FC2ブログ

【CD入手】ローリング・ストーンズ / レディース&ジェントルメン #RollingStones #LadiesAndGentlemen

■目次
●基本情報
●Youtube音源
●期待はずれなCD盤
●腐っても最盛期のストーンズ
●スゴイのはテイラーだからではないのでは
●今後の発掘に期待したい
■ローリング・ストーンズ日記一覧

 
●基本情報

※ジャケ写クリックで該当のAmazonページが開きます。
ローリング・ストーンズ / レディース&ジェントルメン

All compositions by Mick Jagger & Keith Richards except as indicated

1. イントロダクション Introduction
2. ブラウン・シュガー "Brown Sugar"
3. ビッチ "Bitch"
4. ギミー・シェルター "Gimme Shelter"
5. デッド・フラワーズ "Dead Flowers"
6. ハッピー "Happy"
7. ダイスをころがせ "Tumbling Dice"
8. むなしき愛 "Love in Vain" (Robert Johnson)
9. スウィート・ヴァージニア "Sweet Virginia"
10. 無情の世界 "You Can't Always Get What You Want"
11. オール・ダウン・ザ・ライン "All Down the Line"
12. ミッドナイト・ランブラー "Midnight Rambler"
13. バイ・バイ・ジョニー "Bye Bye Johnny"
14. リップ・ジス・ジョイント "Rip This Joint"
15. ジャンピン・ジャック・フラッシュ "Jumpin' Jack Flash"
16. ストリート・ファイティング・マン "Street Fighting Man"

All tracks feature:
ミック・ジャガー:ヴォーカル, harmonica on "Midnight Rambler" and "Sweet Virginia"
キース・リチャーズ:ギター rhythm guitar, lead on "Bitch" and "Bye Bye Johnny", acoustic on "Sweet Virginia", lead vocals on "Happy", backing vocals
チャーリー・ワッツ:ドラムス
ビル・ワイマン:ベース
ミック・テイラー:ギター ead guitar, slide on "Love In Vain" and "All Down The Line", rhythm on "Bitch" and "Bye Bye Johnny", acoustic on "Sweet Virginia"

ボビー・キーズ:サクソフォン
ジム・プライス:ホーン trumpet, trombone
ニッキー・ホプキンス:ピアノ
イアン・スチュワート:piano on "Bye Bye Johnny"

■目次に戻る

 
●Youtube音源

Ladies&Gentlemen (CD) / Rolling Stones


■目次に戻る

 
●期待はずれなCD盤

 以前DVDやブルーレイで出ていた映像が、今回はCD化音源を伴って再発です。僕は以前のDVDは持っていたので(その映像版の日記はこちら)、CDだけ買いました。ミキシングやマスタリングが改善されていれば嬉しいなぁ、と言う思いで。しかし、残念ながら、映像版と比して特別なリミックスやリマスターは行われていないようです。
 イントロ名曲である“ブラウン・シュガー”や“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”が、ややフェイド・イン気味にモヤっと始まるのは変わっていません。実に残念です。マルチ・トラックのマスターがもうそうなっちゃっているのかな。
 まぁ、出だしの“イントロダクション”が短めに編集されているのは、映像なしの音源だから、当然の措置でしょう。
 あと全体的に音のダイナミックレンジや周波数特性が狭いみたいに聴こえてちょっと窮屈(きゅうくつ)な感じです。

■目次に戻る

 
●腐っても最盛期のストーンズ

 とまぁ、音質とか、編集面で残念な部分はあるのですが、それでも、腐ってもミック・テイラー期。(いや実際には腐ってないんだけど(^_^;。)聴きどころは多いです。
 1972年の『メインストリートのならず者』をフォローする北米ツアーからの音源。同年6月24日と25日のテキサス州フォート・ワース、同州ヒューストンで行われた計4セットの公演からのもの。この頃は一日2公演していたんですねぇ。
 モヤッと始まる“ブラウン・シュガー”も、そこに目をつぶれば、演奏自体はとてもしなやかで、水が(したた)るような色気があります。

■目次に戻る

 
●スゴイのはテイラーだからではないのでは

 この時期の凄さはミック・テイラーがいたからこそ、と言われる事が多いんですが、僕の感じ方はちょっと違います。もちろんテイラーの流麗(りゅうれい)なギター・サウンドは魅力の一つでは有るんですが、それ以上にチャーリー・ワッツのドラムスが弾き出すビートが、たまらなくグルーヴしているのです。…もっとも、チャーリーに言わすと「普通のバンドはドラムスに合わせるけど、僕はキースに合わせて叩いているんだ」とのこと。この時期のキース・リチャードは、テイラーという逸材を得たことで、自身はギターでリズムを刻むことに腐心し始めていたころ。楽曲の(いろど)りたるリード・ギターはテイラーに任せて、自分はもっと核となる部分でバンドの推進力となるべく奮闘していたのでしょう。
 その甲斐あって、ということですね、やはり。この頃のストーンズのリズムのグルーヴィーさはかけがえのないものとなります。僕の私見では、このグルーヴはテイラー脱退後、ロン・ウンド参加直後の『ラヴ・ユー・ライヴ』(1975-7年収録)までは続いていたと思います。その意味でも、僕はかならずしも「ミック・テイラー至上主義」は(とな)えたくないな、と思っています。

■目次に戻る

 
●今後の発掘に期待したい

 前述の音質の問題故、万人に勧められなくなっているのがなんとも残念ではありますが、それでもファンならばやはり外すことの出来ない音源ではあります。CDだけでOKか、映像があるならやっぱり観たいか、は人それぞれだとは思いますが。ただ個人的には、配信だけだった『ブリュッセル・アフェアー』を、やっぱりCDでいつでも聴けるようにして欲しいなぁ、と言う思いがあります。(日本でだけ『マーキー』かなんかの映像のおまけでCD化されたことは有りますが。)
 それにしても、この時期に出る予定だったという2枚組ライヴ・アルバム、音源が残っているならケチらずに出してほしいものです。テイラー期の発掘音源て、今回に限らず、なんらか(きず)のあるものが多いような気がして、ちょっと残念。『マーキー』の映像版は(Blu-rayの初期不良を除けば)悪くなかったけど、いかんせん、テイラーがややぎこちないかな、と言う感じ。まぁ、そこがその時期らしくて良いんだけど、それだったらテイラー最盛期の音源でもっと良い物が欲しいな。
 この時期の決定版となるような良質な発掘を望みたいものですね。

■目次に戻る


■ローリング・ストーンズ日記一覧




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初めまして

ようこそいらっしゃいました、Sumi Haruo さん。どうぞよろしくお願いします。

> これでは洋楽ファンとは言えませんね・・・

 いやいやいやいや!。何をおっしゃいますか!。
 あれだけの大量の楽曲を解題されて、なおかつ丁寧な訳詞をつけられて…。
 頭が下がる思いです。Sumi Haruo さんを洋楽ファンと言わずして、なんとしましょう。

> 私は若い頃から貧乏であまりレコードが買えず、FMからエアー・チェックしたカセット・テープを聞いていることが多かったです。

 あぁ、エア・チェック、懐かしいですねぇ。当時はNHKで新譜をまるごと一枚かける番組とかあったりして、おおならかな時代でした。僕も機材が揃えば今でもエア・チェックしたい番組はあるのですが…。FMアンテナが壊れてしまっているし、カセット・デッキも、ミニコンポ本体に付属のMDも、満足に動かなくなってしまっていて…。携帯のアプリで細々と視聴している状態です。

 今は、物としての音楽を所持するのは時代遅れになってしまって、ダウンロード配信どころか、ストリーミング配信で好みの音楽を聞くような時代ですが。
 でも僕はモノに対する執着心が強いらしく、CDをいまだに買い求めております。新品で買うことはあまりなくて、中古で買う事が多いので、ミュージシャンやレコード会社にはお金が行かなくて申し訳ないなぁ、とは思っておるのですが…。

 あと、僕のブログは月末頃になってばたばたと書き進めることが多いです。月末で書ききれなければ翌月の頭にも食い込むことがありますが…。そんな感じのブログです。

 なにはともあれ、これからもよろしくお願いします。

初めまして

こちらでは、初めまして。 いつもコメントありがとうございます。
カテゴリーを見てみると圧倒的に「ストーンズ」の数が多いので、こちらに初コメントさせていただきます。

今日はめずらしく祝日が仕事休みなので、自分のPC整備の仕事をこなしながら、こちらのサイトにお邪魔してみました。

私がリアル・タイムでストーンズのライブを聴いていたのは、「Love You Live」や「Still Life」(どちらもレコード)の頃で、あの頃はそうした音源は中々聴けなかったので、それだけ真剣に聴いていたような気がします。

現在はインターネットで気軽にそうした音源が聴けるようになりましたが、反面有難みが薄れるというか、歳をとって感受性が鈍くなったせいもあり、どうも感動することが少なくなっているみたいです。

それにしてもすごい量のアルバムをお持ちですね。
私は若い頃から貧乏であまりレコードが買えず、FMからエアー・チェックしたカセット・テープを聞いていることが多かったです。
現在はそうした古い音源をPCに取り込んで編集したものを聴いているので、レコードやCDなどの記録媒体すら手元にありません。 
これでは洋楽ファンとは言えませんね・・・

それではまた、本年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR