FC2ブログ

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCD。[画像大きめ閲覧注意]

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
デイヴィッド・ボウイ / ロウ
坂本龍一 / アレンジメント+シングルズ

 いずれもボーナス・トラック付きのもの。…ジャケットだけ見たんじゃわからないけど。
 下の盤のボートラに収録の“LEXINGTON QUEEN”は、多分CDではこれでしか聴けなかったはず。



■ミュージシャン別日記一覧
 
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

【CD入手】B.B.キング / ザ・ベスト 1200 #BBking #UniversalMastersCollection

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●僕は間違っていた。
●結局10枚組を…
●B.B.キングはブルースじゃない?
 
 
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
B.B.キング / ザ・ベスト 1200

※曲名の後ろの『』で記してあるのは収録されているオリジナル・アルバム名。オリジナル・アルバム未収録の場合はその旨記述。ただしいずれも僕が調べられたものだけ。(^^ゞ

1. ザ・スリル・イズ・ゴーン The Thrill Is Gone (Rick Darnell, Roy Hawkins) → 『コンプリートリー・ウェル』 (1969)
2. エイント・ノーバディ・ホーム Ain't Nobody Home (Jerry Ragovoy) → 『イン・ロンドン』 (1971)
3. レット・ザ・タイムス・グッド・ロール Let The Good Times Roll (Sam Theard, Fleecie Moore) → 『トゥゲザー・アゲイン…ライヴ』 (1976)
4. ゲス・フー Guess Who (Jesse Belvin, JoAnne Belvin) → 『ゲス・フー』 (1972)
5. アイ・ライク・トゥ・リヴ・ザ・ラヴ I Like to Live the Love (Dave Crawford, Charles Mann) → 『トゥ・ノウ・ユー・イズ・トゥ・ラヴ・ユー』 (1973)
6. ドント・アンサー・ザ・ドア Don't Answer the Door (James Franklin "Jimmy" Johnson) → シングル楽曲『ヒズ・ベスト/ザ・エレクトリック』 (1968)
7. スウィート・シックスティーン Sweet Sixteen (Joe Josea, King) → ライヴ・テイクで、シングルB面曲、CD『ブルース・イズ・キング』ボーナス・トラック(1967)
8. ペイング・ザ・コスト・トゥ・ビー・ザ・ボス Paying the Cost to Be the Boss (B.B. King) → 『ブルース・トップ・オブ・ブルース』 (1968)
9. アイ・ガット・サム・ヘルプ・アイ・ドント・ニード I Got Some Help I Don't Need (B.B. King, D. Clark) → 『L.A. Midnight』 (1971)
10. イントゥ・ザ・ナイト Into the Night (Ira Newborn) → 『シックス・シルヴァー・ストリングス』 (1985)
11. イン・ザ・ミッドナイト・アワー In the Midnight Hour (Steve Cropper, Wilson Pickett) → 『シックス・シルヴァー・ストリングス』 (1985) (*)
12. マイ・ギター・シングス・ザ・ブルース My Guitar Sings the Blues (David Crawford, Luther Dixon) → 『シックス・シルヴァー・ストリング』(1985) (*)
13. マイ・ルシール My Lucille (Ira Newborn) → 『シックス・シルヴァー・ストリングス』(1985) (*)
14. ホワイ・アイ・シング・ザ・ブルース Why I Sing the Blues (Dave Clark, B.B.King) → 『ライヴ & ウェル』(1969)
15. ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット How Blue Can You Get (Jane Feather, Leonard Feather) → シングル楽曲 (1964)
16. トゥ・ノウ・ユー・イズ・トゥ・ラヴ・ユー To Know You Is to Love You (Stevie Wonder, Syreeta Wright) → 『トゥ・ノウ・ユー・イズ・トゥ・ラヴ・ユー』(1973)

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

ザ・ベスト 1200 / B.B.キング (全曲、プレイリスト) Universal Masters Collection / B.B.King (Full Album, Play List)


■目次に戻る

 
●僕は間違っていた。

 「ま、メジャーに移ってからのB.B.のスタジオ音源も編集盤一枚くらいは持っておこうか。」などと不遜な気持ちで買った僕が馬鹿だった。

 古臭いブルーズ評論家たちの「メジャーに移ってからのB.B.はライヴくらいしか良いものがない」と言う偏見を真に受けてしまっていた自分が恥ずかしい。

 ここで聴ける、メジャーに移ってからのB.B.キングは、素晴らしい音を奏でているではないか…!。
 一曲目の“ザ・スリル・イズ・ゴーン”なんて、出だしのドラムスのフィル・インだけでもゾクゾクするのに、そこから間髪入れず入ってくるB.B.の必殺のギター・トーンで完全に昇天させられる…!。彼の歌唱が入ってくる頃にはもう極楽気分で身を任せれば、何もかもOK…!。

ザ・スリル・イズ・ゴーン The Thrill Is Gone (Rick Darnell, Roy Hawkins) → 『コンプリートリー・ウェル』(1969)


 実は昔(1989年頃)、彼のメジャー時代の編集CDを持ってはいたんですけど、なぜか売っ払ってしまいました。

 当時の僕に会えるなら、正座させて小一時間くらい説教してやりたい。…そんな事しても当時の僕に嫌われるだけだとは思うけど(笑)。

 僕は基本的に「感性(センス)は変化することはあっても進歩はしない」と思っているんだけれど、B.B.に関しては、今の僕(今回紹介しているCDで目覚めたあとの僕)のほうが楽しんで聴けているという気がします。それを進歩と呼ぶかどうかは、また別の話だけど。

 …だから当時の僕よ、二度と気に入らないCDを売っ払ったりしないでくれ…。そのCDは、何年か後には君の宝物になっていたかも知れないのだから…。orz

 僕が売っ払ってしまったCDは多分コレ。(リンクされているものは多分後年再発されたものだけど、ジャケットやタイトルが一致しているので、内容はコレであっているはず。)
 
エイント・ノーバディ・ホーム~ベスト・オブ・B.B.キング
エイント・ノーバディ・ホーム~ベスト・オブ・B.B.キング


 今の僕が知らない曲も結構あって、これを売っ払ってしまったのかと思うと、後悔のため息しか出ません。
 “ロック・ミー・ベイビー”のライヴって…。1989年当時は公式盤で同曲のライヴ音源って、実はむちゃくちゃレアだったんじゃないか…?!。
 コレを買った頃の僕はよほど聴く耳を持っていなかったのかどうか、確か「イマイチ面白くねぇな」(!)と思っていたはずです。そんな当時の僕に今さら何を言っても無駄だったのでしょうけど、それにしても、と、もう一度嘆いておきます。(^^ゞ

■目次に戻る

 
●結局10枚組を…

 ともあれ、今回の書い直しCDで「メジャー期のB.B.キング」に目覚めた僕は、当然のように「もっと聴きたい…!」となりました。
 そこで、メジャー期のオリジナル・アルバムを集め始めればまだ質(タチ)が良いのですが、そうは問屋が卸(おろ)さない。いや、卸(おろ)せよ(笑)。
 何を思ったか、「確か4枚組くらいのBOX物が有ったはず。それでお茶を濁そう…」と、こんなBOXセットを買いました。

 
Mr.B.B.King / B.B.キング(4CD,輸入盤)
Mr.B.B.King / B.B.キング(4CD,輸入盤)


 BOX物の再発に定評のある Hip-O Records による、ぶっといセットです。メジャー期だけでなく、マイナー・レーベル時代の音源からも選ばれています。

 このBOXの他にMCAレーベル(だったはず)から出ているこんなBOXもありました。

 
King Of The Blues / B.B.キング [4 CD Box Set, Import]
King Of The Blues / B.B.キング [4 CD Box Set, Import]


King Of The Blues / B.B.キング [4 CD Box Set]
King Of The Blues / B.B.キング [4 CD Box Set]


 こちらもマイナー・レーベル時代の音源もフォローしています。
 こっちは国内盤があるようですが、それは中古でアホみたいな価格がついています。輸入盤はなんとか常識的な価格です。

 輸入盤だと解説類が英語でちんぷんかんぷんなのですが、それでもクレジットなどは意味がわかるので、それでも良いか、と、輸入盤に的を絞りました。

 どちらでも良かったのですが、その時点で価格が若干安かったので『Mr. B.B.KING』の方を購入。

 それで喜び勇んで聴いていたら、なんか、4枚組でも満足できなくなってきました。(^_^;

 そこで、メジャー期のオリジナル・アルバムを集め始めればまだ質(タチ)が良いのですが、そうは問屋が卸(おろ)さない。いや、卸(おろ)せよ(笑)。大事な事なので2回言いました(笑)。
 何を思ったか、「確か4枚組を探している時に見つけた10枚組のBOX物が有ったはず。それでお茶を濁そう…」と、こんなBOXセットを買ったのです。
 
Mr.B.B.King / B.B.キング(10CD,輸入盤)
Mr.B.B.King / B.B.キング(10CD,輸入盤)


 前述の Hip-O Records による、4枚組と同じタイトルの、こちらは拡大盤です。10枚組もあれば、とりあえず満足しろ、と言いたくなるでしょう。
 まぁ、僕みたいな物欲の塊みたいな人間はこれでも満足していないわけですが(苦笑)、さすがにこの規模を超えるBOXと言うのは無さそうだし、何より経済的に厳しいので、一旦はこれで我慢することにしました。
 それに、ここまでくれば後はもう、マジでオリジナル・アルバムを集めるしか無いはず…!。

■目次に戻る

 
●B.B.キングはブルースじゃない?

 さて、あえてここまで「ブルース」という言葉を使いませんでしたが。

 あれだ、「ブルースって言うと、根暗な音楽なんでしょ?」と言う誤解を避けたかったからと言うのもありますが、そもそもB.B.の音楽はブルースではありません。…とまで言うと「ハァ!?」っと思われるでしょうが、僕はそう思っています。

 ま、そこらへんの「ブルースからの逸脱具合」が、この日記の冒頭で書いた、「旧来からのブルース愛好家たちの苦言にも思える偏向した評論」につながっているのでしょうけれども。
 ともかく、B.B.のことを、一定の音楽ジャンルに当てはめて聴こうとしないことが吉です。

 そういった先入観無しで聴き込んでいくと「あぁ、なるほどね」と思える時が来ると思います。そうなってから「そもブルースとは…」と言い出しても良いし、あるいは笑顔でスルーしても良い。いずれにせよ、まずは「B.B.キングと言う稀代の音楽家の音楽」に身を委ねて欲しいところです。

 …と、偉そうなことを書いていますが、僕にしたって、今まで(マイナー時代のB.B.もしくはライヴ音源しか聴いていなかった僕)は「やっぱブルースはカッチョええなぁ~」と独りよがりな感想しか持ち得ていなかったわけですが。今回、メジャー期のB.B.を(ある程度)押さえることで、マイナー時代のB.B.についても開けた展望を持つ事ができたように思います。

 メジャー期のB.B.を「商業主義だ」と糾弾するのは簡単ですけれども、そもそも、まったく売れたくない音楽家っているんでしょうか(笑)。ある一定程度には売れたい、と、思っているもんじゃぁないですか?。僕的には「売れたい=わかりやすくて質の高い物を提供したい」なら大歓迎です♪。

 マイナー期の頃からそう言う野望を抱いていたのだと思えば、B.B.が元々持っている「明るさ」みたいなものも合点がいきます。

 と言っても、実際に売れるのは“スイート・リトル・エンジェル”だったり“スイート・シックスティーン”だったり、はては“ザ・スリル・イズ・ゴーン”と、スロー・ブルーズかマイナー・ブルーズ(ここで言うマイナーは短調のこと。一般に短調の楽曲は憂いを帯びるとされている)ばかりなのですけれども。
 でも彼の音楽自体は、結構ツルッとした明るさがあります。それは彼のギターの音色が端的に示していると思います。
 その音色は、芯はあるけど、憂いをあまり帯びていない明るい音色。上滑りしたところや湿ったところもない。屈託のない、それこそツルンとした音色であり、それがB.B.自身の音楽性をも象徴しているように思うのです。

 ここらへん、B.B.が師と仰いだ(のだと思う)ルイ・ジョーダン(ジャンプ・ブルース(ロックン・ロールの旧姓みたいなものだと思ってください)の王様みたいな人)と絡(から)めて話せれば面白いのでしょうけれども、残念ながら僕は修行不足です。そこまでの素養がありません。それでも僅(わず)かに一枚持っているジョーダンの編集物CDを聴くと、ジョーダンの音楽は徹底的に陽性だったんだろうなと思わさせられますし、彼から影響を受けたB.B.もまた然(しか)り、と、納得させられます。
 ちょっと脱線したのでジョーダンの話はコレ以上はよしときます。近い内に日記にする予定があるので、その時に存分に書こうと思います。

 と、脱線から戻ってみると、だいたい言いたいことは言い終わっていました(笑)。

 そんな感じで、B.B.キング、聴きまくっています!。次は何を入手しようかな!?。

■目次に戻る






■ミュージシャン別日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】ジェフ・ベック / エモーション・アンド・コモーション (スペシャル・エディション) #JeffBeck #EmotionAndCommotion

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●この落差こそが
●オーケストラとの共演~虹の彼方に 他
●おまけのDVD
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ジェフ・ベック / エモーション・アンド・コモーション (スペシャル・エディション)

ディスク:1
1. コーパス・クライスティ・キャロル (Benjamin Britten) 2:40
2. ハンマーヘッド (Jeff Beck, Jason Rebello) 4:15
3. ネヴァー・アローン (Jason Rebello) 4:22
4. 虹の彼方に Over the Rainbow (Harold Arlen) 3:10
5. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー (featuring Joss Stone) (Screamin' Jay Hawkins) 2:59
6. スリーン (featuring Olivia Safe) (Jeff Beck, Jason Rebello) 6:05
7. ライラック・ワイン (featuring Imelda May) (James Shelton) 4:44
8. 誰も寝てはならぬ Nessun Dorma (Giacomo Puccini) 2:56
9. ノー・アザー・ミー (featuring Joss Stone) (Jason Rebello, Joss Stone) 4:05
10. エレジー・フォー・ダンケルク (featuring Olivia Safe) (Dario Marianelli) 5:03
11. プア・ボーイ (featuring Imelda May) (伝承曲) * Bonus Track 4:42
12. クライ・ミー・ア・リヴァー (Arthur Hamilton) * Bonus Track 4:31

ディスク:2(DVD)
Live from Crossroads Guitar Festival 2007
1. ストレイタス
2. ビハインド・ザ・ヴェイル
3. ナディア
4. ビッグ・ブロック
5. ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース
6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ

Live from Crossroads Guitar Festival 2007 (2007 28th July)
2007年7月28日のクロスロード・ギター・フェスティヴァルより。

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

エモーション・アンド・コモーション (抜粋、プレイリスト形式) / ジェフ・ベック Emotion & Commotion (excerpt, playlist) / Jeff Beck

I can't uploaded some number 'cause copyright:"I Put A Spell On You", "There's No Other Me"
次の2曲は引用できませんでした:"アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー", "ノー・アザー・ミー"

エモーション・アンド・コモーション (スペシャル・エディション) ボーナスDVD (音声のみ抜粋、プレイリスト形式) / ジェフ・ベック Emotion & Commotion Japanese special edition bonus DVD (audio only, excerpt, playlist) / Jeff Beck

I can't uploaded some number 'cause copyright:"Big Block"
"ビッグ・ブロック"は引用できませんでした。

■目次に戻る

 
●この落差こそが

 2010年作。
 静かに始まる一曲目から、激しい音で鳴らす二曲目。この落差こそがジェフ・ベックの持ち味だ!…などと、ひとりごちたくなるアルバムではあります。

コーパス・クライスティ・キャロル


ハンマーヘッド(おしまいがブツっと切れているのは、3曲めとメドレーになっているから。)


 また、これら落差を埋めるかのような女声ボーカルの歌曲が挟(はさ)まったりしていて、それはそれで聴きものですね。

ライラック・ワイン


■目次に戻る

 
●オーケストラとの共演~虹の彼方に 他

 このアルバムで象徴的なのは、やはり“虹の彼方に”や“誰も寝てはならぬ”のような、スローな楽曲でのオーケストラとの共演でしょう。(拍子の速い曲でも共演してますけどね…。)
 見方によっては「軟弱」ともとられかねない組み合わせですが、ここでの出来はどうでしょうか?。

虹の彼方に(エモーション&コモーション・バージョン)

 どうですか?。僕は単なるイージー・リスニングに堕していない緊張感を感じるのですが…。

 この曲は少し前の日記でも紹介した『ライヴ・ベック'06』と言うライブ・アルバムにも収録されていて、ジェフとしてはそれが初出になると思います。

虹の彼方に(ライヴ・ベック'06(OFFICIAL BOOTLEG USA '06)・バージョン)

 ただしこのアルバムは、通信販売での公式海賊盤と言う位置づけ。正規には今回の『エモーション&コモーション』が本チャンということになりますね。

 更に深堀りしてみると、エリック・クラプトンが2001年に発表したライブ・ビデオ&CDの『ワンモア・カー・ワンモア・ライダー』にも収録されていたりします。(別にジェフが参加しているとかではないですけれども。)

虹の彼方に(ワンモア・カー・ワンモア・ライダー/エリック・クラプトン)


 ジェフは遅れること5年後にライブ収録し、さらにその4年後にやっと正規に発表したわけです。
 「クラプトンの後塵を拝して」と言われることは承知の上だったでしょうこの挙動ではありましたが、ジェフとしてはなんとしても採り上げたい楽曲だったのでしょう。
 自身の歌が入ったクラプトンと、歌を入れず演奏のみで勝負したジェフと。
 それぞれの持ち味、と言って良いのでしょうけど、何となくジミー・ペイジは何してたんだ、と言いたくなるのは僕だけでしょうか(笑)。

 ついでに“誰も寝てはならぬ”も聴いてください。これもジェフのバラード・プレイが堪能できる楽曲ですが、より壮大な編曲になっています。

誰も寝てはならぬ


■目次に戻る

 
●おまけのDVD

 おまけのDVDにも触れておきましょう。
 このアルバムは2010年の3月24日に日本盤(通常盤)が発売されたのですけれども、どういうわけか、その3ヶ月ほど後の6月23日に、DVD付きの「スペシャル・エディション」が発売されました。そこら辺の経緯はうろ覚えなのですけれども、通常盤が発売される当初からスペシャル・エディションの発売は告知されていたような気がします。
 それで僕は、早く聴きたいから通常盤も普通に買って、なおかつおまけDVDが欲しくてスペシャル・エディションも買ったのでした。…なんか、レコード会社の思惑にまんまと嵌(はま)ってしまっている気がしますけど、いや、もちろんそのことは承知の上で買ったのでした。…のはずです。(^_^;

 DVDの映像は2007年7月28日のクロスロード・ギター・フェスティヴァルで収録されたもので、このうち“ビッグ・ブロック”は、『クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2007 [DVD]』で既出。残念ながらそちらで見られる“哀しみの恋人達”はこちらには未収録。
 で、まぁ、例のごとく、音声だけ取り出して聴いて楽しんでいます。映像は…えっと、多分観ていない(笑)。何度も言いますけど、僕は基本的に映像人間ではありません。Youtubeなどもほとんど画像は見ずに、音だけ流しながら別のPC操作を行っているのです。
 楽しみ方が偏向している、と言われたら返せる言葉がないのですけれども、僕自身はこの楽しみ方に納得しているので、別に良いのであります(笑)。

 ジェフはこのあと、ライヴをちょこちょこ出したり、スタジオ・ミニ・アルバムを出したりしているのですけれども、結局『ラウド・ヘイラー』と言うスタジオ・アルバムを2016年に発表しています。
 そのアルバムについては、この日記ではさんざんけなした(笑)ので繰り返しません。

 それ以来、新たな動きがなかなかな見えてこなかったのですが、先日、ジョニー・デップとの共演で、なんとジョン・レノンの名曲“孤独(Isolation)”を配信公開しましたね!。
 このコンビでのフルアルバムが出るのかな?、どうかな?、というところですが。ジェフのことなので、気長に、首を長くして待っていましょう!。

孤独 / ジョニー・デップ & ジェフ・ベック





■ジェフ・ベック日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCD。[画像大きめ閲覧注意]

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
仲井戸麗市 / プレゼント#2

 先月末に音楽日記を書かなかったので、今月は新しいCDをセットすまいかな、と、思っていたのですが、若干CDチェンジャーの空きと心の余裕が少し有ったので、一枚だけセットしました。
 一枚と言ってもフル・アルバムではなく、4曲入りのミニアルバム。ギュッと中身の詰まった味わい深い作品です。

 Do You Believe in Magic?...Yes!




■ミュージシャン別日記一覧





テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
イエロー・マジック・オーケストラ / テクノデリック (リマスター・紙ジャケット仕様)

 今月は一枚だけ。
 今までは月末にCD5枚分以上の日記を書いて、月頭に新たに5枚以上をCDチェンジャーにセットする、と言うのを割と遵守してきました。
 5枚にこだわっていたのは、組物のCDをセットするとき数えやすいからです。…これについて詳しく述べると時間がかかるのですが、まぁ、きりの良い数だと数えやすいのだと思ってください。
 でまぁ、今、チェンジャーには組物はほとんどセットされてませんし、よしんばセットしたとしても僕が気にしなければ済む話なので(笑)。
 一頃みたいに音楽ソフトをバカ買いしていないのでネタが尽きてきたと言うのもあります。

 それでいきなり今月が一枚だけというのも極端ではあるんですけど(笑)。
 まぁ、先月末はスティーヴィー・ワンダー一枚分しか日記書いてませんし。(^^ゞ

 今回セットしたCDをメインとした日記を上げるのは、今のペースだと一年以上先かな(笑)。
 
 
 ちなみにこの紙ジャケットは、アナログ盤で言うところの、「初回盤ではない通常盤」のデザインですね。

 現行盤のジャケットは(紙ジャケではないですが)初回盤のデザインになっています。SACDハイブリッドなのは嬉しい人と嬉しくない人が分かれそうですねぇ。
イエロー・マジック・オーケストラ / テクノデリック (リマスターSACDハイブリッド)


■ミュージシャン別日記一覧




テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、参照される時はその点ご承知おき下さい。
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…(笑)。
 なので、ポチっていただければ幸いです。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR