【CD入手】ポール・マッカートニー/ポール&リンダ・マッカートニー/ラム【デラックス・エディション】#PaulMcCartney #Ram #PaulAndLindaMcCartney

ラム デラックス・エディション(完全生産限定盤)ラム デラックス・エディション(完全生産限定盤)
(2012/05/30)
ポール&リンダ・マッカートニー

商品詳細を見る



Ram Full Album without 11th "Ram On"


Ram Bonus Audio Full


All songs written and composed by Paul & Linda McCartney, except where noted.

ディスク:1 [リマスタード・アルバム](43'15")
1. トゥ・メニー・ピープル Too Many People (Paul McCartney) 4:10
2. 3本足 3 Legs (Paul McCartney) 2:44
3. ラム・オン Ram On (Paul McCartney) 2:26
4. ディア・ボーイ Dear Boy 2:12
5. アンクル・アルバート~ハルセイ提督 Uncle Albert/Admiral Halsey 4:49
6. スマイル・アウェイ Smile Away (Paul McCartney) 3:51

7. 故郷のこころ Heart Of The Country 2:21
8. モンクベリー・ムーン・デライト Monkberry Moon Delight 5:21
9. 出ておいでよ、お嬢さん Eat At Home 3:18
10. ロング・ヘアード・レディ Long Haired Lady 5:54
11. ラム・オン Ram On (Paul McCartney) 0:52
12. バック・シート The Back Seat Of My Car (Paul McCartney) 4:26



ディスク:2 [ボーナス・オーディオ](33'10")
1. アナザー・デイ Another Day [single released in 1971] 3:42
2. オー・ウーマン、オー・ホワイ Oh Woman,Oh Why (Paul McCartney)[B-side of the "Another Day" single] 4:35
3. リトル・ウーマン・ラヴ Little Woman Love [B-side of Wings' "Mary Had a Little Lamb" single(1972)] 2:08
4. ア・ラヴ・フォー・ユー A Love for You (Paul McCartney)[Jon Kelly Mix] 4:08
5. ヘイ・ディドル Hey Diddle [Dixon Van Winkle Mix] 3:49
6. グレート・コック・アンド・シーガル・レース Great Cock and Seagull Race (Paul McCartney) 2:35
7. ロード・オールナイト Rode All Night (Paul McCartney) 8:44
8. サンシャイン・サムタイム Sunshine Sometime (Paul McCartney)[Earliest Mix] 3:20

Tracks 4-8 are previously unreleased

Personnel

Paul McCartney - lead, harmony and backing vocals, bass, piano, keyboards, guitar on "Heart of the Country", and ukelele on "Ram On"
Linda McCartney - harmony and backing vocals, co-lead vocals on "Long Haired Lady"
David Spinozza - guitar
Hugh McCracken - guitar
Denny Seiwell - drums
Heather McCartney - backing vocals on "Monkberry Moon Delight"
Marvin Stamm - flugelhorn on "Uncle Albert/Admiral Halsey"
New York Philharmonic on "Uncle Albert/Admiral Halsey" and "The Back Seat of My Car"

Released 17 May 1971
Recorded November 1970-January 1971, February-April 1971



 ポールについて論じる時に厄介なことに、「ポールはロックンローラーか否か」論争が有る。一方は、「ポールはロックンローラーじゃないから、ケッ!」と言うもので、もう一方は、「ポールほどのロックンローラーが他にいるか!」と言うもの。どちらも極端で、私見ではどちらにも汲みし得ない。
 まぁ、前者は論外というか、質の悪いキース・リチャーズ信者にいるような奴らだ。ポールがロックンロールを演奏するかどうかについては興味がなく、バラードのヒット曲が多いことをやっかんでいるだけだろう。
 厄介なのが後者で、萩原健太なんかが代表なのだが(敬称略失敬!)、「ポールほど見事なロックンロール・シャウトをできるやつが他にいるというのか!」というのが、その主張の根拠の一つである。(このことだけを根拠に主張しているというわけではない。)これはなかなか強力で否定しがたい根拠なのだ。確かに、ポールの、ロックンロールを演奏する技術は完璧だと言ってもいい。
 しかし、僕は、あえて、「能力」と「資質」は別だ、と、いう説を唱えたい。もちろん、私論であって、誰かを納得させるためというよりは、自分の立ち位置を表明するために、つらつらと書き連ねるものである。
 つまり、ポールは、ロックンローラーとしての「能力」は申し分ない。そりゃ、ビートルズ時代の“のっぽのサリー”を例に出すまでもなく、火を見るより明らかだ。だが、「資質」はどうなのか?。ここで言う「資質」とは、本人の才能だけでなく、「姿勢」「指向性」も含むと思ってもらいたい。もし、ポールが、R&Rを自らのメイン・アイテムとして位置づけていて、言ってみればR&Rに殉じた音楽活動をしていたならば、誰も、彼のロックンローラーとしての「資質」を疑わないだろう。しかるに、現実には、…………………、現実には、…………………………………………………………、現実は、……………………………………………………………………………………………………………………、(ボソッ)ポールは器用すぎるのだ…。

 ポールは器用に何でもこなしすぎるのではないか。
 それこそ若い時に夢中になったR&Rも、親の世代から聴き継いだノスタルジックなディキシー・サウンドでも、自分の音楽の「一要素」としてこなしている。こなしてしまっているのだ。もう少し言うと、ポールの「資質」はいちロックンローラーとしての「器」に留まっていないのである。その気になれば、なんでもできちゃうのだ。
 そして多分、ポール自身、R&Rにそこまでこだわっていないのではないかと言う気もする。「いやいや、「バック・イン・ザ・USSR」や「ラン・デヴィル・ラン」が有るじゃァないか」と言われそうだけど、逆に言えば、そんなふうに(アルバム単位で)かしこまらなければR&Rを採り上げられないのではないだろうか?。ポールにとっては、R&Rはあくまで自分の音楽を象(かたど)る一要素なのだと、やはり彼の音楽を聴いていて思ってしまう。そして、「ロックン・ローラー」と言う者は、そんなふうに、「一要素」としてR&Rをこなしてしまうのではなく、もっと、不器用にR&Rに寄りかかっているような人たちのことを言うのではないだろうか?。(例えばジョニー・サンダースのような。)
 さらに、別の問題として、周りのファンがロックンローラーとしてのポールを期待しすぎている、ということが有るのではないか?。ポールはもっと自由に音楽をやりたいだろうし、実際やっているのだろうと思う。しかし、ファンの過剰なR&Rの期待への返答として、例えば、最初はソ連向け限定だったR&Rカヴァー集「バック・イン・ザ・USSR」を全世界展開してみたり、その続編的に「ラン・デヴィル・ラン」を演ったりしているのではないだろうか。

 ここまでの論点を整理しよう。
 まず、「ポールはロックンローラーでないから聴くに値しない」と言う意見は、単にポールがR&R以外のスタイルで(も)成功していることへのやっかみにすぎないと思われるので、ここでは考慮に入れない。
 次に、ポール自身の「資質」として、R&Rというスタイル(だけ)に収まる器ではないということを述べた。その帰結として、いわゆる「不器用なロックン・ローラー」とは一線を画しており、もっと器の大きい音楽性をポールが持っていることを述べた。ここで、一応は、「ポールはロックン・ローラーではない」と言う僕の思いは述べたことになる。
 更に、物事を複雑にしていることとして、R&Rスタイルのポールに対して過剰に思い入れを持つ一部のファンによって、「ロックンローラーであることを期待され、それに(ある程度は)応えている」ポールがいる、ということを述べた。
 ここまでのまとめはすなわち、「ポールはロックン・ローラーではないが素晴らしいミュージシャンである」と言うことではなく、「ポールはロックン・ローラーでないからこそ素晴らしい」、と、言うことになる。これは、僕にとっては最高級の賛辞のつもりなのだが、同意していただけないとしても致し方がない。結局のところ、ポールが素晴らしいかどうかは、リスナー一人ひとりの心にあるわけで。そして、僕は、僕なりの賛辞を述べられるにすぎないのです。

 そこで「ラム」だが。これは、どう聴いてもR&Rアルバムではないでしょ?。
 大体の曲は“ブンチャ、ブンチャ”のリズムで演奏されているし。ロック・ビートといえるのは“出ておいでよ、お嬢さん”くらいなものです。
 これをしかるに、「ポールほど見事なロックンロール・シャウトをできるやつが他にいるというのか!」と言う基準で判定したら、これほどダメダメなアルバムもないでしょ、健太さん?。
 いやまぁ、某レコード・コレクターズみたいに「「バンド・オン・ザ・ラン」に匹敵する傑作!」だなんて言うつもりもないですけど(なかなかこの叩き文句には苦笑させられましたが。いやまぁ、その時点で「ラム」は未聴やったんですけど、なんぼ何でも、最高傑作と目される「バンド・オン・ザ・ラン」にそう簡単に匹敵しないでしょ、と言うのが正直な気持ちでした)、これはこれで、よく出来たアルバムではあります。1stソロの「マッカートニー」が、中途半端なインストを多数混ぜたためか酷評されたようですが(これも未聴なんだなぁ、僕は)、実質的な2ndに当たるこのアルバムでは、曲作りもしっかりと練られており、どれも聴き応えのあるものとなっています。いや、まぁ、そこまで“ブンチャ、ブンチャ”のリズムにこだわるか?、とは思いますけどね(苦笑)。おそらくはポップな味わいと土臭さのバランスをとろうとして、そういうリズムの多用につながったと思うんですけど、なぜ土臭くする必要があったのかはちょっとわかりまへん。(^^ゞ なんですよ、'70年代初頭はそういうサウンドが流行ってたんじゃないですかね?。
 このアルバムから派生的にオーケストラ・インストの「スリリントン」なんてアルバムを作ったくらいですから、(当アルバムのスーパー・デラックス・エディションにはその「スリリントン」も収録)ポールも出来栄えには自信があったのでしょう。いやまぁ、僕は未聴ですけどね、「スリリントン」。(^^ゞ
ラム スーパー・デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)ラム スーパー・デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)
(2012/05/30)
ポール&リンダ・マッカートニー

商品詳細を見る

 繰り返しになりますが、それこそ、「ロックン・ローラーなポール・マッカートニー」にこだわっていてはこのアルバムの真価は見えてこないでしょう。そのことと関係あるかどうかはわかりませんが、発表当初は「マッカートニー」同様、評論家からは酷評されたらしいですね。今では、ファンの間での評価も高まり、それこそ「「バンド・オン・ザ・ラン」に匹敵!」なんて大風呂敷を某誌に広げさせるほどに愛聴されているアルバムとなっているわけであります。メデタシメデタシ。…なのか?。(^_^;
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】マイルス・デイヴィス / Dingo:Selection From The Motion Picture Soundtrack #MilesDavis #Dingo #MichelLegrand

Original Album SeriesOriginal Album Series
(2012/09/18)
Miles Davis

商品詳細を見る

ORIGINAL ALBUM SERIES(5CD Import)




ディンゴ<紙ジャケット仕様>ディンゴ<紙ジャケット仕様>
(2007/09/26)
マイルス・デイヴィス&ミシェル・ルグラン、マイルス・デイヴィス 他

商品詳細を見る

 輸入盤等はこちらから。
DINGO:SELECTION FROM The MOTION PICTURE SOUNDTRACK(1991)


Miles Davis / Dingo Selection - Concert On The Runway - Trumpet Cleaning - Paris Walking II - Jam Session - Going Home


1. Kimberley Trumpet …featured trumpet…Chuck Findley
2. Arrival …featured trumpet…Miles Davis
3. Concert on the Runway …featured trumpet…Miles Davis
4. Departure …featured trumpet…Miles Davis
5. Dingo Howl …featured trumpet…Chuck Findley
6. Letter as Hero …featured trumpet…Chuck Findley
7. Trumpet Cleaning …featured trumpet…Miles Davis
8. Dream …featured trumpet…Miles Davis
9. Paris Walking I …featured trumpet…Chuck Findley
10. Paris Walking II …featured trumpet…Miles Davis
11. Kimberley Trumpet in Paris …featured trumpet…Chuck Findley
12. Music Room
13. Club Entrance …featured trumpet…Chuck Findley
14. Jam Session …featured trumpet…Miles Davis & Chuck Findley
15. Going Home …featured trumpet…Miles Davis
16. Surprise! …featured trumpet…Chuck Findley

Dingo: Selections from the Motion Picture Soundtrack is the soundtrack to the 1992 movie of the same name. It was composed by Miles Davis and Michel Legrand

Jimmy Cleveland - trombone
Buddy Collette - woodwind
Miles Davis - trumpet
Marty Krystall - woodwind
Michel Legrand - keyboards, arranger and conductor
Alphonse Mouzon - drums, percussion
Charles Owens - woodwind
Kei Akagi - keyboards
Richard Todd - French horn
Foley - bass
John Bigham - drums, percussion
George Bohannon - trombone
Oscar Brashear - trumpet
Ray Brown - trumpet
David Duke - French horn
Chuck Findley - trumpet
Kenny Garrett - alto saxophone
George Graham - trumpet
Bill Green - woodwind
Thurman Green - trombone
Marni Johnson - French horn
Jackie Kelso - woodwind
Abraham Laboriel - bass
Harvey Mason, Sr. - drums, percussion
Lew McCreary - trombone
Dick Nash - trombone
Alan Oldfield - keyboards
Benny Rietveld - bass
Mark Rivett - guitar
Nolan Andrew Smith - trumpet
John Stephens - woodwind
Ricky Wellman - drums, percussion
Vincent DeRosa - French horn

Producer Gordon Meltzer

Released November 5, 1991
Recorded March 1990 Crystal Studios, Los Angeles, CA


 ミシェル・ルグラン「なぁ、マイルス。あんた、最近、評判悪いよ。シリアスという仮面を被ってはいるが、単に根暗なだけだろうってさ。たかがサントラとは言え、せっかくあんたと久しぶりにコンビを組むんだ。味噌を付けたくはねぇやな。だから、俺も考えたんだよ。なぁ、こうしようや。もう一人、ソロのトランペッターを立てる。あんたは、好きなように根暗なペットを吹いてくれていい。その代わり、もう一人のペットとあんたのペットと、どっちが採用されるかは、曲ごとにプロデューサーのゴードンが決める。な、悪い話じゃないだろう?。あんたは好きな様に吹いて良いんだから。もちろん、タイトルにはあんた(と俺)の名前を大きく出して、もう一人のペットの名前は(表面には)出さない。あくまであんた(と俺)のアルバムだ。」
 という会話が有ったはずもなく(笑)、これはまぁ、「ディンゴ」という映画のサントラ盤なんですね。

>  少年の頃“伝説のミュージシャン”ビリー・クロス(デイヴィ
> ス)と運命的に出会い、『音楽を志せ』と忠告を受けたジョン。そ
> の言葉通りミュージシャンを夢みて行く彼だったが、今や妻も子も
> いるしがない中年になり、楽ではない生活を送っていた。そんな時、
> ビリー宛に出した手紙の返事が届き、いても立ってもいられず家族
> を残して彼の住むパリに旅立つのだった……。91年9月に急死した
> “ジャズ界の帝王”M・デイヴィスが出演している音楽人生ドラ
> マ。

 と言う感じの映画で、ジョン(・"ディンゴ"・アンダーソン、演:コリン・フリールズ)のトランペットを吹き替えているのが Chuck Findley と言う人のようです。この人、どういう人なのか全然知らないんですけど、アルバムを通して、僕の愚かな耳ではマイルスとの違いがわかりませんでした。orz
 全体としては、高級BGM的な前作の「アマンドラ」よりもフツーのジャズっぽくなっていると思います。まぁ、マイルスが伝説のジャズマンを演じている映画のサントラですから、ある意味当然かもしれませんが。とは言え、少年ジョンとマイルス演じるビリー・クロスが邂逅したのが1969年という設定。時代は「ビッチェズ・ブルー」。こんなオーソドックスなジャズ・サントラでいいのか?、という気はしないではありません。当時、こんなストレートなジャズ演奏をしていたのは、ハード・バップ・リヴァイヴァルと呼ばれるような老舗の演奏者だったと思うのですが。いやもちろん、マイルスだって、1969年当時は老舗ですが、立ち位置がハード・バップ・リヴァイヴァルの人たちとは違う。先駆的なジャズの牽引者だったはずなわけで…。これが例えば1959年、と言うなら、まだアコースティック・ジャズ演ってた時代で、分からないでもないのですが。と、ジョンとビリーの邂逅の時代にこだわりすぎましたが、映画のメインストーリーはその20年後を舞台にしています。(ちょうど「アマンドラ」くらいの頃。)これはこれでまた、色々と物議が。(^_^;
 まぁ、んなこと言っていても埒(らち)が明かないし、 Chuck Findley とマイルスの区別もつかない僕に何か言えることが有るとも言えませんし…。
 てか、「ミシェル・ルグランて何者やねん!」と言う声が聞こえてきそうですので、僕の知っている限りの情報を。色んなコトやっている人のようですが、一般的にはミュージカル映画「シェルブールの雨傘」(1963)の音楽を担当した人、と言うのが、一番通りが良いかと。それで知らんと言われても、俺も知らん(笑)。ジャズ畑での仕事は、1958年に当時のジャズ・スタンダードをルグラン流にアレンジした「ルグラン・ジャズ」が著名ですね。マイルスともココで初めて共演している。それ以降の共演があったかどうかは知りませんけど。(^_^;
 てな感じで、レビューらしいレビューもなしにこの項終わりまして、次回はいよいよ、マイルスの遺作、「ドゥー・バップ」にチャレンジ!。果たして意味のあるレビューは書けるのか!?。期待せずに待て!(笑)。


Dingo Full Story

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

【CD入手】ボブ・ディラン/ボブ・ディラン (リマスター・紙ジャケット仕様) #BobDylan #BobDylan1st

ボブ・ディラン(紙ジャケット仕様)ボブ・ディラン(紙ジャケット仕様)
(2014/03/26)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る


1. 彼女はよくないよ You're No Good (Jesse Fuller) 1:40
2. ニューヨークを語る Talkin' New York (Bob Dylan) 3:20
3. 死にかけて In My Time of Dyin' (trad. arr. Dylan) 2:40
4. いつも悲しむ男 Man of Constant Sorrow (trad. arr. Dylan) 3:10
5. 死をみつめて Fixin' to Die (Bukka White) 2:22
6. プリティ・ペギー・オウ Pretty Peggy-O (trad. arr. Dylan) 3:23
7. ハイウェイ51 Highway 51 (Curtis Jones) 2:52

8. ゴスペル・プラウ Gospel Plow (trad. arr. Dylan) 1:47
9. 連れてってよ Baby, Let Me Follow You Down (trad. arr. Eric von Schmidt) 2:37
10. 朝日のあたる家 House of the Risin' Sun (trad. arr. Dave Van Ronk) 5:20
11. 貨物列車のブルース Freight Train Blues (John Lair, arr. Dylan) 2:18
12. ウディに捧げる歌 Song to Woody (Bob Dylan) 2:42
13. 僕の墓をきれいにして See That My Grave Is Kept Clean (Blind Lemon Jefferson) 2:43

Bob Dylan - vocals, acoustic guitar, harmonica
Released March 19, 1962
Recorded November 20 and 22, 1961, Columbia Recording Studio, New York City, New York, United States
Producer John H. Hammond

Bob Dylan Full Album




 ディランの1stアルバムです。自作曲は“ニューヨークを語る”と“ウディに捧げる歌”の二曲だけ。それも特別大した出来じゃない。作曲家としてよりは歌手として大望されていたことがわかります。いやまぁ、本当の所はプロデューサーのジョン・ハモンドに訊いてみなければわかりませんが…。
 この時点で、ディランのあの独特の歌いまわし、声は完成しています。後の「ナッシュビル・スカイライン」で聴けるように、その気になれば美声で歌うこともできるディランですが、ココではアクの強い声で荒っぽく勝負に出ました。その心境やいかに、と、言ったところですが、どうだったんでしょうね?。
 ギター一本にハーモニカというシンプルな演奏。もともとディランは黒人ロックン・ローラーのリトル・リチャードに心酔していたりしたのですが、ここでは、旧いトラッド・フォークやブルースを歌っています。それらの曲について僕が詳しければなにか言えるんですけど、残念ながら詳しくない。知りたい人は、是非CDを買って解説を読んでください。Bukka White、Blind Lemon Jeffersonといったところは、ブルースマンだということだけは名前だけは知っています。“死にかけて”は、僕の好きなシンガー、ブラインド・ウィリー・ジョンソンン(ブルース・マナーで歌っていたけど、歌の内容的にはゴスペル伝道師と言うべき人)の“Jejus Gonna Make Up My Dying Bed”なんだけど、全然気づかなかった。解説を読んでちょっとびっくりしたところ。言われてみれば、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの雰囲気があります。“貨物列車のブルース”では、ちょっとユーモラスな裏声を使っていたりして、ちょっと意外な気もします。“連れてってよ”は、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」で無茶苦茶かっこいい演奏が聴けるんだけど、ここでのヴァージョンも素朴でいい。
 テンポ早めの曲が多いですが、そんな中で、異色なのが、“朝日のあたる家”でしょう。アニマルズが感動のあまりロック・アレンジでカヴァーしてヒットさせてしまったというアレです。このアルバムでは最も有名かな。
 最後の曲は、もしディランがすでに死んでいれば「若くして不吉な歌を歌っていたものだ」とか言われたりするわけですが、実際にはまだ生きているから、言われないわけですね。(^_^;
 そんな感じで、ディランのアルバムをイチから聴きなおす、というプロジェクトを発動させました。(と言って、持ってないアルバムのほうが多いんだけど。)ご覧のとおりろくでもないことしか書けないんですけど、ま、軽い気持ちでお付き合いいただければと思います。

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD入手】スタン・ゲッツ/'57 #StanGetz #StanGetz57

スタン・ゲッツ’57スタン・ゲッツ’57
(2012/06/13)
スタン・ゲッツ

商品詳細を見る


1. Love And The Weather
2. Spring Is Here
3. Pot Luck
4. Fascinating Rhythm
5. Minor Blues

Stan Getz '57 full album


Personnel: Bob Brookmeyer (valve trombone), Stan Getz (tenor sax), John Williams (piano), Teddy Kotick (bass), Frank Isola (drums)


 1953年に録音されながら、発売が1957年となってしまった作品です。演奏に問題が有ったから、なんて理由ではないのは一聴瞭然。ここでのゲッツ(テナー・サックス)は惚れ惚れするほど素晴らしいです。
 敢えて問題が有るとすれば、バルブ・トロンボーンのボブ・ブルックマイヤーで、ココではゲッツとの格の違いが出てしまっています。ゲッツ相手では、分が悪いですよね。それでも、健闘しているとは言えます。問題が有る、は、言い過ぎだな。(^_^; そんな理由で発売が遅れたのではないでしょう。

 ゲッツは、「クール」テナーなんて呼ばれたりします。「えっ、冷たいの?」なんて思われるかもしれませんが、そうじゃない。むしろ、「暑苦しくないスマートな」テナーという方が当たってるんじゃないでしょうか。毎回こんな長い修飾子を使うのめんどいので、「“クール”で行こう」といった人が居るんだろうけど。
 このアルバムでも、その、「スマートな」ゲッツの妙味が存分に楽しめます。
 あんまり考えずに、「ハズレでもいいや」と思って入手したCDだったのですが、どうしてどうして、大当たりでした。「ジャズ名盤選」なんてのにはまず出てくることのないアルバムですが、誰かが言っていたように「マイルスとゲッツはとりあえず全部聴け!」、ということかもしれません。いや、全部で何十枚、何百枚あるのか知りませんが。(^_^;

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

【CD聴く】ブルース・スプリングスティーン / ザ・プロミス~The Lost Sessions #BruceSpringsteen #ThePromise

ザ・プロミス~The Lost Sessionsザ・プロミス~The Lost Sessions
(2010/12/08)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る

The PromiseThe Promise
(2010/11/16)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る





闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)
(2010/12/08)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る

輸入盤等はこちらから。

[CD1]The Promise~The Lost Sessions(1/2)
1. Racing In The Street ('78) 6:49
2. Gotta Get That Feeling 3:17
3. Outside Looking In 2:16
4. Someday (We'll Be Together) 5:35
5. One Way Street 4:19
6. Because The Night 3:25
7. Wrong Side Of The Street 3:34
8. The Brokenhearted 5:19
9. Rendezvous 2:37
10. Candy's Boy 4:38

[CD2]The Promise~The Lost Sessions(2/2)
1. Save My Love 2:36
2. Ain't Good Enough For You 4:01
3. Fire 4:08
4. Spanish Eyes 3:50
5. It's A Shame 3:14
6. Come On (Let's Go Tonight) 2:18
7. Talk To Me 4:20
8. The Little Things (My Baby Does) 3:17
9. Breakaway 5:30
10. The Promise 5:52
11. City Of Night~The Way (hidden track) 7:08

All songs written by Bruce Springsteen.

The E Street Band
Bruce Springsteen - lead vocals, lead guitar, harmonica
Roy Bittan - piano, vocals
Clarence Clemons - saxophone, vocals
Danny Federici - organ, glockenspiel
Patti Scialfa - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"
Garry Tallent - bass guitar
Steve Van Zandt - rhythm guitar, vocals
Max Weinberg - drums

Other
Tiffany Andrews - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"
Corinda Crawford - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"
Barry Danielian - trumpet on "The Brokenhearted", "It's A Shame" and "Breakaway"
Rick Gazda - trumpet on "Talk To Me"
Stan Harrison - tenor saxophone on "The Brokenhearted", "It's A Shame", "Talk To Me" and "Breakaway"
Dan Levine - trombone on "The Brokenhearted", "It's A Shame" and "Breakaway"
David Lindley - fiddle on "Racing in the Street" ('78)
Ed Manion - baritone saxophone on "The Brokenhearted", "It's A Shame", "Talk To Me" and "Breakaway"
Michelle Moore - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"
Bob Muckin - trumpet on "Talk To Me"
Curt Ramm - trumpet on "The Brokenhearted", "It's A Shame" and "Breakaway"
Richie "La Bamba" Rosenberg - trombone on "Talk To Me"
Antionette Savage - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"
Soozie Tyrell - backing vocals on "Someday (We'll Be Together)" and "Breakaway"

Released November 16, 2010
Recorded 1977-1978, 2010


Bruce Springsteen - ThePromise:The Lost Sessions Disc1


Bruce Springsteen - ThePromise:The Lost Sessions Disc2





 「闇に吠える街」のボックスセットから、未発表スタジオ録音のパートの2CDを分売したもの。筋としてはライヴDVDを含むボックスセットを買うのが筋だと思うんだけど(僕はそうした)、この2枚組だけでも素晴らしいので、あえて採り上げます。

 ブルース・スプリングスティーンが「明日なき暴走」(August 25, 1975)をヒットさせた後、当時のマネージャー、マイク・アペルと、何がしかの不手際が有ったらしく、泥沼の裁判合戦に入ってしまい、作成した楽曲が発表できなくなってしまった。
 その発表できなかった時期に書き貯められ、録り貯められたのが、「闇に吠える街」(June 2, 1978)と、そして、こちらの二枚組に収録されている作品群。「トラックス」にも何曲か収録されていますが、そちらは僕は未聴です。
 とにかく、佳曲揃いです。ツイッターで何度もつぶやきましたが、本編の「闇に吠える街」なんかより、よっぽどいい曲が詰まっている。そう思わせる原因の一つは、全体的に明るいことでしょう。スローな曲でも、たるむところはなく、シャキッと歌ってみせます。「明日なき暴走」の勢いをキープしていると言えるでしょう。通して聴いていると、スプリングスティーンの覇気に感心させられるところが何度もあります。
 楽曲として有名なのは、パティ・スミスに提供しヒットした“Because The Night”などでしょう。後にライヴ・アルバムでも披露されましたが、こちらの“オリジナル”ヴァージョンも素晴らしいものです。
 二枚組ですが、その長さを感じさせること無く聴くことができます。いやむしろ、収録時間に余裕アリアリなので、もっと未発表曲を聴かせて欲しかったほどです。
 スプリングスティーンはおそらく「闇に吠える街」で現代の(アメリカの)若者の抱える苦悩を描きたかったのだろうと思いますが、そのせいで、音楽がパワーダウンしてしまっては本末転倒だったと僕には思えます。詩の内容なんかどうでもいいから(まぁ、それは言い過ぎなのは承知のうえですが)、この二枚組のような、はっちゃけたロックン・ロール・アルバムを作るべきだったと思います。
 「「明日なき暴走」は良かったけど「闇に吠える街」はどうもなぁ」と思っている人は、是非この二枚組を聴いてほしいと思います。いや、もちろんできれば、元となった6枚組のボックスセットを入手して全編を楽しむのがベストだと思いますが。DVDで聴くことのできるリハーサル音源やライヴ音源は、近々この日記でもレビューする予定です。あ、いや、近々にならないかもしれませんが。(^_^; まぁ、いつものへなちょこレビューになると思うので、期待せずに待ってて下さい。(^^ゞ







テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD情報】ヴェルヴェット・アンダーグラウンドⅢ デラックス・エディション等 #VelvetUnderground ##VelvetUnderground3rd

Velvet Underground: 45th AnniversaryVelvet Underground: 45th Anniversary
(2014/11/24)
The Velvet Underground

商品詳細を見る


ヴェルヴェット・アンダーグラウンド<45周年記念盤 スーパー・デラックス・エディション>ヴェルヴェット・アンダーグラウンド<45周年記念盤 スーパー・デラックス・エディション>
(2014/12/24)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

商品詳細を見る


ヴェルヴェット・アンダーグラウンド<45周年記念盤 デラックス・エディション>ヴェルヴェット・アンダーグラウンド<45周年記念盤 デラックス・エディション>
(2014/12/24)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

商品詳細を見る



6枚組エディションの内容
ディスク:1 THE VELVET UNDERGROUND ("The Val Valentin Mix")
1. キャンディ・セッズ 4:02
2. ホワット・ゴーズ・オン 4:52
3. サム・カインダ・ラヴ 4:03
4. ペイル・ブルー・アイズ 5:38
5. ジーザス 3:22
6. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト 4:38
7. アイム・セット・フリー 4:01
8. ザッツ・ザ・ストーリー・オブ・マイ・ライフ 1:59
9. 殺人ミステリー 8:53
10. アフター・アワーズ 2:07

ディスク:2 THE VELVET UNDERGROUND ("The Closet Mix")
1. キャンディ・セッズ 4:04
2. ホワット・ゴーズ・オン 4:35
3. サム・カインダ・ラヴ 3:39
4. ペイル・ブルー・アイズ 5:42
5. ジーザス 3:24
6. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト 4:47
7. アイム・セット・フリー 4:03
8. ザッツ・ザ・ストーリー・オブ・マイ・ライフ 2:02
9. 殺人ミステリー 8:53
10. アフター・アワーズ 2:08
11. ザッツ・ザ・ストーリー・オブ・マイ・ライフ (オルタネイト“Closet Mix”) 4:44

ディスク:3 THE VELVET UNDERGROUND ("Promotional Mono Mix")
1. キャンディ・セッズ 4:04
2. ホワット・ゴーズ・オン 4:35
3. サム・カインダ・ラヴ 3:39
4. ペイル・ブルー・アイズ 5:41
5. ジーザス 3:23
6. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト 4:47
7. アイム・セット・フリー 4:05
8. ザッツ・ザ・ストーリー・オブ・マイ・ライフ 2:03
9. 殺人ミステリー 8:55
10. アフター・アワーズ 2:09
11. ホワット・ゴーズ・オン (モノ・シングル) 2:40
12. ジーザス (モノ・シングル) 3:20

ディスク:4 1969 SESSIONS
1. フォギー・ノーション (original 1969 mix) + 6:47
2. ワン・オブ・ジーズ・デイズ (new 2014 mix) + 4:09
3. リサ・セッズ (new 2014 mix) + 3:00
4. アイム・スティッキング・ウィズ・ユー (original 1969 mix) + 2:28
5. アンディズ・チェスト (original 1969 mix) + 2:51
6. コニー・アイランド・スティープレチェイス (new 2014 mix)+ 2:32
7. オーシャン (original 1969 mix) 5:12
8. アイ・キャント・スタンド・イット (new 2014 mix) + 3:23
9. シーズ・マイ・ベスト・フレンド (original 1969 mix) + 3:07
10. ウィアー・ゴナ・ハヴ・ア・リアル・タイム・トゥゲザー (new 2014 mix) + 2:57
11. アイム・ゴナ・ムーヴ・ライト・イン (original 1969 mix) 6:30
12. フェリーボート・ビル (original 1969 mix) 2:10
13. ロックン・ロール (original 1969 mix) 5:18
14. ライド・イントゥ・ザ・サン (new 2014 mix) + 3:34
+ previously unreleased mixes

ディスク:5 LIVE AT THE MATRIX <November 26 & 27, 1969 (Part 1)>
1. 僕は待ち人 * 5:30
2. ホワッツ・ゴーズ・オン * 4:32
3. サム・カインダ・ラヴ ** 4:04
4. オーヴァー・ユー * 3:07
5. ウィアー・ゴナ・ハヴ・ア・リアル・グッド・タイム・トゥゲザー * 3:25
6. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト ** 5:42
7. リサ・セッズ ** 6:00
8. ロックン・ロール ** 6:55
9. ペイル・ブルー・アイズ * 6:08
10. アイ・キャント・スタンド・イット * 6:08
11. ヴィーナス・イン・ファーズ * 4:36
12. ゼア・シー・ゴーズ・アゲイン * 3:15

ディスク:6 LIVE AT THE MATRIX <November 26 & 27, 1969 (Part 2)>
1. シスター・レイ *** 36:53
2. ヘロイン * 8:18
3. ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート ** 8:42
4. アイム・セット・フリー * 4:46
5. アフター・アワーズ * 2:56
6. スウィート・ジェーン ** 4:17

All mixes previously unreleased.
* previously unreleased performance
** different source mix of this performance appears on 1969: The Velvet Underground Live
*** different source mix of this performance appears on The Quine Tapes Box Set


 皆さん、以前、僕が書いた「Ⅲ」の予言を覚えてますか?。僕の予言通り、「Ⅲ」の45周年記念盤が出ましたよ!。(まぁ、予言というほどのものでもなく、今までのリリーススケジュールを見ればだれにでもわかる。)国内盤は来月の発売ですが、輸入盤はもう出てるみたい。僕は、経済的な困窮が見を襲っているので、ひと月遅れくらいで買えればいいかなぁ、と言う感じ。
 内容は、イマイチ、ボリューム不足だった「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」に対して、今回はてんこ盛りですねぇ。
 ディスク1は、ノーマルな通常ミックスのオリジナル・アルバム。ディスク2は、ルー・リードが手をかけたいわゆる「クローゼット・ミックス」。更におまけでディスク3はもの・ミックスまで。それはいらんやろ!、という気もするのですが、どうですかねぇ。「クローゼット・ミックス」は意外と聴いてない人が多いだろうから価値あるでしょうね。僕は逆に通常ミックスを聴いたことがないので、そちらが気になります。ディスク4は、幻の4thアルバムになる予定だった音源群のミックス違いを主としたもの。「VU」や「アナザー・ヴュー」で散々聴かされた内容だから、新しい発見は望み薄かな。
 そして、ディスク5-6は、今回の目玉ですねぇ。1969年末、11月26、27日のライヴ。これは、マニアの方にはどうか知りませんが、一般のファンには大部分が未発表の音源ですよ~。そそられますねぇ~。

【CD聴く】Ⅲ from ピール・スローリー・アンド・シー~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ボックス(5CD)


■ルー・リード/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド日記一覧(下に行くほど旧い)
16/08/21Live at La Cave 1968, Problems In Urban Living
16/03/30ローデッド~スペシャル・ヴァージョン
15/06/04Ⅲ 45周年記念 スーパー・デラックス・エディション
14/11/17ヴェルヴェット・アンダーグラウンドⅢ デラックス・エディション等
14/07/27VU / アナザー・ヴュー
14/07/26Ⅲ from ピール・スローリー・アンド・シー~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ボックス(5CD)
14/04/27ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
14/02/23ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ~45週年記念スーパー・デラックス・エディション(6CD) 他
13/10/28ルー・リード Original Album Classics

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【PC Tips】Windows 8.x にXP風なプログラム・メニューを追加する。(フリーソフト不要、無料!、レジストリ操作なし!。)

 さて、スタートメニューが無くて使いづらいと評判の Windows 8.x 。今回は、そんなWindows 8.xにWindows XP風のプログラム・メニューを追加しようというもの。もちろん無料。フリーソフトのインストールも不要。レジストリもいじらない。要らないと思ったら、ゴミも残さず消せる。安心して試してみてほしい。
 また、基本的にWindows7でも同じ方法でXP風プログラム・メニューを追加できるはずだ。7のメニューは使うたびに項目が変わってかえって使いづらいという人(僕だ)は試してみてほしい。自分のログインアカウントがわからないという人は途中までしかついてこれないが、そこまででもそこそこ便利なので、ついてきてみて欲しい。
 ではタスクバーに注目してみよう。標準だと画面の下に鎮座ましましているおなじみのアレだ。(以下、Windows 8.1 Pro のデスクトップ画面の場合で示す。)



 タスクバーの何も無いところで右クリックすると、メニューが出てくるが、その項目の中に(一番上)、[ツール バー(T)]というのがあるのがお分かりだろうか。それをクリックすると色々出てくる。



 手始めに、[デスクトップ(D)]と言うのを選んでみよう。
 タスクバーに、「デスクトップ」と言う項目が追加されたのがお分かりだろうか。この項目の右端にある「>>」をクリックすると、あら不思議!。(と言うほどの物ではないが。)デスクトップ上のアイコンがここからアクセスできるようになっている。



 これだけでもずいぶん便利になったと思う。筆者は、XP時代にこの機能を使い、スタートメニューとデスクトップメニューの二刀流で便利に使っていたものだ。

 さぁ、それでは、小手調べは済んだので、本番に行こう。追加したデスクトップメニューを取り除くのは、タスクバー右クリック-[ツール バーを閉じる(C)]をクリックすればよい。追加したいときはいつでも手軽に追加できるので、今は消しておいても良い。
 さて、本番も段階を踏む事にする。プログラム・メニューは実は二種類有って、ユーザーごとのメニューと、ユーザー全員が使うメニューがある。まぁ、なんのことかわからなくてもいい。ユーザー全員が使うメニューの方が簡単なので、そちらから追加してみよう。例のごとく、タスクバーを右クリックだ。
 今度は[ツール バー(T)]の中の[新規ツール バー(N)...]をクリックする。



そうすると、フォルダ選択ダイアログ[新規ツール バー - フォルダの選択]というのが開くはずだ。



 画面下の方の[フォルダー:]欄に以下の一行をコピーして貼り付けてほしい。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs




 あぁ、ちなみに、これは、システムをC:にインストールしてある場合だが、まぁ、余程のことがない限りC:だろう。
 コピー&貼り付けができたら、[フォルダーの選択]ボタンをクリックする。
 すると、「プログラム」という項目がツールバーに追加されたはずだ。「>>」をクリックすると、全ユーザーで共通で使えるプログラムがメニューで表示される。



 これでかなり便利になったはずだ。いちいちモダンUIを起動しなくても、このメニューからたいていのプログラムは起動できる。
 しかし、まだ終わりではない。各ユーザーごとのプログラムが、この中には入っていない。また、このメニューは色々カスタマイズ可能だが、全ユーザー共通のメニューを個人用にカスタマイズするのは、ちょっと美しくない。まぁ、独りで使っているPCなら別にいいんだけど。でも美しくないし、推奨したくない。
 というわけで、ユーザーごとのメニューも追加してみよう。これはちょっとハードルが高くなるが、しっかりついてきてほしい。
 まず、自分がPCにログインするアカウント名を確認する必要がある。色々確認する方法はあるが、まずはC:\をエクスプローラで開き、その中の「ユーザー」というフォルダを開こう。




 すると、その中に幾つかのフォルダが有る。自分がログインの時に使っているユーザー名のフォルダが有るだろうか。それが見つかれば話は早い。人によっては、Microsoftアカウントでログインしている人もいるだろう。僕なんかそうで、その場合はMicrosoftアカウントに登録した名前があるだろう。僕は「大山 基久」で登録したが、このフォルダでは「基久」と言うフォルダが有る。これが目的のフォルダだ。



 自分のアカウントのフォルダが分からないと言う人は、申し訳ないが、ここで頓挫だ。自分でPCをセットアップしたのならわかるはずだが、他人にしてもらったと言う場合は、セットアップしてもらった人に確認するしかないだろう。盲滅法にフォルダを開いて確認するというのはお勧めできない。

 さて、自分のアカウントのフォルダが確認できたとしよう。ここからは、隠しフォルダをいじっていくので、フォルダオプションを確認/変更しておこう。エクスプローラの上部にあるリボンから[表示]と言うタブを選択し、[オプション]をクリック。「フォルダー オプション」ダイアログを開く。上部のタブから[表示]を選ぼう。その中の[詳細設定]の中にある[ファイルとフォルダーの表示]を見る。「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」の方に●が着いていればOK。ついていなければ、「~表示する」の方をクリックして●を着け、[OK]をクリックして「フォルダー オプション」ダイアログを閉じる。エクスプローラも閉じて良い。この「「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブ」の項目は、作業終了後、好みに応じて「~表示しない」の方をクリックしておくといいだろう。



 さて、作業再開。ここからしばらくはフォルダの探索になる。しっかりついてきてほしい。
 では、タスクバーを右クリック-[ツール バー(T)]-[新規ツール バー(N)...]-[新規ツール バー - フォルダの選択]まで開いてほしい。




 そして、自分のアカウントのフォルダを開こう。僕の場合は「C:\ユーザー\基久」だ。以降、図は端折るが、

C:→ユーザー→基久(あなたのユーザー名のフォルダ)→AppData→Roaming→Microsoft→Windows→スタート メニュー

 と開いていく。



そして、いよいよ「プログラム」というフォルダ(ショートカットの方ではない。つまり、矢印のついていない方)を選択し、画面下の方の[フォルダー:]欄に「プログラム」と表示されているのを確認して、[フォルダーの選択]ボタンをクリックする。



 タスクバーにもう一つ、「プログラム」が表示されるだろう。こちらは、あなただけのメニューだ。好きにカスタマイズしていい。



 最後にメニューカスタマイズのために「プログラム」を簡単に開く方法を記しておこう。タスクバーに登録された「プログラム」(2つのうちのどちらでもいいが、あなただけのメニューのほうが好ましいのは前述のとおりだ)を右クリックして出てくるメニューから[フォルダーを開く(O)]をクリック。プログラム・メニュー・フォルダの中身がエクスプローラで表示されるはずだ。あとは、好みに応じてカスタマイズしていけばいいだろう。僕は、ユーザー全員のメニューの方の「プログラム」は、ユーザーごとの(自分の)メニューの中にショートカットを作成し、そちらから必要に応じてアクセスするようにしている。こうすれば、タスクバーに「プログラム」を2つ表示させなくても良い。また、デスクトップ(C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\デスクトップ)のショートカットもここに作成している。マイコンピュータのショートカットを作成しておいても便利だ。(これはやり方は自分で探求してみてほしい。)
 等など、カスタマイズ可能なプログラムメニューをあなたも手に入れたわけで、これで、PCライフもグッと快適になるだろう。なるといいなぁ。なってよね?。(^_^;

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

【DVD入手】ローリング・ストーンズ / L.A.フォーラム ライヴ・イン 1975【DVD通常版】#RollingStones #LAForumLiveIn1975

ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【通常盤DVD/日本語字幕付】ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【通常盤DVD/日本語字幕付】
(2014/11/05)
ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー 他

商品詳細を見る


スター・スター


1. イントロダクション
2. ホンキー・トンク・ウィメン
3. オール・ダウン・ザ・ライン
4. イフ・ユー・キャント・ロック・ミー~一人ぼっちの世界
5. スター・スター
6. ギミー・シェルター
7. エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
8. ユー・ガッタ・ムーヴ
9. 無情の世界
10. ハッピー
11. ダイスをころがせ
12. イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13. バンド・イントロズ
14. ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
15. フィンガープリント・ファイル
16. 悲しみのアンジー
17. ワイルド・ホース
18. ザッツ・ライフ
19. アウタ・スペース
20. ブラウン・シュガー
21. ミッドナイト・ランブラー
22. リップ・ディス・ジョイント
23. ストリート・ファイティング・マン
24. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
25. 悪魔を憐れむ歌

Personnel

Mick Jagger - vocals, guitar, harmonica
Keith Richards - guitars, vocals
Charlie Watts - drums, percussion
Ronnie Wood - guitars, backing vocals, bass guitar
Bill Wyman - bass guitar, synthesiser

Additional musicians

Ollie Brown - percussion, backing vocals, drums
Billy Preston - piano, organ, clavinet, synthesizer, vocals
Ian Stewart - piano
Trevor Lowrence - saxophone
Steve Madelo - trumpet
Bobby Keys - saxophone




 1975年7月12日(土)の記録。なお、CD付きのものも同時発売されているが、それのCDは以前Stones Archive | Shop the Stones Archive Official Storeで配信されていた13日(日)の音源と同じもの。なお、販売元のワードレコーズが通販限定で販売しているものに付属のCDは、映像と同じ音源をCD化したもので、配信音源同様、ボブ・クリアマウンテンがミックス・ダウンしているそう。
 今回は、ハンプトンと違い、Blu-rayは無し。それも納得の画質で、これではハイヴィジョンにアップコンヴァートする価値すら無いでしょ。とは言え、そういうことに拘泥(こうでい)しなければ、充分楽しめる映像。なにより、以前の配信音源とは違う日の映像というのが嬉しい。“イフ・ユー・キャント・ロック・ミー~一人ぼっちの世界”のつなぎの部分では、プレストンだかイアンだかわからないが、“メリーさんの羊”が飛び出してくる楽しさだ。
 いや、そんな使用末梢なことを言わなくとも、70年代のストーンズはほんとうに素晴らしい。しなやかなリズムとバネがあり、聴くものを飽きさせない魅力がある。これが同じ70年代でも、「女たち」の頃になると、大分リズムが直線的になってしまい、魅力が半減してくるのですが…。まぁ、それはいい。今回のヴィデオで70年代ストーンズの魅力を改めて再確認した次第です。マニアな人にはブート・ヴィデオで散々観まくった映像だろうけれども、こうしてオフィシャルで出てくると、やはり普通のファンとしては嬉しい。CD-Rに音源を焼いて聴く…ということまではしないけど、とりあえずiTunesには取り込みました。(^_^;
 発掘映像の第三弾はまだ決まってないらしいけど、どうだろう。もうレディジェンも出てるし、「女たち」の頃の映像も出ている。あと、めぼしい映像って何が有るんだろう。今更1990年代以降の映像を出されても白けるだけだと思うんだが。…いや、出たら買うけどさ。(^^ゞ





ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【初回限定盤DVD+2CD/日本語字幕付】ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【初回限定盤DVD+2CD/日本語字幕付】
(2014/11/05)
ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー 他

商品詳細を見る

ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【1000セット数量限定生産:ブラバド製~ストーンズオフィシャルTシャツ(Lサイズ)付DVD(+2CD) BOX/日本語字幕付】ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【1000セット数量限定生産:ブラバド製~ストーンズオフィシャルTシャツ(Lサイズ)付DVD(+2CD) BOX/日本語字幕付】
(2014/11/05)
ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー 他

商品詳細を見る

ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【1000セット数量限定生産:ブラバド製~ストーンズオフィシャルTシャツ(Mサイズ)付DVD(+2CD) BOX/日本語字幕付】ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975【1000セット数量限定生産:ブラバド製~ストーンズオフィシャルTシャツ(Mサイズ)付DVD(+2CD) BOX/日本語字幕付】
(2014/11/05)
ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー 他

商品詳細を見る

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。

ライヴ・アット・モントルー<紙ジャケット仕様>ライヴ・アット・モントルー<紙ジャケット仕様>
(2007/09/26)
マイルス・デイヴィス

商品詳細を見る

闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)
(2010/12/08)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る

梓みちよ / 夜会服で… + 耳飾り
Complete Columbia Albums 1971-75Complete Columbia Albums 1971-75
(2012/08/14)
Weather Report

商品詳細を見る

ウェザー・リポートウェザー・リポート
(2014/09/24)
ウェザー・リポート

商品詳細を見る

ワイアード(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】ワイアード(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】
(2012/01/23)
ジェフ・ベック

商品詳細を見る


 さぁ、今月もいっぱいCDチェンジャーに突っ込んじゃいましたよ~。毎回、「今月は5枚ぐらいでいいだろう」と思ってるのに、つい、多めに入れ替えちゃうんだよね~。
 例のごとく、多弁は弄しませんが、2、3、注意事項を。
 スプリングスティーンは、ボックス・セットから、1978年のライヴDVDの音源だけ抜き出したものを聴いています。
 ウェザー・リポートは、7枚組のボックスから小出しにして聴いていこうと思っているので、大本のボックスも載せました。

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR