【CD入手】Perfume / TOKYO GIRL #Perfume_um #TokyoGirl

Perfume / TOKYO GIRL

TOKYO GIRL (ドラマ「東京タラレバ娘」主題歌) / Perfume


ディスク:1
1. TOKYO GIRL
2. 宝石の雨
3. TOKYO GIRL -Original Instrumental-
4. 宝石の雨 -Original Instrumental-

ディスク:2(DVD)
1. TOKYO GIRL -Video Clip-
2. Perfume View
3. Special Teaser Trailer

 最近は Perfume にも飽きてきたな、フォローやめようかな、と思っていた時期もあったのですけれども、アルバム『コズミック・エクスプローラ』収録の“FLASH”がすごく良くて、結局また、新曲を買ってしまった僕がいます。

 件の“FLASH”は、徹底的にポップでありながら、僕のようなおじさんには容易に覚えられない不思議な旋律が魅力的でした。所々に東洋的なフックが入るのもチャーミングな印象を残します。

FLASH (Single version)


 さて、今のところ最新曲になる“TOKYO GIRL”ですが。
 水準に達しているとは思いますが、“FLASH”のようなきらめきを感じさせるかというと、なかなか難しいです。どこか無邪気さを感じさせた“FLASH”に比すると、こちらは随分大人になってしまってるな、と言う感じです。もちろん、毎回傑作を作ろうと思って作っているんでしょうけれども、そうそう僥倖が起こるものでもなくて、作る側は必死にやっているのがわかるだけに、「無邪気さが足りませんね」と一言で断じてしまうのも残酷なような気はします。
 まぁ、実際そういったフラストレーションは中田ヤスタカ自身も感じているでしょうし、なにより、2009年3月の“ワンルーム・ディスコ”以来、オリコン・ウィークリー・チャートで1位を取れていないと言う事実が頑然としてあるわけです。(“FLASH”は配信のみのシングルで、当時はまだ国内での配信がメジャーでなかったこともあってか1位は取れましたが、まぁ、これはノーカンでしょう。)
 実際今回の“TOKYO GIRL”も2位どまりで、そういった(チャートを気にする人の)フラストレーションは、飽和しつつあるというのが現況でしょう。ファンとしては、そういった状況に屈せず、ビビッドな楽曲を出し続けてほしいとは思いますが、そこまで贅沢は言わなくとも、時々でいいから“FLASH”のような「輝き」を見せてほしいものです。などと、思いつつ、今日もまた Perfume を聴くのでした。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : J−POP
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR