FC2ブログ

【CD入手】アレサ・フランクリン / 貴方だけを愛して #ArethaFranklin #INeverLovedAManTheWayILoveYou


アレサ・フランクリン/貴方だけを愛して



I Never Loved a Man the Way I Love You / Aretha Franklin, Full Album


1. リスペクト Respect (Otis Redding) 2:29
2. 涙に濡れて Drown in My Own Tears (Henry Glover) 4:07
3. 貴方だけを愛して I Never Loved A Man The Way I Love You (Ronnie Shannon) 2:51
4. ソウル・セレナーデ Soul Serenade (Curtis Ousley, Luther Dixon) 2:39
5. 夢をさまさないで Don't Let Me Lose This Dream (Aretha Franklin, Ted White) 2:23
6. ベイビー・ベイビー・ベイビー Baby, Baby, Baby (Aretha Franklin, Carolyn Franklin) 2:54

7. ドクター・フィールグッド Dr Feelgood (Love Is a Serious Business) (Aretha Franklin, Ted White) 3:23
8. グッド・タイムズ Good Times (Sam Cooke) 2:10
9. 恋のおしえ Do Right Woman, Do Right Man (Dan Penn, Chips Moman) 3:16
10. セイヴ・ミー Save Me (Curtis Ousley, Aretha Franklin, Carolyn Franklin) 2:21
11. ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム A Change Is Gonna Come (Sam Cooke) 4:20


Personnel
Aretha Franklin -vocals, piano(#1 - #9, #11)
Carolyn Franklin - background vocals(#1, #2, #5, #6, #9)
Erma Franklin - background vocals(#1, #2, #5, #6, #9)
Cissy Houston - background vocals(#2, #9)
King Curtis - tenor saxophone(#1, #2, #4 - #8, #10)
Charles Chalmers - tenor saxophone(#1 - #8, #10), horn arr.(#3)
Willie Bridges - baritone saxophone(#1, #2, #4 - #8, #10)
Melvin Lastie - trumpet(#10), cornet(#1, #2, #4 - #8)
Ken Laxton - trumpet(#3)
Ernie Royal - trumpet(#7)
David Hood - trombone(#3)
Roger Hawkins - drums(#1 - #3, #5, #6, #9, #11)
Gene Chrisman - drums(#4, #7, #8)
Tommy Cogbill - bass
Jimmy Johnson - guitar(#1, #3 - #6, #9 - #11)
Chips Moman - guitar(#3, #10)
Dewey Oldham - keyboards(organ(#1, #6, #7, #9, #11), electric piano(#3, #4))
Arif Mardin - vibraphone(#11)
Produced by Jerry Wexler
Arrangement & Engineered by Tom Dowd

Released March 10, 1967
Recorded January 10 - February 26, 1967



 アレサを聴くと「あぁ、おれって何てダメなやつなんだろう」と思ってしまいます。
 ところで、かつては“アリサ”と表記していましたが、最近では“アレサ”で通すことにしました。もともとはネイティヴィ・イングリッシュのピーター・バラカンが“アリーサ”と言っていたので、真似して(カッコつけて(笑))“アリサ”表記をしていました。でもよく考えたら、ピーターは“レッド・ゼプリン”と言うけど、僕は絶対“ツェッペリン”だな、ということに気づき、ピーターの発音に盲従するのは止めにしました。

 閑話休題。
 何故、ダメな自分と思ってしまうか。
 僕の日記やつぶやきをチェックしている方は知っていると思いますが、僕はアレサの良さがわかりません。(アレサにかぎらずソウル系シンガーの良さはわからないのですが。)そのコンプレックスが乗じて、アレサのことを逆ギレ気味にけなしてしまったりしたこともあります。それで、アレサ好きな人に不興を買ったことも。アレサを聴いていると、そんなダメダメな自分のことを思い知らされてしまうのですが、何より、「皆んなが良いと言っているものを僕だけ理解できない」という悔しさ、情けなさ。これに尽きます。良い物のはずなのに、自分はその良さを享受することが出来ない。これほど情けないことはありません。
 ファンが絶賛するアレサのシャウトも、僕にはヒステリックな金切り声にしか聴こえません…。orz このアルバムではそれほど金切り声はないので比較的平和な気持ちで聴いていられるのですが、それでも、絶賛したいほど良いとは思えないのが、やはり情けない僕ではあります。

 1980年代に、ストーンズのギタリストと組んで“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”をカヴァーした時も、どこが面白いのかさっぱりわかりませんでした。同僚のY君からは「え~?、アレサ歌うまいやんけ~?」と呆(あき)れられたものです。
 だいたい僕は、歌の上手い下手は判らないのです。(開き直り!?。)だいたい曲の良し悪しで楽しんでいますね。その伝で行くと、僕にとって「良いシンガー」と言うのは、曲の魅力を充分に伝えてくれるシンガーであって、その人自身の力量をひけらかすタイプではない、ということになります。アレサがそんな「ひけらかす」タイプかどうかというのはよくわかりません。ですが、何枚かアルバムを聴いた印象からすると、楽曲の魅力よりも歌唱力で勝負しているタイプのような気もします。歌い方も、曲の旋律を活かすというよりはかなり崩して歌っているような感じですし。

 閑話休題。
 “リスペクト”はかなり改作が施されていて、オーティスのオリジナルでは聴き物の一つだった「Hey, Hey, He~y」の煽(あお)りがなくなっています。ここが一番好きだったんだけどな…。でも、バックコーラスの「Just a little bit」と繰り返すところとかは面白いと思います。

 そんな感じで、どうもアレサと僕の相性は良くありません。なので、一旦、アレサのCDを集めるのは、ここでやめにします。また何時の日か、これらのアルバムを聴いて、ピン!、と来る時があるかもしれません。その時までアレサ探求の旅は置いておくことにしましょう…。そう…、それまでさっぱりわからなかったものが、突如、ピン!、と来る時がある。だから音楽を聴くのはやめられないのですよね。

 さて、客観的な事実も述べておきましょう。
 1960年台前半に大手コロンビア・レコードからデビューするも鳴かず飛ばずだったアレサが、アトランティックに移籍して放った第一弾アルバム。コロンビア時代は抑えつけられていたゴスペル・フィーリングを全面に押し出し、大成功をおさめました。オーティス・レディングのカヴァー“リスペクト”はR&BチャートのみならずBillboard Hot 100でもNo.1となります。アルバムもR&Bチャートでの1位はもちろん、Billboard 200でも2位まで上がりました。名実ともにアレサの代表作の一枚といえる作品です。


 p.s.
 以上の下書きを書いた後、NHK-FMの、ウィークエンド サンシャイン(DJピーター・バラカン)を聴いていた。番組後半で、最近再発された「真夏の夜のジャズ」のサントラからマヘリア・ジャクソンの歌がかかった。その時は、アレサを理解できな僕に女性ゴスペル・シンガーの良さなどわからないだろうと思って聴き始めた。しかし、驚いた事にマヘリアの声は僕の心に響いた。何故?、と、一瞬思ったが、すぐに合点がいった。要はとても単純なことだった。マヘリアは声域が低いのだ!。つまり僕がアレサを理解できないのは、彼女が高音域をヒットする歌い方が僕と相性が悪いというだけの事のようだ。けして、マヘリアのほうが格が上とか、そんな複雑な問題ではない。いや、だからといってまたアレサを聴き直すかというと、多分、しばらくはないだろうとは思うけど。(^_^;
 「真夏の夜のジャズ」のサントラは買ってみようかな。

Didn't it Rain 雨が降ったよ / Mahalia Jackson マヘリア・ジャクソン






■ミュージシャン別日記一覧





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR