【CD聴く】サイモン&ガーファンクル/Bookends - from The Collection (5CD+DVD) #SimonAndGarfunkel #Bookends

サイモン&ガーファンクル/ブックエンド

Bookends +2 / Simon & Garfunkel


All tracks written by Paul Simon, except "Voices of Old People" by Simon and Art Garfunkel.

1. ブックエンドのテーマ "Bookends Theme" 0:32
2. わが子の命を救いたまえ "Save the Life of My Child" 2:49
3. アメリカ "America" 3:34
4. オーバース "Overs" 2:14
5. 老人の会話 "Voices of Old People" 2:07
6. 旧友 "Old Friends" 2:46
7. ブックエンドのテーマ "Bookends Theme" 1:16

8. フェイキン・イット "Fakin' It" (Single A-side, US Billboard Hot 100 23位) 3:14
9. パンキーのジレンマ "Punky's Dilemma" 2:10
10. ミセス・ロビンソン (映画『卒業』より) "Mrs. Robinson" (Single A-side, US Billboard Hot 100 1位) 4:02
11. 冬の散歩道 "A Hazy Shade of Winter" (Single A-side, US Billboard Hot 100 13位) 2:17
12. 動物園にて "At the Zoo" (Single A-side, US Billboard Hot 100 16位) 2:21

13. 君の可愛い嘘 (ボーナス・トラック) "You Don't Know Where Your Interest Lies (B-side to "Fakin' It")" 2:18
14. 旧友 (デモ) (Previously Unreleased) (ボーナス・トラック) 2:10

Simon & Garfunkel
Paul Simon – vocals, guitar
Art Garfunkel – vocals, tapes

Additional musicians
Hal Blaine – drums, percussion
Joe Osborn – bass guitar
Larry Knechtel – piano, keyboards

Simon & Garfunkel – producers (tracks: 1, 3, 5-7, 10, 12)
Roy Halee – producer (tracks: 1, 3, 5-7 & 10), recording engineer
John Simon – production assistant on "Save The Life Of My Child", "Overs", "Fakin' It" & "Punky's Dilemma
Bob Johnston – production assistant on "A Hazy Shade Of Winter & "At The Zoo", production
Jimmie Haskell – arranger, arrangement preparation

Released April 3, 1968
Recorded September 1966, January 1967, June 1967, October 1967−February 1968

 『SGT.』の「なんちゃってコンセプト・アルバム仕立て」には多くの人が騙(だま)されましたが、ポール・サイモンもその一人でした。
 彼は、アルバムまるごと使って、「アメリカの現実」をコンセプトとしたアルバムを作ろうとします。しかし、レコード会社から待ったがかかり、コンセプチュアルな内容はA面だけになり、B面はシングル・ヒットを中心とした内容となりました。『SGT.』を狙って作成を始めたのだけれども、『マジカル・ミステリー・ツアー』になっちゃった、みたいな感じでしょうか。(『マジカル~』のUS盤LPは1967年11月発表なので、既に世に出ていました。)結果論ではありますが、それが功を奏したと思います。はっきり言って、コンセプト仕立てのA面は面白くない。一曲目の、しんねりむっつりとした“ブックエンドのテーマ”で、「もう駄目だ!」、ガックリ、ときてしまいます。これはやはりコンセプトを優先するあまり、楽曲一つ一つの出来が据え置かれたためではないでしょうか?。つまり『SGT.』と同じ罠に陥(おちい)ったのです。“アメリカ”と“旧友”はいい曲だと思いますが、それ以外の曲は正直印象に残りません。老人のつぶやきをコラージュした“老人の会話”に至っては音楽の体裁を成しておらず、サイモンは一体何を考えていたのか、と思ってしまいます。
 ジャケット裏には、アルバム全曲の歌詞が印刷されており、サイモンの、コンセプトにかける意気込みみたいなのは伝わってきます。と言っても、これも『SGT.』の真似なんでしょうけどね。
 という感じで、コンセプト仕立てのA面をめちゃくちゃにけなしましたが、良いところもあります。それは、音造りの修行を、このアルバムでした、ということです。ただ、あいにく、当アルバムではうまく消化できていません。二曲目の“わが子の命を救いたまえ”の出だしのちょっと凝った音に「おぉっ!」となりますが、ただそれだけですね(笑)。他にも細々(こまごま)と色々演っているようですが、いまいちピンと来ません。
 しかし、ここで修行を積んだことで、次作の『明日にかける橋』では、驚くほど達者な音造りの成果を見せつけることになります。
 と、ここまで書いたところで、「音作りの修行はこのアルバムに始まったことではないかもなぁ」という気がしてきました(笑)。イレギュラーなセカンド・アルバムはともかく、サードの『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』の頃から演ってたかもなぁ…と。そう言えば、B面のシングル集も、旧い物はそのくらいの頃の楽曲になるんですよね~。違和感無く収まってますよね~。まぁ、でもここまで書いちゃったら後に引けないから(引けよ(^_^;)、良いことにしちゃおう。あ、でも、『明日に~』で音作りが花開くの本当のことですよ。

 なお、“アメリカ”に登場する「キャシー」とは、『ポール・サイモン・ソング・ブック』のジャケットに写っていた美人さん。同アルバムおよび『Sounds of Silence』に収録された“キャシーの歌”のキャシーです。なかなか隅に置けないねぇ、サイモン君。

 さて、対するB面ですが、秀作揃いです。“パンキーのジレンマ”はA面の“オーバース”と一緒に映画「卒業」に提供しようとした曲。あいにく監督のマイク・ニコルズの判断でどちらも映画には使われなかったのですが。B面のその他4曲はどれもシングルのA面を飾った曲で、いずれ劣らぬ名曲ばかり。ことに“ミセス・ロビンソン”は大ヒットし、彼らとしては2枚めの全米ナンバー・ワン・シングル・ヒットとなりました。イントロの軽やかな生ギターのリフも軽快な名曲です。ちなみに1枚目のナンバー・ワンは“サウンド・オブ・サイレンス”(のオーヴァーダブ・ヴァージョン)ですね。セカンド・アルバムの冒頭に収められていたアレです。
 “冬の散歩道”は、近年(と言っても、もう30年前かぁ)バングルズ(トレヴァー・ホーンのアレではない方ね)がカヴァーして、オリジナル・ヴァージョン(全米13位・全英30位)以上のヒット(全米2位・全英11位)となりました。

 ボートラには“フェイキン・イット”のB面だった“君の可愛い嘘”(と訳すのか、この題名を。おそらく「Lies」が、「嘘」と「横たわる」の、両方にかかっているんだと思うんですが…。じゃないと「Where」に「嘘」はかからないですよね?。さて真相は如何に)と、“旧友”のデモを収録。“君の~”を収録したことにより、彼らの既発表曲のうち、アルバム未収録曲はこれで全てコンプリートできることになります。
 これらのボートラを収録しても、まだCDの収録時間は半分以上残っているので、ケチケチせずにもっとドバっ!、とおまけ入れてくれても良かったんですが。このアルバムに限らず、S&Gのアルバムはどれも収録時間が短くて、あっという間に終わってしまうのが物足りないですね。

 当アルバムは、前作『卒業-オリジナル・サウンドトラック』に次いで2作目の全米2位になりました。S&G単独としては初の1位ですね。英国でも初の1位になっています。英国では『卒業~』は3位だったんですね。

 さて、と言う訳で、(どんな訳なんだか(^_^;)次回は、彼らの最高傑作『明日にかける橋』がいよいよ登場です。そしてその後は…。どうしようかな。ポールのソロを追っかけるか、それともさっさとセントラルパーク・コンサートの日記を書くか…。只今思案中~。まぁ、『明日に~』の後も、もう1~2枚、S&Gの作品を紹介する予定ではあるんですけれどもね。

 では、また!。

サイモン&ガーファンクル/The Collection
サイモン&ガーファンクル/The Collection (5CD+DVD)


 
 
 
 
■サイモン&ガーファンクル日記一覧





テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

サイモン&ガーファンクル日記一覧

■サイモン&ガーファンクル日記
2017/07/26 Bookends
2017/01/28 卒業
2016/10/30 ライヴ・フロム・ニューヨーク・シティ1967
2016/07/31 Parsley, Sage, Rosemary and Thyme
2016/04/30 Sounds of Silence
2016/01/29 ポール・サイモン・ソング・ブック
2015/10/28 Wednesday Morning, 3 A.M.
2015/10/28 The Collection (5CD+DVD)

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD入手】ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/Live At The End Of Cole Avenue:1st Night/2nd Night #VelvetUnderground #LiveAtTheEndOfColeAvenue1stNight #LiveAtTheEndOfColeAvenue2ndNight


●1st Night

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/Live At The End Of Cole Avenue:1st Night

Live At The End Of Cole Avenue:1st Night / Velvet Underground


Disc 1
1. IT'S JUST TOO MUCH (未発表)(3.02)
2. WAITING FOR THE MAN (1st)(5.16)
3. I CAN'T STAND IT (VU)(7.18)
4. I'M SET FREE (Ⅲ)(4.54)
5. BEGINNING TO SEE THE LIGHT (Ⅲ)(5.40)
6. THE OCEAN (VU)(6.10)
7. VENUS IN FURS (1st)(5.02)
8. WHAT GOES ON (Ⅲ)(5.39)
9. HEROIN (1st)(7.43)
10. I’LL BE YOUR MIRROR (1st)(2.40)
11. FEMME FATALE (1st)(2.58)

Disc 2
1. PALE BLUE EYES (Ⅲ)(6.11)
2. CANDY SAYS (Ⅲ)(5.30)
3. JESUS (Ⅲ)(3.32)
4. THAT'S THE STORY OF MY LIFE (Ⅲ)(2.03)
5. I FOUND A REASON (ローデッド)(2.42)
6. SUNDAY MORNING (1st)(2.53)
7. AFTER HOURS (Ⅲ)(2.35)
8. JAM (未発表)(16.27)

 END OF COLE AVENUE と言うライヴハウス(だと思うのですが)での二日間の演奏のうち、一日目の演奏を収めたものです。

http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130122-13 より以下を引用。

> ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの69年10月18日ダラスは"END
> OF COLE AVENUE"でのライヴを収録した2枚組! オリジナル・リリー
> スのライヴ盤「LIVE 1969」に収録されたのがこのライヴの翌日に
> あたる10月19日というわけで、「LIVE 1969」の前日の音源、とい
> うことになります。アルバムにするために録られた「LIVE 1969」
> に比べ音質はかなり悪くマニア向けの音源ですが、ケイルが抜けダ
> グが参加したヴェルヴェッツのサウンドが完成形をみた時期を捉え
> た貴重なライヴ 音源として昔から多くの海賊盤が作られてきた人
> 気の音源です。
※----------------------------------※
 以上は、僕がこれを購入するときに参考にしたレビューの引用ですが、実際に自分で聴いてみた感想を以下に書きます。主に音質について。
 全体的に音圧は低めで、なおかつ曲によって変動します。したがって、非常に聴きにくい。(^_^; 音質的にも、もこもこしていて各楽器の音やヴォーカルが聴き取りにくいです。『La Cave 1968』を、「『ブートレグ・シリーズ vol.1 ライヴ1969:ザ・クワイン・テープス』よりひどい」と言っているレビューが有りましたが、こちらはそれを圧倒的に上回り(下回り(?))ます。“JESUS”では結構耳障りなノイズが入ったりしますし、“THAT'S THE STORY OF MY LIFE”にもノイズが入ります。
 と言う感じで、ヴェルヴェッツの音源ならなんでも、と言う人以外にはお勧めしかねますな。

 ちなみに“IT'S JUST TOO MUCH”は、『ピール・スローリー・アンド・シー~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ボックス(5CD)』にも収録されていて、そちらはだいぶ聴きやすい音質でした。ので、その気になればもっといい音に出来ると思うんだけどな~。

 “JAM”は、フェイド・アウト気味に終わります。本当はまだまだ延々と演奏していたのでしょうか。
 
 
●2nd Night

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/Live At The End Of Cole Avenue:2nd Night


Live At The End Of Cole Avenue:2nd Night / Velvet Underground



Disc 1
1. I'm Waiting For The Man (1st) 7.26
2. It's Just Too Much (未発表) 2.54
3. I'Il Be Your Mirror (1st) 2.55
4. Some Kinda Love (Ⅲ) 4.24
5. Femme Fatale (1st) 3.27
6. Beginning To See the Light (Ⅲ) 5.57
7. I'm Set Free (Ⅲ) 4.40
8. After Hours (Ⅲ) 2.49
9. I'm Sticking With You (VU) 2.40」
10. One Of These Days (VU) 3.29
11. Pale Blue Eyes (Ⅲ) 6.23
12. Ocean (VU) 6.02
13. What Goes On (Ⅲ) 6.22

Disc 2
1. Heroin (1st) 7.17
2. Sister Ray (ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート) 17.47
3. Lisa Says (VU) 3.39 (Bonus Track After Hours Jam)
4. Rock N' RoII (ローデッド) 5.07 (Bonus Track After Hours Jam)
5. Blue Velvet Jazz Jam (未発表) 30.14 (Bonus Track After Hours Jam)

 こちらは二日目の演奏です。

http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130507-02 より以下を引用。

> ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの69年10月19日ダラスは"END
> OF COLE AVENUE"でのライヴを収録した2枚組! こちらは18日の
> VOL.1に引き続きということで、「LIVE 1969」に使用されたライ
> ヴ・トラック同日の完全収録盤。ケイルが抜けダグが参加したヴェ
> ルヴェッツのサウンドが完成形をみた時期を捉えた貴重なライヴ
> 音源として昔から多くの海賊盤が作られてきた人気の音源です。
> DISC 2にはアコギでの"ROCK 'N' ROLL"や30分に及ぶジャム"BLUE
> VELVET JAZZ JAM"など、ウソかまことか「AFTER HOURS=数時間後」
> なセッション音源をボーナス収録。
※--------------------------------------※
 以上は、僕がこれを購入するときに参考にしたレビューの引用ですが、実際に自分で聴いてみた感想を以下に書きます。主に音質について。
 『At the End of Cole Ave.-the First Night』はかなりひどい音質だったわけですが、こちらは多少マシです。『1969~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ライヴ』にも収録された音源(“I'm Waiting For The Man”、“Femme Fatale”、“Pale Blue Eyes”、“Some Kinda Love”(イントロのみ)、“I'Il Be Your Mirror”)と同じ時の音源という事もあってか、大分聴きやすくなってます。とは言え、それでも、音圧が低く、全体的にクリアさに欠けます。『1969~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ライヴ』も音質が悪いので有名ですが(僕はそれほど聴きにくいとは思わないのですが)、こちらは更に悪いですね。(このレヴェルだとさすがに聴きにくいです。)
 ウリの“Blue Velvet Jazz Jam”ですが、18分くらいのところで耳障りなノイズが入ります。また、23:18~24:46は、なんと無音!。マスタリングのミスでしょうか?。テープが切れたとかならミックスの時それとなく繋いでくれれば良いようなもんですが、全くの無音ですから、あきれてしまいます。なお、このジャムはフェイド・アウトになっています。これもまだ延々と演奏していたのかもしれません。
 と言う感じで、音質に神経質な人にはお勧めできかねますねぇ。

 なお、“Rock N' Roll”は、生ギターの伴奏でルー・リードとモーリン・タッカーがデュエットします。これは貴重かも。

 そして両盤で演奏されている“I'Il Be Your Mirror”と“Femme Fatale”は、彼らの1stアルバムでニコが歌っていた曲なわけですが、ここではモチのロン、ルー・リードのヴォーカルで聴けます。これでもうちょい音が良ければなぁ。(^_^;

 これらはAmazonなどでは正規盤扱いであるかのように売られていますが、多分、実態はブートレグなのではないでしょうか。

 と言う訳で、次回は、正規盤の『1969ライヴ』を扱います。
 
 
 
■ルー・リード/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ルー・リード/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド日記一覧

■ルー・リード/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド日記一覧(下に行くほど旧い)
2016/07/26 Live At The End Of Cole Avenue:1st Night/2nd Night
2016/12/29 March 13th 1969 The Boston Tea Party
2016/09/17 Live At Boston Tea Party, December 12th 1968
2016/08/21 Live at La Cave 1968, Problems In Urban Living
2016/03/30 ローデッド~スペシャル・ヴァージョン
2015/06/04 Ⅲ 45周年記念 スーパー・デラックス・エディション
2014/11/17 ヴェルヴェット・アンダーグラウンドⅢ デラックス・エディション等
2014/07/27 VU / アナザー・ヴュー
2014/07/26 Ⅲ from ピール・スローリー・アンド・シー~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ボックス(5CD)
2014/04/27 ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
2014/02/23 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ~45週年記念スーパー・デラックス・エディション(6CD) 他
2013/10/28 ルー・リード Original Album Classics

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

フェイセス-ロッド・スチュワートの日記一覧

■フェイセス/ロッド・スチュワートの日記一覧(下に行くほど旧い)
2017/07/25 フェイセズ / ロッド・スチュワート&フェイセズ=ライヴ
2017/03/31 フェイセズ / Ooh La La
2016/12/31 ロッド・スチュワート / ネヴァー・ア・ダル・モーメント
2016/09/30 フェイセズ / A Nod Is As Good As A Wink To A Blind Horse(馬の耳に念仏)
2016/06/30 ロッド・スチュワート / エブリー・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー
2016/03/30 フェイセズ / Long Player
2015/12/29 フェイセズ / The First Step
2015/12/29 フェイセズ / 1970-1975:You Can Make Me Dance, Sing Or Anything (5CD, Import)
2015/09/28 ロッド・スチュワート / ガソリン・アレイ
2015/06/29 ロッド・スチュワート / ロッド・スチュワート・アルバム
2015/06/29 ロッド・スチュワート / ヴァーティゴ/マーキュリー・イヤーズ (紙ジャケット仕様,5CD)
2015/03/31 フェイセズ / ファースト・ステップ(リマスター・紙ジャケット仕様)
2012/12/27 フェイセズ / ウー・ラ・ラ(リマスター紙ジャケ)



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR