【CD入手】Perfume / Fan Service -Prima Box- (3CD+DVD) #Perfume_um #FanServicePrimaBox

Perfume / Fan Service -Prima Box- (3CD+DVD)

Perfume / スウィートドーナッツ

[2003年8月6日発売][10:30]
1.スウィートドーナッツ (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)
2.シークレットメッセージ (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)
3.ジェニーはご機嫌ななめ (作詞:沖山優司 / 作曲:近田春夫 / 編曲:中田ヤスタカ)

Perfume / モノクロームエフェクトPerfume / モノクロームエフェクトPerfume / モノクロームエフェクト

[2004年3月17日発売,オリコン最高位週間117位][10:37]
1.モノクロームエフェクト (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)
2.エレベーター (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)
3.おいしいレシピ (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)

Perfume / ビタミンドロップPerfume / ビタミンドロップ

[2004年9月8日発売,オリコン最高位週間119位][8:28]
1.ビタミンドロップ (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)
2.引力 (作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ)

[DVD]
1.『スウィートドーナッツ』PV
2.『モノクロームエフェクト』PV
3.『ビタミンドロップ Special Edition』

Fan Service -Prima Box- / Perfume


 初期 Perfume が広島から上京し(当時中学三年生)、そこからメジャー・デビューするまでのインディーズ音源を網羅した3枚組CDシングルBOXセット。おまけでヴィデオ・クリップ集のDVDを加えて計4枚組となっています。
 このインディーズ時代シングル三部作の音源は、後に何曲かが、1stアルバム『コンプリート・ベスト』に収録されました(“スウィートドーナッツ”(Short ver.),“モノクロームエフェクト”,“ビタミンドロップ”,“引力”)が、それ以外の楽曲は他のCDでは聴けないレア音源となっています。特にジューシー・フルーツのカヴァー“ジェニーはご機嫌ななめ”は、後のライヴでも定番となった楽曲。僕はこれが聴きたくて、このBOXを入手したのです。
 このBOXセットは、彼女らが“ポリリズム”でブレイクした翌年、2008年にリリースされた物で、インディーズ時代の音源を求めるファンには嬉しいものだったようです。ただ、すぐに廃盤( Perfume に限ったことでは無いですが)になり、あっという間にプレミア価格がついてしまいました。もともと定価\3,086のものなので、お買い求めの際はご注意を。(今、密林で見てみると、そこそこの適価で買えるようですぞ。)

 彼女らは、この三部作以前には広島限定で2枚のインディーズ・シングルを発表しています(ぱふゅーむ名義)。当然僕はどちらも未所持なのですが(持ってないのかよ(笑))、2ndシングルの“彼氏募集中”は、“ポリリズム”でブレイク後の、初全国ツアーの広島凱旋ライヴを観に行ったとき、特別企画コーナーで一度だけ聴いたことが有ります。いかにもアイドル、と言った楽想で、今のスマートな Perfume とは随分違うなと思いました。
 これらの広島限定シングルもプレミア価格がついており、一枚で4万円とか…。そんな金あったら別のもん買ったほうが幸せになれるでしょうに。(^_^;

 話を三部作に戻しまして。
 これらのインディーズ三部作の最大の特徴は、中田ヤスタカとの記念すべき邂逅に尽きるでしょう。作詞は、木の子、と言う、正体不明の人が担当しています。
 で、この木の子さん(性別は知りませんが)、なかなか面白い歌詞を書く。普段歌詞に注目していない僕がこういうことを言うのですから、よっぽどと思ってもらっていいです。ことに“エレベーター”が秀逸で、デパートの各階の売り場を、「思い出売り場」や「痛み売り場」に擬(なぞら)えて、エレベーターで訪れるという意匠になっていて、なかなかに面白いです。
 サウンド的には、中田ヤスタカらしい電子音を使いながらも、後に多用して鼻につくことになるヴォーカルのエフェクトは皆無。スッキリとした歌声(リードを採っているのは多分どの曲も大本彩乃(のっち)のような気がしますが、さぁいかに)を楽しむ事ができます。
 その一方で楽曲の肝となる旋律は、どれもポップでキャッチー。この時期は中田もまだアイデアが豊富だったのでしょう、素敵なアイドル・ポップを聴かせてくれます。まぁ、 Perfume がアイドルなのかどうかというのは、聴く人によって左右されるとは思いますが…。

 これらのシングルがどの程度売れたのか、僕は全く知らないのですが、彼女らは、シングル“リニアモーターガール”(2005年9月21日発売)で、無事、徳間からメジャーデビューすることになります。“ポリリズム”(2007年9月12日発売)でブレイクするまでには今しばらくの下積みが続きますが、それ以降の活躍は、皆の知るところでしょう。

 でも、音楽的に一番面白かったのは、この三部作の頃だったんじゃないかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR