【CD入手】【追悼】ファッツ・ドミノ / The Imperial Singles 1950-1962 (4CD輸入盤) #FatsDomino #TheImperialSingles1950_1962

■目次
●基本情報
●Youtube音源
●ファッツとミック - 序に代えて
●プレ・ロックン・ローラー
●CDの概要
●楽曲についての与太話
●R.I.P.
■ファッツ・ドミノ日記一覧



●基本情報

ファッツ・ドミノ / The Imperial Singles 1950-1962 (4CD)

【Disc1】
・1950
1.Fat Man (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:00
2.Detroit City Blues (Bartholomew, Domino) 2:14
3.Boogie Woogie Baby (Bartholomew) 2:18
4.Little Bee (Bartholomew) 2:30
5.She's My Baby (Bartholomew, Domino) 2:45
6.Hide Away Blues (Domino & Bartholomew) 2:06
7.Hey! La Bas Boogie (Bartholomew) 2:24
8.Brand New Baby (D. Bartholomew) 2:40
9.Everynight About This Time (A.Domino, D. Bartholomew) 2:09
10.Korea Blues (Alvin E. Young, Dave Bartholomew) 2:19
・1951
11.Tired of Crying (Domino) 2:12
12.What's the Matter Baby (Fats Domino) 2:12
13.Don't Lie to Me (Hudson Whittaker a.k.a. Tampa Red) 2:18
14.Sometimes I Wonder (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:21
15.Right from Wrong (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:14
16.No No Baby (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:20
17.Rockin' Chair (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:27
18.Careless Love (Martha Koenig, Spencer Williams, W. C. Handy) 2:15
・1952
19.You Know I Miss You (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:13
20.I'll Be Gone (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:19
21.Goin' Home (Antoine Domino, Alvin E Young) 2:15
22.Reeling and Rocking (Antoine Domino, Alvin E Young) 2:18
23.Poor Poor Me (Antoine Domino) 2:10
24.Trust in Me (Antoine Domino, Ted Jarrett) 2:48
25.How Long (Alvin E. Young, Fats Domino) 2:01
26.Dreaming (Dave Bartholomew) 2:20
・1953
27.Nobody Loves Me (Fats Domino) 2:12
28.Cheatin' (Fats Domino) 2:36
29.Going to the River (Dave Bartholomew, Antoine Domino) 2:31
30.Mardi Gras in New Orleans (Professor Longhair) 2:16
31.Please Don't Leave Me (Antoine Domino) 2:33
32.The Girl I Love (Domino & Bartholomew) 3:37 ※

【Disc2】
1.Rose Mary (Domino & Bartholomew)
2.You Said You Loved Me (Domino & Bartholomew)
3.Something's Wrong (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:40
4.Don't Leave Me This Way (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:16
・1954
5.You Done Me Wrong (Antoine Domino) 2:05
6.Little School Girl (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:38
7.Where Did You Stay (Fats Domino, Dave Bartholomew) 1:58
8.Baby Please (Fats Domino, Dave Bartholomew) 1:52
9.You Can Pack Your Suitcase (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:24
10.I Lived My Life (Fats Domino, Dave Bartholomew) 1:58
11.Love Me (Fats Domino, Dave Bartholomew) 3:03 ※
12.Don't You Hear Me Colling You (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:06
13.Thinking of You (Reginald Hall) 2:06
14.I Know (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:36
・1955
15.Don't You Know (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:05
16.Helping Hand (A Long Way from Home) (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:05
17.Ain't That a Shame (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:24
18.La La (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:13
19.All by Myself (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:21
20.Troubles of My Own (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:12
21.Poor Me (Antoine Domino) 2:16
22.I Can't Go On (Rosalie) (Dave Bartholomew, Antoine Domino) 2:09
・1956
23.Bo Weevil (A. Domino & D. Bartholomew) 2:47
24.Don't Blame It on Me (A. Domino & D. Bartholomew) 2:40
25.I'm in Love Again (Dave Bartholomew, Fats Domino) 1:54
26.My Blue Heaven (Walter Donaldson, George A. Whiting) 2:06
27.When My Dreamboat Comes Home (Clifford Friend, Dave Franklin) 2:17
28.So Long (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:11
29.Blueberry Hill (Vincent Rose, Larry Stock, Al Lewis) 2:19
30.Honey Chile (Fats Domino, Dave Bartholomew) 1:46

【Disc3】
1.Blue Monday (Fats Domino, Dave Bartholomew) 2:15
2.What's the Reason I'm Not Pleasing You (Coy Poe, Earl Hatch, Jimmy Grier, Pinky Tomlin) 2:01
・1957
3.I'm Walkin' (Domino & Bartholomew) 2:09
4.I'm in the Mood for Love (Jimmy McHugh & Dorothy Fields) 2:41
5.Valley of Tears (A. Domino & D. Bartholomew) 1:49
6.It's You I Love (A. Domino & D. Bartholomew) 2:01
7.When I See You (Domino & Bartholomew) 2:07
8.What Will I Tell My Heart (Jack Lawrence, Peter Tinturin) 2:25
9.Wait and See (A. Domino & D. Bartholomew) 1:55
10.I Still Love You (Watson, Domino, Bartholomew, Earl Palmer) 1:58
11.The Big Beat (Domino & Bartholomew) 1:58
12.I Want You to Know (Domino & Bartholomew) 1:56
・1958
13.Yes My Darling (Domino & Bartholomew) 1:56
14.Don't You Know I Love You (Domino & Bartholomew) 2:09
15.Sick and Tired (Chris Kenner, Domino & Bartholomew) 2:33
16.No No (The River) (Domino & Bartholomew) 2:06
17.Little Mary (Domino & Bartholomew) 1:57
18.Prisoner's Song (Guy Massey) 2:36
19.Young School Girl (Domino & Bartholomew) 1:54
20.It Must Be Love (Domino & Bartholomew) 2:13
21.Whole Lotta Loving (Domino & Bartholomew) 1:38
22.Coquette (Carmen Lombardo, Gus Kahn, Johnny Green) 2:27
・1959
23.Telling Lies (Earl Palmer, Fats Domino) 2:27
24.When the Saints Go Marching In (Traditional) 2:26
25.I'm Ready (Al Lewis, Domino, Sylvester Bradford) 2:02
26.Margie (Con Conrad, J. Russel Robinson and Benny Davis) 2:13
27.I Want to Walk You Home (Antoine Domino) 2:19
28.I'm Gonna Be a Wheel Someday (Bartholomew, Roy Hayes) 2:02
29.Be My Guest (Domino, John Marascalco, Tommy Boyce) 2:16
30.I've Been Around (A. Domino) 2:07
・1960
31.Country Boy (Domino & Bartholomew) 2:15
32.If You Need Me (Domino & Bartholomew) 1:48

【Disc4】
1.Tell Me That You Love Me (Domino & Bartholomew) 2:01
2.Before I Grow Old (Domino & Bartholomew, Robert Guidry) 2:33
3.Walking to New Orleans (A. Domino, D. Bartholomew, Robert Guidry) 1:59
4.Don't Come Knockin' (A. Domino) 1:55
5.Three Nights a Week (Fats Domino) 1:44
6.Put Your Arms Around Me Honey (Albert Von Tilzer, Junie McCree) 1:57
7.My Girl Josephine (A. Domino & D. Bartholomew) 2:02
8.Natural Born Lover (A. Domino & D. Bartholomew) 4:41
・1961
9.What a Price (Fats Domino, Jack Jessup, Pee Wee Maddux) 2:21
10.Ain't That Just a Woman (Claude DeMetrius, Fleecie Moore) 2:44
11.Shu Rah (Fats Domino) 1:40
12.Fell in Love on Monday (Fats Domino) 1:55
13.It Keeps Rainin' (Domino & Bartholomew) 2:46
14.I Just Cry (Domino & Bartholomew) 2:06
15.Let the Four Winds Blow (D. Bartholomew & A. Domino) 2:17
16.Good Hearted Man (A. Domino & D. Bartholomew) 2:23
17.What a Party (Domino & Bartholomew) 1:57
18.Rockin' Bicycle (Fats Domino, Jack Jessup, Pee Wee Maddux) 2:08
19.Jambalaya (Hank Williams) 2:21
20.I Hear You Knocking (Dave Bartholomew & Pearl King) 1:54
・1962
21.You Win Again (Hank Williams) 2:03
22.Ida Jane (Domino & Bartholomew) 1:58
23.My Real Name (Fats Domino) 2:11
24.My Heart Is Bleeding (My Bleeding Heart) (Dave Bartholomew & Pearl King, Fats Domino) 1:43
25.Dance with Me Mr. Domino (Domino & Bartholomew) 1:55
26.Nothing New (Is the Same Old Thing) (Domino & Bartholomew, Jack Jessup, Pee Wee Maddux) 2:07
27.Did You Ever See a Dream Walking (Harry Revel, Mack Gordon) 1:42
28.Stop the Clock (Fats Domino, Kenny James*, Pee Wee Maddux) 1:44
29.Hands Across the Table (Jean Delettre, Mitchell Parish) 1:57
30.Won't You Come on Back (Fats Domino) 2:03

【Disc1】32.The Girl I Love (Domino & Bartholomew) 3:37 ※(B-Side of“Please Don't Leave Me”)
【Disc2】11.Love Me (Fats Domino, Dave Bartholomew) 3:03 ※(A-Side)
 ※この二曲はオリジナル・テイクではなく後に再録音された音源の模様。

■目次に戻る





 
●Youtube音源

The Imperial Singles 1950-1962 / Fats Domino

次の楽曲は著作権監視が厳しいため音源引用出来ませんでした:“Thinking of You”

 
※楽曲抜粋

Ain't That a Shame (1955) / Fats Domino

 ジョン・レノンやチープ・トリック、ポール・マッカートニーにも採り上げられた名曲。

 “Ain't That a Shame”は映画アメリカン・グラフィティでも使用されましたが、オリジナル・ヴァージョンではなく『Let's dance with Domino』(1963,Imperial)に収録されているものが使用されました。
Ain't That a Shame (1963) / Fats Domino

 女声コーラスが入ったりして(にぎ)やかな出来。1963年にはドミノはImperialを離れているので、多分、オリジナル・テイクにオーバーダブを施したのではないかと思われます。

My Blue Heaven (1956) / Fats Domino

 “私の青空”の邦題でも有名なスタンダード。ファッツが演奏するとこんなごきげんなブギウギ・ロックになっちゃう。

Blueberry Hill (1956) / Fats Domino

 最大のヒット曲。でも彼のオリジナルではないんだよね。

I'm Walkin'(1957) / Fats Domino

 映画『ブルース・ブラザース』で挿入歌として使われていました。

 その他、日記本文に出てくる主な楽曲

I'm Gonna Be a Wheel Someday(1959)


Korea Blues(1950)


Valley of Tears(1957)


I Just Cry(1961)



■目次に戻る




 
●ファッツとミック - 序に代えて

 ファッツ・ドミノ-Antoine Dominique "Fats" Domino Jr.-(February 26, 1928 – October 24, 2017)

 ミック・ジャガー「歌詞をはっきり歌うんじゃないってことは、ファッツ・ドミノから習ったんだ。」
 インタビュアー「でも、♪ブルーベリーの丘で僕のスリルを見つけたんだ、って言うのははっきり聞き取れますよね?。」
 ミック「でもそこだけだろ?。♪ちっとも満足できないぜ、しか聞き取れないのとおんなじさ!。」

 例のごとく記憶に頼って書いたので、細かなニュアンスは違うと思いますが、デイヴィッド・ドルトン編の「ローリング・ストーンズ・ブック」に載っていた挿話(エピソード)です。「ブルーベリーの丘で~」は、ご存知、ファッツの大ヒット曲“ブルーベリー・ヒル Blueberry Hill”の歌い出しの一節(♪I found my thrill on Blueberry Hill)。ミックが応えて引用しているのは、ストーンズのヒット曲“サティスファクション (I Can't get no)Satisfaction”からの歌い出しの一節(♪I Can't get no satisfaction)です。「てめーはストーンズ絡みの話しかしねーな」と言われるのを承知で書いたわけですけど、なにしろ、初めてファッツの名前を知った挿話なので、書かずにはおれませんでした!。失敬!。(ちなみに、なぜ記憶に頼って書いたかというと、「ローリング・ストーンズ・ブック」、僕の部屋のどこかにあるはずなんですが、乱雑すぎて見つけられなかったからです。(^_^;)
 ちなみに、ファッツはこのミックの言を聴いて「俺は聞こえないようになんて歌ってないぜ」と反論したとかしなかったとか。(ここらへん、「てめ~の記憶なんて当てにならねぇんだよ!」と言う向きは、こちらの記事をご参照ください。多少ニュアンスが違いますが、大筋では同様のことが書かれております。)

■目次に戻る


 
●プレ・ロックン・ローラー

 他にも、エルヴィス・プレスリーについて聞かれて、「彼が演っているようなことは、俺はずっと昔から演っていたよ」と答えたりしたとかしなかったとか。(だからどっちなんだよ。(^_^;)
 確かに、ファッツは1950年デビュー当時から、ピアノのブギウギ奏法を武器にして、ごきげんなリズム・アンド・ブルースを演っていました。ビル・ヘイリーの“ロック・アラウンド・ザ・クロック”でロックン・ロール・ミュージックが初めてブレイクする5年も前に、です!。もっとも、時代が彼に追いついた、とか言うよりは、ファッツ以外にも、このような音楽を演っている人は、実はビル・ヘイリー以前にもたくさんいたのです。つーか、ビル・ヘイリー自身も“~クロック”以前からこういう感じのを演っていましたしね。
 僕の日記では、そう言った「プレ」ロックン・ローラーとして、以前、おっかなびっくりでチャック・ウィリスを採り上げたことが有ります。(その時は僕もビル・ヘイリー以前の音楽の知識が全然なくて、本当におっかなびっくりな採り上げ方でした。)それから色々調べてみたんですが、他にも、ルイ・ジョーダンとかビッグ・ジョー・ターナーとか、アイク・ターナー(feat.ジャッキー・ブレンストン)とか…。綺羅星(きらぼし)の如くのプレ・ロックン・ローラーたちがいたのですねぇ。こういった人たちもいずれ機会があれば採り上げたいです。
 でまぁ、ファッツ・ドミノ。そう言ったプレ・ロックン・ローラーの中でも飛び抜けた人気と個性を持っていた人で、「黒人ロックン・ローラー四天王」の一人に数えられる人でもあります。(ちなみに残りの三人はチャック・ベリー、ボ・デイドリー、リトル・リチャードと言われています。ただしこの言葉、意外とポピュラーでは無いようで、ググってもキッチリこの4人はヒットしないです。)その呼称どおりロックン・ロール創成期に大活躍した人なのですが、前述の通り、そのキャリアはそれ以前の1950年から始まっていたわけです。デビュー・シングルの“Detroit City Blues”のB面“Fat Man”がいきなりヒット(R&Bチャート2位)して以来、ファッツはいくつものヒットを飛ばしました。1963年にインペリアル・レコードを離れてからは目立ったヒットは出なくなったようですが、それでも、1970年代終わりの時点で、アメリカのレコード売上歴代3位だったのだそうです。(1位、2位はエルヴィスとビートルズ。)
 2005年、ハリケーン・カトリーナの被害に会いながらもしぶとく生き延びていたのは記憶に新しいところでしょう。ってまぁ、もう13年も前の話になってしまいましたが。そのファッツも、寿命には勝てなかったようです。

 いやそれにしても、ファッツの訃報を知ったときにはびっくりしましたよ。こちらとしては、この4枚組のCDを入手して、意気揚々とファッツに入門しようとしていたところでしたからね。携帯でニュースを読んで、街中にも関わらず、思わず「えっ!」つって、「えっ!」つって、(あまりに驚いたことなので二回言いました)声に出しちゃいましたよ。

■目次に戻る

 
●CDの概要

 この4枚組CDは、ドミノがデビュー時から在籍していたインペリアル・レコード時代のシングル楽曲をほぼ網羅してあります。(何故か2曲ほど後の再録音のテイクから収録されているようですが…。(^_^;)必ずしもA面B面、の順番で収録されているのではないようです。なんでそんな(いびつ)なことするかな。(^^ゞ
 ドミノがインペリアルに在籍していたのは1949年から1962年までです。1962年のいつごろまで在籍していたのか知りませんが(調べてもよくわかりませんでした)、1963年にはABCパラマウントに移籍していたようです。
 なので、このCDも1962年で一区切りしてあるのですが、実際には、1963年以降も未発表音源などを使ってインペリアルからドミノのシングルが出されていました。それらの1963年以降のシングルは残念ながらここには収められていません。どうせなら、それらも網羅して「コンプリート・インペリアル・シングルズ」にして欲しかったけど、そうすると4枚では収まらないのかな。
 中古で買ったCDなので、新品の時の状態は不明なのですが、ブックレットのたぐいは一切(いっさい)付いていませんでした。なので各曲のデータはほぼ皆無。辛うじて箱裏の曲目一覧に発表年が記載されているだけ。…作者クレジットも無しですよ。今回日記を書くにあたって必死こいて調べました…。orz
 僕は、最初は4枚組というヴォリュームに圧倒されちゃったのですが、他のベスト盤などを参考にして一枚物の抜粋版のCD-Rを作成し、耳を慣らすことからはじめました。すると、すぐに物足りなくなってきたので、結局、ストレートに4枚組をCDチェンジャーにセットして聴き通すことにしました。と言って、それはそれで、「4枚では物足りない!」となってしまって、別の10枚組のボックス・セットを買ったりしている僕がいたりするのですが。(^_^;

■目次に戻る

 
●楽曲についての与太話

 どの曲もゴキゲンで最高なので、いちいち解題(かいだい)するのも野暮(やぼ)なのですが、思い出話も交えつつ、ちょこっと与太(よた)話を。

 “I'm Gonna Be a Wheel Someday”は、ジョニー・サンダースがギター弾き語りの『ライヴ・イン・ジャパン』(1988年収録)で“Real Cool Cats”という題名でテキトーな歌詞をつけて歌っていた曲。多分、歌詞を全然覚えていなかったんだろうな、あの人のことだから。(^_^; “Real Cool Cats”という曲名も、レコード会社が適当につけたっぽいです。解説を書いていた西村茂樹さんが、「この曲だけ素性がわからない」と(なげ)いてらっしゃいました。かくいう僕も、このCDを聴くまでは全然この曲のこと知らなかったのですが。

 “Korea Blues”では高らかに進軍ラッパが鳴り響いています。英語力のない僕には歌詞の内容は聞き取れませんが、朝鮮戦争(1950年6月25日~1953年7月27日)の事を歌っているんだろうなというのは容易に予想がつきます。

 “Blueberry Hill”は前述したとおり、ファッツのオリジナルではありません。
 1940年にサミー・ケイ・オーケストラがトミー・ライアンという歌い手を伴って録音したのが最初の吹込みのようです。と言っても、同年に他に5つも吹き込みが有るらしく、どれがオリジナル、と言うのも、なかなか難しい話では有ります。
 僕はたまたまグレン・ミラー(1940年録音の一つ)の編集CDでこれを聴いて「あっ、ファッツより前に演奏している人がいたんだ!、ファッツがオリジナルじゃなかったのか!」と知りました。ファッツ自身はルイ・アームストロングの1949年の吹込みを参考にしているようです。結果的にファッツのヴァージョンが最も有名になり、同時に彼の代表曲とみなされるようになりました。
 この曲に関しては、Sumi Haruo さんの「一緒に歌える 洋楽ブログ」に良いことが書いてあるので一読をお勧めします。

 “Reeling and Rocking”は、チャック・ベリーの“Reelin' and Rockin'”とは別の曲。同様に“If You Need Me”はソロモン・バークの同名曲とは別曲。

 “Valley of Tears”はバディ・ホリーがセカンド・アルバム『バディ・ホリー』(1958年発表)で採り上げていた名バラード。僕はホリーのそのヴァージョンでこの曲を知りました。今思うとそれが初めて知ったファッツの曲だったかもです。

 ちょっと残念なのは、“I'm Walkin'”の出だしのドラムス・ソロが思ったほど鮮明に聴こえないこと。これはまぁ、多分マスター・テープからの音源では無さそうだから、仕方ないのかなぁ。映画「ブルース・ブラザース」で使われていた時はもっとくっきりとバスドラの音が聴こえていたのですけれども…。

 “I Just Cry”ではファッツの泣き真似が聴けるのですが(^_^;、こういうのはできればやめてほしかったなぁ…。苦手なんですよね、こういう芝居がかったの。

■目次に戻る

 
●R.I.P.

 とまぁ、色々な与太話をしてきましたが、なにはともあれ、ファッツの冥福を祈ります。享年89歳。自然死だったと言いますから、大往生ですね。チャック・ベリーと言いファッツと言い、よくもここまで生き延びてくれてました。何よりもそのことに、彼らと同じ時代に生きられたことに感謝を捧げて、この項を閉じたいと思います。

■目次に戻る


■ファッツ・ドミノ日記一覧







テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

■ファッツ・ドミノ日記一覧

■ファッツ・ドミノ日記一覧
2018/01/27 The Imperial Singles 1950-1962 (4CD輸入盤)

作成中 Blueberry Hill (Gold Box) (2CD,Live)
作成中 The FAT MAN IS STOMPIN' 12ORIGINAL ALBUMS & BONUS TRACKS (10CD輸入盤)


■関連リンク
一緒に歌える 洋楽ブログ


テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。[画像大きめ閲覧注意]

※ジャケ写クリックで該当のAmazonページが開くよ!。
ファッツ・ドミノ / The FAT MAN IS STOMPIN' 12ORIGINAL ALBUMS & BONUS TRACKSセロニアス・モンク / Monk's Musicレッド・ツェッペリン / イン・スルー・ジ・アウト・ドア <リマスター/デラックス・エディション2CD>ブライアン・イーノ / アナザー・グリーン・ワールドキング・クリムゾン / アースバウンド ~40周年記念エディション(紙ジャケ,+DVDA)フェイセズ / 1970-1975:You Can Make Me Dance, Sing Or Anythingジェフ・ベック / ジェフ
 新年一発目です!。




テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

2018年の年賀状


2018年の年賀状


ボブ・ディランのオリジナル・アルバムを全制覇したぜ!。
→大雑把に44枚くらい?。(2枚組も在るから実枚数はもう少し有るかな。)

2017年は鬱で七転八倒したけど、2018年はどうなるだろう?。
今更再就職する気もないけど(オイオイ(^_^;)岩国のF-35B(戦闘機)は見に行きたいな!。

 今年もどうぞよろしく!。

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

【CD入手】ローリング・ストーンズ / レディース&ジェントルメン #RollingStones #LadiesAndGentlemen

■目次
●基本情報
●Youtube音源
●期待はずれなCD盤
●腐っても最盛期のストーンズ
●スゴイのはテイラーだからではないのでは
●今後の発掘に期待したい
■ローリング・ストーンズ日記一覧

 
●基本情報

※ジャケ写クリックで該当のAmazonページが開きます。
ローリング・ストーンズ / レディース&ジェントルメン

All compositions by Mick Jagger & Keith Richards except as indicated

1. イントロダクション Introduction
2. ブラウン・シュガー "Brown Sugar"
3. ビッチ "Bitch"
4. ギミー・シェルター "Gimme Shelter"
5. デッド・フラワーズ "Dead Flowers"
6. ハッピー "Happy"
7. ダイスをころがせ "Tumbling Dice"
8. むなしき愛 "Love in Vain" (Robert Johnson)
9. スウィート・ヴァージニア "Sweet Virginia"
10. 無情の世界 "You Can't Always Get What You Want"
11. オール・ダウン・ザ・ライン "All Down the Line"
12. ミッドナイト・ランブラー "Midnight Rambler"
13. バイ・バイ・ジョニー "Bye Bye Johnny"
14. リップ・ジス・ジョイント "Rip This Joint"
15. ジャンピン・ジャック・フラッシュ "Jumpin' Jack Flash"
16. ストリート・ファイティング・マン "Street Fighting Man"

All tracks feature:
ミック・ジャガー:ヴォーカル, harmonica on "Midnight Rambler" and "Sweet Virginia"
キース・リチャーズ:ギター rhythm guitar, lead on "Bitch" and "Bye Bye Johnny", acoustic on "Sweet Virginia", lead vocals on "Happy", backing vocals
チャーリー・ワッツ:ドラムス
ビル・ワイマン:ベース
ミック・テイラー:ギター ead guitar, slide on "Love In Vain" and "All Down The Line", rhythm on "Bitch" and "Bye Bye Johnny", acoustic on "Sweet Virginia"

ボビー・キーズ:サクソフォン
ジム・プライス:ホーン trumpet, trombone
ニッキー・ホプキンス:ピアノ
イアン・スチュワート:piano on "Bye Bye Johnny"

■目次に戻る

 
●Youtube音源

Ladies&Gentlemen (CD) / Rolling Stones


■目次に戻る

 
●期待はずれなCD盤

 以前DVDやブルーレイで出ていた映像が、今回はCD化音源を伴って再発です。僕は以前のDVDは持っていたので(その映像版の日記はこちら)、CDだけ買いました。ミキシングやマスタリングが改善されていれば嬉しいなぁ、と言う思いで。しかし、残念ながら、映像版と比して特別なリミックスやリマスターは行われていないようです。
 イントロ名曲である“ブラウン・シュガー”や“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”が、ややフェイド・イン気味にモヤっと始まるのは変わっていません。実に残念です。マルチ・トラックのマスターがもうそうなっちゃっているのかな。
 まぁ、出だしの“イントロダクション”が短めに編集されているのは、映像なしの音源だから、当然の措置でしょう。
 あと全体的に音のダイナミックレンジや周波数特性が狭いみたいに聴こえてちょっと窮屈(きゅうくつ)な感じです。

■目次に戻る

 
●腐っても最盛期のストーンズ

 とまぁ、音質とか、編集面で残念な部分はあるのですが、それでも、腐ってもミック・テイラー期。(いや実際には腐ってないんだけど(^_^;。)聴きどころは多いです。
 1972年の『メインストリートのならず者』をフォローする北米ツアーからの音源。同年6月24日と25日のテキサス州フォート・ワース、同州ヒューストンで行われた計4セットの公演からのもの。この頃は一日2公演していたんですねぇ。
 モヤッと始まる“ブラウン・シュガー”も、そこに目をつぶれば、演奏自体はとてもしなやかで、水が(したた)るような色気があります。

■目次に戻る

 
●スゴイのはテイラーだからではないのでは

 この時期の凄さはミック・テイラーがいたからこそ、と言われる事が多いんですが、僕の感じ方はちょっと違います。もちろんテイラーの流麗(りゅうれい)なギター・サウンドは魅力の一つでは有るんですが、それ以上にチャーリー・ワッツのドラムスが弾き出すビートが、たまらなくグルーヴしているのです。…もっとも、チャーリーに言わすと「普通のバンドはドラムスに合わせるけど、僕はキースに合わせて叩いているんだ」とのこと。この時期のキース・リチャードは、テイラーという逸材を得たことで、自身はギターでリズムを刻むことに腐心し始めていたころ。楽曲の(いろど)りたるリード・ギターはテイラーに任せて、自分はもっと核となる部分でバンドの推進力となるべく奮闘していたのでしょう。
 その甲斐あって、ということですね、やはり。この頃のストーンズのリズムのグルーヴィーさはかけがえのないものとなります。僕の私見では、このグルーヴはテイラー脱退後、ロン・ウンド参加直後の『ラヴ・ユー・ライヴ』(1975-7年収録)までは続いていたと思います。その意味でも、僕はかならずしも「ミック・テイラー至上主義」は(とな)えたくないな、と思っています。

■目次に戻る

 
●今後の発掘に期待したい

 前述の音質の問題故、万人に勧められなくなっているのがなんとも残念ではありますが、それでもファンならばやはり外すことの出来ない音源ではあります。CDだけでOKか、映像があるならやっぱり観たいか、は人それぞれだとは思いますが。ただ個人的には、配信だけだった『ブリュッセル・アフェアー』を、やっぱりCDでいつでも聴けるようにして欲しいなぁ、と言う思いがあります。(日本でだけ『マーキー』かなんかの映像のおまけでCD化されたことは有りますが。)
 それにしても、この時期に出る予定だったという2枚組ライヴ・アルバム、音源が残っているならケチらずに出してほしいものです。テイラー期の発掘音源て、今回に限らず、なんらか(きず)のあるものが多いような気がして、ちょっと残念。『マーキー』の映像版は(Blu-rayの初期不良を除けば)悪くなかったけど、いかんせん、テイラーがややぎこちないかな、と言う感じ。まぁ、そこがその時期らしくて良いんだけど、それだったらテイラー最盛期の音源でもっと良い物が欲しいな。
 この時期の決定版となるような良質な発掘を望みたいものですね。

■目次に戻る


■ローリング・ストーンズ日記一覧




テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR