FC2ブログ

【CD入手】レッド・ツェッペリン/Ⅱ #LedZeppelin #LedZeppelinII

レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/デラックス・エディション>レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/デラックス・エディション>
(2014/06/04)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る



ディスク:1
1. 胸いっぱいの愛を Whole Lotta Love (John Bonham, Willie Dixon, John Paul Jones, Jimmy Page, Robert Plant) 5:34
2. 強き二人の愛 What Is and What Should Never Be (Page, Plant) 4:46
3. レモン・ソング The Lemon Song (Bonham, Chester Burnett, Jones, Page, Plant) 6:19
4. サンキュー Thank You (Page, Plant) 4:49
5. ハートブレイカー Heartbreaker (Bonham, Jones, Page, Plant) 4:14
6. リヴィング・ラヴィング・メイド Living Loving Maid (She's Just a Woman) (Page, Plant) 2:39
7. ランブル・オン Ramble On (Page, Plant) 4:34
8. モビー・ディック Moby Dick (Bonham, Jones, Page) 4:20
9. ブリング・イット・オン・ホーム Bring It On Home (Dixon) 4:19

ディスク:2
1. 胸いっぱいの愛を (ラフ・ミックス) (MONO) Whole Lotta Love (Bonham, Dixon, Jones, Page, Plant) 5:38
2. 強き二人の愛 (ラフ・ミックス) (MONO) What Is and What Should Never Be (Page, Plant) 4:33
3. サンキュー (バック・トラック) (MONO) Thank You (Page, Plant) 4:21
4. ハートブレイカー (ラフ・ミックス) Heartbreaker (Bonham, Jones, Page, Plant) 4:24
5. リヴィング・ラヴィング・メイド (バック・トラック) (MONO) Living Loving Maid (She's Just a Woman) (Page, Plant) 3:08
6. ランブル・オン (ラフ・ミックス) Ramble On (Page, Plant) 4:43
7. モビー・ディック (バック・トラック) Moby Dick (Bonham, Jones, Page) 1:37
8. ララ (完全未発表曲) (MONO) La La (Intro/Outro Rough Mix) (Jones, Page) 4:07



 とにかく弛緩したところがない。

 それが、この2ndを聴いて一番に思うことです。1stも良いアルバムでしたけど、僕の好みで言うと、A面の後半はタルいと感じる時もありました。しかしこの「II」は見事にシェイプアップされていて、たるんだところがありません。“胸いっぱいの愛を”から“モビー・ディック”まで、超速で駆け抜けて行き、ラストの“ブリング・イット・オン・ホーム”でやっと一息つく感じでしょうか。それ程に勢いのあるアルバムです。

 1stの好評を受けて、次作を早く制作されるようにせっつかれたため、このアルバムはコンサート・ツアーの間隙を縫って、出かけた先々で次々に素材を録音していったらしいです。“レモン・ソング”なんかがちょっと音質がくぐもっているのは、そういったハンデがあったからなのかな、とか、勘ぐるんですけど、多分違うんでしょうね。(^_^;

 で、今回のリマスター・シリーズ、音質がどう変わったかは、僕には正直判断がつきません。ので、音質については省かさせていただきます。それよりも問題はおまけディスクですね~。

 正直、肩透かしを食らった、と言うのが率直な感想です。基本的にはマスター・ヴァージョンから差し引きされたヴァージョン集となっています。
サビのパートが無かったり、リードギターやヴォーカルが入っていなかったり、と言った具合。一言で言えば物足りない。マスター・ヴァージョンの完成度の高さを逆説的に思い知らされるわけです。
まぁ、細かく見れば、リードギターのフレーズが異なっていたりと言う微細な違いのあるヴァージョンもあるらしいですが、僕はそこには気づきませんでした。強弁すれば、その程度の違いしか無い、と言うことです。唯一完全未発表曲の“ララ”も、ヴォーカル無しなので、イマイチ面白さが伝わってこない。
これだったら、1stの時のように、同時期のライヴ音源を添付してくれたほうがよっぽど面白かったという気がします。あるいは、もっと初期のデモ・テイクを聴かせてくれるとか…。

 ジミーさん、今回のシリーズのおまけディスクでは、「ブートレグを聴き漁った人でも聴いたことのないような音源を」という点に重点を置いているようで、僕のような非マニアックなファンはお呼びではないようです。いやまぁ、おまけディスク付きのもので揃えますよ、揃えますけどね。(^_^;

 もっとも、聴く人が違えば評価も違うもので、Amazonの「最も参考になったカスタマーレビュー」では、おまけディスクの聴き応えを楽しそうに記しているレビューが載っています。そちらを参考にするのもいいでしょう。少なくともそちらのレビューアーの方のほうが僕より良く聴きこんでいるのは間違いないですね。

 そんな感じで、おまけディスクには必ずしも満足していないんだけれども、ツェッペリンの音源をじっくり聴くというのは、実はちゃんとやったことがないので(「コンプリート・スタジオ・レコーディングス」でまとめて入手したので、印象がごっちゃ&じっくり聴き込む機会を作れなかった)、この機会を楽しんではいます。

 と言うわけで、次回は、問題作の3rdだ。やっとそこかい(笑)。世間では最後の三作が発売されようかというのにな(笑)。まぁ、例のごとく大したことは書けないと思うが、一応乞うご期待!。(^^ゞ


レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/スーパー・デラックス・エディション>レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/スーパー・デラックス・エディション>
(2014/06/04)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/スタンダード・エディション>レッド・ツェッペリンII<2014リマスター/スタンダード・エディション>
(2014/06/04)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る





■レッド・ツェッペリン日記一覧


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

星船さん

 本当にこのアルバムは凄いですね!。
 楽曲も粒ぞろいですし。
 ツェッペリンのピークは実はここだったんじゃないかと思っちゃうくらいです!。

すごいアルバム

「Ⅱ」すごいアルバムだなぁ!
1曲目から凄い迫力ですね。
LedZeppelinのアルバムは「Ⅳ」を今でもよく聴くのですが、「Ⅱ」も改めて素晴らしアルバムです。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR