FC2ブログ

音楽イヴェント:おやじ&ミュージック・ブラザーズ 春の宴(4/18(日))@某キッズ(広島)

 今回のおやじナイトはなんと言ってもカレンちゃん!。カレンちゃんが、むちゃ可愛かったわぁ!。思わずHOBO みゆきさんに、「お母さん、娘さんを僕
に下さい!」言いそうになった!。みゆきさんと一緒に歌った Bring me all your loving
、むちゃ良かったぁ!。見とれてしもうて、写真も動画も撮るん忘れてしもうた!。残念、無念!。


 …てな感じで、煩悩は、はらえたかな?。(笑)


 えっと、まずは、某キッズ名物(なのか!?)、24時間対応時計などを。

R0011437



 厳密に言うと、午前中なのか午後なのか、一見して解る訳ではないので、ほんとの24時間対応とは言いづらいか
もしれませんが。螺旋の性質をうまく使った、こじゃれたデザインだと思います。


 さて、トップバッターは、この時点でまだ9歳、最年少、♪さんの息子さんによる、ピアノ弾き語り演奏です。(僕が日記上げるのモタモタしてる間
に10歳になられました。(^_^;)

 観られるのは、僕のマイミクさんまでとなっていますので、悪しからずご了承ください。



 ♪さんの息子さん/キセキ

 http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=7877606&video_id=8949670


 この直後は、最年長の有馬さんでした。六十ウン歳。その落差がなんとも(笑)。いつもの有馬さんワールドで楽しませてくれました。


 こっから後は、アバウトに紹介します。今回は、いつものように緻密(自分で言うか(笑))にメモしながら聴いていたわけでなく、リラックスして
聴く事に決めていたので、いつものような詳細なレポートにはなりません、悪しからず。


 まぁ、とりあえずは、早めに登場(17:22頃)した、僕の演奏から聴いてもらいましょうか。撮影は、ジョア改め+yu♯さんに撮ってもらいま
した。

 例のごとく、ぐだぐだなMCと共にお楽しみください。



 ☆彡ふらんぼう/(I Can't Get No)Satisfaction





http://www.youtube.com/watch?v=LfuMnGmkLj0

 いきなり、出だしのリフで間違えてますが(笑)。

 まぁ~、全体的にもう少し自信を持って歌えば、もっと良くなるかな?。(笑)


 ☆彡ふらんぼう/仲間がいれば





http://www.youtube.com/watch?v=5TdeuI8phWg

 生意気にも、自作曲です。(^^ゞ

 一応、著作権を主張しておきます。なぜ「一応」なのかは、この日記を最後まで見てもらえば解る、かな?(笑)。


 ☆彡ふらんぼう/愛は勝つ





http://www.youtube.com/watch?v=hndr4uampCk

 有名曲は、やっぱり、気持ちが良いですね。歌いだしから手拍子があったりして。

 例のごとく最後でトチったりしてますが。(^_^;



 客席側では、しゅうちゃんさんが由美さんと、盛り上がった会話しているのがウケますね(笑)。


 この後、miyuki
さんによる、電子楽器マトリョミン(マトリョーシカにテルミンを内蔵したもの)の演奏がありました。動画は自分でも撮っていたんですけど、今回は一行さん
の撮られた動画を。(手ぇ抜くなよ、オイ!。(^_^;)

 一行さんのページ(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10825715)
の4月21日の日記を参照してください。1分37秒ほどのYoutube動画です。

 この楽器(テルミン)に関する僕の所感は、後ほど述べます。


 続いてmonchanの電子楽器による即興演奏の動画です。

 使われている機材は、monchanのページ(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5287538)
の4月19日の日記を参照してください。



 monchan/improvisation





http://www.youtube.com/watch?v=nyZrE3-VcYM

 なかなか、堂に入っていますね!。僕は初期YMOを連想しましたが、皆さんはどうでしょうか?。

 この日はmiyuki
さんによるマトリョミン、monchanさんのこのカオシレーターPRO他、そして、後で言及しますが船田奇岑さんによる本格的なテルミンの演奏、と、電
子楽器がせめぎあった日でもありました。


 othersたかしさんとマーティSHINさんのステージ(ボブ・ディランのハリケーンに日本語で赤穂浪士の歌詞を乗っけたもの)では、またま
た俳優やらしてもらって(吉良上野介の役)、なんか照れくさかったです。


 本日の目玉(?)、けにぃさん率いるShyeeee(e)sです。アクセントは、最初の「e」にあります。

 イー男3人とイー女3人で、「e」が6つのShyeeee(e)sです。

 メンバー(敬称略)は、pf&vo:けにぃ、cho&perc:Layla,
ジョア改め+yu♯、Gt&vo:しゅうちゃん、perc&cho:百花、応援団長:美ビアン、の6人です。ちなみに、美ビアンさんは当
日は体調不良で演奏に参加できなかったので、勝手に括弧書き扱いにしました。(^_^; 公式には、この日は、「e」が五つのShyeeeeesとなって
いるようです。

 Shyeeeeesの男性メンバーは、ソロでも演奏を披露して、どれもなかなか味のあるものでした。

 それでは、けにぃさんのリードヴォーカルとサビのバックコーラスが心地よく溶け合った「チャペル・オブ・ラヴ」をお聴きください。

 おそろいの服装にも注目です。見えにくいかもしれませんが、メンバー全員、胸に小さな薔薇のコサージュを着けています。お洒落ですね!。

 Shyeeees/チャペル・オブ・ラヴ





http://www.youtube.com/watch?v=APolD_1c3Xc



 Shyeeeee(e)sのLaylaさんは、この他にも、pfサポートで、八面六臂の活躍をされていました。

 詳しくは、Laylaさんの日記(http://mixi.jp/list_diary.pl?id=9372494&from=navi)
の4月19日を読んでみてください。…といっても、Laylaさんのマイミクさんまでの公開ですが。(^_^;

 クラリネットの平野さんとの「春の歌」byランゲや、二人のベーシスト、福ちゃんさんと、tomoさんとの演奏も素敵でした。個人的には
Bassの音は好きなので、福ちゃんさんとtomoさんの演奏は特に楽しんで聴きました。


 あ、そうそう、シローさんのベース弾き語りも、相変わらずの妙味で素晴らしかったです!。


 この少し後で(て言うか、時系列もういい加減ですが)、顔の表情でギターを弾く(!)若干18歳のワダ少年とカガミおじさん(失礼!)の共演が
ありました。カガミさんの歌も味がありましたが、なんと言っても、ワダ少年の、ギターを弾くときの表情が最高でした。「あんた、B.B.KINGか!?」
と、思わず突っ込みそうになったほど!。


 後半では、船田奇岑さんによる本格的なテルミンの演奏がありました。動画は、miyuki さんのページ(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=449085)
の4月21日の日記「おやじ&ミュージック・ブラザーズ
春の宴」を参照してください。…いや、まぁ、僕も動画撮ったんですけどね。(^_^; 編集の手間を惜しんだと言うか、なんと言うか
(笑)。

 で、この楽器に関する僕の所感ですが。100年以上も前からある電子楽器なわけですが、イマイチ人口に膾炙していないようです。ものめずらしさ
が先にたって、楽器としてのポテンシャルには目が行かないのかもしれません。問題点は大雑把に分けて次の二つに帰せられるのではないでしょうか。

 (1)テルミンの特性を生かした楽曲で良い物が無い。

 (2)そもそもテルミンという楽器に総合的な汎用性が無い。

 これらの2点は相互に補完しあっている(足を引っ張り合っている?)と言えるでしょう。というか、僕が厳密に論理立てて話していないだけなので
すが(笑)。

 (1)の、テルミンの特性を生かしたポピュラーな曲があれば、(2)の、汎用性が無いのではないか、という、問題点は問題では無くなるでしょう
し、既存の曲の中でテルミンの特性を生かした演奏をする優れた演奏者が現れれば、(1)の、テルミンの特性を生かした曲が無い、という点は問題では無くな
るでしょう。

 僕の主観で言わせてもらえば、(2)の問題のほうが大きいような気がします。テルミンの音色上の特性は、非西洋的な無音階の自由性にあると、僕
なんかは単純に思うわけですが、テルミンの場合、自由度が高すぎるのではないかと。人間というものは、ある程度枠組みがある中で自由を模索するほうが、創
造的になれると、僕なんかは思うわけです。

 シンセサイザーなんかも、自由に音色を作れるんだけど、発展系としては、既存の楽器の音を取り込むサンプリングマシンの方向に向かったりしまし
たよね。

 …ん、ここまで書いたところで、頭の油が切れました(笑)。慣れんことはするもんじゃないですな。ひとつ確実なのは、こんなこと(テルミンに否
定的なこと)書いたので、miyuki さんには嫌われただろうな~。(;_;)


 そして、なにわのてつさん&シゲさんの「コインバーキングブルース」には笑わさせてもらいました。やはり、ブルースは悲哀を歌うものなんだなぁ
と、思いました。


 大トリは、カワちゃんさんの「グリンピースおばあちゃん」!。会場と一体になったパフォーマンスは最高でしたね!。




 最後に、僕の自作曲の著作権主張が「一応」な理由です。お聴きくださいませ。(^_^;



 バッドフィンガー / Badfinger/嵐の恋 / NO MATTER WHAT



 

http://www.youtube.com/watch?v=Q5Me5EkNb7E

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR