FC2ブログ

【CD入手】サイモン&ガーファンクル/グレーテスト・ヒット #SimonAndGarfunkel #SimonAndGarfunkelsGreatestHits

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●意外におすすめできない「初の」編集盤
●収録曲覚え書き
●次回予定



●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
 ジャケ写をクリックするとアマゾンの該当ページが開きます。
サイモン&ガーファンクル/グレーテスト・ヒット

All songs composed by Paul Simon unless otherwise noted.

Side one(アナログ時)
1. ミセス・ロビンソン "Mrs. Robinson"(some pressings use the single mix with an early fade-out at 3:51; later pressings revert to the Bookends album version at 4:02) – 3:51
2. エミリー・エミリー "For Emily, Whenever I May Find Her" (Live with applause cross-fade into the studio version of "The Boxer") - 2:25
3. ボクサー "The Boxer" - 5:10
4. 59番街橋の歌 "The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)" (Live with applause cross-fade into the studio version of "The Sound of Silence") – 1:50
5. サウンド・オブ・サイレンス "The Sound of Silence" - 3:05
6. アイ・アム・ア・ロック "I Am a Rock" - 2:52
7. スカボロー・フェア/詠唱 "Scarborough Fair/Canticle" (Traditional; arranged by Paul Simon, Art Garfunkel) - 3:09

Side two(アナログ時)
8. 早く家へ帰りたい "Homeward Bound" (Live with applause cross-fade into the studio version of "Bridge Over Troubled Water") – 2:42
9. 明日に架ける橋 "Bridge over Troubled Water" - 4:52
10. アメリカ "America" - 3:33
11. キャシーの歌 "Kathy's Song" (live) - 3:23
12. コンドルは飛んで行く "El Condor Pasa (If I Could)" (Daniel Alomia Robles; English lyrics by Paul Simon, arranged by Jorge Milchberg) - 3:07
13. ブックエンド "Bookends"(same track as "Bookends Themes" from the Bookends LP; although cross-faded from "Old Friends" on the Bookends LP, exists on this album as a stand-alone track) – 1:20
14. いとしのセシリア "Cecilia" - 2:53

Released June 14, 1972
Producer Paul Simon, Art Garfunkel, Roy Halee


■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Simon And Garfunkel's Greatest Hits


■目次に戻る

 
●意外におすすめできない「初の」編集盤

 ポール・サイモンのソロ・アルバム『ポール・サイモン』が1972年1月24日に発売され、その後に発売されたサイモン&ガーファンクルとしての初の編集アルバム。なお、アート・ガーファンクルの初ソロ・アルバム『天使の歌声』は翌1973年9月11日の発売です。

 この編集アルバムは、4曲の未発表(当時)ライヴ音源と、2曲のレア・ヴァージョンを含んでいます。ライヴ音源は“エミリー・エミリー”、“59番街橋の歌”、“早く家へ帰りたい”、“キャシーの歌”。そのうち、“エミリー~”と“キャシー~”は、後に発売された『ライヴ1969』に同じテイクが収録されました。
 ライヴの4曲とも、伴奏がサイモンのギターだけなのは何か意図があったのでしょうか。

 2曲のレア・ヴァージョンですが、まず“ミセス・ロビンソン”は、この編集アルバムが生産された時期によって、レアなシングル・ミックス(3:51、通常のアルバム・ミックスは4:02)が収められている場合があります。僕が買ったCDはレアなシングル・ミックスでした。と言っても、短く編集されたという以外にアルバム・バージョンとの明確な違いはよくわからず、だからどうした、と言うような話ではあるのですが。

 もう一曲のレア・ヴァージョンは、“ブックエンド”。アルバム『ブックエンド』にインスト版と歌入り版の二種類が収められていましたが、こちらは歌入り版。オリジナル・アルバムでは“旧友”のおしまいとつながっていたのですが、こちらは独立したヴァージョンとなっています。

 なお、“サウンド・オブ・サイレンス”(シングル・ヒットした電気楽器ダビング・バージョン)、“明日に架ける橋”の冒頭は前曲からの拍手がかぶるという、ちょっと考え難いミックスになっています。はっきり言って気分ブチ壊しですね。これらは今回この日記ではレア・ヴァージョン扱いしてはいません。レアと言えばレアなんですけど、欲しがる人はいるのでしょうか。なお、英語ウィキペディアでは、“ボクサー”の冒頭とライヴの“エミリー・エミリー”のおしまいもかぶっていると言うような記述がありますが、僕が確認した限りでは、かぶっていません。どちらを信用するかは読者に任せますが。

 と言う感じなので、まぁ、前述のような微妙なレア・ヴァージョンが聴けるとは言え、僕はS&Gの編集物としてはこのアルバムはお薦めしたくないです。S&G解散後に初めて出た編集盤ということで、Amazonなどでは思い入れたっぷりにレビューされている方もおられますが、気持ちはわかりますけど…。今では他にもいっぱい編集盤が出ていて、CD時代のものは曲数も圧倒的に多いですから、それらから選べばいいと思います。

■目次に戻る

 
●収録曲覚え書き

 とまぁ、かなり文句をつけましたけれども、選ばれた楽曲群に罪はないわけです。いずれも、S&Gを代表する優れた曲たちであることには間違いがありません。ものすごい個人的な好みで言わせてもらえば、“ブックエンド”より“旧友”のほうが良かったという気がするのですが、まぁ、あくまで僕の主観ですね。(^_^;
 ライヴで収録された4曲も、ライヴだからありがたいと言うよりは、素直に、よく出来た楽曲として楽しめます。

 と言うわけで、収録曲の素晴らしさには多言を要さないのですが、個人的な覚書を兼ねてちょっと書いておきます。

 “ボクサー”は、サビの「ライ・ラ・ライ…」のところにさしかかると、つい声を出してハモってしまいます。それほどに名旋律。
 以前の日記では、「「♪lie-la-lie」は「うそ」の意味」と書きました。ですが、サイモン自身は「良い言葉が浮かばなくて適当に当てはめた」と発言しているようです。それでも「lie」が「うそ」の意味で響くことに無関心であったとは思えませんから、まぁ、話半分で聞くべきところでしょうか。ただし、「lie」は「横たわる」と言う意味の動詞ともとれます。ここは、含みをもたせてダブル・ミーニングとした、と言うのがもっとも夢のある(?)解釈だと思います。

 “サウンド・オブ・サイレンス”はメインの旋律も美しいですが、そこに寄り添うサイモンのコーラス・パートもとても美しい。これはファースト・アルバム『水曜の朝、午前3時』のヴァージョンのほうがよくわかるのですが、こちらのシングルで出されたセカンド・アルバム・ヴァージョンでも充分に伝わってきます。

 “スカボロー・フェア/詠唱”は巧みに絡み合うふたりの声がやはり見事だと思います。もとは旧い伝承曲とのことですが、それをうまく料理する手腕はさすがの一言。

 哀愁漂う“コンドルは飛んで行く”のカヴァーも大変綺麗な曲です。やはり日本に住んでいると、こういう短調の美旋律に敏感になってしまうのでしょうか。いやまぁ、S&Gはれっきとしたアメリカのデュオではあるのですが。(^_^;日本に輸入される時点でそう言った抒情的な部分が誇大解釈されているという気もしますが、そういう僕がこの手の曲を好んでいるのだから、何をか言わんや、ですね。(^^ゞ

 そう言った感傷を吹き飛ばすかのように陽気な“いとしのセシリア”でアルバムの幕を閉じるのが実に爽快です。

■目次に戻る

 
●次回予定

 と言う感じで、S&Gの音源を聴いてきました。これで一応一通り聴き終わって、後は再結成でのライヴがいくつか、と言う感じ。なのですけれども、次回のS&G日記は、S&Gが結成される前の(サイモン&ガーファンクルと名乗る前の)音源を聴いてみようと思います。これがまたあんまり面白くないんだ(笑)。何ヶ月後になるか分かりませんが、期待せずにお楽しみに待っていてください。

■目次に戻る
 
 
 
 
■サイモン&ガーファンクル日記
 
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR