FC2ブログ

【CD聴く】オーティス・レディング/The Soul Album - from ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD Import.) etc. #OtisRedding #TheSoulAlbum

Otis Redding  5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SETOtis Redding 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET
(2010/02/27)
Otis Redding(オーティス・レディング)

商品詳細を見る

ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD Import.)


ソウル・アルバムソウル・アルバム(Stereo)
(1989/02/23)
オーティス・レディング

商品詳細を見る
ソウル・アルバムソウル・アルバム(Mono)
(2012/10/03)
オーティス・レディング

商品詳細を見る

 輸入盤等はこちらから。
The Soul Album (1966) Otis Redding
(Stereo)
1. Just One More Day (Otis Redding, Steve Cropper, McElvoy Robinson) 2:57
2. It's Growing (Smokey Robinson, Warren "Pete" Moore) 2:37
3. Cigarettes and Coffee 煙草とコーヒー (Jerry Butler, Eddie Thomas, Jay Walker) 4:00
4. Chain Gang (Sam Cooke, Charles Cook(e)) 2:57
5. Nobody Knows You (When You're Down And Out) (James Cox) 3:10

6. Good To Me (Redding, Julius Green) 3:49
7. Scratch My Back (James Moore) 2:36
8. Treat Her Right (Roy Head, Gene Kurtz) 2:10
9. Everybody Makes A Mistake (Eddie Floyd, Alvertis Isbell) 2:59
10. Any Ole Way (Redding & Steve Cropper) 2:28
11. 634-5789 (Steve Cropper & Eddie Floyd) 2:53

1965 Nov. 5th:1
1966 Feb. 9th:10
1966 Aug. 2nd:2-9 11

Charles "Packy" Axton, Andrew Love: Tenor Sax
Floyd Newman: Baritone Sax
Sammie Coleman, Wayne Jackson, Gene Miller: Trumpet
Isaac Hayes, Booker T. Jones: Keyboards
Steve Cropper: Guitars
Donald "Duck" Dunn: Bass
Al Jackson, Jr.: Drums, Percussion

(Mono)
1. Just One More Day (Otis Redding, Steve Cropper, McElvoy Robinson) 3:40
2. It's Growing (Smokey Robinson, Warren "Pete" Moore) 2:43
3. Cigarettes and Coffee 煙草とコーヒー (Jerry Butler, Eddie Thomas, Jay Walker) 3:49
4. Chain Gang (Sam Cooke, Charles Cook(e)) 3:01
5. Nobody Knows You (When You're Down And Out) (James Cox) 3:07

6. Good To Me (Redding & Julius Green) 3:52
7. Scratch My Back (James Moore) 2:37
8. Treat Her Right (Roy Head, Gene Kurtz) 2:07
9. Everybody Makes A Mistake (Eddie Floyd, Alvertis Isbell) 3:20
10. Any Ole Way (Redding & Steve Cropper) 2:30
11. 634-5789 (Steve Cropper & Eddie Floyd) 2:49

634-5789



Single
I Can't Turn You Loose お前をはなさない (Otis Redding) 2:56 (B-Side of“Just One More Day”)
※パーソネルは不明。
1965 Nov. 5th:12



 地味な印象のアルバムです。
 11曲中スローな曲が5曲を占めているからだと最初は思ったのですが、前作「オーティス・ブルー」も11曲中5曲がスローだったので、そういうことでもないみたい。多分、全体的にキャッチーな曲が少ないのが地味な原因だろうと思います。あと、スロー・ナンバーが「くどい」(苦笑)。これでもかというぐらい説得力を押し付ける歌い方をするので、聴いていて疲れます。オーティスはもっとメロディを歌い込んでも味を出せるシンガーだと思うのですが。こんなくどい歌い方せんでも…。
 まぁそれでも、3月から聴き続けて、最近やっと「ちょっと良いかな?」という気がしないでもないというような気がしてきました。(^_^;
 ベスト・チューンはウィルソン・ピケットの当たり曲のカヴァー“634-5789”ですね。アップテンポの曲が、こういうノリノリの曲が多ければまた違った印象だったのでしょうが。サム・クックの“Chain Gang”も良いな。
 ここで、大胆な仮説として、「オーティス、偶数枚目のアルバムは駄作」説を唱えたいと思います。2ndの「ソウルバラードを歌う」も、スローなテンポの曲を取り揃えるという企画性が裏目に出た失敗作でした。そして4枚目のこのアルバムも地味に過ぎます。「キング・アンド・クイーン」も偶数枚目ですが…。これはまぁ、そのとき言いましょう。(^_^; 対して、奇数枚目のアルバムは、1stの「ペイン・イン・マイ・ハート」をはじめ、前回の「オーティス・ブルー」、次回採り上げる予定の「ソウル辞典」…。「ヨーロッパのオーティス」も奇数ですね。いずれも傑作の名に恥じない名作です。どうですか?。「偶数枚目のアルバムは駄作」説、結構的を得ていると思いませんか?。
 まぁ、こういうもったいぶった渋いアルバムが好きな人は「聴きこむほどに味の出てくるアルバム」とかなんとか言って擁護しそうですけどね(笑)。

 この時期に吹きこまれたライヴでの定番曲“お前をはなさない”は、意外にもオリジナル・アルバム未収録。この曲が入ってたら、また、評価は違ってたと思うけど、なんでこれを外したかなぁ?。
 シングル・ヴァージョンが聴けるCDはこちら

 ステレオ盤のチャンネル・セパレーションは、1.ベースが左、その他が右という感じ。ヴォーカルが真ん中なのかな?。2.-9.11.ホーン、ベース、ピアノ左、ヴォーカル、ドラムス、ギター右。10.ホーン、ギター、右、ヴォーカル真ん中、ベース、ドラムス左。と言ったところ。




■オーティス・レディング日記




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR