【CD聴く】ウェザー・リポート/ Tale Spinnin' - from The COLUMBIA ALBUMS 1971-1975 (7CD 紙ジャケット 輸入盤) #WeatherReport #TaleSpinnin

ウェザー・リポート/The COLUMBIA ALBUMS 1971-1975 (7CD 紙ジャケット 輸入盤)
The COLUMBIA ALBUMS 1971-1975 (7CD 紙ジャケット 輸入盤)


ウェザー・リポート/ Tale Spinnin'


Tale Spinnin' +2 / Weather Report



All tracks composed by Joe Zawinul unless otherwise noted.

1. Man In The Green Shirt 6:29
2. Lusitanos (Wayne Shorter) 7:25
3. Between The Thighs 9:33
4. Badia 5:21
5. Freezing Fire (Wayne Shorter) 7:29
6. Five Short Stories 6:56

7. Man In The Green Shirt [Live] 10:33
8. Directions/Dr. Honoris Causa [Live] 8:38

Personnel

Josef Zawinul - Rhodes piano, acoustic piano, melodica, TONTO synthesizer, ARP 2600 synthesizer, organ, steel drums, oud, mzuthra, West African talking drum, xylophone, cymbals, vocals
Wayne Shorter - Soprano and tenor saxophones
Alphonso Johnson - Electric bass
Leon "Ndugu" Chancler - Drums, tympani, marching cymbals
Alyrio Lima - Percussion

Released May 1975
Recorded February 1975 - April 4, 1975

Track 7-8:
recorded November 27, 1975 at the New Victoria Theatre, London
originally released 2002 on Weather Report:Live & Unreleased
Chester Thompson - Drums
Alex Acuna - Percussion


 まず、最初に謝らなければいけません。今まで、ウェザーのアルバムの日記を書く時、バラ売りのCDでもボートラがあるかのような書き方をしていましたが、実際にはバラ売りのCDにはボートラはありません。あくまで『The COLUMBIA ALBUMS 1971-1975』に入っているCDにのみボートラがあります。そこら辺、はっきりと書いていなかったので、迷った方もいらしたかもしれません。申し訳ありませんでした。お詫びいたします。

 閑話休題。

 某音楽評論家が「享楽的」と言っていたアルバムです。
 なるほど、このアルバムは明るい。初期のウェザーに有った神秘的な匂いはもう完全に払拭されたと言っていいでしょう。
 創設メンバーだったミロスラフ・ヴィトウス(ベース)はすでに去り、アルフォンソ・ジョンソンに完全に代わっています。しかし、ジョンソンも、まさか自分が全編に参加したアルバムがこの一枚だけになるとは思いもよらなかったでしょう。そう、次作からは、アイツが、新たに加わるのです…。

 いやちょっと先走りました。そうそう、このアルバムは明るい。『スイートナイター』から始まったファンキー路線が、ここでは満開になった印象です。

 楽曲も、メジャー・キーの曲が多く(と言うか、マイナー・キーの曲が無い!?)、テンポも速めで、楽天的とさえ言えそう。

 それに乗って、ザヴィヌルのキーボード、特に、シンセの音色が明るいです。前作までのザヴィヌルのキーボードは、どこかしらダークな音色を含んでいたような気がするのですけれども、ここでは、ひたすらに明るい。

 また、ザヴィヌルの明るさに呼応して、ショーターが、より一層のびやかに吹きまくっています。これも、さらなる明るさの要因となっていますね。

 “Badia”や“Five Short Stories”はテンポが落ちるのですけれども、それでも、基本は明るいです。ただ、本編ラストの“Five Short Stories”は、なんとなく初期の神秘的な匂いが残っているかも…。

 さて、BOXからのCDに付属しているボートラですが、ここでは、編集アルバム『ライヴ&アンリリースド』から1975年のライヴ音源が2曲収録されています。既発表の音源なので、正直手抜きだな、と言う感は否めませんが(笑)、まぁ、軽いおまけだと思えば許せるでしょうか。演奏自体は緊張感有ってなかなか良いですけどね。





■ウェザー・リポート日記
16/02/27 Mysterious Traveller
15/11/28 Sweetnighter
15/08/28 Live In Tokyo
15/05/28 I Sing The Body Electric
15/01/27 Weather Report(1971)
15/01/27 The COLUMBIA ALBUMS 1971-1975 (7CD 紙ジャケット 輸入盤)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR