FC2ブログ

【CD聴く】中山ラビ/MUZAN #中山ラビ #加藤和彦 #MUZAN

中山ラビ/MUZAN


1. MUZAN (作詞:中山ラビ 作曲:加藤和彦)
2. 港町情話 (作詞:中山ラビ 作曲:加藤和彦)
3. スローモーション (作詞:中山ラビ 作曲:中山ラビ)
4. 愛のレッスン (作詞:中山ラビ 作曲:加藤和彦)
5. ノスタルジィ (作詞:中山ラビ 作曲:中山ラビ)
6. 私の胸は鈴のよう (作詞:中山ラビ 作曲:あがた森魚)
7. 言霊 (作曲:加藤和彦/岡田徹)
8. 意地っぱり (作詞:中山ラビ 作曲:橿渕哲郎)
9. 泣けない女 (作詞:中山ラビ 作曲:岡田徹)
10. 深い霧 (作詞:中山ラビ 作曲:橿渕哲郎)

 プロデュース/編曲:加藤和彦

MUZAN/港町情話/愛のレッスン/言霊

>   82年の通算8作目。加藤和彦をプロデューサーに迎え,ヨーロッパ
> 的な華麗さと情念の世界を巧みにブレンド。当時の加藤が手掛けて
> いた『うたかたのオペラ』などの自身の作品と共通の雰囲気をかも
> し出す。岡田徹ほかムーンライダーズが演奏でサポート。
>  -- 内容(「CDジャーナル」データベースより)



 今月の加藤和彦関連。最近のこのシリーズはわりとキャピキャピしたシンガーを扱ってきましたが、今回は久々に大人っぽいムード。

 1982年発表の作品で、時期的には「ベル・エキセントリック」(1981年)の後、いわゆるヨーロッパ三部作を作って、一息ついた(煮詰まった?)頃です。「あの頃、マリー・ローランサン」(1983年)との間(はざま)の時期ですね。

 初めてこのCDを聴いた時は、「ババくせぇ声だな」と思って(笑)、すぐに聞くのを止めてしまったのですが、今回改めて聴いてみると、なかなか悪くないですね。情感の乗ったいい歌い方をしていると思います。日本で「情感を乗せる」というと、すぐに演歌的な小節回しの方向に行ってしまって、音楽的な価値が下がってしまうのですが、もちろん、この中山ラビはそんなことはないです。どちらかと言うと越路吹雪あたりの、シャンソン歌手に通ずる、湿っぽくならない情感の乗せ方で、聴いていて不快になるということがありません。演歌は…ちょっとひどいよね、日本の恥だよ、アレ。と、演歌が苦手な僕が通りますよ~。(^_^; 演歌好きな人はごめんしてね。

 そんな感じで、味のある歌唱を聞かせる中山ラビ。ここでの加藤の提供曲は4曲のみなのですが(「言霊」はインストで、あからさまに次の曲への間奏曲です(^_^;)、全面プロデュースと、編曲を請け負っています。これが功を奏して、実にいい雰囲気の、昭和歌謡的な(と言う言い方をするとちょっと安っぽくなるか)大人の音楽(いや、この言い方も安っぽいな(^_^;)になっています。全体的に憂いが漂っているのは、加藤の趣味か、ラビのキャラか。以前にも書きましたが、加藤のプロデュース方法は、自分のやり方を押し付けるのではなく、ミュージシャン本人の特性を引き出すやり方です。その伝で行くと、ラビのキャラなのかなぁ、という気もしますが。

 ラビ・サイドはよほど加藤を気に入ったのか、これに続く、「SUKI」(1983)、「甘い薬を口に含んで」(1983)では全曲の作曲を加藤に任(まか)せています。これらのアルバムもいずれ機会を見て紹介したいと思います。ただ、僕の語彙がついていけるかなぁ。(^_^;

 と言う感じで、次回の加藤和彦シリーズは、ぼちぼち本人に出てきてもらおうかなぁ。




■加藤和彦日記一覧


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR