FC2ブログ

【CD聴く】麗蘭 / 麗蘭 #麗蘭

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●1990年代、日本のロックの奇跡、麗蘭
●黒人に憧れた日本人の自然なグルーヴを体現した二人
●ライヴ・ビデオのあとに出すスタジオ・アルバム
●ドラムスが入っている麗蘭なんて麗蘭じゃ…
●“今夜R&Bを…”連呼している音楽家たち
●編集無しでシングルカットされた“ミュージック”
●次回の麗蘭日記の予告


 
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
麗蘭 / 麗蘭

1. ミッドナイト・ブギ 4:24
2. 待ちわびるサンセット 4:40
3. アメリカンフットボール 5:14
4. 今夜R&Bを… 6:32
5. 真夜中のカウボーイ 3:56
6. さみし気なパイロット 5:39
7. ユメ・ユメ 7:50
8. 月の夜道でマンボを踊る友人の唄 (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 1:42
9. ハイキング (作詞:仲井戸麗市、作曲:麗蘭) 3:52
10. ココナッツバター (作詞作曲:麗蘭) 6:25
11. がらがらへび(P・Greenに捧ぐ) (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 5:59
12. ハーモニー(挽歌) (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 4:08
13. ミュージック 6:10
14. 夏の色調 4:10

 特記無き曲はすべて作詞作曲:仲井戸麗市、全編曲:麗蘭

 1991年10月30日発売。

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

麗蘭(全曲) / 麗蘭


■目次に戻る

 
●1990年代、日本のロックの奇跡、麗蘭

 勝手にキャッチフレーズを付けて吹聴しているわけですが(笑)。でも、2019年の今も継続しているんだから、こんなキャッチフレーズ、おんぼろだよなぁ。

 ま、そりゃともかく。

 麗蘭のことを知らない方も多いと思うのでサラリと説明。

 日本を代表する2つのロック・バンド、RCサクセションと、ストリート・スライダーズのギタリスト二人(仲井戸“チャボ”麗市、土谷“蘭丸”公平)が組んだ音楽ユニット。
 二人はギター演奏だけでなくリード・ボーカルも務(つと)める。
 どちらかと言うとチャボの作曲、ボーカル曲が多いが、彼のワンマンバンドというわけでは決してない。
 当初はライヴ・ツアーだけ行って終わりにする予定だったが、好評を得て、ライヴの映像ソフト化(『Welcome Home!!』)がなされ、そして、当スタジオ盤も制作される運びとなった。その後、断続的な活動を継続し、2019年現在も健在。
 二人とも黒人音楽、特にブルースに愛着を持っており、そのつながりが彼らの関係を強固なものにしている。
 当然ながら演奏する音楽も黒人音楽/ブルースに根ざしているが、そこに日本人ならではの感性が自然に紛れ込んでいるところが魅力と言える。

■目次に戻る

 
●黒人に憧れた日本人の自然なグルーヴを体現した二人

 前段の最後の部分はサラリと書きましたが、意外とココに引っかかる音楽家って、います。

 1980年代の竜童組(宇崎竜童)や、21世紀に入ってからの岡林信康の「エンヤトット」などは、雅楽や祭り囃子と言った、日本的な(あまりにも日本的すぎる)ものを取り入れようとするあまり、出てくる音はぎこちなく不自然なものとなってしまっていました。

 …と言って、僕は彼らの音楽をじっくり聴いたわけではなく、前者は生演奏を当時ちらりと、後者はTVでライヴ演奏をちらりと、聴いただけなのですが。いや、それでもハマってないことおびただしかったですね…。

 その点、チャボと蘭丸の二人は、無理なく日本人としてのアイデンティティ(「独自性」と訳しておきましょうか)をそこはかとなく醸(かも)し出しているのが良いところです。

 例えば一曲目の“ミッドナイト・ブギ”を聴いてみましょう。これはチャボが初めて蘭丸に生の弾き語りで聴かせた曲らしいですが、そういった挿話はともかくとして、これは、黒人音楽に憧れている日本人でなければ出せないビートを叩き出していると言えましょう。

ミッドナイト・ブギ by 麗蘭


 意外にも打ち込みを使っていますが、それがギミックに終わらずに肉体的なビートになっています。そして、僕はこのリズムに、身近なものとしての日本的な音を感じるのです。

■目次に戻る

 
●ライヴ・ビデオのあとに出すスタジオ・アルバム

 ライヴの熱気をそのままスタジオに持ち込んで…と言う思いももちろんあったとは思うんですけれども、ここではやはり、スタジオ盤ならではの「冷静」な趣(おもむき)が見られます。
 前回のライヴ・ヴィデオ『Welcome Home!!』では勢いだけで突っ走っていた面が無きにしもあらずでした。(そこがまた良かったわけですが。)それが、ここでは、もうすこし「客観的に整理」された感じがします。

 また、単純な見方ですが、「叙情的な曲が増えた」ということも言えるでしょう。
 もちろん多分、実際のライヴでは叙情的な曲もやっていたのかもしれません。ビデオ『Welcome~』でも、断片的ながら“真夜中のカウボーイ”(当アルバムに収録)や“ミステリー”(後に仲井戸麗市ソロ名義の『works』の麗蘭パートに収録)と言った叙情曲を演奏した形跡が見られます。ですが、それらはソフトとしての『Welcome~』ではほとんどカットされてしまいました。
 そのうっぷんを晴らすため、というわけでもないでしょうが、このスタジオ盤ではそう言った、ゆったりした叙情曲が増えています。

真夜中のカウボーイ by 麗蘭


 それが勢いを妨げると言うよりは、音楽に奥行きをもたせるような効果を上げているのがさすがと思います。

 しかし、そんな曲の中でも、“ハーモニー(挽歌)”はとにかく暗い…。
 個人的には命の欠失を暗喩している曲は苦しくて聴きたくないのですけれども。でも彼らにしてみれば、なんらかの表現衝動があってのことなんでしょうから、ここは、辛いけど、付き合ってみるのが礼儀というものでしょうか。

■目次に戻る

 
●ドラムスが入っている麗蘭なんて麗蘭じゃ…

 さて、しかし、巷(ちまた)の麗蘭ファンの間での最大の争点は「ドラムスが入っているぜ、オイ」という点でした。
 『Welcome Home!!』では、ポール鈴木のパーカッション(打楽器類)のみで、ドラムスは事実上入ってなかったのですが(それでも確か“ヒッチハイク”では鈴木が小型のドラム・セットを叩いていたと思います)、それであのグルーヴ、ノリを出していたところがすごくかっこよかったわけです。

 しかし、彼ら的にはドラムスを入れないとビートが足りないと感じたのでしょうか、ここではほとんどの曲でドラムスおよび打ち込みのリズムを採用することになりました。
 「打ち込み」を使うというのも彼らのヨコノリの音楽性からすると意外なわけですが、これがしっかりハマっているのが見事。

 恥ずかしながら、今回ブックレットのクレジットを読み返して、半数近くの曲で打ち込みを使っているのを今さら確認しました。(^_^;

 打ち込みをやってみようと提案したのは蘭丸だったらしく、チャボは、その発想を「プロデューサ的な優れた視点」と言った感じで(記憶に頼っているので言い回しは違っていると思う(^_^;)褒めそやしていました。

 蘭丸が最初に打ち込みを提案した曲は、あの、“ミッドナイト・ブギ”だったと言います。

■目次に戻る

 
●“今夜R&Bを…”連呼している音楽家たち

 さて、“今夜R&Bを…”と言う曲では、楽曲の後半で音楽家の名前を連呼しています。これが歌詞カードには連呼の部分は書かれていないので、ファンのみなさん、それぞれに聞き取りをなさっていて、僕のブログ友の方でもこのスタジオ盤の聞き取りをされた方がいらっしゃいます。

 なので、ここで改めて掲載しても新味はないんですが、かと言って見過ごすには、僕にも意地というものがあります(笑)。なので、やはり、ここでもスタジオ盤での「連呼」を記しておきましょう。

 オーティス(・レディング)、サム・クック、テンプテーションズ、シュープリームス、
 アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴ、ジェイムス・ブラウン、ボビー・ウーマック、クラレンス・カーター、キング・カーティス、O.V.ライト、ルーファス・トーマス、カーラ・トーマス、レイ・チャールズ、ステイーヴィー・ワンダー、ソロモン・バーク、ドン・コヴェイ、ステイプル・シンガーズ、フォー・トップス、エディ・フロイド、ノック・オン・ウッド(エディ・フロイドのヒット曲名)、アーサー・コンレイ、スウィート・ソウル・ミュージック(アーサー・コンレイのヒット曲名)、ジョー・テックス、ウィリアム・ベル、パーシー・スレッジ、バーナード・パーディー、コーネル・デュプリー、ネヴィル・ブラザーズ、ドクター・ジョン、カーティス・メイフィールド、アラン・トゥーサン、ボー・ディドリー、プロフェッサー・ロングヘアー、マディ・ウォーターズ、ロバート・ジョンソン、マジック・サム、ジョン・リー・フッカー、ジミー・リード、ライトニン・ホプキンス、B.B.キング、フレディ・キング、アルバート・キング、アルバート・コリンズ、バディ・ガイ、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ビル・ウィザース、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、メンフィス・サウンド(ジャンル名)、ハイ・サウンド(「ハイ」はレコード会社名)、モータウン・サウンド(「モータウン」はレコード会社名)、スモーキー・ロビンソン、ブッカーT.MG's、スティーヴ・クロッパー、グリーン・オニオン(ブッカーT.MG'sの代表曲名)、ダック・ダン、チャック・ベリー、T.ボーン・ウォーカー、ブルース・ブラザーズ、ジョン・ベルーシ
 (…エンディン)グ~レイニー・ナイト・イン・ジョージア(曲名)、ブルック・ベントン

今夜R&Bを… by 麗蘭


 
 ところで、前回の日記でお送りした『Welcome Home!!』のヴァージョンでの「連呼」の聞き取りですが、これをした人は存外少ないようです。そちらでは僕も聞き取りきれない部分があって、ブログ内でヘルプを上げていたのですが、現時点で、聞き取れなかった部分の情報は寄せられていません。(T_T)

 ダレカ、タノムヨ!。

■目次に戻る

 
●編集無しでシングルカットされた“ミュージック”

 “ミュージック”は6:10に及ぶ長尺曲ですが、その長さのままでシングル・カットされました。
 これはこの時期の麗蘭を代表する曲なので、ハサミを入れて編集するなどもってのほか、というのはファンのみならず麗蘭のメンバー、スタッフも同じ思いだったようです。

 イントロで蘭丸の弾くリフレインの鋭さ、かっこよさは、他に例えるものがありません。
 なにせ、久しぶりに聴き直して感動してしまった僕は、携帯のアラーム音をストーンズの“スタート・ミー・アップ”から、この、“ミュージック”に変えてしまったほどです。と言ってもわからん人には全然わからないでしょうけど。(すみません…。)

ミュージック by 麗蘭


 先に、「打ち込みとドラムス参加が半々くらい」と書きましたが、ドラムスのほとんどは村上“PONTA”秀一が叩いています。ベースはもちろん早川岳晴。ポール鈴木もちゃんと打楽器で参加しています。そこで聴かれるこの強力なグルーヴ!。
 『Welcome Home!!』のときよりは心持ちテンポが速いのが、楽曲のシャープさを研ぎ澄ましています。

 そして…。
 アルバムのラストは「叙情的」な“夏の色調”で静かに幕を閉じます。

 ♪「本日休業…」

■目次に戻る

 
●次回の麗蘭日記の予告

 本当はピーター・グリーンのこととか、チャボならではの歌詞の豊かさとかにも言及したかったんだけど、気力切れ(笑)。

 というわけで、さて、次の麗蘭関連日記。

 時系列的にはチャボのソロ、『DADA』なのですが、うっかり勢いで麗蘭のライヴ・アルバム『宴』を聴き込んでしまったので、時系列はちょっと乱れるけど、先に『宴』で行きます。
 『DADA』はその後。
 グダグダだな。(^_^;
 
 
■目次に戻る
 
 
 
■麗蘭日記
 
 
スポンサーサイト



テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

【DVD入手】麗蘭 / Welcome Home!! #麗蘭 #WelcomeHome!!

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●1990年代日本のロックの奇跡 “ミュージック”
●他音楽家への敬意あふれる演奏 “今夜R&Bを…”
●麗蘭というアイデンティティ
●雑なメモ
●今後の麗蘭日記の予定

 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
麗蘭 / Welcome Home!!

All songs except noted are written by 仲井戸麗市

1. 麗蘭のテーマ (麗蘭) 1:51
2. ミッドナイト・ブギ 6:10
3. アメリカンフットボール 6:40
4. 顔 8:09
5. 今夜R&Bを… 8:12
6. 幻想の旅人の唄 9:23
7. 蜜の味 (詞曲:土屋公平) 5:31
8. クッキーと紅茶 6:52
9. 新宿を語る〈冬の編〉7:29
10. ココナッツ・バター (麗蘭) 17:29
11. ミュージック 10:15
12. 届かぬラブレター (詞曲:土屋公平) 8:00
13. ヒッチハイク 5:45
14. シャスターディジィー 5:04
15. がらがらヘビ (曲:土屋公平) ~ ミステリー 13:23

麗蘭 are
仲井戸“CHABO”麗市:Vocals, Guitars
土屋“蘭丸”公平:Guitars, Vocal, Marimba

MUSICIANS
早川岳晴:Bass, Chorus
鈴木裕文:Percussions

梅津和時:Alto Sax, Soprano Sax
片山広明:Tenor Sax, Baritone Sax


1991年6月12日、13日収録(於 京都 磔磔)
1991年9月1日発売


■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Welcome Home!! (音声のみ) / 麗蘭


■目次に戻る

 
●1990年代日本のロックの奇跡 “ミュージック”

 以前キザイア・ジョーンズの日記でも書いたとおり、僕は聴き込まないと好悪の判断がつかないタイプなんですが、麗蘭に関しては、一回聴いただけでほぼOKでした。

 麗蘭との出会いは、まだ僕が真面目に(だったかな?)働いていた頃、出張先のビジネスホテルでの深夜テレビ放送でした。そこで、このライブ・ヴィデオから“ミュージック”のプロモーション映像が流れていたんです。
 僕はRCサクセションのこともストリートスライダースのこともほとんど知らなくて、「えっ、日本にこんな凄い音楽家がいたんだ!」と恐れおののいたものでした。(言い過ぎ。(^_^;)
 そのプロモーション映像からどうやって「麗蘭」と言うユニット名にたどり着いたのか、もう記憶が定かで無いのですけれども…。なんせ、1990年代初頭、30年近く前のことだもんなぁ。

ミュージック / 麗蘭


 それで、なんとか、仲井戸麗市と土屋公平の二人を中心としたユニットだということを突き止めて。(彼らがRCサクセションとストリートスライダースのギタリストだというのも、どこからか仕入れてきたけど、それはまぁ、別の話。)
 このライヴ映像のレーザー・ディスクを買って、熱心に観た&聴いたものです。

 最初に観た時に、初めて聴く曲ばかりだったのに、「あっ、これどっかで聴いたことある」、と言う心地よい既視感を感じて、二時間弱のライヴ映像を、ほぼ釘付け状態で聴き通せたのが自分でも驚きでした。

 この映像で演奏されている曲はすべて麗蘭としてのオリジナル曲ばかりで、つまり、すべて新曲。
 ここでは3時間近く演ったというライヴのうち、2時間だけがまとめられているので、残りの一時間で、あるいはRCやスライダースの曲も演ったのか?、と言う疑問も浮かぶんですけど、多分演っていないでしょう。
 その新曲ばかりでここまで観客をノセるというのは、さすがに凄いと思います。

 もっとも、広島で演った時は淡々としたものだったらしくて、当時の職場の後輩のGくんがこぼしてました。やはり京都の磔磔(たくたく)と言うライブハウスにはなにかマジックが有るのかも知れません。

 なお、以前から何度も言っているように、僕は映像人間ではないので、音声だけMDにダビングして、聴き込んでいたという記憶があります。
 レーザーディスク…。ミニディスク(MD)…。今どきの人にどこまで通用するのかわからない言葉が出てきましたが、あえて注解はしません。(^_^;

 とにかく、僕はこの映像で麗蘭にはまってしまい、「1990年代日本のロックの奇跡」!と言うキャッチフレーズを勝手につけて盛り上がっていました。

■目次に戻る

 
●他音楽家への敬意あふれる演奏 “今夜R&Bを…”

 敬意=オマージュなのか、パクリなのかは、けっこう線引きが難しいところです。
 前者は、受け手のリスナーと送り手のミュージシャンとが同じ音楽体験、または似通った音楽体験を「共有」していることが前提だと思います。
 後者は共有がなくて、リスナーが知らないことをいいことに、送り手が一方的に送りつけてカッコつけてる感じじゃないかな。

 ここでの麗蘭の「共有感」はすごくて、出だしの“ミッドナイト・ブギ”で「ふたりでリボルバー」とか「ふたりでサージェント・ペパーズ」とか歌っているし(いずれもビートルズのアルバム名)、“ヒッチハイク”では「マーヴィン・ゲイ!」と連呼したり(マーヴィン・ゲイに“ヒッチハイク”と言う曲がある)、“ココナッツ・バター”ではボ・ディドリー由来のジャングル・ビートをカマしながら「ヘイ、ボ・ディドリー!」と歌っていたりという具合。
 この映像ソフトの冒頭をスタジオ録音のインストで始めているのも、ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』に範(のり)をとっているのでしょう。

 他にもそういった箇所がいたるところにあるのですけれども、いちいち採り上げるのはヨシにします。野暮だし。

 あまり「音楽的教養」とか難しげなことは言いたく無いのですけれども、ここらへん、そういった素養を持っている人間にとってはたまらなかったりするのです。

 そういった点での集大成と言うか、象徴的な曲が、“今夜R&Bを…”と言う曲。後半でミュージシャン名を連呼するところは聴いていて胸が熱くなります。

今夜R&Bを… / 麗蘭


 連呼されているミュージシャン名などを聴き取った内容は以下の通り。

 オーティス(・レディング)、サム・クック、テンプテーションズ、シュープリームス、
 アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴ、ジェイムス・ブラウン、ボビー・ウーマック、クラレンス・カーター、キング・カーティス、O.V.ライト、ルーファス・トーマス、カーラ・トーマス、レイ・チャールズ、ステイーヴィー・ワンダー、カーティス・メイフィールド、ソロモン・バーク、ベン・E.キング、ドン・コヴェイ、フォー・トップス、エディ・フロイド、アーサー・コンレイ、スウィート・ソウル・ミュージック(曲名)、ウィリアム・ベル、パーシー・スレッジ、ジョー・テックス、エディ・フロイド、ネヴィル・ブラザーズ、ドクター・ジョン、アラン・トゥーサン、ボー・ディドリー、…アルバート・コリンズ、アルバート・キング、B.B.キング、フレディ・キング、メンフィス・サウンド(音楽ジャンル)、モータウン・サウンド(同)、スモーキー・ロビンソン、ブッカーT.MG's、スティーヴ・クロッパー、ダック・ダン、ジョン・リー・フッカー、マディ・ウォーターズ、チャック・ベリー、ライトニン・ホプキンス、?、モージョー・クラブ、ジョニー・ギター・ワトソン、ロバート・ジュニア・ロックウッド、ロバート・ジョンソン、ボビー・ジョンソン、ブルース・ブラザーズ、ジョン・ベルーシ、ストリート・スライダース、RCサクセション、
 …(エンディング)~レイニー・ナイト・イン・ジョージア(曲名)、ブルック・ベントン

 ライトニン・ホプキンスの後だけ聴き取れませんでした。聴き取れた方は、教えていただけると幸いです。

 一番の歌詞では「オーティス」とだけ呼んでいて、「オーティス・レディング」とは明言していないのですけれども、サム・クックが続くから、なんとなくオーティス・レディングで合っているだろう、と、思ったんですけど、どうかなぁ。

 連呼されたミュージシャン名は、僕には馴染みのある人もいれば、初めて聴いた名前のものもあります。いずれにせよ、彼らの黒人音楽への敬意が感じられるのがしびれるところ。
 白人だけどブルース・ブラザーズとそのメンバーの故ジョン・ベルーシの名前が出てくるところが、個人的には特に胸熱です。(スティーヴ・クロッパーとドナルド“ダック”ダンも白人だったと思います。この二人もブルース・ブラザーズのメンバー。)
 そのリスペクト対象は黒人音楽だけではなくて、例えば、前述の“ミュージック”なんかは、ギター・リフの雰囲気や着想そのものが、ドゥービー・ブラザーズの“リッスン・トゥ・ザ・ミュージック”によっていたりします。

リッスン・トゥ・ザ・ミュージック / ドゥービー・ブラザーズ


 ここらへん、パクリでなくオマージュであることは、後のライヴで同曲を演奏したとき掛け声で「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック!」と言っていたところからして、明らかだと思います。

 「どうせ知らないだろうから騙してやろう」みたいな、さもしい性根はここにはなくて、「こんな素敵な音楽を知ってる?、知らないなら聴いてみなよ、おすすめだよ」、みたいな愛情を感じます。

■目次に戻る

 
●麗蘭というアイデンティティ

 ほとんどの楽曲の作曲とヴォーカルが仲井戸麗市なので、「彼のソロ・プロジェクトみたいなもんじゃないの?」と、思う向きがあるかも知れませんが、それは違います。やはり麗蘭は、仲井戸麗市と蘭丸のギターの絡みがあってこそです。
 “ミュージック”の出だしの、あの絶品なギターリフは蘭丸ならではだと思いますし。

 もともと麗蘭は、一度限りのツアーを前提とした、期間限定ユニットで、音楽ソフトを出す予定はありませんでした。
 でもそのツアーがよほど好評だったのでしょう、京都のライヴハウス磔磔で収録されたこの映像ソフトが出されることになったのです。

 いずれにしても、一時的なコラボだったという意識は当事者たちにはあったはずだし、僕たちファンもそうだと思っていました。
 それが、年末の逢瀬を繰り返しながらも、時にまとまったアルバムを出したり、ライヴ・アルバムを出したりして、2019年の今でも活動が続いているのが驚きだと思います。

 彼ら自身も、他にはないこのユニットならではの良い感触を得ているのでしょう。

■目次に戻る

 
●雑なメモ

 “新宿を語る〈冬の編〉”はレゲエのリズムを取り入れているけど、もろレゲエではないところが面白い。

 “ミュージック”のあとのドキュメントっぽい部分でサックス奏者が吹いているうちの一曲は“真夜中のカウボーイ”。この曲は後にスタジオ・アルバム『麗蘭』に収録されました。

 “がらがらヘビ”のおしまいのエンドロールで流れる“ミステリー”はここではノンクレジット。当時は何という曲かわからなくて悩まされたものです。この曲は2000年に出された仲井戸麗市ソロ名義の『works』と言うアルバムに収録されて、初めて曲名を知りました。


■目次に戻る

 
●今後の麗蘭日記の予定

 ところで、僕が麗蘭を熱心に追いかけていた時期は実はそんなに長くはなくて、少なくとも2004年の『SOSが鳴ってる』を最後にフォローしなくなっていました。

 今回、懐かしい映像がDVDで出ていることを知って、久しぶりに観て&聴いてみて、やはり感動したので、日記に認(したた)めてみた次第。

 せっかくなので、手持ちの麗蘭&仲井戸麗市&土屋公平関連の音源を聴きなおして、日記を書いていきたいと思っているところです。

 次回は、麗蘭の唯一のスタジオ・アルバムになるんじゃないかと思われていた『麗蘭』を聴きます。

■目次に戻る





■麗蘭日記
 
 
 
 

テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

■麗蘭日記


麗蘭

作成中 麗蘭 / 宴
2019/09/28 麗蘭 / 麗蘭
2019/02/28 麗蘭 / Welcome Home!!(DVD)


■ミュージシャン別日記一覧

テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR