FC2ブログ

【CD入手】ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD) #BobDylan #TheBand #TheBasementTapes

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●著作権監視が厳しいためYoutube音源引用はありません
●絞り出した雑感
●ディラン日記の今後の予定


●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD)

 

All songs written by Bob Dylan except where noted; traditional songs arranged by Dylan.

Disc 1
No. Title Writer(s) Length
1. エッジ・オブ・ジ・オーシャン "Edge of the Ocean" 2:21
2. マイ・バケッツ・ガット・ア・ホール・イン・イット "My Bucket's Got a Hole in It" Clarence Williams 1:35
3. ロール・オン・トレイン "Roll on Train" 2:00
4. ミスター・ブルー "Mr. Blue" DeWayne Blackwell 1:52
5. ベルシャザール "Belshazzar" Johnny Cash 3:22
6. 忘れじの人 "I Forgot to Remember to Forget" Charlie Feathers, Stanley Kesler 3:19
7. ユー・ウィン・アゲイン "You Win Again" Hank Williams 2:43
8. スティル・イン・タウン "Still in Town" Hank Cochran, Harlan Howard 3:04
9. ワルツィング・ウィズ・シン "Waltzing with Sin" Sonny Burns, Red Hayes 2:49
10. ビッグ・リヴァー(Take 1) "Big River" (Take 1) Cash 0:43
11. ビッグ・リヴァー(Take 2) "Big River" (Take 2) Cash 2:23
12. フォルサム・プリズン・ブルース "Folsom Prison Blues" Cash 2:46
13. リムニーのベル "Bells of Rhymney" Idris Davies, Peter Seeger 3:16
14. スペイン語は愛の言葉 "Spanish is the Loving Tongue" Charles Badger Clark 3:53
15. アンダー・コントロール "Under Control" 2:50
16. オール・ロージン・ボー "Ol' Roison the Beau" Traditional 4:55
17. アイム・ギルティ・オブ・ラヴィング・ユー "I'm Guilty of Loving You" 1:09
18. クール・ウォーター "Cool Water" Bob Nolan 3:04
19. ジ・オールド・トライアングル "The Auld Triangle" Brendan Francis Behan 5:47
20. ポ・ラザルス "Po' Lazarus" Traditional 1:00
21. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 1) "I'm a Fool for You" (Take 1) 1:06
22. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 2) "I'm a Fool for You" (Take 2) 2:34

Disc 2
No. Title Writer(s) Length
1. ジョニー・トッド "Johnny Todd" Traditional 2:05
2. トゥペロ "Tupelo" John Lee Hooker 2:22
3. キッキン・マイ・ドッグ・アラウンド "Kickin' My Dog Around" Traditional 2:43
4. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 1) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 1) 0:30
5. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 2) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 2) 0:51
6. タイニー・モンゴメリー "Tiny Montgomery" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:57
7. ビッグ・ドッグ "Big Dog" 0:24
8. アイム・ユア・ティーンエイジ・プレイヤー "I'm Your Teenage Prayer" 3:52
9. フォー・ストロング・ウィンズ "Four Strong Winds" Ian Tyson 3:42
10. ザ・フレンチ・ガール(Take 1) "The French Girl" (Take 1) Tyson, Sylvia Tyson 2:12
11. ザ・フレンチ・ガール(Take 2) "The French Girl" (Take 2) Tyson, Tyson 3:00
12. ジョシュア・ゴーン・バルバドス "Joshua Gone Barbados" Eric Von Schmidt 2:46
13. アイム・イン・ザ・ムード "I'm in the Mood" Bernard Besman, Hooker 1:58
14. ベイビー・エイント・ザット・ファイン "Baby Ain't That Fine" Dallas Frazier 2:11
15. ロック・ソルト・アンド・ネイルズ "Rock, Salt and Nails" Bruce Phillips 4:37
16. フール・サッチ・アズ・アイ "A Fool Such As I" (a 1969 re-recorded version was released in 1973 on Dylan) William Marvin Trader 2:57
17. ソング・フォー・カナダ "Song for Canada" Pete Gzowski, Tyson 4:31
18. ピープル・ゲット・レディ "People Get Ready" Curtis Mayfield 3:15
19. アイ・ドント・ハート・エニィモア "I Don't Hurt Anymore" Donald Robertson, Walter Rollins 2:15
20. ビー・ケアフル・オブ・ストーンズ・ザット・ユー・スロウ "Be Careful of Stones That You Throw" Benjamin Lee Blankenship[a 3] 3:04
21. ワン・マンズ・ロス "One Man's Loss" 3:52
22. ロック・ユア・ドア "Lock Your Door" 0:23
23. ベイビー、ウォント・ユー・ビー・マイ・ベイビー "Baby, Won't You Be My Baby" 2:53
24. トライ・ミー・リトル・ガール "Try Me Little Girl" 1:38
25. アイ・キャント・メイク・イット・アローン "I Can't Make it Alone" 3:34
26. ドント・ユー・トライ・ミー・ナウ "Don't You Try Me Now" 3:12

Disc 3
No. Title Writer(s) Length
1. ヤング・バット・デイリー・グローイング "Young But Daily Growing" Traditional 5:40
2. ボニー・シップ・ザ・ダイアモンド "Bonnie Ship the Diamond" Traditional 3:21
3. ザ・ヒルズ・オブ・メキシコ "The Hills of Mexico" Traditional 3:05
4. ダウン・オン・ミー "Down on Me" Traditional 0:43
5. ワン・フォー・ザ・ロード "One for the Road" 4:50
6. アイム・オールライト "I'm Alright" 1:46
7. 100万ドルさわぎ(Take 1) "Million Dollar Bash" (Take 1) 2:52
8. 100万ドルさわぎ(Take 2) "Million Dollar Bash" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:35
9. おもいぞパンのビン(Take 1) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 1) 1:50
10. おもいぞパンのビン(Take 2) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:16
11. アイム・ノット・ゼア "I'm Not There" (Originally released in 2007 on I'm Not There) 5:13
12. おねがいヘンリー夫人 "Please Mrs. Henry" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:34
13. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 1) "Crash on the Levee (Down in the Flood)" (Take 1) 2:11
14. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 2) "Crash on the Levee" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:06
15. ロー・アンド・ビホールド(Take 1) "Lo and Behold!" (Take 1) 2:54
16. ロー・アンド・ビホールド(Take 2) "Lo and Behold!" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
17. どこにも行けない(Take 1) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 1) 2:48
18. どこにも行けない(Take 2) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 2 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:46
19. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 1) "I Shall Be Released" (Take 1) 4:04
20. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 2) "I Shall Be Released" (Take 2 - Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 3:58
21. 火の車 "This Wheel's on Fire" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Rick Danko 3:54
22. なにもないことが多すぎる(Take 1) "Too Much of Nothing" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 3:03
23. なにもないことが多すぎる(Take 2) "Too Much of Nothing" (Take 2) 2:51

Disc 4
No. Title Writer(s) Length
1. 怒りの涙(Take 1) "Tears of Rage" (Take 1) Dylan, Richard Manuel 4:04
2. 怒りの涙(Take 2) "Tears of Rage" (Take 2) Dylan, Manuel 2:31
3. 怒りの涙(Take 3) "Tears of Rage" (Take 3 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Manuel 4:15
4. マイティ・クイン(Take 1) "Quinn the Eskimo" (Take 1) 2:03
5. マイティ・クイン(Take 2) "Quinn the Eskimo" (Take 2 - Originally released in 1985 on Biograph) 2:16
6. ドアをあけて(Take 1) "Open the Door Homer" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:53
7. ドアをあけて(Take 2) "Open the Door Homer" (Take 2) 0:58
8. ドアをあけて(Take 3) "Open the Door Homer" (Take 3) 3:14
9. なにもはなされなかった(Take 1) "Nothing Was Delivered" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 4:26
10. なにもはなされなかった(Take 2) "Nothing Was Delivered" (Take 2) 3:44
11. なにもはなされなかった(Take 3) "Nothing Was Delivered" (Take 3) 0:33
12. オール・アメリカン・ボーイ "All American Boy" Bobby Bare 3:59
13. サイン・オン・ザ・クロス "Sign on the Cross" 7:21
14. オッズ・アンド・エンズ(Take 1) "Odds and Ends" (Take 1) 1:48
15. オッズ・アンド・エンズ(Take 2) "Odds and Ends" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 1:49
16. ゲット・ユア・ロックス・オフ "Get Your Rocks Off" 3:46
17. 物干しづな "Clothes Line Saga (Answer to Ode)" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:59
18. リンゴの木(Take 1) "Apple Suckling Tree" (Take 1) 2:41
19. リンゴの木(Take 2) "Apple Suckling Tree" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
20. ヘンリーには言うな "Don't Ya Tell Henry" 2:31
21. バーボン・ストリート "Bourbon Street" 5:05

Disc 5
No. Title Writer(s) Length
1. 風に吹かれて "Blowin' in the Wind" 6:36
2. いつもの朝に "One Too Many Mornings" 3:23
3. ア・サティスファイド・マインド "A Satisfied Mind" Hayes, Jack Rhodes 2:01
4. 悲しきベイブ "It Ain't Me, Babe" 3:32
5. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 1) "Ain't No More Cane" (Take 1) Traditional 2:41
6. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 2) "Ain't No More Cane" (Take 2) Traditional 1:58
7. マイ・ウーマン・シーズ・ア・リーヴィン "My Woman She's A-Leavin'" 2:30
8. サンタフェ "Santa-Fe" (Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 2:08
9. メアリー・ルー、アイ・ラヴ・ユー・トゥー "Mary Lou, I Love You Too" 2:30
10. ドレス・イット・アップ、ベター・ハヴ・イット・オール "Dress it Up, Better Have it All" 2:53
11. ミンストレル・ボーイ "Minstrel Boy" (Originally released in 2013 on The Bootleg Series Vol. 10) 1:40
12. サイレント・ウィークエンド "Silent Weekend" 3:01
13. ホワッツ・イット・ゴナ・ビー・ホエン・イット・カムズ・アップ "What's it Gonna Be When it Comes Up" 3:04
14. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム "900 Miles from My Home" Traditional 2:14
15. ワイルドウッド・フラワー "Wildwood Flower" A. P. Carter 2:11
16. ワン・カインド・フェイヴァー "One Kind Favor" Traditional 3:33
17. シール・ビー・カミング・ラウンド・ザ・マウンテン "She'll Be Coming 'Round the Mountain" Traditional 1:39
18. イッツ・ザ・フライト・オブ・ザ・バンブルビー "It's the Flight of the Bumblebee" 2:09
19. ワイルド・ウルフ "Wild Wolf" 3:35
20. アカプルコへ行こう "Goin' to Acapulco" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 5:37
21. ゴナ・ゲット・ユー・ナウ "Gonna Get You Now" 1:31
22. イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター "If I Were a Carpenter" James Timothy Hardin 2:23
23. コンフィデンシャル "Confidential" Dorina Morgan 1:37
24. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 1) "All You Have to Do Is Dream" (Take 1) 3:56
25. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 2) "All You Have to Do Is Dream" (Take 2) 3:20

Disc 6
No. Title Writer(s) Length
1. 2ドル99セント "2 Dollars and 99 Cents" 2:35
2. ジェリー・ビーン "Jelly Bean" 2:58
3. エニィ・タイム "Any Time" 3:17
4. ダウン・バイ・ザ・ステーション "Down by the Station" 1:29
5. ハレルヤ、アイヴ・ジャスト・ビーン・ムーヴド "Hallelujah, I've Just Been Moved" Traditional 3:04
6. ザッツ・ザ・ブレイクス "That's the Breaks" 4:18
7. プリティ・メアリー "Pretty Mary" 3:12
8. ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン "Will the Circle Be Unbroken?" Carter 2:09
9. キング・オブ・フランス "King of France" 3:53
10. シーズ・オン・マイ・マインド・アゲイン "She's On My Mind Again" 4:18
11. ゴーイング・ダウン・ザ・ロード・フィーリング・バッド "Goin' Down the Road Feeling Bad" Traditional 3:21
12. オン・ア・レイニー・アフタヌーン "On a Rainy Afternoon" 2:53
13. アイ・キャント・カム・イン・ウィズ・ア・ブロークン・ハート "I Can't Come in with a Broken Heart" 2:42
14. ネクスト・タイム・オン・ザ・ハイウェイ "Next Time on the Highway" 2:20
15. ノーザン・クレイム "Northern Claim" 2:05
16. ラヴ・イズ・オンリー・マイン "Love Is Only Mine" 1:50
17. シルエット "Silhouettes" Bob Crewe, Frank Slay Jr. 1:52
18. ブリング・イット・オン・ホーム "Bring it on Home" 3:07
19. カム・オール・イェ・フェア・アンド・テンダー・レディース "Come All Ye Fair and Tender Ladies" Traditional 2:09
20. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 1) "The Spanish Song" (Take 1) 2:47
21. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 2) "The Spanish Song" (Take 2) 2:16
22. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム/コンフィデンシャル (隠しトラック) "900 Miles from My Home/Confidential" (Hidden track) Traditional/Dorina Morgan 2:27

Personnel
Bob Dylan – acoustic guitar, harmonica, piano, vocals
Rick Danko – bass guitar, vocals
Garth Hudson – organ
Richard Manuel – piano, drums, vocals
Robbie Robertson – electric guitar, drums, vocals
Levon Helm – drums, vocals (select tracks, unknown)

■目次に戻る

 
●絞り出した雑感

 1967年にディランがザ・バンドの面々と吹き込んだ音源集の完全盤と謳われた6枚組のCDセットです。ぶっとい!。

 前回の『地下室』の日記で、「必要なことは全部書いてしまった」とある通り、今回は特に付け加えることも無いです。なので、まぁ、今回の6枚組で漠然と気づいたことなどをそこはかとなく記していこうと思います。CDは6枚組だけど、この日記の内容は前回の2枚組の日記以下の内容です(笑)。
 なので、できれば『地下室』の日記も合わせて読んでね…!。

 出てくる音がとにかく芳醇(ほうじゅん)で耳を惹(ひ)きつけられる、というのは前回の日記でも書きました。なので、6枚組の大きさなんですけれども、最後までしっかりと聴いてしまいます。

 一曲目からごきげんなノリなのですが、最初に特に耳を惹(ひ)かれたのが、ディスク2の18曲目、インプレッションズの“ピープル・ゲット・レイディ”。出だしのタイミングが合わなかったのか、歌い直しているのがご愛嬌。ここでのディランは繊細ささえ感じられる歌いっぷりで、なんとも感動的です。
 もちろん、ジェフ・ベックが1985年に採り上げていなければ(アルバム『フラッシュ』に収録)、僕みたいなへなちょこな音楽ファンは知らなかった曲ではあります。(^^ゞ

 この曲に限らず、実に多くのカヴァー曲、伝承曲が採り上げられています。それらのいずれもが「ディラン・ミュージック」として結実しているのが、この6枚組の特に素晴らしいところだと思います。当時のディランにしてみれば、「好きな曲を気ままに演奏しただけ」なのかもしれませんが、その存在感たるや、いやはや。

 ザ・バンドの曲として発表された“怒りの涙”や“火の車”も素晴らしいわけですが、やはりここは、“アイ・シャル・ビー・リリースト”にとどめを刺すでしょう。
 これらはいずれも、ザ・バンドのデビュー・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に素晴らしい「オリジナル」ヴァージョンが収められているわけですが、ここでのディランのヴォーカルも、やはり素晴らしいものです。
 “アイ・シャル・ビー・リリースト”のテイク2は、『ブートレッグ・シリーズ1~3集』にも収録されていたので、物珍しさという点では一歩譲(ゆず)るでしょう。それでも、テイク1と並べて聴くと、格調高さが際立つような気がするのですが、それは贔屓の引き倒しでしょうか?。

 また、今回、改めて通して聴いた時びっくりしたのは、ディスク5の冒頭でいきなり“風に吹かれて”をやっていたこと。曲目一覧に目を通さずにいい加減に聴いていたことがバレバレな話ですけど、本当びっくりしました。でもまぁ、よく考えてみれば、こう言うプライヴェート録音で自分の既発曲を全然演らないというのも却(かえ)って不自然かもしれないですね。
 ここでのアレンジは、それ以前ともそれ以降とも違う、この時ならではの唯一無二のもので、実に聴き応えがあります。
 なお、その他に“いつもの朝に”や“悲しきベイブ”が(ディラン作の)既存曲です。

 この6枚組で一つ残念なのは、ディスク6の扱い。音質に難のあるものをそこに追い出した、と言う事らしいんですけど。でも、こういうコレクションはそう言うのを承知の人が聴くものなんだから、時系列の本編に組み込んでもらったほうが、色々都合が良かったと思います。

 なお、この6枚組の日本盤のブックレットでは、各楽曲の簡単な解説が付いています(英文ブックレットにはない)ので、それと合わせて聴けば、興味も増すというものでしょう。ただ、欧米人の解説にありがちな、「資料的には不足」な感は無きにしもあらずで、ここはやはり緻密な日本人(笑)による補解説が欲しかったところです。また、ディスク6の楽曲についての解説はありません。
 なお、菅野ヘッケルによる日本語解説はありますが、あくまで「追記」のかたちで、本格的なものではありません。

 ところで、前回紹介した『地下室』と今回の6枚組と、重複して所持する価値があるのか、と、疑問に思われる向きもあるかもしれません。
 確かに、いくつかの楽曲は『地下室』と同じヴァージョンが収録されています。しかし、また、いくつかの曲は、『地下室』において1975年のダビングが施されており、こちらの6枚組では、その、素の姿を聴くことが出来ます。逆に言えば『地下室』は『地下室』で、より完成度の高いバージョンが聴けるとも言えます。(まぁ、いくつかの曲の、ザ・バンドだけのテイクは『地下室』の方でしか聴けないしね。)
 それで、先程の疑問に対する答えとしては、「自分で判断しなさい」と言うことになるのですが(笑)。自分の振る舞いには自分で責任持とうよ!。(^^ゞ

■目次に戻る

 
●ディラン日記の今後の予定

 さて、『ベースメント・テープス』も採り上げたし、次回のディラン日記は、いよいよ本筋に戻って、『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。ここまで長かった(笑)。『ブロンド・オン・ブロンド』を採り上げたのが 2016/05/31 でしたから、二年以上かけているわけです。(^_^;
 その割には内容が薄い?。うるせー、バカヤロウ(笑)、言われなくてもわかってらぁ!。(^^ゞ
 と言う感じで、へなちょこなディラン日記、次回は、いよいよ『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。大事なことなので二回言いました(笑)。あまり期待せずに、お楽しみに待っていてね~。(^o^)/

■目次に戻る




■ボブ・ディラン日記一覧
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ディランのフジロック

> ローリングウエスト さん

 ディラン、フジロックに来ましたねぇ。もしかして観に行かれました?。
 ザ・バンドはいずれこの日記でも単独で採り上げたいですねぇ。バーズはよくわかりませんが(笑)。

No title

ボブディランにゆかりあるバンドといえばやはりザ・バンドとザ・バーズですね。ディランさん、先日わが故郷新潟県(フジロック)に来られて台風で心配しましたが無事コンサートができてよかったです。
プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR