FC2ブログ

【CD入手】ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD) #BobDylan #TheBand #TheBasementTapes

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●著作権監視が厳しいためYoutube音源引用はありません
●絞り出した雑感
●ディラン日記の今後の予定


●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD)

 

All songs written by Bob Dylan except where noted; traditional songs arranged by Dylan.

Disc 1
No. Title Writer(s) Length
1. エッジ・オブ・ジ・オーシャン "Edge of the Ocean" 2:21
2. マイ・バケッツ・ガット・ア・ホール・イン・イット "My Bucket's Got a Hole in It" Clarence Williams 1:35
3. ロール・オン・トレイン "Roll on Train" 2:00
4. ミスター・ブルー "Mr. Blue" DeWayne Blackwell 1:52
5. ベルシャザール "Belshazzar" Johnny Cash 3:22
6. 忘れじの人 "I Forgot to Remember to Forget" Charlie Feathers, Stanley Kesler 3:19
7. ユー・ウィン・アゲイン "You Win Again" Hank Williams 2:43
8. スティル・イン・タウン "Still in Town" Hank Cochran, Harlan Howard 3:04
9. ワルツィング・ウィズ・シン "Waltzing with Sin" Sonny Burns, Red Hayes 2:49
10. ビッグ・リヴァー(Take 1) "Big River" (Take 1) Cash 0:43
11. ビッグ・リヴァー(Take 2) "Big River" (Take 2) Cash 2:23
12. フォルサム・プリズン・ブルース "Folsom Prison Blues" Cash 2:46
13. リムニーのベル "Bells of Rhymney" Idris Davies, Peter Seeger 3:16
14. スペイン語は愛の言葉 "Spanish is the Loving Tongue" Charles Badger Clark 3:53
15. アンダー・コントロール "Under Control" 2:50
16. オール・ロージン・ボー "Ol' Roison the Beau" Traditional 4:55
17. アイム・ギルティ・オブ・ラヴィング・ユー "I'm Guilty of Loving You" 1:09
18. クール・ウォーター "Cool Water" Bob Nolan 3:04
19. ジ・オールド・トライアングル "The Auld Triangle" Brendan Francis Behan 5:47
20. ポ・ラザルス "Po' Lazarus" Traditional 1:00
21. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 1) "I'm a Fool for You" (Take 1) 1:06
22. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 2) "I'm a Fool for You" (Take 2) 2:34

Disc 2
No. Title Writer(s) Length
1. ジョニー・トッド "Johnny Todd" Traditional 2:05
2. トゥペロ "Tupelo" John Lee Hooker 2:22
3. キッキン・マイ・ドッグ・アラウンド "Kickin' My Dog Around" Traditional 2:43
4. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 1) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 1) 0:30
5. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 2) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 2) 0:51
6. タイニー・モンゴメリー "Tiny Montgomery" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:57
7. ビッグ・ドッグ "Big Dog" 0:24
8. アイム・ユア・ティーンエイジ・プレイヤー "I'm Your Teenage Prayer" 3:52
9. フォー・ストロング・ウィンズ "Four Strong Winds" Ian Tyson 3:42
10. ザ・フレンチ・ガール(Take 1) "The French Girl" (Take 1) Tyson, Sylvia Tyson 2:12
11. ザ・フレンチ・ガール(Take 2) "The French Girl" (Take 2) Tyson, Tyson 3:00
12. ジョシュア・ゴーン・バルバドス "Joshua Gone Barbados" Eric Von Schmidt 2:46
13. アイム・イン・ザ・ムード "I'm in the Mood" Bernard Besman, Hooker 1:58
14. ベイビー・エイント・ザット・ファイン "Baby Ain't That Fine" Dallas Frazier 2:11
15. ロック・ソルト・アンド・ネイルズ "Rock, Salt and Nails" Bruce Phillips 4:37
16. フール・サッチ・アズ・アイ "A Fool Such As I" (a 1969 re-recorded version was released in 1973 on Dylan) William Marvin Trader 2:57
17. ソング・フォー・カナダ "Song for Canada" Pete Gzowski, Tyson 4:31
18. ピープル・ゲット・レディ "People Get Ready" Curtis Mayfield 3:15
19. アイ・ドント・ハート・エニィモア "I Don't Hurt Anymore" Donald Robertson, Walter Rollins 2:15
20. ビー・ケアフル・オブ・ストーンズ・ザット・ユー・スロウ "Be Careful of Stones That You Throw" Benjamin Lee Blankenship[a 3] 3:04
21. ワン・マンズ・ロス "One Man's Loss" 3:52
22. ロック・ユア・ドア "Lock Your Door" 0:23
23. ベイビー、ウォント・ユー・ビー・マイ・ベイビー "Baby, Won't You Be My Baby" 2:53
24. トライ・ミー・リトル・ガール "Try Me Little Girl" 1:38
25. アイ・キャント・メイク・イット・アローン "I Can't Make it Alone" 3:34
26. ドント・ユー・トライ・ミー・ナウ "Don't You Try Me Now" 3:12

Disc 3
No. Title Writer(s) Length
1. ヤング・バット・デイリー・グローイング "Young But Daily Growing" Traditional 5:40
2. ボニー・シップ・ザ・ダイアモンド "Bonnie Ship the Diamond" Traditional 3:21
3. ザ・ヒルズ・オブ・メキシコ "The Hills of Mexico" Traditional 3:05
4. ダウン・オン・ミー "Down on Me" Traditional 0:43
5. ワン・フォー・ザ・ロード "One for the Road" 4:50
6. アイム・オールライト "I'm Alright" 1:46
7. 100万ドルさわぎ(Take 1) "Million Dollar Bash" (Take 1) 2:52
8. 100万ドルさわぎ(Take 2) "Million Dollar Bash" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:35
9. おもいぞパンのビン(Take 1) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 1) 1:50
10. おもいぞパンのビン(Take 2) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:16
11. アイム・ノット・ゼア "I'm Not There" (Originally released in 2007 on I'm Not There) 5:13
12. おねがいヘンリー夫人 "Please Mrs. Henry" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:34
13. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 1) "Crash on the Levee (Down in the Flood)" (Take 1) 2:11
14. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 2) "Crash on the Levee" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:06
15. ロー・アンド・ビホールド(Take 1) "Lo and Behold!" (Take 1) 2:54
16. ロー・アンド・ビホールド(Take 2) "Lo and Behold!" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
17. どこにも行けない(Take 1) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 1) 2:48
18. どこにも行けない(Take 2) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 2 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:46
19. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 1) "I Shall Be Released" (Take 1) 4:04
20. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 2) "I Shall Be Released" (Take 2 - Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 3:58
21. 火の車 "This Wheel's on Fire" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Rick Danko 3:54
22. なにもないことが多すぎる(Take 1) "Too Much of Nothing" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 3:03
23. なにもないことが多すぎる(Take 2) "Too Much of Nothing" (Take 2) 2:51

Disc 4
No. Title Writer(s) Length
1. 怒りの涙(Take 1) "Tears of Rage" (Take 1) Dylan, Richard Manuel 4:04
2. 怒りの涙(Take 2) "Tears of Rage" (Take 2) Dylan, Manuel 2:31
3. 怒りの涙(Take 3) "Tears of Rage" (Take 3 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Manuel 4:15
4. マイティ・クイン(Take 1) "Quinn the Eskimo" (Take 1) 2:03
5. マイティ・クイン(Take 2) "Quinn the Eskimo" (Take 2 - Originally released in 1985 on Biograph) 2:16
6. ドアをあけて(Take 1) "Open the Door Homer" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:53
7. ドアをあけて(Take 2) "Open the Door Homer" (Take 2) 0:58
8. ドアをあけて(Take 3) "Open the Door Homer" (Take 3) 3:14
9. なにもはなされなかった(Take 1) "Nothing Was Delivered" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 4:26
10. なにもはなされなかった(Take 2) "Nothing Was Delivered" (Take 2) 3:44
11. なにもはなされなかった(Take 3) "Nothing Was Delivered" (Take 3) 0:33
12. オール・アメリカン・ボーイ "All American Boy" Bobby Bare 3:59
13. サイン・オン・ザ・クロス "Sign on the Cross" 7:21
14. オッズ・アンド・エンズ(Take 1) "Odds and Ends" (Take 1) 1:48
15. オッズ・アンド・エンズ(Take 2) "Odds and Ends" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 1:49
16. ゲット・ユア・ロックス・オフ "Get Your Rocks Off" 3:46
17. 物干しづな "Clothes Line Saga (Answer to Ode)" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:59
18. リンゴの木(Take 1) "Apple Suckling Tree" (Take 1) 2:41
19. リンゴの木(Take 2) "Apple Suckling Tree" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
20. ヘンリーには言うな "Don't Ya Tell Henry" 2:31
21. バーボン・ストリート "Bourbon Street" 5:05

Disc 5
No. Title Writer(s) Length
1. 風に吹かれて "Blowin' in the Wind" 6:36
2. いつもの朝に "One Too Many Mornings" 3:23
3. ア・サティスファイド・マインド "A Satisfied Mind" Hayes, Jack Rhodes 2:01
4. 悲しきベイブ "It Ain't Me, Babe" 3:32
5. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 1) "Ain't No More Cane" (Take 1) Traditional 2:41
6. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 2) "Ain't No More Cane" (Take 2) Traditional 1:58
7. マイ・ウーマン・シーズ・ア・リーヴィン "My Woman She's A-Leavin'" 2:30
8. サンタフェ "Santa-Fe" (Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 2:08
9. メアリー・ルー、アイ・ラヴ・ユー・トゥー "Mary Lou, I Love You Too" 2:30
10. ドレス・イット・アップ、ベター・ハヴ・イット・オール "Dress it Up, Better Have it All" 2:53
11. ミンストレル・ボーイ "Minstrel Boy" (Originally released in 2013 on The Bootleg Series Vol. 10) 1:40
12. サイレント・ウィークエンド "Silent Weekend" 3:01
13. ホワッツ・イット・ゴナ・ビー・ホエン・イット・カムズ・アップ "What's it Gonna Be When it Comes Up" 3:04
14. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム "900 Miles from My Home" Traditional 2:14
15. ワイルドウッド・フラワー "Wildwood Flower" A. P. Carter 2:11
16. ワン・カインド・フェイヴァー "One Kind Favor" Traditional 3:33
17. シール・ビー・カミング・ラウンド・ザ・マウンテン "She'll Be Coming 'Round the Mountain" Traditional 1:39
18. イッツ・ザ・フライト・オブ・ザ・バンブルビー "It's the Flight of the Bumblebee" 2:09
19. ワイルド・ウルフ "Wild Wolf" 3:35
20. アカプルコへ行こう "Goin' to Acapulco" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 5:37
21. ゴナ・ゲット・ユー・ナウ "Gonna Get You Now" 1:31
22. イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター "If I Were a Carpenter" James Timothy Hardin 2:23
23. コンフィデンシャル "Confidential" Dorina Morgan 1:37
24. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 1) "All You Have to Do Is Dream" (Take 1) 3:56
25. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 2) "All You Have to Do Is Dream" (Take 2) 3:20

Disc 6
No. Title Writer(s) Length
1. 2ドル99セント "2 Dollars and 99 Cents" 2:35
2. ジェリー・ビーン "Jelly Bean" 2:58
3. エニィ・タイム "Any Time" 3:17
4. ダウン・バイ・ザ・ステーション "Down by the Station" 1:29
5. ハレルヤ、アイヴ・ジャスト・ビーン・ムーヴド "Hallelujah, I've Just Been Moved" Traditional 3:04
6. ザッツ・ザ・ブレイクス "That's the Breaks" 4:18
7. プリティ・メアリー "Pretty Mary" 3:12
8. ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン "Will the Circle Be Unbroken?" Carter 2:09
9. キング・オブ・フランス "King of France" 3:53
10. シーズ・オン・マイ・マインド・アゲイン "She's On My Mind Again" 4:18
11. ゴーイング・ダウン・ザ・ロード・フィーリング・バッド "Goin' Down the Road Feeling Bad" Traditional 3:21
12. オン・ア・レイニー・アフタヌーン "On a Rainy Afternoon" 2:53
13. アイ・キャント・カム・イン・ウィズ・ア・ブロークン・ハート "I Can't Come in with a Broken Heart" 2:42
14. ネクスト・タイム・オン・ザ・ハイウェイ "Next Time on the Highway" 2:20
15. ノーザン・クレイム "Northern Claim" 2:05
16. ラヴ・イズ・オンリー・マイン "Love Is Only Mine" 1:50
17. シルエット "Silhouettes" Bob Crewe, Frank Slay Jr. 1:52
18. ブリング・イット・オン・ホーム "Bring it on Home" 3:07
19. カム・オール・イェ・フェア・アンド・テンダー・レディース "Come All Ye Fair and Tender Ladies" Traditional 2:09
20. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 1) "The Spanish Song" (Take 1) 2:47
21. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 2) "The Spanish Song" (Take 2) 2:16
22. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム/コンフィデンシャル (隠しトラック) "900 Miles from My Home/Confidential" (Hidden track) Traditional/Dorina Morgan 2:27

Personnel
Bob Dylan – acoustic guitar, harmonica, piano, vocals
Rick Danko – bass guitar, vocals
Garth Hudson – organ
Richard Manuel – piano, drums, vocals
Robbie Robertson – electric guitar, drums, vocals
Levon Helm – drums, vocals (select tracks, unknown)

■目次に戻る

 
●絞り出した雑感

 1967年にディランがザ・バンドの面々と吹き込んだ音源集の完全盤と謳われた6枚組のCDセットです。ぶっとい!。

 前回の『地下室』の日記で、「必要なことは全部書いてしまった」とある通り、今回は特に付け加えることも無いです。なので、まぁ、今回の6枚組で漠然と気づいたことなどをそこはかとなく記していこうと思います。CDは6枚組だけど、この日記の内容は前回の2枚組の日記以下の内容です(笑)。
 なので、できれば『地下室』の日記も合わせて読んでね…!。

 出てくる音がとにかく芳醇(ほうじゅん)で耳を惹(ひ)きつけられる、というのは前回の日記でも書きました。なので、6枚組の大きさなんですけれども、最後までしっかりと聴いてしまいます。

 一曲目からごきげんなノリなのですが、最初に特に耳を惹(ひ)かれたのが、ディスク2の18曲目、インプレッションズの“ピープル・ゲット・レイディ”。出だしのタイミングが合わなかったのか、歌い直しているのがご愛嬌。ここでのディランは繊細ささえ感じられる歌いっぷりで、なんとも感動的です。
 もちろん、ジェフ・ベックが1985年に採り上げていなければ(アルバム『フラッシュ』に収録)、僕みたいなへなちょこな音楽ファンは知らなかった曲ではあります。(^^ゞ

 この曲に限らず、実に多くのカヴァー曲、伝承曲が採り上げられています。それらのいずれもが「ディラン・ミュージック」として結実しているのが、この6枚組の特に素晴らしいところだと思います。当時のディランにしてみれば、「好きな曲を気ままに演奏しただけ」なのかもしれませんが、その存在感たるや、いやはや。

 ザ・バンドの曲として発表された“怒りの涙”や“火の車”も素晴らしいわけですが、やはりここは、“アイ・シャル・ビー・リリースト”にとどめを刺すでしょう。
 これらはいずれも、ザ・バンドのデビュー・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に素晴らしい「オリジナル」ヴァージョンが収められているわけですが、ここでのディランのヴォーカルも、やはり素晴らしいものです。
 “アイ・シャル・ビー・リリースト”のテイク2は、『ブートレッグ・シリーズ1~3集』にも収録されていたので、物珍しさという点では一歩譲(ゆず)るでしょう。それでも、テイク1と並べて聴くと、格調高さが際立つような気がするのですが、それは贔屓の引き倒しでしょうか?。

 また、今回、改めて通して聴いた時びっくりしたのは、ディスク5の冒頭でいきなり“風に吹かれて”をやっていたこと。曲目一覧に目を通さずにいい加減に聴いていたことがバレバレな話ですけど、本当びっくりしました。でもまぁ、よく考えてみれば、こう言うプライヴェート録音で自分の既発曲を全然演らないというのも却(かえ)って不自然かもしれないですね。
 ここでのアレンジは、それ以前ともそれ以降とも違う、この時ならではの唯一無二のもので、実に聴き応えがあります。
 なお、その他に“いつもの朝に”や“悲しきベイブ”が(ディラン作の)既存曲です。

 この6枚組で一つ残念なのは、ディスク6の扱い。音質に難のあるものをそこに追い出した、と言う事らしいんですけど。でも、こういうコレクションはそう言うのを承知の人が聴くものなんだから、時系列の本編に組み込んでもらったほうが、色々都合が良かったと思います。

 なお、この6枚組の日本盤のブックレットでは、各楽曲の簡単な解説が付いています(英文ブックレットにはない)ので、それと合わせて聴けば、興味も増すというものでしょう。ただ、欧米人の解説にありがちな、「資料的には不足」な感は無きにしもあらずで、ここはやはり緻密な日本人(笑)による補解説が欲しかったところです。また、ディスク6の楽曲についての解説はありません。
 なお、菅野ヘッケルによる日本語解説はありますが、あくまで「追記」のかたちで、本格的なものではありません。

 ところで、前回紹介した『地下室』と今回の6枚組と、重複して所持する価値があるのか、と、疑問に思われる向きもあるかもしれません。
 確かに、いくつかの楽曲は『地下室』と同じヴァージョンが収録されています。しかし、また、いくつかの曲は、『地下室』において1975年のダビングが施されており、こちらの6枚組では、その、素の姿を聴くことが出来ます。逆に言えば『地下室』は『地下室』で、より完成度の高いバージョンが聴けるとも言えます。(まぁ、いくつかの曲の、ザ・バンドだけのテイクは『地下室』の方でしか聴けないしね。)
 それで、先程の疑問に対する答えとしては、「自分で判断しなさい」と言うことになるのですが(笑)。自分の振る舞いには自分で責任持とうよ!。(^^ゞ

■目次に戻る

 
●ディラン日記の今後の予定

 さて、『ベースメント・テープス』も採り上げたし、次回のディラン日記は、いよいよ本筋に戻って、『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。ここまで長かった(笑)。『ブロンド・オン・ブロンド』を採り上げたのが 2016/05/31 でしたから、二年以上かけているわけです。(^_^;
 その割には内容が薄い?。うるせー、バカヤロウ(笑)、言われなくてもわかってらぁ!。(^^ゞ
 と言う感じで、へなちょこなディラン日記、次回は、いよいよ『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。大事なことなので二回言いました(笑)。あまり期待せずに、お楽しみに待っていてね~。(^o^)/

■目次に戻る




■ボブ・ディラン日記一覧
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】フリー / ハートブレイカー +6 (リマスター・紙ジャケット仕様) #TheFree #Heartbreaker

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●アンディ・フレイザーのいない、最後のザ・フリー
●各曲雑感
●締めの言葉


 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
フリー / ハートブレイカー +6 (リマスター・紙ジャケット仕様)

1. ウィッシング・ウェル "Wishing Well" (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Kossoff, Bundrick) – 3:43
2. カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング "Come Together in the Morning" (Rodgers) – 4:38
3. トラヴェリン・イン・スタイル "Travellin' in Style" (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Kossoff, Bundrick) – 4:01
4. ハートブレイカー "Heartbreaker" (Rodgers) – 6:12

5. マディー・ウォーター "Muddy Water" (Bundrick) – 4:15
6. コモン・モータル・マン "Common Mortal Man" (Bundrick) – 4:06
7. イージー・オン・マイ・ソウル "Easy on My Soul" (Rodgers) – 3:44
8. セヴン・エンジェルス "Seven Angels" (Rodgers) – 5:03

9. ウィッシング・ウェル (USミックス from 『Song of Yesterday』) [ボーナス・トラック] "Wishing Well" (US mix) – 3:39 (includes additional guitar over-dubs by Walden)
10. レット・ミー・ショウ・ユー [ボーナス・トラック] "Let Me Show You" (Single 'B' side of "Wishing Well") (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Bundrick) – 3:01
11. マディ・ウォーター (オルタナティヴ・ヴォーカル) [ボーナス・トラック] "Muddy Water" (Alternative vocals) – 4:15
12. ハンド・ミー・ダウン/ターン・ミー・ラウンド (プロスペクティヴ・アルバム・トラック) [ボーナス・トラック] "Hand Me Down/Turn Me Round" (Prospective album track) (Bundrick) – 3:19
13. ハートブレイカー (リハーサル・ヴァージョン) [ボーナス・トラック] "Heartbreaker" (Rehearsal version) – 5:40
14. イージー・オン・マイ・ソウル (リハーサル・ヴァージョン) [ボーナス・トラック] "Easy on My Soul" (Rehearsal version) – 8:42

Personnel[1-8]
Paul Rodgers – vocals, lead guitar (5 & 7), rhythm guitar (1-4), piano (7)
Paul Kossoff – lead guitar (1-4, 6, 8)
John "Rabbit" Bundrick – organ, piano (1-6, 8), vocals
Tetsu Yamauchi – bass guitar, percussion (5)
Simon Kirke – drums, percussion (2-4, 6-8), rhythm guitar (5)
"Snuffy" Walden – rhythm guitar (6-8)
Rebop Kwaku Baah – percussion (1)
NOTE: The album lists Kossoff as an additional musician.

Released January 1973
Recorded October – November 1972

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Heartbreaker +6 / The Free


■目次に戻る

 
●アンディ・フレイザーのいない、最後のザ・フリー

 ザ・フリー名義のラスト・アルバム。
 アンディ・フレイザー(ベース)不在のザ・フリー。ここでは、あの、ごつくてぶっとい、存在感のあるベースは聴くことが出来ません。
 フレイザーの代役の山内テツ(ベース)は頑張っているとは思いますが、これは比較するのが酷というものでしょう…。不足があるというわけではないですが、やはりフレイザーを知っていると、ちょっと比較になりません…。
 なお、キーボードでジョン・バンデリック“ラビット”が加わっており、これはつまり、「コゾフ/カーク/テツ/ラビット」+ポール・ロジャース、と言う布陣であります。それで、ポール・ロジャースがいるだけでこんなに良くなっちゃうのか、とか言っちゃうと後の4人が可哀そうでは有るんだけれども、どうもそうとしか言いようがないです。「コゾフ/カーク/テツ/ラビット」だけでは多分“ウィッシング・ウェル”のような名曲はできてないでしょうし。
 アンディ・フレイザーの存在感も大きかったけど、初期からソング・ライティングに関してはロジャースに一日の長があったのかな、と。…それもちょっと違うかなぁ…。

 そして、このアルバムでは、正規メンバーであるはずのポール・コゾフ(ギター)が、ゲストであるかのようにクレジットされており、コゾフ自身も、他のメンバーも動揺したと言う話が伝わっています。

■目次に戻る

 
●各曲雑感

 一曲目の“ウィッシング・ウェル”はむちゃくちゃかっこいいです。
 キャッチーなギター・リフと、ヴォーカル・メロディがよく映えるヘヴィ・ロックン・ロールとなっています。
 その他は、ザ・フリーらしい重たい音と言うよりは、むしろメロウな感じの楽曲が並んでいるような気がします。アンディ・フレイザー(ベース)がいないとこうなっちゃうのかな、と言う感じ。

 その中では、二曲目の“カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング”は傑出していると思います。スローなバラードで美旋律!。

 他の曲にも少しだけ触れておきましょう。
 “トラヴェリン・イン・スタイル”は軽い感じですが、これも親しみやすく仕上がっています。
 タイトル曲の“ハートブレイカー”は往年のザ・フリーを思わせるヘヴィな作風。…フレイザーの不在が惜しいですが…。
 “マディー・ウォーター”は題名に反して爽やかなバラード。
 “コモン・モータル・マン”は短調の、これもバラード。
 “イージー・オン・マイ・ソウル”はミディアム・テンポの、でもこれもバラードなのかなぁ。題名のフレーズを連呼するサビがなかなかカッコいいです。
 “セヴン・エンジェルス”は短調だがテンポ速め。この曲でザ・フリーの歴史が締めくくられたかと思うと感慨深いです。もっとも当時のファンがこれをラストのアルバムだと認識していたかどうかは知らないのですけど。

 以下はボーナス・トラック。
 “ウィッシング・ウェル”のUSミックスは、ギターがダビングされているということなんだけど、僕の聴き方が悪いのか、そこらへんの違いがよくわからない。ちょっとキーボードとパーカッションが強めなのかな、と言う感じ。
 そのB面だった“レット・ミー・ショウ・ユー”はちょっとメロウな感じのするミディアム・テンポで明るめのナンバー。
 “マディ・ウォーター”はヴォーカル違いとのことですが、よぅワカラン。(^_^;
 “ハンド・ミー・ダウン/ターン・ミー・ラウンド”は「プロスペクティヴ Prospective」な、と言うことで、アルバム収録候補曲だったらしいです。マイナー・キーのバラードで、出来は悪くないと思います。ヴォーカルはこれは、ラビットなのかな。少なくともロジャースではないですね。
 “ハートブレイカー”と“イージー・オン・マイ・ソウル”はリハーサルということですが、それぞれに趣があって良いですね。“イージー・オン・マイ・ソウル”が音が悪い感じなのはなにか理由があるのかな?。

■目次に戻る

 
●締めの言葉

 以上、ライヴ・アルバムも含めて、ザ・フリーの7枚のアルバムの日記を書いてきました。ザ・フリーはこれでおしまい。本当は未発表曲満載のBOXセット『Song of Yesterday』も聴きたかったのですけれども、それはまたいずれ、金銭的余裕ができたときのお楽しみに取っておきましょう。

 ザ・フリーはいかにも英国のブルース・ロック・バンドらしい佇(たたず)まいを持ちながらも、唯一無二の「重たくうねるグルーヴ」を体現した、稀有なバンドでした。こんなバンドは、僕の知る限りでは、他にはいません。…なに?、お前の知る限りなんてたかが知れとる?…、うむ、言い返せん(笑)。

 そんなわけで、次回からは、バッド・カンパニーに戻りまして、ファースト・アルバムは以前の日記で採り上げたので、その次のセカンド・アルバム『ストレート・シューター』から聴き進めていこうと思っています。
 ではまた、いつの日かわかりませんが(笑)、バドカン日記でお会いしましょう!。いやもちろん、その他の音楽日記も鋭意更新中ですので、そちらもドゾよろしく!。(^_^;

■目次に戻る



■ザ・フリー/バッド・カンパニー日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD入手】グロリア・エステファン / ミ・ティエラ~遙かなる情熱 #GloriaEstefan #MiTierra #MyHomeland

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●ラテン系スペイン語アルバムの一作目



●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
グロリア・エステファン / ミ・ティエラ~遙かなる情熱

1. 時の限りに Con Los Años Que Me Quedan (With the Years That I Have Left) (Emilio Estefan Jr., Gloria Estefan) 4:36
2. ミ・ティエラ~遙かなる情熱 Mi Tierra (My Homeland) (Estéfano, Estefan) 4:38
3. アジェール~過ぎ去りし日々 Ayer (Yesterday) (Juanito R. Marquez) 5:17
4. ミ・ブエン・アモール~私たちの真実 Mi Buen Amor (My True Love) (Estefan, Estéfano) 3:50
5. トゥス・オホス~情熱の瞳 Tus Ojos (Your Eyes) (Estefan, Jr., Estéfano) 4:11
6. 悲しみが過ぎてから No Hay Mal Que por Bien No Venga (Out of All Bad, Some Good Things Come) (Estefan. Jr., Estefan, Israel "Cachao" López, Jon Secada) 5:28
7. Si,セニョール! ¡Sí Señor!... (Yes Sir, It's "My S-O-N") (Juanito R. Marquez) 4:40
8. ヴォルヴェラス~きっとあなたは Volverás (You'll Be Back) (Estefan, Rafael Ferro) 3:55
9. モントゥーノ Montuno (Marquez) 4:57
10. アブレモス・エル・ミスモ・イディオマ~心のことば Hablemos El Mismo Idioma (Let's Speak The Same Language) (Estefan Jr., Estefan) 4:45
11. アブラス・デ・ミ~秘められた心 Hablas de Mí (You're Talking About Me) (Jorge Luis Piloto) 3:40
12. トラディション~伝統 Tradición (Tradition) (Gloria Estefan, Emilio Estefan, Jr.) 5:21

Personnel
Randy Barlow – arranger, coro, trumpet, background vocals
Rafael "Felo" Barrio – timbales
Robert Basso – violin
Israel "Cachao" López – arranger, bajo sexto, bass
Jorge Casas – arranger, bajo sexto, bass, coro, guitar (12 string), producer, tres Cubano
Alejandro Correa – coro
Alfredo Correa – coro
Chamin Correa – coro, guitar, requinto, background vocals
Paquito D'Rivera – saxophone, soloist
Luis Enrique – bass, percussion, timbales
Emilio Estefan, Jr. – arranger, producer
Gloria Estefan – arranger, coro, lead vocals
Estéfano – arranger
Nelson González – bass, percussion, tres Cubano
Paquito Hechavarría – piano
Sebastian Krys
London Symphony Orchestra – strings
Juanito Márquez – guitar
Teddy Mulet – arranger, coro, soloist, trombone, trumpet, background vocals
Alfredo Oliva – viola
Jorge Orbon – violin
Clay Ostwald – arranger, piano, producer, timbales
Rafael Padilla – bass, percussion
Alexander Prilutchi – violin
Tito Puente – conga, timbales
Cheíto Quinonez – coro, trumpet, background vocals
Serena Radaelli – estilista
Roberto Luis Rodriguez – soloist, trumpet
Arturo Sandoval – soloist, trumpet
Jon Secada – coro, background vocals
Sheila E. – conga, timbales
Jorge Sicre – cello
Debbie Spring – charango, cuerda, viola, violin
Max Teppich – violin
Nestor Torres – flute

Producer Emilio Estefan Jr., Jorge Casas, Clay Ostwald
Released June 1993
Recorded 1992–1993

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Mi Tierra / Gloria Estefan


■目次に戻る

 
●ラテン系スペイン語アルバムの一作目

 グロリア・エステファンは、少し前にこの日記で『アブリエンド・プエルタス~扉を開けて』と言うアルバムを紹介しました。そのアルバムは、グロリアのスペイン語・ラテン系アルバムとしては二作目だったのですが、その、記念すべき一作目が今回紹介する『ミ・ティエラ~遙かなる情熱』です。

 アルバムの冒頭は、意外にもしっとりとしたバラードで、ラテン系とは言い難いのですが、2曲めのタイトル曲からスピードアップしていきます…!。
 …と、思って、一曲目をじっくり聴きなおしてみると…。なるほど、テンポはゆっくりですが、後ろで鳴っている打楽器群が只者でない…!。実はこっそりとラテン系ビートを打ち出しているではないですか!。ぬぬ、侮りがたし…!。

 などと思いつつも、やはりわかりやすくラテン系なのは2曲目からかな。キーが短調なので、明るくも騒々しいラテン系とは違うけど。
 ところで、この曲の邦題(このアルバムの邦題でもあるわけですが)、“遙かなる情熱”となっていますが、これは多分、意訳。スペイン語での「Tierra」は「地球」のことなので、英訳の“My Homeland”の方が意味的には近いです。英題も直訳でないのはなにか意味があるのか。ブックレットにはスペイン語と英語が両方載っているので、多分、グロリア側のスタッフが用意した英題だと思うんだけど…。

 全体的な印象としては、『アブリエンド・プエルタス~扉を開けて』ほど全編に渡ってハジけているわけではなく、もう少し陰影のある感じです。ここでの試みが受け入れられたので、『~扉を開けて』では思い切ってハジけてみたのかもしれません。
 冒頭の曲がおとなしめなのも、「ラテン系のノリよりも、まずはスペイン語に慣れてもらおう」と言う思惑(おもわく)なのかもしれないですね。

 とは言え、5曲目の“トゥス・オホス~情熱の瞳”から、6曲目の“悲しみが過ぎてから”や、B面トップ(なのかなぁ?(^_^;)の“Si,セニョール!”、“モントゥーノ”や、“アブレモス・エル・ミスモ・イディオマ~心のことば”なんかはノリノリですね。

 なお、当CDの日本語解説では「ラテン系」と言う言葉は一切使われていなくて、一貫して「キューバ音楽」と書かれています。僕が認識している「ラテン系」音楽は、あるいはちょっと取り違えがあるのかもしれません。

 グロリアは本作や『~扉を開けて』以降にもラテン系・スペイン語アルバムを作成しています。次回のグロリア日記は、その三作目に当たる『アルマ・カリベーニャ~カリビアン・ソウル』(2000年発表)をご紹介しましょう。…いつになるかは未定ですが。(^_^;

■目次に戻る





■グロリア・エステファン日記一覧
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】ジョニー・グリフィン / ア・ブローイング・セッション (リマスター、紙ジャケット仕様) #JohnnyGriffin #ABrowinSession

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●グリフィンは吹きまくりテナー?
●ソロ・オーダー
●三者三様のテナー・バトル



●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ジョニー・グリフィン / ア・ブローイング・セッション (リマスター、紙ジャケット仕様)

1. 今宵の君は (MONO) The Way You Look Tonight (Kern, Fields) - 9:41
2. ボール・ベアリング (MONO) Ball Bearing (Griffin) - 8:11
3. オール・ザ・シングス・ユー・アー (MONO) All the Things You Are (Kern, Hammerstein) - 10:14
4. スモーク・スタック (MONO) Smoke Stack (Griffin) - 10:13


Personnel
Johnny Griffin — tenor saxophone
John Coltrane — tenor saxophone
Hank Mobley — tenor saxophone
Lee Morgan — trumpet
Wynton Kelly — piano
Paul Chambers — bass
Art Blakey — drums

Recorded April 8, 1957
Released October 1957

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

A Blowin' Session / Johnny Griffin


■目次に戻る

 
●グリフィンは吹きまくりテナー?

 まだジャズに詳しくない頃(今も詳しいわけではないですが、もっと詳しくなかった頃)、「グリフィンは吹きまくりのテナーである」と言うような言評を聴き、喜び勇んでジョニー・グリフィンのCDを購入したことがありました。その時は、「あれ、どこが吹きまくりなの?。おとなしいなぁ」と、もの足らなく感じたものでした。
 アレですね、「吹きまくり」と言うと、後期のコルトレーンみたいな、ヒステリックな轟音(ごうおん)を撒き散らすタイプだと思いこんでいたんですね。まぁ、ある意味、そういうのは解りやすいというか、情に訴えやすいのですよね。グリフィンにもそれを期待したわけですけど、ちょっと違っていたぞ、と。
 今ではそれはそれとして、グリフィンの演奏を楽しめるようになっていますけどね。そして、ジャズに詳しい人に言わせると、やはりグリフィンは「吹きまくり」なんだそうです。「どこらへんが?」と聞かれても、説明できるほど僕はジャズに詳しくないので困るんですけど。(^^ゞ

■目次に戻る

 
●ソロ・オーダー

 ジャズの解説って、無駄にソロ・オーダー(ソロを取っている順番のことですね)を書きまくって字数を稼いでいるのが多くて、腹立たしいことが多いんですけど、この盤に関してはソロ・オーダー歓迎です。(^_^;
 と言うのも、なにしろ、テナー・サックスが三人もいるので、どれが誰だかわかりにくいこと(おびただ)しい。もちろん、「誰が吹いていたって、聴いて面白ければ良いんだろ」と言うものではあるのですが、そこはそれ。自分が気に入った奏者が何者なのかは、やっぱりわかったほうが良いじゃないですか。
 単にこの盤を聴く楽しみだけでなく、他の盤でも、メンバーを見た時に「あっ、僕、ハンク・モブレー好きなんだよな。温かみのある音色と、それにあったフレージングが良いよね」と言う、期待する楽しみというものが有るじゃないですか。それで、実際に聴いてみて、自分が思った通りの吹奏を聴かせてくれると、思わず(ほほ)(ゆる)むというものじゃないですか。
 なので、この盤は解説にソロ・オーダーがあってヨシ(笑)。

 と言う感じなので、ホーン奏者たちを中心としたソロの順番を記しておきます。括弧に記した開始タイムは僕の聴き取りによるものなので間違っているかもしれません。

1. 今宵の君は ジョニー・グリフィン-(3:29)リー・モーガン(トランペット)-(5:02)モブレー-(5:51)コルトレーン-(7:24)グリフィン&ブレイキー(ドラムス)(*)
2. ボール・ベアリング (0:45)コルトレーン-(2:01)モーガン-(3:16)グリフィン-(5:07)モブレー-(ウィントン・ケリー(ピアノ))
3. オール・ザ・シングス・ユー・アー グリフィン-(3:17)コルトレーン-(4:49)モーガン-(6:19)モブレー-(ケリー-ポール・チェンバース(ベース))-(9:16)グリフィン&ブレイキー(*)
4. スモーク・スタック グリフィン-(2:36)モーガン-(4:41)モブレー-(6:16)コルトレーン-(ケリー)

 (*)グリフィン&ブレイキー:ここは、ホーンとしてはグリフィンだけなのですけれども、ドラムスのアート・ブレイキーとのソロのやり取り(小節交換とか言うらしいです)がカッコイイので、ブレイキーの名前も載せておきました。

■目次に戻る

 
●三者三様のテナー・バトル

 あと、僕の好きな曲“オール・ザ・シングス・ユー・アー”をかっこよく吹いてくれているので、コレもヨシ。メインの旋律(テーマ)をグリフィンが吹いた後、その流れで彼自身のソロに突入するのですが、とても勢いがあってカッコイイです。

 我が愛しのモブレーも快調そのもの。グリフィンとコルトレーンが吹きまくりのテナーなので、ゆったり吹くのが持ち味のモブレーは、ちょっと(おもむ)きが違うのですが、彼の持ち味をわかった上で聴けば、これはこれでいい感じなのです。逆に、速く吹きまくっている二人に対して、「もそっとのんびり行こうぜ」と語りかけているみたいで面白い。

 とまぁ、コルトレーンのことも「吹きまくりのテナー」と言うふうに書いたんですけど、ここでのトレーンは、まだおとなしい方ですね。僕の日記では再三「コルトレーンは1957年7月にモンクと一緒に共演している時に神の啓示を受けて奏法が大幅に変わった」と言う逸話を引用していますが、ここでの吹奏はそれより前ですね。だから良くないとか言うわけでは、もちろん、ないんですけれども。

 さて、正直、ボーッと聴いていると、どのサックスが誰の演奏かわからなくなってくるわけですが、逆に言えば、それだけ彼らの演奏が拮抗して、良いテンションになっているということだと思います。

 あと、あまり触れませんでしたが、サポート(なのかな?)のリー・モーガンのトランペットもテナーとテナーをつなぐ緩衝材にうまくなっています。ウィントン・ケリーのピアノも、テナー・バトルの勢いを殺すことなくノリまくっていますし。アート・ブレイキーのドラムスも、必殺ナイアガラ瀑布を織り交ぜながら、演奏の芯をうまく盛り立てていますね。

 …とまぁ、主役たちを聴いても良し、脇役たちを聴いても良し、の快調盤なのでありました。
 一応コルトレーンが参加しているんで、コルトレーン日記の一環としても良いところなんですけど、時系列的には時期を逃しちゃってますね。(^_^;
 そのつもりで書くんなら、セロニアス・モンクの『ヒムセルフ』とマル・ウォルドロンの『マル2』の間に挟まるべきだったんですけれどもね…。(^_^;
 まぁ、ゲスト参加の作品には目配りが行かないときもあるということで、許してちょんまげ。(^^ゞ

■目次に戻る



■ミュージシャン別日記一覧
■ジョン・コルトレーン日記
 
 
 
 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

【CD入手】ファッツ・ドミノ / Blueberry Hill (Gold Box) (2CD,Live) #FatsDomino #BlueBerryHill

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●オリジナル音源のベスト盤が欲しかったのに…
●出来は悪くないが出所不明のライヴ盤
●パチもんとまでは言えないかもしれないが…


●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ファッツ・ドミノ / BLUEBERRY HILL (2CD,Live)

Disc 1
01 I'm Walkin' (Domino & Bartholomew)
02 Ain't That A Shame (Fats Domino, Dave Bartholomew)
03 The Fat Man (Fats Domino, Dave Bartholomew)
04 Walkin' To New Orleans (A. Domino, D. Bartholomew, Robert Guidry)
05 Please Don't Leave Me (Antoine Domino)
06 Josephine (A. Domino & D. Bartholomew)
07 Margie (Con Conrad, J. Russel Robinson and Benny Davis)
08 I'm In Love Again (Dave Bartholomew, Fats Domino)
09 Whiskey Heaven (Crofford/Durrill/Garrett) 1980年発表?
10 Your Cheatin' Heart (Hank Williams) 1964/2
11 Song For Rosemary (Domino Jr.)
12 The Sheik Of Arabi (Ted Snyder, Harry B. Smith, Francis Wheeler)
13 Jambalaya (Hank Williams, Moon Mullican)
14 Goin' To The River (Fats Domino, Dave Bartholomew)
15 I'm In The Mood For Love (Dorothy Fields, Jimmy McHugh)
16 What A Price (Fats Domino, Jack Jessup, Pee Wee Maddux)
17 I'm Gonna Be A Wheel Someday (Fats Domino, Dave Bartholomew)

Disc 2
01 Be My Guest (Fats Domino, John Marascalco, Tommy Boyce)
02 So Long (Domino & Bartholomew)
03 C.C. Rider (Ma Rainey, Lena Arant)
04 Tuxedo Junction (Erskine Hawkins, Bill Johnson, Julian Dash)
05 Misty (Erroll Garner)
06 Red Sails In The Sunset (Hugh Williams, Jimmy Kennedy)
07 Blue Monday (Domino & Bartholomew)
08 Rosalie (Domino & Bartholomew)
09 I Want To Walk You Home (Fats Domino)
10 Four Winds (Domino & Bartholomew)
11 Another Mule (Bartholomew, Domino) Fats (1970, Reprise)
12 Valley Of Tears (Domino & Bartholomew)
13 Poor Me (Domino & Bartholomew)
14 Blueberry Hill (Al Lewis, Larry Stock, Vincent Rose)
15 Goin' To The Mardi Grass (R. Byrd and T. Terry)
16 When The Saints Go Marching In (Trad. arr. Bartholomew, Domino)
17 Sentimental Journey (Les Brown, Ben Homer, Bud Green)

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Blueberry Hill (Gold Box) (Live CD) / Fats Domino


■目次に戻る

 
●オリジナル音源のベスト盤が欲しかったのに…

 ファッツが亡くなって、もう、9ヶ月にもなろうかと言うので、いちいち【追悼】と題名につけませんけど、まだ気持ち的には彼の死を悼(いた)んでおります。

 さて、前回の日記では、4枚組のシングル・コレクションを紹介したのですが、そのCDを得るまでの道は平坦ではありませんでした。…とかって書くとちょっと大げさなんですが。(^_^;

 その決定盤とも言える4枚組を買う前に、今回紹介する2枚組のCDを買いました。心情的には一枚組ものの編集盤が欲しかったのですが、こちらの二枚組が¥1円で売られていたのです。二枚組なら、あらかたのヒット曲は網羅されているだろう、と思い、「ファッツのスタジオ録音のベスト盤」が欲しくてこちらをAmazonで注文しました。ところが、届いたこれはなんと!。「ファッツのライヴ盤」だったのです!。

 最初はライヴ盤だとわからず、フツーのベスト盤だと思って聴いていったのです。が、なんかおかしい。“I'm Walkin'”の出だしはバスドラのソロのはずなのに、この音源はギターのリフから始まっている。“Ain't That A Shame”も、僕が知っている映画「アメリカン・グラフィティ」サウンド・トラック収録のもの(*)とは違うような気がする…。おかしい!、なにかが間違っている…!。
 ♪なにかが間違ってるのさ、いつの頃からか君の瞳に映るちっちゃな虹も消えかかりそうさ♪from“シュガータイム”by 佐野元春
 などと口ずさむ余裕などあろうはずもなく、ブックレットもついていないこのCDのジャケットを情報を求めて必死でためつすがめつ眺めたところ、ジャケ裏のスミに「All Tracks are live recording」の文字が!。ラ、ライヴ盤だとぉ~!?。

 だまされた!。

 僕は心の中でそう叫び、その場でもんどり打って(もちろんこれも心の中で、ですが)、くやしがったのです。

 (*)映画「アメリカン・グラフィティ」サウンド・トラック収録のもの:実際にはこちらもオリジナル・ヴァージョンではなく、オリジナルのシングル・テイクに女性コーラスなどをオーヴァー・ダビングしたものが使われていました。

■目次に戻る

 
●出来は悪くないが出所不明のライヴ盤

 ひととおりしょげかえり切ると、気を取り直して、「いや、ファッツのライヴ盤、結構じゃないか。レアな音源かもしれないぞ」と思って、聴き直してみました。すると…。

 悪くない…!。

 ここでのファッツはゆったりしたリズムを打ち出しながら、バンドは充分にグルーヴしています…!。これはこれで悪くないぞ!。
 観客の拍手が完全にカットされているので、臨場感は無いですが、逆に言えば音楽に集中できるとも言えます。
 まぁ、それでも、欲しかったのはスタジオ録音のベスト盤だったので、その点はアレですがね。

 選曲的にベスト・オブ・ベストとは言えないのですが、ジャズ・ピアニスト、エロール・ガーナーの有名インスト曲“ミスティ”を採り上げていたり、スタンダード名曲の“センチメンタル・ジャーニー”で締めていたりと、なかなか工夫の跡が見られて興味深いです。

 演奏面ではそこそこの出来なので、それはまぁ良いとして、問題は、いつどこで録られた音源なのか、資料がないのでさっぱり分からないです。英語ウィキペディアなどを探したり、しきりにググったりしてみましたが、結局、現時点でもわからずじまいです。

 ただ、“Whiskey Heaven”と言う曲が1980年に出たシングルらしく、クリント・イーストウッド主演の「ダーティファイター 燃えよ鉄拳」と言う映画の挿入曲だったようですね。
 その映画のための新曲なのか、それ以前に発表していた曲の流用なのかがいまいちはっきりしないのですが、このシングルだけワーナー・ブラザーズから発売されているところを見ると、新曲だった可能性は高いです。だとすると、このライヴ盤、少なくとも1980年以降の演奏ということになりそうです。…真相はいかに…?。ご存知の方、情報求ム!。

■目次に戻る

 
●パチもんとまでは言えないかもしれないが…

 それにしても返す返すも残念なのは、そこそこ出来のいいライヴ盤なのに、それを明言していないこと。多分、今回の僕みたいに、スタジオ録音のオリジナル音源と思って買っちゃう人を見込んでのことなんだろうけど、だとしたらあまりにもせこい!。
 せっかく出来の良いライヴ音源なので、もっと自信を持って売り出してほしかったと思います。

 さて、次回のファッツ・ドミノ日記がいつ頃になるか全くわからないのですが(^_^;、以前に日記でちらっと言及したBOXセットの日記になります。それで、ファッツの日記は一旦打ち止め。もの皆全て始まりあれば終わりあり、です。
 と言う訳で、次回もあまり期待せずにお楽しみにしていてください。




■ファッツ・ドミノ日記一覧
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD入手】ローリング・ストーンズ / スティッキー・フィンガーズ~ライヴ・アット・ザ・フォンダ・シアター 2015 (CD+Blu-ray) #RollingStones #StickyFingersLiveAtTheFondaTheatre2015

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●概略
●『スティッキー・フィンガーズ』再現パート
●アンコール
●おしまいに




●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ローリング・ストーンズ / スティッキー・フィンガーズ~ライヴ・アット・ザ・フォンダ・シアター 2015

All songs written by Mick Jagger and Keith Richards, except where noted.

【CD収録曲】
1. スタート・ミー・アップ Start Me Up
2. ホエン・ザ・ウィップ・カムズ・ダウン When the Whip Comes Down
3. オール・ダウン・ザ・ライン All Down The Line
4. スウェイ Sway
5. デッド・フラワーズ Dead Flowers
6. ワイルド・ホース Wild Horses
7. シスター・モーフィン Sister Morphine (Jagger, Richards, Marianne Faithfull)
8. ユー・ガッタ・ムーヴ You Gotta Move (Fred McDowell, Gary Davis)
9. ビッチ Bitch
10. キャント・ユー・ヒア・ミー・ノッキング Can't You Hear Me Knocking
11. アイ・ガット・ザ・ブルース I Got the Blues
12. ムーンライト・マイル Moonlight Mile
13. ブラウン・シュガー Brown Sugar
14. ロック・ミー・ベイビー Rock Me Baby (unknown)
15. ジャンピン・ジャック・フラッシュ Jumpin' Jack Flash
16. アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ I Can't Turn You Loose (Otis Redding)

【Blu-ray収録内容】
01. スタート・ミー・アップ
02. スウェイ
03. デッド・フラワーズ
04. ワイルド・ホース
05. シスター・モーフィン
06. ユー・ガッタ・ムーヴ
07. ビッチ
08. キャント・ユー・ヒア・ミー・ノッキング
09. アイ・ガット・ザ・ブルース
10. ムーンライト・マイル
11. ブラウン・シュガー
12. ロック・ミー・ベイビー
13. ジャンピン・ジャック・フラッシュ

《ボーナス映像》
01. オール・ダウン・ザ・ライン
02. ホエン・ザ・ウィップ・カムズ・ダウン
03. アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ


ミック・ジャガー(ヴォーカル)
キース・リチャーズ(ギター/ヴォーカル)
チャーリー・ワッツ(ドラムス)
ロニー・ウッド(ギター/バッキング・ヴォーカル)

【サポート・ミュージシャン】
ダリル・ジョーンズ(ベース/バッキング・ヴォーカル)
チャック・ラヴェール(キーボード/ミュージカル・ディレクター)
カール・デンソン(サックス)
ティム・リーズ(サックス/キーボード)
マット・クリフォード(ミュージカル・インテグレーター)
バナード・ファウラー(ヴォーカル)
リサ・フィッシャー(ヴォーカル)

 2015年5月20日収録

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Sticky Fingers Live at The Fonda Theatre 2015 (CD audio) / Rolling Stones


■目次に戻る

 
●概略

 世間様的には、ヴィデオがメインで、CDはおまけ、と言う認識かもしれませんが、僕的にはCDがメインで映像がおまけだと思っています。なので、あくまでも【CD入手】なのであります。(^_^;

 ストーンズの代表的名盤『スティッキー・フィンガーズ』の45周年記念盤が出たことを記念(ややこいな(笑))してのツアーでの、『スティッキー~』全曲演奏ライヴの模様です。
 この企画は、「『スティッキー・フィンガーズ』全曲がライヴ演奏の「実績」がある」と言う「保険」があって実現した企画とのこと。

 2015年5月下旬収録というとこのソフトの発売時点ではまだ二年ちょっとしか経っていませんが、もう from the vault (地下貯蔵室からの蔵出し)シリーズ扱いになっており、ちょっとオドロキ。

 ヴィデオの方は、楽曲が演奏順に並んでいないところがありますし、いちいち曲間にメンバーおよび関係者のインタビュー映像が挟まれるので、まぁ、けっこうストレスでは有ります。言ってることはそれなりに興味深いんですが、これ、演奏とは別にまとめられなかったのですかね?。

 今回のこれは「ジップ・コード・ツアー」の初日という扱いの公演。それまでの慣例から言うと、ツアー開始前に秘密裏のスモール・ギグ(小公演)を行うのですが、ここではこのフォンダ・シアターでのスモール・ギグが前哨戦となりました。(ちなみに Zip code とは米国での郵便番号のことですね。英国では Postal code と言うそうです。)

 当ヴィデオ用のインタビューでロン・ウッドが「ミックは(アルバム『スティッキー・フィンガーズ』に)スローな曲が多いのを気にしてた」とか言っていたけど、そうかなぁ?。緩急のバランスの取れた名盤だというのが僕の認識なんですが。
 そう思って、スローな曲を数えたら、全10曲中6曲ありました。(“スウェイ”、“ワイルド・ホース”、“ユー・ガッタ・ムーヴ”、“アイ・ガット・ザ・ブルース”、“シスター・モーフィン”、“ムーンライト・マイル”。)半数以上がスローなテンポだとは思っていなかったので、意外な感じですが、ここらへんが名盤の「曲順の妙」というものかもしれません。あるいはストーンズの柔軟で強力なリズム隊が、スローな曲でもかったるさを感じさせないのかもしれませんし。そこらへん21世紀のストーンズがどう再現できるか、ってとこでしょうが、まぁ、合格なんじゃない?。(なぜ上から目線?。(^_^;)

■目次に戻る

 
●『スティッキー・フィンガーズ』再現パート

 “スウェイ”から「『スティッキー・フィンガーズ』再現パート」が始まるのですが、その前のMCで、ミック(・ジャガー、ヴォーカル)が「8トラックの曲順で演るよ」と言うジョークをかましています。
 本作付属の寺田正典の解説に詳しいのですが、8トラと言うのは昔の音楽再生テープの規格の一つで、カーステレオ用に割と普及していたもの。テープなので、LPレコードと同じ曲順では収録時間が余ったり足りなかったりして具合がわるい事が多いので、曲順を変えて収録する、ということがよくあったそうです。
 要するに「オリジナル・アルバム通りの曲順では演奏しないよ」と言う事をジョーク交じりで(ミック自身「冗談だからね」とMCしています)言ったのです。観客にどこまで伝わったかは不明だけど(笑)。ちなみに寺田氏の解説によると、実際の『スティッキー・フィンガーズ』の8トラは、LPレコードと同じ曲順だったとのこと。

 どの曲もノリよく進んで行きますが、それでも“ユー・ガッタ・ムーヴ”みたいな渋い曲で観衆に大合唱させるというのは、ある意味スゴイ。(^_^;
 この曲はフレッド・マクダウェルの1965年吹き込みのヴァージョンが有名ですが、実際には古いゴスペルで、作者不詳の伝承曲。
 僕が持っているCDでは、他に1953年に吹き込んだファイヴ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのものがあります。(『ザ・コンプリート・スペシャルティ・セッションズ』。)
 この後“ビッチ”を演るのは、オリジナル・アルバムの流れの通り。もちろん、やかましいこと言う人は「A面とB面だから本来、間があってだなぁ」とか言うんでしょうが、僕はCD世代なので、無視です、無視。(^_^; (厳密にはアナログとCDの端境(はざかい)期の世代ですけどね…。)

 “ムーンライト・マイル”を演る前に、ミックが「来年は『サタニック・マジェスティーズ』の全曲でも演るか」と冗談(だと思いますが)で言っていますが、観客が真に受けて(でもないんでしょうけど)けっこう盛り上がっているのが面白いです。個人的にはぜひ聴いてみたい(笑)。(『サタニック~』についてはこちらの日記をどうぞ。)

 “ブラウン・シュガー”はスティッキー再現パートの締めでもあるし、ライヴ本編の締めとも言えます。(この次の曲からはアンコール。)
 ライヴでのこの曲のイントロは、ライヴ初披露のときから長年「半拍食った(スタジオ盤より半拍早く始まる)」ギター・リフだったのですが、ここではレコード通りの「ジャスト」なリフ。近年はこのパターンでの演奏がすっかり定着しました。
 まぁ、これはこれでカッコイイけど、いつかはまた「半拍食った」イントロを聴きたいものです。
 調べてみると、1982年頃のライヴから「ジャスト」なリフで演り始めています。それが定着したのは、活動再開してからの1990年のツアーからみたいですね。(1986年の『ダーティ・ワーク』発表後、しばらくグループとしてのストーンズは活動停止になってました。活動再開したのは1989年発表の『スティール・ホイールズ』のレコーディングから。)

 再現パート全体としては、やはり、しょせん、1990年代以降の「懐メロ」ストーンズの系譜、と言う物悲しさはあるのですが、それだとしても、結構ハリのある演奏を繰り広げており、前述した通り、まずまずの合格点、と言って良いのではないでしょうか。

■目次に戻る

 
●アンコール

 アンコールの演奏曲目もなかなか興味深いです。

 “ロック・ミー・ベイビー”はこの収録の6日前に亡くなったB.B.キングのレパートリー。オリジナル演奏者不明の伝承曲ですが、世間一般の認識ではB.B.キングの曲。
 ここでものすごく恥ずかしい告白をするのですけれども、僕はB.B.キングのオリジナルの“ロック・ミー・ベイビー”(ケント・レコード時代の1962年のスタジオ吹き込み盤)を聴いたことがありません。orz
 RCA時代の編集アルバムを買ったらライヴ・テイクで収録されていたのですけれども、もちろんそれはオリジナル録音ではありません。そのCDもうっかり売っ払ってしまって手元にないので、もともとどのアルバムに収録されていたライヴ・テイクなのかもわからないまま。それ以降に買った何枚かのライヴ・アルバムにはこの曲が収められていたのですけれども、未だにスタジオでのオリジナル・テイクは聴いたことがないのです…。

 それはそれとして、ここでのストーンズの演奏もかっこいい。特別なアレンジはして無くて、ちょっとテンポが速いかな、くらい。ストーンズらのB.B.へのリスペクトが感じられます。…いや、くずしまくって超速の、ジミヘンのモンタレーがリスペクトが無いという意味ではないですけどね。(^_^;

 そして、おなじみの“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”(超かっちょいい!)をはさんで、なんとオーティス・レディングの“お前を離さない”!。オーティスのオリジナル・ヴァージョンは、シングルB面だった曲(オリジナル・アルバムに未収録)。ですが、名ライヴ盤『ヨーロッパのオーティス・レディング』での名演で人口に膾炙(かいしゃ)する事になります。
 僕のような若輩者(?)には、映画「ブルース・ブラザーズ」での、ブルース・ブラザーズ・バンドのライヴのオープニングとして使われた、インストの快演を思い浮かべたりしますが…。

 いずれにせよ、“ロック・ミー・ベイビー”も“お前を離さない I Can't Turn You Loose”も、それまでストーンズが採り上げたことのない楽曲で、それをここで演ったと言うのは、実に興味深いことです。

■目次に戻る

 
●おしまいに

 この時期のストーンズは新作スタジオ・アルバムの制作に、おそらくはとりかかっていたのだと思われます。
 新作の制作に行き詰まって、憂さ晴らしで(?)レコーディングしたとされる『ブルー&ロンサム』の録音が2015年の12月中頃なので、多分れであってるんじゃないかな。
 そして、2018年も半(なか)ばを過ぎた今になっても、まだその新作は発表されていなません。(^_^;
 その間も精力的にツアーでライヴしまくっているのは、皆さんご存知のところ。
 ミック・ジャガーも今年の7/26で75歳になっちゃいますが(キース・リチャーズは12/18に75歳になり、チャーリー・ワッツは先日の6月2日に77(!)歳になっています)、まだしばらくはロールし続けてくれそうです。


■目次に戻る


■ローリング・ストーンズ日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。[画像大きめ閲覧注意]

 画像をクリックするとアマゾンの該当ページが開きます。
ローリング・ストーンズ / ノー・セキュリティ - サン・ノゼ 1999
ドナルド・バード&ジジ・グライス / ジャズ・ラブ
レッド・ツェッペリン / コーダ(最終楽章) <リマスター/デラックス・エディション3CD>
デイヴィッド・ボウイー / ヒーローズ
麗蘭 / 麗蘭





■ミュージシャン別日記一覧




テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR