも結構楽しんでいますし、ギターも好きですから、ジミー・ゴアリー(ギター)のソロも楽しんでいます。(^^ゞ
 楽曲として好きなのは『Vol.1』収録の“オール・ザ・シングス・ユー・アー”。有名なスタンダードで、これを演奏しないジャズ・ミュージシャンはいないとまで言われています。ジジ・グライスのアルトとジミー・ゴアリーのギターを交えた六重奏編成で、前述の二人のソロのあとにブラウンの朗々としたソロが鳴り響きます。まぁ、僕の好みとしてはアルトとギターの方が好きなんですけどね。(^_^;

 最後に、ブラウンについて基本的な説明を。
 クリフォード・ブラウン(Clifford Brown、1930年10月30日 - 1956年6月26日、米国人)はジャズの黒人トランペッターで、1950年台前半~半ばに活躍。明るく張りのある音色と流礼なフレージングに定評があり、史上最高のジャズ・トランペッターと賞賛され、今もその評価に変わりはない。しかし、その生涯は短く、25才の時自動車事故で死亡した。代表作はドラマーのマックス・ローチとの双頭コンボで吹き込んだ『スタディ・イン・ブラウン』『クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ』等。




■ミュージシャン別日記一覧




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR