原発だから危険なのか。

 生来の記憶の悪さから、国の誰が言ったのか記憶に無いのだが、確か、今回の福島原発の事故に寄せて、「もっと丈夫な原発を作る」とのたまわった人がいたと思う。名前何てんだっけか。たしか、反原発派から総すかん食らった発言らしいが。しかし、これ、そんなにおかしな発言だろうか。
 今回の事故で、安全基準が甘かったのが解ったから、今度はもっと安全なものを作る。発想としては、前向きで、おかしいところは無い、と、僕は思う。
 反原発派としては、「今までの原発だって安全だと言ってきたじゃないか」と、言うあたりが癪に障るのだろうか。
 僕の思う理想の発電所はこういうものだ。マグニチュード9.0以上の震度7以上の(日本の震度は7以上は想定されていないらしい)地震を直下で食らっても、びくともせずに発電、送電を続ける発電所。「そんな夢みたいなことを」という人は、福島の危機を目の当たりにして、理性を欠いていると思う。僕は、やれば出来ると思う。やらなかった国と東電は責めを負うべきだが、「原子力だから危険なんだ」と言う発想は全面的には承服しかねる。
 別に僕は原子力が理想の発電方式だとは思っていない。まだ実現のめどは立っていないが、核融合エネルギーが本命だろうと思っている。重水素を扱う点が危ないのだが、核融合反応後には放射性物質を出さない、真にクリーンなエネルギーである。僕は、世界で最初に核爆弾の被害を受けた広島で(厳密にはネバダ州の砂漠だが、まぁそれは置いといて)、核融合エネルギー発電所が最初に建造されることを、僕は切に願っている。ただ、核融合エネルギーは、僕が生きているうちには発電所として実用化されることは無さそうだ。
 風力発電や太陽光発電などの「自然」エネルギーを否定するつもりは無い。たとえ核融合が実現化されても、リソースの一元化は危険極まりない。つまり、核融合は莫大なエネルギーを発生するので、守備範囲が広い。ゆえに何かの不具合が起こったら、影響範囲が広すぎる。そのため、二次的、三次的に、バックアップの発電方式を備えておくのは必須なのだ。今回の福島原発の被災で、その事が鮮明にわかったのではないだろうか。
 放射能の影響も、もちろん物すごく重要な争点なのだけれども、そのことばかりに拘泥して、本質…エネルギー問題の本質…から目が離れていやし無いだろうか。どっかのバカが「原子力は無くても持ちこたえられる」とか言っているらしいが、持ちこたえられてないから計画停電とかするんだろうが。



 なんか、勢いに乗って書いたので、文章的にヘンなとことかあるかもしんない。あと、間違った資料に基づいたことを言ってるかもしんない。(その点に関してはガンガン修正かましてくれて結構です。)そもそも、論旨がなんなのかも良くわかんないかもしんない。でも、ここぞとばかりに原発を叩く反原発派の連中を見てると、ムカムカしてきたので、書いた。

スポンサーサイト

通院日記:うつ症状編。3種のチーズ牛丼。(3/22(火))

 昨日は、毎週行っている、うつ症状の通院日でした。昨日の事がなぜ今日上がるかというと、昨日は病院から帰ると、ほとんど寝こけていたからです。



 昨日の朝は4時ごろ起きたのですが、その後、朝風呂に入ったのがマズかった。湯船で気持ち良~く寝入ってしまいました。四時間ぐらい入っていたのかな。(^_^;
 病院の予約は朝9時だったのですが、結局10時過ぎに着きました。



 先週の調子はというと、悪く無かったです。遅く起きた日は無かったですし、ちょこちょこ外出するようにはしてて、スーパーに買いもの行ったりとか、コンビニに雑誌チェックしに行ったりとかしてました。先生から、「それは良いですね」とは言われたのですが、「定期的に外へ出る気分にはなりませんか?」と訊かれ、う~ん、となってしまった僕でした。



 昨日も、薬局のお姉さんは感じよかったです。(はぁと)



 通院の後、本屋で航空雑誌をチェックし、その足で、すき家へ。(今回もバスで行動してました。)



 マイミクさんお奨めの、3種のチーズ牛丼並盛、¥380円です。



R0013928




 今回は紅しょうが、かけずに食べてみましたが、かけてみてもよかったかも。チーズの濃厚な味が印象的で美味でした。



 で、帰宅後は、夕方まで寝てました。夕飯食べた後も寝てました(笑)。寝る子は育つ、かよ。(苦笑)

【音楽本入手】ジョン・レノン 魂のサウンド

 大人のロック!特別編集 ジョン・レノン 魂のサウンド (日経BPムック)
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


 僕はこの本の記事を読んで、「シグネチャー・ボックス」の「ホーム・デモ」は全トラック未発表のものだったんだ!、と知りました。「ホーム・デモ」を聴きなおすきっかけを与えてくれた本です。



 この本の圧巻は、巻末の「公式発表曲全曲・全バージョン完全ガイド」。リマスター音源と、リマスター前音源との違いも詳しく書かれています。まぁ、そこら辺は多分に主観的なものは入っているのでしょうが。このガイドも、細かいことを言えば必ずしも完全ではないのですが、ここまでやってくれれば、僕的には充分!。編集アルバムごとの収録時間まで書いてあるんだもんな~。と言うか、この巻末だけで本を作って欲しかった(笑)。
 これを読んでいて、「あぁ、俺はまだ、ジョンの作品を把握しきってはいないなぁ」と痛感させられました。



 本文の記事もそれなりに興味深いものですが、苦言が一つ。ジャンルごとに分けるよりは、クロノロジカルに、年代順に綴って欲しかった。この本の体裁だと、スタジオレコーディングとライヴ活動とが別の項に分かれているので、読んでいて、頭がちょっとこんがらがっちゃう。



 僕はうつの通院のたびにこの本をかばんに入れ、バスの中や、薬局での待ち時間のときに読んでいました。(病院本体には週刊誌があるのでそっちで世間の情報を仕入れていました。)



 ジョンのファンなら、一度は手にとって見て、損は無い本です。




通院日記:うつ症状編。秘め事。感じの良いお姉さん。PASPY。献血先送り。一足先に春。

 つぶやきでは、ボランティア志願の方に辛(から)い書き込みをしております。でも本当、邪魔者扱いされたくないでしょ?。今は自宅待機の時だよ。



 そんな感じで、今日は、週に一度の、うつ症状の通院日でした。



 今週は、徹夜有り、昼まで寝坊有り、超早起き有り、と、でこぼこした一週間でした。先生からは、とにかく外出するように、と、言われました。
 そのことで、心密かに決断したことがあるのですけれども、どういう内容かは秘密!。だって、公開日記で書いちゃうと、本当にやらなくちゃいけなくなるでしょう?。意気地なしと言いたければ言え!。男は不言実行じゃ。(いや、ちょっと違う。)
 ちなみに、先生との会話で、地震の話は一切出ませんでした。



 薬局で、いつもの通り、感じの良いお姉さんからお薬をもらって、通院は終了!。ちなみに、病院の看護士さんたちは感じ良くないのか?、というと、いえいえ、そんなことはなくて、感じの良い「おばさん」です(笑)。スマン、俺、おばさんよりお姉さんの方が好きだわ。(^_^; さらに言えば、お姉さんより、ゴニョゴニョ…。



 今月に入ってから、自転車で出かけなくなったので、PASPY(広島ローカル公共交通機関の電子マネー)を使ってます。まだ残量はあるんですけど、いざというとき慌てないために、銀行のATMでチャージしてみました。
 手こずるかな、と、思ったんですけど、何のことはなくチャージできました。使うときも本当簡単だし、バスカードより使い良い!。本当にタッチするだけなんだもんなぁ~。電子マネー、凄いわ。



 そして、レコードコレクターズの最新号をチェックしようと思ったのですけれども、10時前で、タワーレコードは開いていない。本屋にもうでてるかな、と、思って、9時半開店の、フタバ図書八丁堀店に行ってみたけど、置いてない。しょうがないので、10時まで本屋で時間をつぶす。
 10時になったので、タワレコへ。ちゃんとレココレの最新号が置いてあった。大滝詠一の「ロング・バケーション」の特集だったけど、僕はあんまり興味がないので、さらりとチェック。新譜情報も、それほど面白いものは無し。



 今日は昼飯を外食しようかな、と、思っていたのだけれども、やっぱり、自宅で食べた方が経済的、と言うことで、自宅で食べることにする。



 本通りの献血センター「もみじ」では、今日も血液が不足気味だったけれども、今週末あたりから欠乏のピークが来ると予想し、今日は献血せず。



 デオデオに行って、景品のミズノのタオルをもらってくる。枕カバーの代わりにするつもり。



 今日は、ちょっと装いを軽くして、コートは着ずに、靴下も履かずに草履で出かけました。街に出ると、みんなやっぱりまだコートや上着を着ていましたけど、なんだか、自分だけ一足先に春を先取りしたような気分で、気持ちよかったです。…ちょっと涼しかったけど(笑)。



【音楽CD入手】ローリング・ストーンズ/ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!

 震災で、大変なところもありますが、いつもの日記を上げて行きたいと思います。



 毎月一枚ストーンズ・リマスター・紙ジャケ。3月も買いました。


 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



1. Under My Thumb アンダー・マイ・サム
2. Get Off Of My Cloud 一人ぼっちの世界
3. Lady Jane レディ・ジェーン
4. Not Fade Away ノット・フェイド・アウェイ
5. I've Been Loving You Too Long 恋をしすぎた
6. Fortune Teller フォーチュン・テラー
7. The Last Time ラスト・タイム
8. 19th Nervous Breakdown 19回目の神経衰弱
9. Time Is On My Side タイム・イズ・オン・マイ・サイド
10. I'm Alright アイム・オーライト
11. Have You Seen Your Mother Baby, Standing In The Shadow? マザー・イン・ザ・シャドウ
12. (I Can't Get No) Satisfaction サティスファクション



 1966年秋のUKツアーから編集されたもの。US盤がオリジナルですね。
 “I've Been Loving You Too Long 恋をしすぎた”と“Fortune Teller フォーチュン・テラー”は擬似ライヴ。歓声無しの純スタジオ・ヴァージョンは、編集盤「モア・ホット・ロックス」(http://ohy.blog.ocn.ne.jp/ohyama/2011/01/post_480c.html#mhr)で聴けます。



 全体的に、演奏は速めで、荒っぽいです。ストーンズ初心者が、「まずライヴから…」と言うときには最も勧めたくないアルバム。上級者向けかな。
 “アンダー・マイ・サム”は、スタジオ版ではブライアン・ジョーンズがマリンバで叩いていたフレーズを、キースがエレキギターでかっこよく演奏。
 “ノット・フェイド・アウェイ”のイントロのギターは、ぐちゃぐちゃで、何弾いてるの、て感じ(笑)。
 “ラスト・タイム”は、“サティスファクション”の「フリ」があってからの演奏。
 “アイム・オーライト”は、このヴァージョンより、UK・EP盤の「Got Live If You Want It!」バージョンのほうがまとまりがあって好きだなぁ。



 このアルバムは、LP時代のものとは、かなり差し替えがされているみたいです。とくにステレオヴァージョンでひどかった、演奏とヴォーカルの乖離が、だいぶ修正されて、聴きやすくなっています。その他、細かいところが変更されていて、アナログ版で聴きなれている人は、アレ?、っと思うでしょう。
 残念なのは、“サティスファクション”のブレイクが一回だけでフェイドアウトしてしまうこと。アナログ版では2,3回ブレイクしていてかっこよかったんだけどな。てか、フェイドアウトしないヴァージョンがあれば聴きたかったかも。



 今回はコレくらい。まぁ、あんまりネタないんだよね、このアルバム。(^_^;

Perfume/ニュー・シングル「レーザービーム/微かなカオリ」、5/18発売、予約受付中!。


 http://youtu.be/UGP_hoQpLZQ



 



 初回限定盤(CD+DVD) TKCA-73650
 




 
 

 商品詳細、購入はこちらから。













 通常盤(CDのみ) TKCA-73655
 



 
 

 商品詳細、購入はこちらから。



 

 
 

通院日記:糖尿編。うつ症状編。

 昨日、今日と、通院してきました。本来なら別々に書くところですが、面倒くさいのでまとめて書きます。



 昨日は、月に一度の糖尿の通院でした。午前中に行く予定が、春眠暁を覚えず、ではないですが、大幅にずれて、夕方になってしまいました。
 血糖値は、若干よくなっていました。HbA1cはちょっと悪くなっていましたが、今の血糖値が良いので、良くなっていくのではないかという、先生の所見でした。



 今日は、毎週行っている、うつ症状の通院でした。本当は火曜日に行く予定だったのですが、火曜日は起きれなかったので、今日になりました。((水)はうつの病院は休診です。)それも、本当は朝行く予定だったのに、また起きれず、夕方になってしまいました…。僕が「春眠暁を覚えず」に勝てる日は来るのか!?。明日はどっちだ!?。
 まぁ、え~と、先週は早起きできていたんですけれどもね。でもまぁ、朝食を食べたらすぐまた寝るとか、甚だしいときは、朝食も食わずに二度寝するとか、まぁ、寝てばっかりでしたけど。
 先生からは、とにかく、外に出ましょう、と、言われました。そう…です…ね。外に…。



 推敲してないけど、眠いから、良いや。このまま上げちゃう。
 じゃ、お休み~っ!。


【音楽CD入手】ブーツィー・コリンズ/5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET [Box set, Import, from US]

 ブーツィー・コリンズ(ブーツィーズ・ラバー・バンド)/5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET [Box set, Import, from US]
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


 ブーツィー・コリンズの初期の5枚のCDをワンパックにしたBOXセットです。
 収録されている5CDは以下の通り。


 Stretchin' Out In Bootsy'S Rubber Band
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


1. Stretchin' Out (In a Rubber Band)
2. Psychoticbumpschool
3. Another Point of View
4. I'd Rather Be With You
5. Love Vibes
6. Physical Love
7. Vanish in Our Sleep



 Ahh…The Name Is Bootsy, Baby!


 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



1. Ahh... The Name Is Bootsy, Baby
2. The Pinocchio Theory
3. Rubber Duckie
4. Preview Side Two
5. What's A Telephone Bill?
6. Munchies For Your Love
7. Can't Stay Away
8. Reprise: We Want Bootsy







 Bootsy? Player Of The Year
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



1. Bootsy What's The Name Of This Town
2. May The Force Be With You
3. Very Yes
4. Bootzilla
5. Hollywood Squares
6. Roto-Rooter
7. As In 'I Love You'




 This Boot Is Made For Fonk-N
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



1. Under the Influence Of a Groove
2. Bootsy Get Live
3. Oh Boy
4. Jam Fan (Hot)
5. Chug-A-Lug (The Bun Patrol)
6. Shejam (Almost Bootsy Show)
7. Reprise (Get Live)





 Ultra Wave
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



1. Mug Push
2. F-Encounter
3. Is That My Song?
4. It's a Musical
5. Fat Cat
6. Sacred Flower
7. Sound Crack



 ジミ・ヘンドリクスの6枚組みライヴBOXも充分聴き込んだので、次なるCDを、と、思い購入したBOXセットです。
 ブーツィーのことは、キース・リチャーズの初ソロアルバムのA面一曲目でベースを弾いていた、と言うぐらいの知識しかありませんでした。あ、ジェイムス・ブラウンのバック・バンドにちょっとだけ居たことも知っていたな。でもその音源は聴いたことありません。あと、レコード・コレクターズの増刊を読んで、「どうやらファンクをやっている人らしい」と言うぐらいは知っていました。…まぁ、ファンクそのものの事が良くわかってなかったりするのですが。



 CD5枚は、紙ジャケット、というか、紙スリーブに収められています。スリーブがぺらぺらなので、背中にアルバム・タイトルを記入する余裕はなし。5枚組みでも、暑さはプラケースの一枚ものと同じくらい。面積的には少なめ。解説の類は一切なし。



 音圧は低め。リマスターされてないのかな?。ヴォリュームを少々上げるか、低音をブーストして聴くのが吉。



 で、この5枚組みのCD、聴きながら、「なんか馴染みがたいな」と、思ったのですが、3回ぐらい聴き返してみて、やっと、その理由がわかりました。(鈍っ!。)
 この音楽、ほとんど、メロディーが無い!。(すぐ気がつけよ!。)いや、全然無いわけではないのですが、ほとんど、無い。リズムセクションでゴリゴリ押してくる感じですね。
 僕はキャッチーなメロディーのある音楽が好きなので、コレは確かに、馴染みがたい。ただ、こういう音楽を今まで聴いた事がなかったので、新しい感性を磨く良いチャンスかな、とも思っています。5ヶ月ぐらい聴き込んだらまた違った感想が出てくるかも。
 しかし、解説とか一切ないから、どういうメンバーが参加してるのかとか、全くわからんな~。



 この次は、下記のCD-BOXを買ってみようかな、と、思っているのですが、また、メロディーのない音楽だったりしたらキツイな。(^_^;
 ご存知の方がいたら、ご教授願えば、と、思います。アイズレー・ブラザーズのファンク期のCDだと思うのですけど。




 The Isley Brothers / Original Album Classics
 




 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 The Brothers: Isley (1969)
 Get Into Something (1970)
 Givin It Back (1971)
 Brother Brother Brother (1972)
 3+3 (1973)

「最近のお気に入り」について。

 

 http://twitpic.com/46ojky 川村ゆきえ(かわむら ゆきえ)

 http://twitpic.com/46ok8e 佐藤和沙(さとう かずさ)

 http://twitpic.com/46okpg 京本有加(きょうもと ゆか)



 まぁ、そんなわけで。(mixiしてる人にしかわからなくて失敬!)、お気に入りだけでの日記です。お気に入りを支持してくださる方はコメントいただければ嬉しかったりします。

通院日記:歯医者、ブラッシング編。(3/3(木))

 最近のお気に入り。今回は、「水着じゃないよ、学生服だよ」編です。

 http://twitpic.com/44zf02 岡本奈月(おかもと なつき) ブレザーって言うんですかね?。なかなか可愛いです。

 http://twitpic.com/44zfhy 神戸みゆき(かんべ みゆき) 夭折の美少女です。24歳は若すぎました。

 http://twitpic.com/44zg88 佐藤寛子(さとう ひろこ) 冬物のセーラー服も良いものですね。



 では、日記本文をどうぞ。



 と言っても、特に書くことはありません。

 いつもどおり、感じの良いお姉さんに、歯磨きで気持ち良くしてもらいました。



 ちょっと、昼寝をしてしまい、予約の14時より一時間遅れてしまい、お姉さんに、「時間通りに来てくださいね」と言われてしまいました。(^_^;



プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR