FC2ブログ

【CD入手】ジョニー・サンダース / Hurt Me (Remaster 2CD Import) #JohnnyThunders #HurtMe

輸入盤 国内盤

ディスク 1
1. Sad Vacation (Johnny Thunders)
2. Eve of Destruction (P.F.Sloan) - 明日なき世界。バリー・マクガイアの'65年のヒット。日本のRCサクセションも1988年のアルバム「カヴァーズ」で採り上げており、ジョニーがゲスト参加していた。
3. Too Much Too Soon (S.Sylvain/Thuders) - ニューヨーク・ドールズのセカンド・アルバムと同じタイトルだが、当時は未発表だったもの。
4. Joey Joey - ボブ・ディランの1976年のアルバム「欲望」に収録の曲。原題は“Joey”。
5. I'm A Boy I'm A Girl (Johnny Thunders)
6. Go Back To Go (S.Sylvain/Thuders)
7. I Like To Play Games (Johnny Thunders)
8. Hurt Me (R.Hell/Thunders/D.D.Ramone/J.Nolan) - ハートブレイカーズのオリジナル・メンバーだったリチャード・ヘルらとの共作。
9. Illegitimate Son of Segovia (Johnny Thunders)
10. It Ain't Me, Babe (Bob Dylan) - ボブ・ディランの1964年のアルバム「アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン」に収録の曲。邦題は“哀しきベイブ”。
11. Diary of a Lover (Johnny Thunders) - ジョニーの1983年のアルバム「イン・コールド・ブラッド」収録。
12. I'd Rather Be with the Boys (A.L.Oldham/Keith Richard) - 邦題かたくなな心。ローリング・ストーンズの未発表曲集「メタモーフォシス」収録。
13. You Can't Put Your Arms around a Memory (Johnny Thunders) - ジョニーの1stソロ・アルバム「ソー・アローン」収録曲。
14. (She's So) Untouchable (Johnny Thunders) - ジョニーの1stソロ・アルバム「ソー・アローン」収録曲。
15. Ask Me No Questions (Johnny Thunders) - ジョニーの1stソロ・アルバム「ソー・アローン」収録曲。
16. She's So Strange (Johnny Thunders)
17. Lonely Planet Boy (D.Johansen/Thunders) - ニューヨーク・ドールズの1973年の1stアルバム「ニューヨーク・ドールズ」収録曲。
18. M.I.A. (Johnny Thunders)
19. Cosa Nostra (Johnny Thunders)
20. It's Not Enough (Johnny Thunders) - ハートブレイカーズの1977年の1stアルバム「L.A.M.F.」収録曲。
21. Like A Rolling Stone (Bob Dylan) - ボブ・ディランの1965年のアルバム「追憶のハイウェイ 61」に収録の曲。
※国内盤は20.21.のボーナス・トラックが収録されていない模様。

ディスク 2
1. Introduction
2. Sad Vacation
3. Joey
4. Hurt Me(一旦中断)
5. Hurt Me(1:49)~Diary Of A Lover
6. It's Not Enough
7. She's So Strange
8. Ask Me No Questions
9. Eve Of Destruction
10. Play With Fire - ローリング・ストーンズの1965年のシングル「ラスト・タイム」のB面。
11. Don't Mess With Cupid
12. Frankenstein
13. Like A Rolling Stone
14. The Wizard
15. As Tears Go By - ローリング・ストーンズの1966年のシングル「19回目の神経衰弱」のB面。
16. Wild Horses - ローリング・ストーンズの1971年のアルバム「スティッキー・フィンガーズ」収録曲。
17. Lonely Planet Boy(1:12)~(She's So) Untouchable
18. Copycat
19. Subway Train - ジョニーの1stソロ・アルバム「ソー・アローン」収録曲。
20. Ten Commandments Of Man
21. I'd Much Rather Be With The Boys
22. Go Back To Go
23. Look In My Eyes(But I Know You)
24. M.I.A.
25. You Can't Put Your Arms Around A Memory
26. Illegitimate Son Of Segovia / Hurt me


 生粋のジャンキー・ロッカー、ジョニー・サンダース(ギター、ヴォーカル)が1984年に放った「アンプラグド」作品。といってもMTVがアンプラグド番組を始めたのが1989年のことなので、まだ、そういう概念はありませんでした。粋(いき)がって「時代の先を行った」と言いたくなりますが、そんなカッコイイもんでなかったことは、ジョニーを知っている人なら周知のこと。まぁ、ボブ・ディランなんか、'60年代初期に生ギター弾き語りのアルバムを何枚も出しているわけで。

 そのアルバム「Hurt Me」に同時期のライヴ音源をディスク2として付け加えたのが当盤。

 オリジナル・アルバムに当たるディスク1収録作品は基本生ギターのみの弾き語り。何曲かでエレクトリックによるリードプレイのオーバーダブが行われています。収録曲はカヴァー/セルフ・カヴァーが多く、新曲も、過去の未発表曲から採ってきたとおぼしきものが散見されます。(なお、ボーナス・トラックとして“It's Not Enough”“Like A Rolling Stone”が加えられていますが、以前出ていた盤とは違い、アナログ盤起こしの音源のようで、後者で特に耳障りなスクラッチノイズが入ります。僕が持っている以前発売の国内盤はそういうノイズは入っていないのですが…。ちと愛の足りん再発だなぁ。)

 オリジナルで19曲も入っていますが、それでも40分未満の収録時間。しかも19秒で終わる“It Ain't Me, Babe”って…。(^_^;
 “Sad Vacation”はシド・ヴィシャスに捧げた曲。しかし、このタイミングでやっと追悼ソングを出すあたりがジョニーらしいと言うか、何と言うか。“I'd Rather Be with the Boys”で一緒に歌っている女性はCharlotteとクレジットされているのですが、これはジョニーのガールフレンドのパティ・パラディンのことではないのかなぁ?。

 アルバムの質感としては、センチメンタルな色合いが強いですね。まぁ、短調の曲はそれほど多くはないのですが。
 冒頭で「生粋のジャンキー・ロッカー」なんて書きましたが、そういうイメージを持たないほうが楽しめる作品集だと思います。キャッチーな曲ばかりなので、初めての人も楽しめるのではないでしょうか。あ、いや、もちろん、初めての人には、どちらかと言うとロックン・ロールなハートブレイカーズの「L.A.M.F.」の方をおすすめしたいのでは有りますが。(^_^;

 ただジョニー自身はこのコンセプトは気に入っていたようで、当アルバム発表後も生ギターでのライヴを何度かやっています。もちろん、このアルバム発表当時はプロモーションもしていたでしょうし、ディスク2はそう言った「営業」のライヴなのでしょう。

 1983年12月6(日)、ロンドンのDingwallsにて収録とライナーに記されています。ちっちゃなライヴハウスと思しき音響状況、やたら声の大きい観客のしゃべり声(お前ら演奏聴いてんのかよ(笑))。まぁ、発表を前提とした録音ではなかったのは間違いないでしょうね。演奏も、明らかにやり直したり、止まったりしている箇所がありますし、曲の途中で嫌になって終わらせたんじゃないか?、という部分も見られます。
 そういうグダグダ感満載のライヴですが、それでも、ファンなら聴かずにはいられないんですよねー。(-_-; アンコールも含めてたっぷり73分弱、ジョニーの魂の叫びを聴け!。(だからそんなにカッコイイもんじゃ無いって。(^_^;)

 さて、そういう演奏のグダグダさに引きずられたのかどうか、チャプターの打ち方がいい加減な箇所があります。4.Hurt Me の途中で一旦ブレイクする(1:49)のですが、曲自体は少しして再開します。しかし、このブレイク部分でチャプター打っちゃってるんです。それで、次の曲“恋人の日記”へ行くところではちゃんと打っていない。なので、ちょっと変な感じになっちゃってます。まぁ、通して聴けば問題はないのですが、頭出ししたい時はちと苛(イラ)つくかも。あと、17. Lonely Planet Boy~(She's So) Untouchable で、曲が変わるところ(1:12)でやはりチャプターが打たれていません。ジャケ裏の曲目表では別トラックとして表記しているので、ここからジャケ裏のトラック・ナンバーと実チャプターが1つづつずれていっています。もう一回言わせてもらうけど、ちょっと愛が足りないんじゃないかな。せっかくの紙ジャケ・CD-TEXT仕様も宝の持ち腐れだよ。

 今回のCDは輸入盤にもかかわらず、本編の歌詞カードが付いているのですが、どうせならディスク2のものも欲しかったな。ディスク2に関してはクレジットも特に無く、楽曲情報が不明なものが多いです。(^_^;


 ちなみに、僕がアルバム「ハート・ミー」を買うのは今回が三回目です。初回は1991/09/19(木)に買ったCDで、まだジョニーが死んだ(1991年4月23日没)ことを知らなかったはずです。いや、知ってたのかな?。いまさらどうでもいいですが。
 その前に、このアルバムのコンセプトで行ったライヴを収録した「ライヴ・イン・ジャパン」と言うCDを買っています(1989/06/25(日))。コレが実にジョニー関連の最初に買ったCDだったわけですが、なにも、こんなロックン・ロールから遠く離れたアルバムを最初に買わなくても(笑)、と言う感じなのですが、しかし、見事にドはまりした自分がここにいるわけです。(^_^;

B000064INL

 それからしばらくして、元ネタ(と言う言い方で良いかな)の「ハート・ミー」を聴いて、凄く感動して、CDウォークマンにコレをぶち込んで、独りで夜の江波の路地を徘徊し、孤独感に浸(ひた)りきっていたという、恥ずかしいんだかなんだかよくわからない思い出があります。このアルバムは、何がしかそういう衝動に駆られる力があると思うのです。

 その後、前述した二曲のボートラが入ったCDを1994/06/21(火)に買いました。そして今回、実に二十年ぶりにこのアルバムに再会したわけです。もちろん目当てはディスク2のライヴだったわけで、それは良いのですが、本編ディスクのボートラが盤起こしなのはまいったな。前に買った国内盤CDを手放せない。(^_^;



■ミュージシャン別日記一覧




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR