FC2ブログ

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。[画像大きめ閲覧注意]

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。

ボブ・ディラン / ビリー・ザ・キッド (リマスター・紙ジャケット仕様)
ジョン・コルトレーン / ウィナーズ・サークル(K2HD/紙ジャケット仕様)
キザイア・ジョーンズ / アフリカン・スペース・クラフト
フリートウッド・マック / ブルース・ジャム・アット・チェス (2CD 紙ジャケット)
 ジョン・レノンの日記を優先させた結果、今月セットしたCDの日記がこんなタイミングになりました。

■ミュージシャン別日記一覧




スポンサーサイト



テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

ジョン・レノン79回目の誕生日に。(過去日記使いまわし)

■目次
(1/6) ジョンと、故人達によるスペシャル・コンサート
(2/6) ジョンの代表曲を僕が選曲するとこうなる
(3/6) ルーツ・ミュージックに愛を込めて
(4/6) 後輩たちとビートルズ・ナンバー
(5/6) 大団円…?
(6/6) The dream is NOT over!
 
 
 
 ジョンの誕生日になると、いつも自分が過去に書いた妄想日記、「ジョン・レノン復活コンサート in 広島」のことを思い出してしまいます。(某Tさんからは「またソレですか~?」とからかわれるのですが(笑)。)

 「もしジョンが生き返って一夜限りのコンサートをしてくれたら」と言う他愛もない妄想によって書かれた文章なんですが、これが、読み返すと恥ずかしいやら、何やらなんですが、でもこのときほど思い入れて書くことが今の僕にできるかな、と、疑問に思ったりもします。

 もともとは2001年に書いた文章なので相当古いものです。それを2006年にブログに移し替えて、その時に余計な前書き後書きを追加しました。

 当時(2001年)は「ビートルズ探検隊」と言うメーリングリストに属していて、そこに書き下ろしたものなんですが、そのメーリングリストは、今はフェイスブック上で同じ名前の「ビートルズ探検隊」として存続しています。

 この過去日記に更に蛇足を追加して読み直してもらおうというのが今回の企画です。実に安易きわまわりないのですが、開き直って、僕自身が少しでも楽しめたら、と言う方針で書いていきます。

 全部で6部に分かれています。以下の文中の(1/6)、(2/6)…(6/6)と言う項目をクリックしていただけば各部に飛びます。飛んだ先でそのまま最後まで読めるようになっていますが、せっかくなので、こっちも参照しながら読んでもらえると2019年の僕は喜びます。(^_^;

 
 (1/6)ジョンと、故人達によるスペシャル・コンサート

 本文中では明記しなかったのですが、ジョンと、故人達によるスペシャル・コンサート、と言う体裁になっています。
 ただ、僕の知識が足りなかったりして、まだ生きていたはずの人が出ていたり、ロックでない人を無理くり起用したりもしています。
 蛇足分でも書きましたが、今ならジョージとエントウィッスルを登場させていたでしょうねぇ…。

■目次に戻る

 
 (2/6)ジョンの代表曲を僕が選曲するとこうなる

 僕が広島在住なので広島でコンサートしているという想定で書いたのですが、本当にジョンが来日したとしたらこんな田舎には来ていませんね(笑)。

スターティング・オーヴァー / ジョン・レノン


真夜中を突っ走れ / ジョン・レノン


ジェラス・ガイ / ジョン・レノン


ニュー・ヨーク・シティ / ジョン・レノン


マインド・ゲームス / ジョン・レノン


母(マザー) / ジョン・レノン


 このパートでは、ジョンの曲を中心に採り上げました。…まぁ、ジョンのコンサートなら普通そうですよね。…普通はね。(^_^;

■目次に戻る

 
 (3/6)ルーツ・ミュージックに愛を込めて

 ここからは悪ふざけ全開のパートに突入していきます。まずは'50年代のロッカーとの共演。
 で、このパートで大チョンボがあります。(^_^;
 この原稿を書いた2001年時点でも、リライトした2006年時点でも「ファッツ・ドミノは存命」でした。(^_^;
 よく調べもせずに、亡くなっていると思いこんでいたんですね。実際には皆さん御存知の通り、2017年(10月24日)まで存命でした。何ともお恥ずかしいチョンボでございます。

ハウンド・ドッグ / エルヴィス・プレスリー


 この曲は、エルヴィスの曲として歌わせていますけど(まぁ、実際彼のヴァージョンが代表的なヒット・ヴァージョンなんですが)、元々はビッグ・ママ・ソーントーンと言う人が1953年にヒットさせたのがオリジナルです。

ハウンド・ドッグ / ビッグ・ママ・ソーントーン


 確か、エルヴィスのは、ビッグ・ママ直系ではなく、間に誰か別の人がカバーしたヴァージョンがあったと思うのですが、ちょっと今回は面倒くさくて(笑)調べきれませんでした。

 
トゥエンティ・フライト・ロック / エディ・コクラン


 ポール・マッカートニーがジョン・レノンと邂逅したときに弾き語ってみせたという「伝説」の曲です。でも僕みたいなストーンズ馬鹿にとっては1982年の『スティル・ライフ』収録のストーンズ・ヴァージョンが初聴だったりします。

トゥエンティ・フライト・ロック / ローリング・ストーンズ


エイント・ザット・ア・シェイム / ファッツ・ドミノ


エイント・ザット・ア・シェイム / ジョン・レノン

 この日記では、ジョンが『ロックン・ロール』と言うカヴァー・アルバムで採り上げたヴァージョンをもとにしているので、ジョンの盤も併掲です。

ブルージーン・バップ / ジーン・ヴィンセント


ブルージーン・バップ / ポール・マッカートニー


 ポール・マッカートニーは、1999年の『ラン・デヴィル・ラン』と言うカヴァー・アルバムでこの曲を採り上げているんですが、そのヴァージョンの動画が見つからないので(多分著作権監視が厳しいんでしょう)、同時期のライブ映像を引用しておきます。

ペギー・スー / バディ・ホリー


 バディ・ホリー登場の段では、僕がバディに愛着がありすぎて、かなりひいき目なことを言ってしまいました。
 「そして、なによりも、“自作自演”が大事なんだと、教えてくれた人!。」と言う箇所がありますが、別に、自作自演はバディだけでなく、チャック・ベリーやリトル・リチャードだってそうでした。まるでバディが「自作自演の先駆」みたいな書き方は、ちょっと大げさと言うか、正しくなかったな、と、反省しています。

 もちろんこの曲はジョンもアルバム『ロックン・ロール』で採り上げていますが、ちょっと騒々しすぎかな(笑)。

ペギー・スー / ジョン・レノン


■目次に戻る

 
 (4/6)後輩たちとビートルズ・ナンバー

カム・トゥゲザー / ビートルズ


ヤー・ブルーズ / ビートルズ


トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ / ビートルズ


ビコーズ / ビートルズ


イン・マイ・ライフ / ビートルズ

 文中でスティーヴ・マリオットが、この曲をロッド・スチュワートが採り上げたということを言っていますが、それはフェイセズ時代のことではなく、かなり下って1986年のアルバム『ロッド・スチュワート(Every Beat of My Heart)』のときですね。
 
 
 
※参考音源
 
イン・マイ・ライフ / ロッド・スチュワート


カモン・エヴリバディ / エディ・コクラン


カモン・エヴリバディ / ハンブル・パイ


 ハイ、(4/6)はビートルズ・ナンバーてんこ盛りでございます。
 (3/6)では超気合い入れて書いた感じなのに、こちらはこころなしか流した感じ…?。いや、気のせいでしょう、ハハハ…。
 かなり無理のあるカップリングの面子(メンツ)もいますが、そこは笑って許してくださいな(笑)。

■目次に戻る

 
 (5/6)大団円…?

監獄ロック / エルヴィス・プレスリー

 
 
 ジョンが“ハー・マジェスティ”を口ずさんで“ジ・エンド”を演奏するのはどうか?、と、思いますが、多分この頃の僕は何も考えていなかったんだろうな(笑)。
 
ハー・マジェスティ / ビートルズ


ジ・エンド / ビートルズ


 このでたらめなメンツでのジ・エンドはぜひ聴いてみたいと思うのですが、それは僕だけでしょうか(笑)。

■目次に戻る

 
 (6/6)The dream is NOT over!

イマジン / ジョン・レノン


平和を我等に / ジョン・レノン (Original version)


平和を我等に / ジョン・レノン from『Live Peace In Tronto』(1969)


平和を我等に / ジョン・レノン from "One to one concert afternoon show"


平和を我等に / ジョン・レノン from "One to one concert Evening Show"


人々に勇気を (Power To The People) / ジョン・レノン


■目次に戻る

 いかがでしたったでしょうか?。かなり無理のある妄想でしたが、楽しんでもらえましたか?。あなたも妄想日記書きたくなりましたか?。ぜひ書いてみてご披露ください。楽しみはみんなで分かち合いましょう!。


■ジョン・レノン日記
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD入手】バッド・カンパニー / バーニン・スカイ (デラックス・リマスター 2CD) #BadCompany #BurninSky

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●時代遅れかもしれないが、悪くない!
●雑な曲紹介
●雑なまとめと今後の予定


 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
バッド・カンパニー / バーニン・スカイ (デラックス・リマスター 2CD)

Disc 1

1. バーニン・スカイ - "Burnin' Sky" (Paul Rodgers) - 5:19
2. モーニング・サン - "Morning Sun" (P. Rodgers) - 3:57
3. リーヴィング・ユー - "Leaving You" (P. Rodgers) - 3:24
4. ライク・ウォーター - "Like Water" (P. Rodgers, Machiko Shimizu) - 4:18
5. ナップサック - "Knapsack" (Möller, Ridge) - 1:20
6. エヴリシング・アイ・ニード - "Everything I Need" (P. Rodgers, Mick Ralphs, Simon Kirke, Boz Burrell) - 3:22

7. ハートビート - "Heartbeat" (P. Rodgers) - 2:36
8. ピース・オブ・マインド - "Peace of Mind" (S. Kirke) - 3:22
9. パッシング・タイム - "Passing Time" (P. Rodgers) - 2:30
10. トゥー・バッド - "Too Bad" (P. Rodgers) - 3:47
11. マン・ニーズ・ウーマン - "Man Needs Woman" (P. Rodgers) - 3:43
12. マスター・オブ・セレモニー - "Master of Ceremony" (P. Rodgers, M. Ralphs, S. Kirke, B. Burrell) - 7:10

Disc 2
1. "Burnin' Sky" (Take 2, Alternate Vocal & Guitar) (Rodgers)
2. "Morning Sun" (Take 3 Early Version) (Rodgers)
3. "Leaving You" (Take 1, Alternative Vocal) (Rodgers)
4. "Like Water" (Take 1, Rough Mix) (Rodgers, Shimizu)
5. "Knapsack (The Happy Wanderer)" (Early Run Through) (Möller, Ridge)
6. "Everything I Need" (Take 2, Rough Mix) (Rodgers, Ralphs, Kirke, Burrell)
7. "Peace Of Mind" (Alternate Version) (Kirke)
8. "Passing Time" (Alternative Vocal) (Rodgers)
9. "Too Bad" (Full Version) (Ralphs)
10. "Man Needs Woman" (Alternative Vocal & Guitar) (Ralphs)
11. "Too Bad" (Early Version, Mick Ralphs Vocal) (Ralphs)
12. "Man Needs Woman" (Take 2, Early Version, Mick Ralphs Vocal) (Ralphs)
13. "Burnin' Sky" (Take 1, Alternative Vocal) (Rodgers)
14. "Unfinished Story" (Previously Unreleased) (Rodgers)

 ※作者クレジット中の「Machiko Shimizu」というのはおそらくポール・ロジャースの当時の妻の「清水マチ」のことと思われる。

Personnel
Paul Rodgers – vocals, guitar, piano, accordion
Mick Ralphs – guitar, keyboards
Simon Kirke – drums
Boz Burrell – bass

Additional personnel
Mel Collins – saxophone, flute
Tim Hinkley – keyboards

リリース 1977年3月
録 音  1976年7月 - 8月 フランス エルヴィル城


■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

バーニン・スカイ(全曲) / バッド・カンパニー Burnin' Sky (Full album) / Bad Company


 
バーニン・スカイ(デラックス・リマスター Disc 2) / バッド・カンパニー Burnin' Sky (Deluxe Remaster Disc 2) / Bad Company


■目次に戻る

 
●時代遅れかもしれないが、悪くない!

 四作目。彼らにとっては、初めてトップ10を逃した作品。(英17位、米15位。)

 まぁ、1977年というと、確か、もう英国ではパンク・ロックがニュー・ウェイヴとか呼ばれて、新たな動きになっていたりした時代だったかと。あんまりそこら編の歴史には詳しくないんですけど。その頃はよしだたくろうとか聴いていたもので(笑)。
 そう言う時代の潮流に乗らずに(乗れずに?)出した金太郎飴アルバムが、飽きられちゃうのもむべなるかな。
 前回の日記のコメントでミュウさんがいみじくも語られていたように、彼らの人気は下降線をたどることになります。

 しかし、これが、内容は悪くないのです。当時のミュージック・シーンからは時代遅れになっていたのかもしれませんが、そういった偏向なしに改めて聴いてみると結構イケてると思います。と、後世になってから持ち上げられても、リアルタイムで失速していた彼らにとっては何の助けにもならんでしょうけれども。

■目次に戻る

 
●雑な曲紹介

 タイトル曲でオープニング・ナンバーの“バーニン・スカイ”も渋いビートでカッコいいです。本編アルバムでは雷の効果音が入ってるんですけど、個人的にはそれがないボーナス・ディスクのヴァージョンのほうが好ましいです。

バーニン・スカイ (Take 2, Alternate Vocal & Guitar)


 このアルバから最初にシングルカットされた“エヴリシング・アイ・ニード”も、むっちゃカッコいいんですが、どうもチャート・インすらしなかったらしいですね。

エヴリシング・アイ・ニード


 このアルバからのセカンド・シングルとして、先の“バーニン・スカイ”が出されて、そちらはかろうじて米ビルボードのポップ・チャートで78位になっています。
 売れ行きだけからみると、このアルバムが一番売れてないのかもしれません。(このあとの『ディソレーション・エンジェル』では若干持ち直しています。でも更にあとの『ラフ・ダイアモンド』はやはり売れてないですね~。)

 ところで、“ナップサック”と言う曲なんですが、明らかにお遊びで入れたと思われる録音状況なんですが、これ、アレですね、日本では“ゆかいに歩けば”と言う訳で知られている曲ですね。こんな曲をお遊びでやってる暇があればもっと…。いや、もっと何、というわけでもないですけど(笑)。
 この曲のオリジナルを英語のWikipedia調べたんですけど、(日本語のウィキペディアには項目がない)よくわかりませんでした。「しばしばドイツ民謡と勘違いされるけど Möller と言う人のオリジナルの楽曲だよ」と言う感じのことが書いてあるような気がするんですが、ようわからん。(^_^;

ナップサック


 最後に、ボーナス・ディスクのラストに入っている未発表曲を引用しておきましょう。これがなかなかいい味出してるんだ…。

アンフィニッシュド・ストーリー


■目次に戻る

 
●雑なまとめと今後の予定

 ここまで、割と贔屓目に書いてきたつもりなんですけど、それでも、「ファーストだけ聴いとけば充分やろ。良くてサードまでやん。」と言う声に反論することが出来ません。(^_^;
 僕は割と彼らの音が好きなので、楽しんで聴いてきましたが、でも、例えば、ほぼ同時期にでたローリング・ストーンズの『女たち』(1978年)とどっちを取るか、と言われれば、躊躇(ちゅうちょ)なく『女たち』を取るでしょう。
 ストーンズもしばしば金太郎飴的に語られることの多いバンドですが、それでも『ブラック・アンド・ブルー』(1976年)、『ラヴ・ユー・ライヴ』(1977年)、と来て『女たち』に至るまではかなりの創意工夫をしているわけです。
 そういったことを考えてみると、同時代的には、バドカンが失速してしまったのはわかるような気がします。

 さてさて、このバドカンの再発プロジェクト、ココまでで足踏みをしておるようです。『ディソレーション・エンジェル』やオリジナル・メンバーでのラストとなった『ラフ・ダイアモンド』は、デラックス盤での再発はなるのか!?。

 まぁ、僕の日記はあんまりボーナス・ディスクに言及していないので、通常盤で聴いていくという選択肢もあるのですが、なんかそれも悔しいので、意地でもデラックス盤が出るのを待とうと思います。

 そんな感じで、バドカンのファースト・アルバムから始まり、ザ・フリーを経由してココまでやってきた「ザ・フリー/バッド・カンパニー日記」ですが、しばしのお休みを頂く形になります。その最後の日記がこんな雑で良いのか(笑)という気もしますが、ま、いろいろ体調的な面もあったのでこらえてつかあさい。って、どこの国の人間だ(笑)。

 心情的には発掘ライヴの『LIVE 1977 & 1979』も入手して日記を書きたいところなんですが…。さて、どうなるやら(笑)。

 p.s.
 ジャケ写のロジャースのハッピ姿にはあえて触れませんでした。(^_^;


■目次に戻る



■ザ・フリー/バッド・カンパニー日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】麗蘭 / 麗蘭 #麗蘭

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●1990年代、日本のロックの奇跡、麗蘭
●黒人に憧れた日本人の自然なグルーヴを体現した二人
●ライヴ・ビデオのあとに出すスタジオ・アルバム
●ドラムスが入っている麗蘭なんて麗蘭じゃ…
●“今夜R&Bを…”連呼している音楽家たち
●編集無しでシングルカットされた“ミュージック”
●次回の麗蘭日記の予告


 
 
 
 
 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
麗蘭 / 麗蘭

1. ミッドナイト・ブギ 4:24
2. 待ちわびるサンセット 4:40
3. アメリカンフットボール 5:14
4. 今夜R&Bを… 6:32
5. 真夜中のカウボーイ 3:56
6. さみし気なパイロット 5:39
7. ユメ・ユメ 7:50
8. 月の夜道でマンボを踊る友人の唄 (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 1:42
9. ハイキング (作詞:仲井戸麗市、作曲:麗蘭) 3:52
10. ココナッツバター (作詞作曲:麗蘭) 6:25
11. がらがらへび(P・Greenに捧ぐ) (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 5:59
12. ハーモニー(挽歌) (作詞:仲井戸麗市、作曲:土屋公平) 4:08
13. ミュージック 6:10
14. 夏の色調 4:10

 特記無き曲はすべて作詞作曲:仲井戸麗市、全編曲:麗蘭

 1991年10月30日発売。

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

麗蘭(全曲) / 麗蘭


■目次に戻る

 
●1990年代、日本のロックの奇跡、麗蘭

 勝手にキャッチフレーズを付けて吹聴しているわけですが(笑)。でも、2019年の今も継続しているんだから、こんなキャッチフレーズ、おんぼろだよなぁ。

 ま、そりゃともかく。

 麗蘭のことを知らない方も多いと思うのでサラリと説明。

 日本を代表する2つのロック・バンド、RCサクセションと、ストリート・スライダーズのギタリスト二人(仲井戸“チャボ”麗市、土谷“蘭丸”公平)が組んだ音楽ユニット。
 二人はギター演奏だけでなくリード・ボーカルも務(つと)める。
 どちらかと言うとチャボの作曲、ボーカル曲が多いが、彼のワンマンバンドというわけでは決してない。
 当初はライヴ・ツアーだけ行って終わりにする予定だったが、好評を得て、ライヴの映像ソフト化(『Welcome Home!!』)がなされ、そして、当スタジオ盤も制作される運びとなった。その後、断続的な活動を継続し、2019年現在も健在。
 二人とも黒人音楽、特にブルースに愛着を持っており、そのつながりが彼らの関係を強固なものにしている。
 当然ながら演奏する音楽も黒人音楽/ブルースに根ざしているが、そこに日本人ならではの感性が自然に紛れ込んでいるところが魅力と言える。

■目次に戻る

 
●黒人に憧れた日本人の自然なグルーヴを体現した二人

 前段の最後の部分はサラリと書きましたが、意外とココに引っかかる音楽家って、います。

 1980年代の竜童組(宇崎竜童)や、21世紀に入ってからの岡林信康の「エンヤトット」などは、雅楽や祭り囃子と言った、日本的な(あまりにも日本的すぎる)ものを取り入れようとするあまり、出てくる音はぎこちなく不自然なものとなってしまっていました。

 …と言って、僕は彼らの音楽をじっくり聴いたわけではなく、前者は生演奏を当時ちらりと、後者はTVでライヴ演奏をちらりと、聴いただけなのですが。いや、それでもハマってないことおびただしかったですね…。

 その点、チャボと蘭丸の二人は、無理なく日本人としてのアイデンティティ(「独自性」と訳しておきましょうか)をそこはかとなく醸(かも)し出しているのが良いところです。

 例えば一曲目の“ミッドナイト・ブギ”を聴いてみましょう。これはチャボが初めて蘭丸に生の弾き語りで聴かせた曲らしいですが、そういった挿話はともかくとして、これは、黒人音楽に憧れている日本人でなければ出せないビートを叩き出していると言えましょう。

ミッドナイト・ブギ by 麗蘭


 意外にも打ち込みを使っていますが、それがギミックに終わらずに肉体的なビートになっています。そして、僕はこのリズムに、身近なものとしての日本的な音を感じるのです。

■目次に戻る

 
●ライヴ・ビデオのあとに出すスタジオ・アルバム

 ライヴの熱気をそのままスタジオに持ち込んで…と言う思いももちろんあったとは思うんですけれども、ここではやはり、スタジオ盤ならではの「冷静」な趣(おもむき)が見られます。
 前回のライヴ・ヴィデオ『Welcome Home!!』では勢いだけで突っ走っていた面が無きにしもあらずでした。(そこがまた良かったわけですが。)それが、ここでは、もうすこし「客観的に整理」された感じがします。

 また、単純な見方ですが、「叙情的な曲が増えた」ということも言えるでしょう。
 もちろん多分、実際のライヴでは叙情的な曲もやっていたのかもしれません。ビデオ『Welcome~』でも、断片的ながら“真夜中のカウボーイ”(当アルバムに収録)や“ミステリー”(後に仲井戸麗市ソロ名義の『works』の麗蘭パートに収録)と言った叙情曲を演奏した形跡が見られます。ですが、それらはソフトとしての『Welcome~』ではほとんどカットされてしまいました。
 そのうっぷんを晴らすため、というわけでもないでしょうが、このスタジオ盤ではそう言った、ゆったりした叙情曲が増えています。

真夜中のカウボーイ by 麗蘭


 それが勢いを妨げると言うよりは、音楽に奥行きをもたせるような効果を上げているのがさすがと思います。

 しかし、そんな曲の中でも、“ハーモニー(挽歌)”はとにかく暗い…。
 個人的には命の欠失を暗喩している曲は苦しくて聴きたくないのですけれども。でも彼らにしてみれば、なんらかの表現衝動があってのことなんでしょうから、ここは、辛いけど、付き合ってみるのが礼儀というものでしょうか。

■目次に戻る

 
●ドラムスが入っている麗蘭なんて麗蘭じゃ…

 さて、しかし、巷(ちまた)の麗蘭ファンの間での最大の争点は「ドラムスが入っているぜ、オイ」という点でした。
 『Welcome Home!!』では、ポール鈴木のパーカッション(打楽器類)のみで、ドラムスは事実上入ってなかったのですが(それでも確か“ヒッチハイク”では鈴木が小型のドラム・セットを叩いていたと思います)、それであのグルーヴ、ノリを出していたところがすごくかっこよかったわけです。

 しかし、彼ら的にはドラムスを入れないとビートが足りないと感じたのでしょうか、ここではほとんどの曲でドラムスおよび打ち込みのリズムを採用することになりました。
 「打ち込み」を使うというのも彼らのヨコノリの音楽性からすると意外なわけですが、これがしっかりハマっているのが見事。

 恥ずかしながら、今回ブックレットのクレジットを読み返して、半数近くの曲で打ち込みを使っているのを今さら確認しました。(^_^;

 打ち込みをやってみようと提案したのは蘭丸だったらしく、チャボは、その発想を「プロデューサ的な優れた視点」と言った感じで(記憶に頼っているので言い回しは違っていると思う(^_^;)褒めそやしていました。

 蘭丸が最初に打ち込みを提案した曲は、あの、“ミッドナイト・ブギ”だったと言います。

■目次に戻る

 
●“今夜R&Bを…”連呼している音楽家たち

 さて、“今夜R&Bを…”と言う曲では、楽曲の後半で音楽家の名前を連呼しています。これが歌詞カードには連呼の部分は書かれていないので、ファンのみなさん、それぞれに聞き取りをなさっていて、僕のブログ友の方でもこのスタジオ盤の聞き取りをされた方がいらっしゃいます。

 なので、ここで改めて掲載しても新味はないんですが、かと言って見過ごすには、僕にも意地というものがあります(笑)。なので、やはり、ここでもスタジオ盤での「連呼」を記しておきましょう。

 オーティス(・レディング)、サム・クック、テンプテーションズ、シュープリームス、
 アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴ、ジェイムス・ブラウン、ボビー・ウーマック、クラレンス・カーター、キング・カーティス、O.V.ライト、ルーファス・トーマス、カーラ・トーマス、レイ・チャールズ、ステイーヴィー・ワンダー、ソロモン・バーク、ドン・コヴェイ、ステイプル・シンガーズ、フォー・トップス、エディ・フロイド、ノック・オン・ウッド(エディ・フロイドのヒット曲名)、アーサー・コンレイ、スウィート・ソウル・ミュージック(アーサー・コンレイのヒット曲名)、ジョー・テックス、ウィリアム・ベル、パーシー・スレッジ、バーナード・パーディー、コーネル・デュプリー、ネヴィル・ブラザーズ、ドクター・ジョン、カーティス・メイフィールド、アラン・トゥーサン、ボー・ディドリー、プロフェッサー・ロングヘアー、マディ・ウォーターズ、ロバート・ジョンソン、マジック・サム、ジョン・リー・フッカー、ジミー・リード、ライトニン・ホプキンス、B.B.キング、フレディ・キング、アルバート・キング、アルバート・コリンズ、バディ・ガイ、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ビル・ウィザース、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、メンフィス・サウンド(ジャンル名)、ハイ・サウンド(「ハイ」はレコード会社名)、モータウン・サウンド(「モータウン」はレコード会社名)、スモーキー・ロビンソン、ブッカーT.MG's、スティーヴ・クロッパー、グリーン・オニオン(ブッカーT.MG'sの代表曲名)、ダック・ダン、チャック・ベリー、T.ボーン・ウォーカー、ブルース・ブラザーズ、ジョン・ベルーシ
 (…エンディン)グ~レイニー・ナイト・イン・ジョージア(曲名)、ブルック・ベントン

今夜R&Bを… by 麗蘭


 
 ところで、前回の日記でお送りした『Welcome Home!!』のヴァージョンでの「連呼」の聞き取りですが、これをした人は存外少ないようです。そちらでは僕も聞き取りきれない部分があって、ブログ内でヘルプを上げていたのですが、現時点で、聞き取れなかった部分の情報は寄せられていません。(T_T)

 ダレカ、タノムヨ!。

■目次に戻る

 
●編集無しでシングルカットされた“ミュージック”

 “ミュージック”は6:10に及ぶ長尺曲ですが、その長さのままでシングル・カットされました。
 これはこの時期の麗蘭を代表する曲なので、ハサミを入れて編集するなどもってのほか、というのはファンのみならず麗蘭のメンバー、スタッフも同じ思いだったようです。

 イントロで蘭丸の弾くリフレインの鋭さ、かっこよさは、他に例えるものがありません。
 なにせ、久しぶりに聴き直して感動してしまった僕は、携帯のアラーム音をストーンズの“スタート・ミー・アップ”から、この、“ミュージック”に変えてしまったほどです。と言ってもわからん人には全然わからないでしょうけど。(すみません…。)

ミュージック by 麗蘭


 先に、「打ち込みとドラムス参加が半々くらい」と書きましたが、ドラムスのほとんどは村上“PONTA”秀一が叩いています。ベースはもちろん早川岳晴。ポール鈴木もちゃんと打楽器で参加しています。そこで聴かれるこの強力なグルーヴ!。
 『Welcome Home!!』のときよりは心持ちテンポが速いのが、楽曲のシャープさを研ぎ澄ましています。

 そして…。
 アルバムのラストは「叙情的」な“夏の色調”で静かに幕を閉じます。

 ♪「本日休業…」

■目次に戻る

 
●次回の麗蘭日記の予告

 本当はピーター・グリーンのこととか、チャボならではの歌詞の豊かさとかにも言及したかったんだけど、気力切れ(笑)。

 というわけで、さて、次の麗蘭関連日記。

 時系列的にはチャボのソロ、『DADA』なのですが、うっかり勢いで麗蘭のライヴ・アルバム『宴』を聴き込んでしまったので、時系列はちょっと乱れるけど、先に『宴』で行きます。
 『DADA』はその後。
 グダグダだな。(^_^;
 
 
■目次に戻る
 
 
 
■麗蘭日記
 
 

テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

詐欺メールが来た。


 詐欺メールが来たので、例のごとくさらします。

 送信元は noreply@email.apple.com (実在するAppleのメアド)なのに、Amazonのアカウントを云々という間抜けさです。メールの仕組み的に、送信元を詐称するのはいとも簡単でありますので、それで信用してはだめです。


 「続けるにはこちらをクリック」が最高に怪しいわけですが、ここはだまされたふりしてクリックしてみます。皆さんは真似しないでくださいね。


 Amazonのログイン画面風ですが、「保護されていない通信」と言う間抜けさです。URLも一部分だけそれっぽいけど、あからさまな詐称アドレスです。


 これもだまされたふりして、でたらめなデータを入力して「ログイン」してみます。


 警告してきてるっぽい画面です。もちろん詐欺なわけですが、これもだまされたふりして「続ける」をクリックします。


 個人情報を入力する画面が出てきました。これも「保護されていない通信」です。詐欺バレバレです。


 でたらめなデータを入力してみます。ごめんよキムタク(笑)。間違っても正しい個人情報を入力してはだめです。


 クレジットカード情報を入力する部分が画面下の方にありますので、これもでたらめな情報を入れてみます。
 「続ける」をクリックしましたら…。


 求める情報を収集できて安心したのでしょう、本物のAmazonの画面を表示しました。

 と言う感じですので、皆様はだまされぬようにご用心くださいませ。


テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。
 なお、文中のCDやDVDなどのリンクはアフィリエイトになっていますので、「お前を儲けさせてやるなんてやなこった!」という方はリンクをクリックしないようにお願いします。m(_ _)m
 まぁ、大体半年で500円くらいの儲けですかねぇ…。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR