FC2ブログ

【CD入手】加藤和彦 / バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ三部作 #加藤和彦 #パパヘミングウェイ #うたかたのオペラ #ベルエキセントリック

バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)
(2014/03/20)
リットーミュージック出版部

商品詳細を見る



加藤和彦/パパ・ヘミングウェイ
パパ・ヘミングウェイ



加藤和彦/うたかたのオペラ
うたかたのオペラ



加藤和彦/ベル・エキセントリック
ベル・エキセントリック



【収録曲】
全曲作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦(特記あるもの除く)

■Disc 1『パパ・ヘミングウェイ』Papa Hemingway 1979年10月25日
1. スモール・キャフェ SMALL CAFE
2. メモリーズ MEMORIES
3. アドリアーナ ADRIANA
4. サン・サルヴァドール SAN SALVADOR

5. ジョージタウン GEORGETOWN
6. レイジー・ガール LAZY GIRL
7. アラウンド・ザ・ワールド AROUND THE WORLD
8. アンティルの日 THE DAY OF ANTILLES (作曲:加藤和彦)
9. メモリーズ(リプライズ) MEMORIES-REPRISE

★ボーナス・トラック
10. ソルティ・ドッグ SALTY DOG
11. アラウンド・ザ・ワールド(ダブ・バージョン) AROUND THE WORLD - DUB VERSION

All songs written, arranged, sung & produced by Kazuhiko Katoh
Lyrics by Kazumi Yasui
Strings & horns arranged by Ryuichi Sakamoto

Produced by Kazuhiko Katoh

Album Recorded

Compass Point Studios, Nassau, Bahamas
Criteria Recording Studio, Miami, Florida. U.S.A
Hitokuchizaka Studios, Tokyo, Japan


MUSICIANS

Kazuhiko Katoh - Vocal, Guitar, Wood Block, Whistle
Kenji Ohmura - Guitar, Vibraslap, Cabasa
Ray Ohara - Bass
Yukihiro Takahashi - Drums, Bell, Tambourine
Ryuichi Sakamoto - Acostic Piano, Fender Rhodes, Wurlitzer Organ, Clavinet, Synthesizer, Vocoder
Strings & horns coordinated by Mike Lewis
Mike Lewis - Alto Saxophone
Mark Colby - Tenor Saxophone
Cecil Dorsett - Steel Drums
Chuei Yoshikawa - Mandlin
Nanako Sato - Vocal

Yukihiro Takahashi & Ryuichi Sakamoto appears through the courtesy Yellow Magic Orchestra/Alfa Records.
Nanako Satoh appears through the courtesy of Nippon Columbia Co.



■Disc 2『うたかたのオペラ』L'Opera Fragile 1980年9月25日
1. うたかたのオペラ L`OPERA FRAGILE
2. ルムバ・アメリカン RUMBA AMERICAN
3. パリはもう誰も愛さない PARIS, YESTERDAY
4. ラジオ・キヤバレー RADIO CABARET
5. 絹のシャツを着た女 LADY IN A SILKEN SHIRT

6. Sバーン S-BAHN (作曲:加藤和彦)
7. キャフェ・ブリストル CAFE BRISTOL
8. ケスラー博士の忙しい週末 DOCTOR KESSLER'S BUSY WEEKEND
9. ソフィーのプレリュード SOPHIE'S PRELUDE
10. 50年目の旋律 FIFTY YEARS THEME

★ボーナス・トラック
11. おかえりなさい秋のテーマ(絹のシャツを着た女) LADY IN A SILKEN SHIRT

All Songs Composed & Arranged by Kazuhiko Katoh
All Lyrics Written by Kazumi Yasui
Produced by Kazuhiko Katoh

Recorded at Hansa "By The Wall", W.Berlin, July `80

MUSICIANS

Kazuhiko Katoh - Vocal, Guitar, Electronics
Kenji Omura - Guitar, Zoo
Haruomi Hosono - Bass, Moog, ULT Sound, Electronics, Percussions
Yukihiro Takahashi - Drums, ULT Sound, Percussions
Akiko Yano - Acostic Piano, Prophet5, Xylophone
Ryuichi Sakamoto - Acostic Piano, Prophet5
Toru Okada - Organ, Prophet5, Orchestration
Nobuyuki Shimizu - Prophet5, Orchestration
Hideki Matsutake - Synthesizer Programming
Nanako Satoh - Vocal
Kouichi Makigami - Voice
Gunter Melde - Strings
Heinz von Hermann - Saxophone
Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono & Ryuichi Sakamoto appears through the courtesy of Alfa Records.
Toru Okada appears courtesy of Crown Records.
Nanako Satoh appears courtesy of Invitation/Victor Musical Industries Inc.
Koichi Makigami appears courtesy of Toshiba/Emi.
Akiko Yano appears courtesy of Yano Music/Japan Record.




■Disc 3『ベル・エキセントリック』Belle Excentrique 1981年7月25日
1. ロスチャイルド夫人のスキャンダル SCANDALE DE Mme ROTHCHILD
2. 浮気なGigi GIGI, LA DANSEUSE
3. Amerian Bar BAR AMERICAIN
4. ディアギレフの見えない手 DIAGHLEV, L'HOMME-ORCHESTRE
5. ネグレスコでの御発展 LES NUITS FOLLES DE L'HOTEL NEGRESCO (作曲:加藤和彦)

6. バラ色の仮面をつけたMme M MASQUE ROSE DE Mme M
7. トロカデロ TROCADERO
8. わたしはジャン・コクトーを知っていた JE CONNAISSAIS JEAN COCTEAU
9. Adieu, mon Amour
10. Je Te Veux (作曲:エリック・サティ)

All song written & arranged by kazuhiko katoh

Except "JE TE VEUX" Composed by Erik Satie arranged by Ryuichi Sakamoto
"MASQUE ROSE DE Mme M" , "JE CONNAISSAIS JEAN COCTEAU" arranged by Katoh and Sakamoto
"DIAGHILEV, L'HOMME-ORCHESTRE" , "ADIEU, MON AMOUR" arranged by Katoh and Shimizu
"LES NUITS FOLLES DE L`HOTEL NEGRESCO" , "TROCADERO" arranged by Shimizu

Lyrics written by Kazumi Yasui

Recorded at Le Chateau, Paris, April 1981

MUSICIANS

Kazuhiko Katoh - Vocal, Guitar
Kenji Omura - Guitar
Yukihiro Takahashi - Drums
Haruomi Hosono - Bass
Ryuichi Sakamoto - Acostic Piano, Chamberlin, Prophet5
Akiko Yano - Acostic Piano
Nobuyuki Shimizu - Acostic Piano, Synthesizer, Marimba, Tympani
Hideki Matsutake - MC-8
Nadia Dancourt - Voice

Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono & Ryuichi Sakamoto appears through the courtesy of Alfa Records.
Akiko Yano appears courtesy of Yano Music / Japan Record.


 紙ジャケット盤音源
パパ・ヘミングウェイ(紙ジャケット盤音源) / 加藤和彦


うたかたのオペラ(紙ジャケット盤音源) / 加藤和彦


ベル・エキセントリック(紙ジャケット盤音源) / 加藤和彦


 加藤和彦の、いわゆるヨーロッパ三部作と言われる作品群は、加藤の創作活動のピークを示す傑作群として認知されている。しかし、これらの作品がCD化されるにあたって受けた処遇は、作品の価値にふさわしいものとはいえなかった。
 そもそもは、これら三部作発表後の1982年に、それらからの楽曲で選曲制作された「アメリカン・バー」という編集アルバム(未CD化)に話は遡る。このアルバムではデジタル・リミックスが施され、オリジナルとは雰囲気が異なるものが使用された。特に、「パパ・ヘミングウェイ」からの“レイジー・ガール”と「うたかたのオペラ」からの“ルムバ・アメリカン”での、佐藤奈々子のヴォーカルがカットされていたことは、ファンから非難の声が上がった。その他僕が気づいた点では、“ルムバ・アメリカン”の始まりがフェイド・インでなく、いきなりフル・ヴォリュームで始まっている点。
 そしてこれらのリミックス音源は三部作のCD化の際にも適用されてしまった。以降CDでは一貫してリミックス音源が使用され続ける状態が続いた。ことに2004年の紙ジャケ化CDにおいても、これらのリミックス音源が適用されたままであったことは、ファンからの強い反感を呼び、レコード会社がCDの返品返金対応をすると言う事態にまでなった。この紙ジャケCDで、加藤自身が「復刻に当たりオリジナル・マスターなどを慎重に聴いたのだが(中略)あえてなにも手を加えてはいない」と宣言していたことが却って事態を困窮させた。加藤の真意として、「リミックス音源」を是として、「オリジナル・アナログ音源」を非とした意図があったのか、それとも、単にレコード会社のミスであったのか、今となっては知りようもない。いずれにせよ、ファンは、忸怩たる思いで三部作のCDと向き合わざるを得ない状況が長く続いたのである。
 それが、この、2014年早春に発売されたCDブック「バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ三部作」において、ついにオリジナル・マスターからの初CD化が成ったのである。3枚分まとめて7千円強という価格は安いとは言い難かったが(コスパ的には充分すぎるくらい元は取れるのではあるが)、ファンにとってはこれは起死回生の出来事であった。更に嬉しいことに、アナログ時代の既発表音源とは言え、オリジナル・アルバムには未収録であったボーナス・マテリアルが3曲追加されていた。2015年初夏にオリジナル・フォーマットでの再発がなされた時はこれらのボーナスは残念ながら漏れてしまったが、音源は、モチのロン、このCDブックでも使用されたオリジナル・マスターの音源が使用されたのであった。めでたしめでたし。(今回は、問題のリミックス音源も、紙ジャケ音源として添付したのでお暇な方は聴き比べてみて欲しい。)

 とまぁ、ファンにしてみれば、CDが本命、付属の薄っぺらい本はただのおまけ、という認識であったと思います。僕もそれは同じで、いざ、今回この三部作の日記を書くまではろくに目も通していなかったゆえ、慌てて読み込もうとしている次第。そのうえで、この加藤和彦版「薄い本」のレビューもせねばなるまい、と、今から蛇足的補足を書き上げようとしているのであります。
 …(読んでる)…(まだ読んでる),(半分読んだので、ちょっとトイレ休憩をした)…(残り半分を読んでる、読んでる、読んでる)…。(読み終わった!)。
 いやみなさん、これはやっぱり実物を買って読んでください、…って言っても通用しないですよね(笑)。えっと、目次を抜書きしておきましょう。雰囲気は伝わるでしょう。各見出し冒頭の数字はページ数です。

 2 刊行にあたって  2 牧村憲一 4 大川正義
 8 パパ・ヘミングウェイ
  8 アルバム・クレジット 10 レコーディング秘話(折田育三)、歌詞 14 ライナーノーツ(今野雄二)
 18 うたかたのオペラ
  19 アルバム・クレジット 20 レコーディング秘話(折田育三)、歌詞
 30 ベル・エキセントリック
  30 アルバム・クレジット 32 レコーディング秘話@PARIS(折田育三)、歌詞 38 レコーディング秘話@TOKYO(大川正義)、歌詞 40 ライナーノーツ(海野弘)
 44 参加ミュージシャンが語る“ヨーロッパ三部作”
  45 小原礼 坂本龍一 46 清水信之 高橋幸宏 47 松武秀樹 矢野顕子(50音順)
 48 資料
  48 加藤和彦直筆コード譜 安井かずみ直筆歌詞 トラック・シート
  58 記事再録「加藤和彦『ベル・エキセントリック』」(『サウンド&レコーディング・マガジン2010年3月号』より)
 63 CD収録曲

 加藤の没後に作られた冊子なので、加藤自身の言葉が殆ど無いのが悲しいところですが、裏方たちの言葉は充分に臨場感があります。加藤がいかに一つ一つの出音にこだわったか、みたいな話が随所に出てくるのは、裏方がメインの語り部になっているからでしょうね。もう少し、曲作りの風景みたいなのも知りたいという気がしますが、それは、まぁ、例えば、本人が語り遺した「エゴ 加藤和彦、加藤和彦を語る」みたいな本で確認したほうが良いのでしょう。

 さて、この日記では、このCDブック固有の「特徴」について述べたので、次の日記から、各CDについて述べていきましょう。と言っても、今更言を要することもない名作ばかりではありますがね。

■加藤和彦日記一覧


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR