FC2ブログ

【CD聴く】加藤和彦 / ベル・エキセントリック ~バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ三部作 #加藤和彦 #ベルエキセントリック #KazuhikoKato #BelleExcentrique

バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)
(2014/03/20)
リットーミュージック出版部

商品詳細を見る


加藤和彦/ベル・エキセントリック
ベル・エキセントリック


『ベル・エキセントリック』Belle Excentrique 1981年7月25日
全曲作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦(特記あるもの除く)
1. ロスチャイルド夫人のスキャンダル SCANDALE DE Mme ROTHCHILD
2. 浮気なGigi GIGI, LA DANSEUSE
3. Amerian Bar BAR AMERICAIN
4. ディアギレフの見えない手 DIAGHLEV, L'HOMME-ORCHESTRE
5. ネグレスコでの御発展 LES NUITS FOLLES DE L'HOTEL NEGRESCO (作曲:加藤和彦)

6. バラ色の仮面をつけたMme M MASQUE ROSE DE Mme M
7. トロカデロ TROCADERO
8. わたしはジャン・コクトーを知っていた JE CONNAISSAIS JEAN COCTEAU
9. Adieu, mon Amour
10. Je Te Veux (作曲:エリック・サティ)

All song written & arranged by kazuhiko katoh

Except "JE TE VEUX" Composed by Erik Satie arranged by Ryuichi Sakamoto
"MASQUE ROSE DE Mme M" , "JE CONNAISSAIS JEAN COCTEAU" arranged by Katoh and Sakamoto
"DIAGHILEV, L'HOMME-ORCHESTRE" , "ADIEU, MON AMOUR" arranged by Katoh and Shimizu
"LES NUITS FOLLES DE L`HOTEL NEGRESCO" , "TROCADERO" arranged by Shimizu

Lyrics written by Kazumi Yasui

Recorded at Le Chateau, Paris, April 1981

MUSICIANS

Kazuhiko Katoh - Vocal, Guitar
Kenji Omura - Guitar
Yukihiro Takahashi - Drums
Haruomi Hosono - Bass
Ryuichi Sakamoto - Acostic Piano, Chamberlin, Prophet5
Akiko Yano - Acostic Piano
Nobuyuki Shimizu - Acostic Piano, Synthesizer, Marimba, Tympani
Hideki Matsutake - MC-8
Nadia Dancourt - Voice

Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono & Ryuichi Sakamoto appears through the courtesy of Alfa Records.
Akiko Yano appears courtesy of Yano Music / Japan Record.

 いつ頃からか、音楽の聴き方がぞんざいになってきた。
 昔は、邦楽であっても歌詞カードを睨みながら、食い入る様に聴いていたものでした。もちろん曲順なんか空で覚えてたし、脳内再生でフル・アルバムを再生するなんてお茶の子でした。それが、いつからか、歌詞カードも見なくなり、何となく聴き流すようになり…。今では、どのアルバムになんという曲が入っていたかもかなり怪しいものです。今は、取り敢えず流しておいて、何かしら引っかかる曲だけ曲目を確認する、という有り様。とんだ体たらくになってしまったもの。
 加藤和彦のワーナー三部作の中で、この「ベル・エキセントリック」だけは、アナログで持っていません。当時愛読していたFM雑誌(と言って通じるかな?。まぁ良いや)のレビューで、推薦の印がついていなかったので、何となくスルーしていたのだと思う。ちなみに前二作は推薦印がついていたはず。雑誌の影響力も大きいというべきでしょうか。実際のところは、このアルバムが出る頃には、ストーンズにイカれてて、邦楽にはあまり目配りしなくなっていたのだと思います。その代わり、ストーンズの英盤と米盤(と同じ選曲の国内盤)を必死に買い揃えていたものでした。
 と言うわけで、このアルバムは、2004年の紙ジャケCDを入手して以来の聴き込みとなります。紙ジャケ盤は、ミックスが本来のものと違うというケチが付いていたので、積極的に聴き込みませんでした。今あらためてオリジナル・リマスター盤と聴き比べていますが、ほとんど、というか、ちっとも違いがわからない。だから、ミックス違いのことはこの盤の場合どうでもいい。問題は、前二作と違って、ほとんどまっさらな状態で聴き始めたということです。そう、前二作をアナログで持っていた時は、今よりももっと情熱を持って音楽を聴いていたのでした。だから、前二作とこのアルバムを比較するというのは事実上できないのです。思い入れの差が違いすぎるから。
 それでも、客観的な事実から手がかりを掴みつつ、書き進めてみましょう。
 このアルバムではついにYMOのフル・メンバーが揃い踏みしました。サポートの大村憲司と、前作でいいところを見せた矢野顕子も同行しています。このメンバーでパリに乗り込み、パリをテーマにした作品を録音したのでした。
 とは言え、パリで録音したのは全体の6割ほどの楽曲。残りの4曲は東京で、YMO以外のメンバーを中心にして録音されました。これは、パリでの居住環境/録音環境が劣悪だったことと関連しているのかもしれません。選曲的に見ても、歌詞のないインストの曲が2曲に増えているし、全体の収録時間も30分ちょっとしか無い。そういう物理的なスペックを見ると、三部作の掉尾を飾る作品としては、いささか竜頭蛇尾な感じがしないでもありません。
 しかし、内容は、悪くないのです。いや、それどころか、僕に往時の積極性があってこのアルバムに接していたら、「もう一枚の傑作!」とか、熱っぽい日記を書いていたに違いないでしょう。しかし、悲しいかな、今の僕にはこのアルバムを咀嚼しきる力がありません。8月頭から三ヶ月かけて聴いてきましたが、今頃になって、やっと全体像がつかめてきた、と言うか、お気に入りの曲が出来たりしているのです。できるならもう少し聴き込みを続けたいところですが、次にCDチェンジャーにセットすべきCDが、所狭しと待っているので…。と言うわけで、ダラダラ書いてきましたが、今持てる力でこのアルバムの感想を書いて締めることにしましょう。
 前二作との比較はご法度とは書きましたが、それでも、このアルバムには、前二作よりさらにノスタルジックな傾向が強くなっています。なかでも、“トロカデロ”のしみじみとした情緒が心地よい。先にお気に入りの曲が、と、書いたのはこの曲のことでした。もちろん他の曲も優れていますよ。いつも僕がアルバムを褒める時の常套句ではありますが、旋律がしっかりと立った楽曲が揃っており、緩急もしっかりしています。そして加藤和彦ならではの、きめ細やかなサウンドメイクもそこかしこに聴かれる。東京録音の曲も、パリ録音の曲と違和感なく治まっており(だからこの日記ではあえてどの曲がどっちのロケーションで録音されたかは記しません。CDを買ってパーソネルを読めばわかります)、全体の統一感も申し分ありません。
 ラストのインストの“Je Te Veux”は、日本語では“貴方が欲しい”と訳されることが多いようです。サティの歌曲のピアノ演奏版。坂本龍一がピアノを弾き、ラストのパートだけ高橋のドラムと坂本のシンセをオヴァーダブしています。加藤は何をやっているの?、と言う感じですが、この曲を演ろう、と、提案したのですね。冊子に書かれていることを信じれば、当時はまだサティは今ほど人口に膾炙していなかったことになっています。加藤の先進性を強調した形ですが、僕の記憶ではちょっと違っていて。当時はサティが流行り始めた頃と軌を一にしているような気がするのですが…。(クラシック音楽に詳しい人、HELP!)加藤なりに最先端の流行りものに乗ってみたと言うところではないでしょうか。いずれにせよ、洒落た締めくくりになっており、聴後感は良いです。例のごとくアルバム全曲音源を添付しましたので、ぜひ聴いてみて欲しいです。

 p.s.まぁ、しかし、この傑作群を、三枚まとめて一気に日記に書こうというのが無謀でしたね。(^_^; もっと丁寧に一枚づつCDチェンジャーにセットして聴いていればよかった。「パパ・ヘミングウェイ」と「うたかたのオペラ」はアナログ時代に、ダビングしたカセット・テープが擦り切れるほど聴きこんだから楽勝だと思ったんだよな~。ま、後の祭りですが?。(^^ゞ

■加藤和彦日記一覧



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR