映画:【ネタバレ有り】仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010

 以下の日記は、仮面ライダー(一部は戦隊ものレンジャー・シリーズ)を観ていない人には大幅に意味不明な日記になってます。ので、ご注意ください。



 比治山のワーナーマイカルシネマズまで、自転車で行ってきました。いや、寒いですね~。もう冬ですね~。って、何を今さらですね(笑)。
 朝一で映画を見に行くと、イマイチ、映画の途中でウトウトしてしまうと言う悪い癖がありまして…。
 今回も、良い所で眠りこけてしまい、ちょっと損をした感じです。
 やっぱり、恒常的に早起きできるようにならないと、直らないんでしょうね、こういう癖は。



 さて、ディケイドとW(ダブル)ですが、まずはディケイドから。
 久々に、それも大スクリーンで観る森カンナ(光夏海役)ちゃんは可愛かったです。しかも仮面ライダーに変身しちゃうってんだから、たまりません。といっても、変身したら、顔が見れなくなっちゃうんで、萌え度は下がるんですけどね(笑)。
 他にもやはり可愛い娘ちゃんが変身する電波人間タックルちゃんなんてのも出てましたな。
 しかも、敵役の蜂女が、ゴーオンジャーでケガレシアをやっていた及川奈央(パンフ読んで初めて広島県出身と知りました)。ま、あんまり色っぽいところは無かったですが…。(^^ゞ
 テレビでは中途半端な終わり方してましたが、映画では、一応オチらしきものはアリ。ディケイドが破壊を繰り返したのは真の再生のため。でもまぁ、最終的には「みんなで旅を続けるぜ!」なんですけどね。



 ディケイドは眠らずに観ることが出来たんですが、Wは、あきまへんでした!。(^_^;
 W編が始まったあたりから、ウトウトし始めて…。W誕生のエピソードあたりは完全に寝てました。フィリップが一人で変身すると言うライダーも見れなかったし…。沢井美優ちゃんも見れなかったし…。かなりヘコんでたりして…。(;_;)
 沢井美優ちゃんはこういう↓娘です。(mixiでは過去にもお気に入りで紹介した画像ですが。)
Sleepmatyanjpidolapp0170_11



 一応、エンディングで、ディケイドとWがコラボするのは観れたので、良し、と、しましょうか…。
 ちなみに、近日、新しいライダーが登場するらしいことが、映画の最後で、ちらっと出てました。確か、「アクセル」とか…。



 明日は「のだめカンタービレ」を観に行く予定なんですけど、また、良い所で眠っちゃうんじゃないかと、不安…。演奏シーンなんか、危ないなぁ…。







スポンサーサイト

フィギュアスケート・第78回 全日本フィギュアスケート選手権大会・女子シングル結果。

 大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)
 ショート・プログラム:12/26(土)
 フリー・スケーティング:12/27(日)



 順位.選手名(所属)(年齢)(合計点=SP得点+FS得点)
 1.浅田真央(中京大学)(19歳)(204.62=69.12+135.50)
 2.鈴木明子(邦和スポーツランド)(24歳)(195.90=67.84+128.06)
 3.中野友加里(プリンスホテル)(24歳)(195.73=68.90+126.83)
 

音楽イヴェント;紅白をぶっ飛ばせ、昭和歌謡の夕べ@某カフェ(12/20(日))

 一応、「紅白を…」とは銘打っていましたが、途中で、赤組、白組、入り乱れての攻防となりました(笑)。



 今回、デビュー戦を飾った人が、結構いましたが、美ビアンさんは、緒戦から、堂々とした歌いっぷりで、とてもデビューとは思えませんでしたね~。たかしさんのギターで歌った襟裳岬も良かったですし、ピアノ弾き語りでのテネシー・ワルツも堂に行ったものでした!。

 まごのりあずのメンバーとしてデビューした絵里子さん(けにぃさんの奥さん)も、初々しい歌声がなかなか良かったです。

 ベテラン組では、カワちゃんさんがウッド・ベースのヒデさんと組んだコラボが、ベースの響きが心地よくてツボでした。

 有馬さんがしみじみ歌うイムジン河も良かったです。

 その他、聴き所を列挙すると、いとまが無いので、あとは、後半に載せたセットリストを見ながら、想像してください!。(手ぇ抜くなよ!(笑)。)



 ちなみに、僕が歌ったのはこんな曲。



 ☆彡ふらんぼう/あしたがすき

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=Gyz9Cfh2E4w

 おしまいのコーラスに「ふらんぼう~」が混じっているのは、動画を再生するまで気がつきませんでした。(^_^;

 誰のアイデアだったんでしょう?。



 ☆彡ふらんぼう/キャンディキャンディ

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=YTkmrXAxLW4


 ぼくのへたっぴぃな歌だけではなんなので、オリジナルの、堀江美都子/ザ・チャープスの動画も挙げておきます。(画面は静止画ですけど。)

 堀江美都子/ザ・チャープス/キャンディ・キャンディ

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=EhY5SoE0260



 堀江美都子/ザ・チャープス/あしたがすき

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=l9PNaNeO-bs


 ちなみに、紅白勝負の結末は、審査員長、佐藤さんの裁量により、引き分けに。


 セットリスト、ところどころ敬称略(笑)。

・CHOKKENさん

フランシーヌの場合

サルビアの花

・有馬さん(pf)カワムラさん

花(すべての人の心に花を)

きよしこの夜

・ユミさん&たかし

越冬つばめ

赤い花白い花

・美ビアン&たかし

襟裳岬

・☆彡ふらんぼう

あしたがすき

キャンデイキャンディ

・モッティーさん

一人咲き

・たかしさん

赤穂浪士の歌(?)←この曲は題名がよく聞き取れませんでした。(^_^;

・カワちゃん&ヒデさん(b)

コーヒールンバ

東京ヴギウギ

・まごのりあす(みゆき&えりこ&ユミ)

安奈

・みゆき(Gt)&ジョア☆マンダリン味(Vo)

ワインレッドの心

・美ビアン(pf)

テネシーワルツ

・Layla

恋に落ちて

・有馬さん(Gt)カワムラさん

知床旅情

・有馬さん(Gt)

イムジン河

・しゅうちゃん

また会う日まで

・サディスティック・イカ・バンド(みゆき(b)&しゅうちゃん(Gt))

裏切りの街角

・CHOKKENさん

シンシア

・たかしさん(12弦Gt)

黒の舟唄inc音戸の舟唄

・佐藤先生(12弦Gt)&みゆきさん

乙女のワルツ(伊藤咲子の曲)















音楽イヴェント:某キッズ忘年会(12/19(土))。

 なかなか楽しい宴でした。

 手元に残っている写真があまり出来が良くないし、動画も一曲しか録ってないので、うろ覚えの記憶を適当に絞って、適当に書きます。(^^ゞ



 カレー食べ放題の、食事おつまみ食べ放題(食事料¥500円、要ドリンクオーダー)だったので、食事の写真を撮れば良かったのですが…。うっかりしていました。(^^ゞ

 カレーは美味しかったですし、みなが持ち寄ったおつまみも美味しいものばかりでした。益田から来た方が持って来られたパンが特に美味しかったですね。(チーズが美味でした!。)



 オープンマイクの宴会で、みんなどんな忘年会向けの曲をやるのかな、と、思っていたら、案外、真面目に演奏されていたので、その意味では拍子抜けしました。

 しかし、皆さん、てだれのミュージシャンばかりで、なかなか聴き応えがありました~。



 たかしさん、SHINさん、ともさんの「天国への扉」では、寸劇も有り、僕も参加させてもらいました。(^^ゞ

 おやっさんを裏切って、銃撃して逃げるという役どころ。ある意味、僕らしいと言えなくもありません。(^_^;



 あ、7弦ギターの中川さん(Maggie渡来エンジェルのギターで、JAZZ由来の方)とMaggieさんのコンビがすごい良かったで
す。(Maggieさんはこの翌日、中川さんにピアニストを加えて、トリオ編成でフライングキッズでライヴをされました。観に行きたかったところですが、
その日はジモカフェの昭和歌謡で歌う予定だったので…。残念!。)

 みゆきさんやRachelさんといった、他のマグノリアズ・メンバーも良い歌を聴かせてくれました。百花さんも何曲かでパーカッション叩いてらっしゃいましたね。



 ビートルズ探検隊員的には、しゅうさんのステージでのビートルズ演奏に触れないわけには行かないでしょう。(動画一曲しか録ってないのがかえすがえすも残念!。)

 しゅうさんのバンドメンバーとのセッションで、「ベイビーズ・イン・ブラック」で始まりました。

 続いて、B-JOBのモコさんがヴォーカルで加わり、「一人ぼっちのあいつ」をハモりました!。しゅうさんと一本のマイクにほほ寄せ合ってハモる姿には、ラブラブ・オーラが!?。(そう思ったのは僕だけかもしれませんが。(^^ゞ)

 締めくくりは、オール・マイ・ラヴィングでした。



 しゅうさん&モコさん他/オール・マイ・ラヴィング

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=jqqpNAxxB1o



 この後、しゅうさんは、みゆきさんと組んで、アメリカーナ・デビューをされました。



 そして、シローさんが暴れまくってました(笑)。みゆきさんにセクハラまがいのことも…!?。暴れすぎてMaggieさんにたしなめられる場面も…。(^_^;

 でも中川さんは、シローさんを痛くお気に召した模様でした。



 僕も一曲歌わせてもらって、近藤真彦の「スニーカーぶる~す」を歌いました。動画を録るのは忘れていました。(^_^;

 「高校時代、声が近藤真彦に似ていると言われました。ウン十年たった今でも似てるかどうか分かりませんが、歌ってみます」と言ったようなMCで歌い始めました。果たして似ていたかどうか!?、は、当日、お聴きになった方だけの秘密、と、言うことで。(^^ゞ












 あと、おしまいの方で、中川さんとセッションしてた女の娘がチャーミングなヴォーカルでよかったですね。正確な名前は失念してしまいましたが、たしか、アコちゃんか、アッコちゃんだったと思います。


 今回は、事前に決まった曲を演る人ばかりではなく、その場でメンバーや曲目を決めて、セッション風にやる人が結構いました。そういうのって、かっこいいなぁ、僕もいつかは、そんな風にやってみたいなぁ、と、思っちゃいました。



















クレーム日記、デオデオカード編。

 クレジットで使用しているデオデオカードが、ライフからオリコに変更になり、切り替えに関して、トラブルが発生しました。
 オリコへの切り替えはオンラインでも出来ると案内に有ったので、Webからおこなったのですが、その時、銀行口座の振り替え情報まで引き継がれないことに気がつかなかったのでした。その結果、先週の金曜日、「振り替え金融機関が登録されておりません」というお知らせとともに振込用紙が…。
 ふ、ふ、ふざけんな~!。振り込みじゃぁ、余計な手数料がかかっちまうじゃねぇか~っ!。だいたい、金融機関の振り替え先が決まってないことぐらい、Web上やメールで注意の知らせをしろよ~。何のためにオンラインでユーザー登録したのだ~。僕は、登録してから、結構、足しげく、オリコのWebで自分の決済情報をチェックしていたのです。しかし、そのWeb上で、「振り替え金融機関がまだ届け出られていません」なんて注意事項は、毛ほどにも表示されていないから、僕は安心していたのだ~っ!。
 そこへ、青天の霹靂で、振り替え用紙と、金融機関申し込みの用紙が送られてきたのです!。
 とりあえず、面倒は起こしたくなかったので、金融機関申し込み用紙に記述して投函し、振り替え用紙で、振り込み手数料も払って振り込みました。
 しかし、納得行かない。振り込み手数料はせいぜい¥63円のものだったけど、僕に瑕疵が有るわけじゃないのに払わなければならないのが納得いかない。それに、用紙振込みだと、デオデオ・ポイントは付かないんじゃないか!?。二重で損なような気がする。(厳密に言うと、僕に瑕疵が無いわけではありません。よく考えれば、クレジットカードの信販会社が変われば、金融機関情報は引き継がれようが無いはずだということに思い至るはずだからです。…しかし、それについて、なんの説明も無いってのは、ユーザー・フレンドリーじゃ無い!。)
 昨日まで、体調が優れなかったので、電話してなかったけど、今日、やっと、文句の電話をしました。
 僕の要求は二つ。
 (1)払い込んだ金額に関してデデオ・ポイントを付けてくれ!。
 (2)振込み手数料を返却してくれ!。



 …と、ここまで、書いてきて、先を書くのがめんどくさくなってしまいました(笑)。
 まぁ、結果だけかいつまんで言うと、
 (1)デオデオ・ポイントは、振込みでもつくような仕組みになっていた。ので、問題なし。
 (2)振込み手数料は、今回に関しては、次回引き落とし時に払い戻しをする。
 ということになりました。
 金融機関の申し込みの登録までは一ヵ月半かかる場合があり、その場合は、また、用紙で振り込まなければならない場合も有るとのこと。その場合は、振り込み前に再度連絡すれば、振り込み手数料が発生しないように出来る、とのことでした。
 まっ、クレーム対応能力としては、まぁまぁだったんじゃないかな?。










通院日記、うつ症状編。

 フライングキッズでの忘年会や、ジモカフェでの昭和歌謡など、書きたいことは溜まっているのですが、体力がついていきません。(^_^;
 とりあえずは、今日の通院日記です。
 本来なら隔週で、12/18(金)に行っているべきだったのですが、その日は寝坊して行けず。この病院は今年から完全予約制になっているため、飛込みが不可に。かろうじて予約を取っていた今日(本来は年末年始休診対策に取っていた日)、通院にいきました。
 ちなみに、18(金)は、病院に行けないながらも、まんが図書館へ行ったり、町で買い物したり、帰りに自転車のペダルが取れたり(^_^;、それなりに予定をこなした日でした。ちなみに、自転車のペダルは、国道2号線沿いの自転車屋(CYCLE BASE ASAHI)で直してもらいました。パーツが\1,155円、工賃が\1,050円、ついでに400円の簡易点検もしてもらい、〆て\2,614円でした。(消費税\124円込み。)
 閑話休題。
 実は、一昨日の22日(火)の深夜、事件がありました。夕食を食べずにお風呂で長湯をしていた僕は、風呂から上がると、呼吸が乱れ、立っていられない状態になってしまいました。そばにいてくれた母によると、真っ青な顔をしていたそうです。白湯とお粥を食べながら体を温め、多少回復しましたが、声を出そうとすると、喉が詰まって、上手くしゃべれない状態でした。暖かくして一晩寝たら、だいぶ回復したので、一安心と言うところですが、多少、立ちくらみが残って、不安なところです。23(水)は一日、おとなしくしてました。
 閑話休題。
 今日のうつ症状の予約は11時半からでした。しかし、どうも早起きできず、病院に着いたのは11時49分くらいでした。
 診察室に通され、22(火)のことを話しましたが、これは、糖尿の先生に話したほうが良いようでした。
 生活のリズム的には、午前中の1時頃に目が覚めるときも有れば、夕方6時まで寝ている時もありで、どうにも乱れがちです。まずは、朝早く起きるところから始めましょう、と、なったのですが…。それこそが長年の懸案なんですよね…。進歩がない僕って、どうよ?。



 今日は、帰りに、航空雑誌を一通り立読みしてから帰りました。本屋さんにとっては、本当に迷惑な客です(笑)。










音楽ソフト:ローリング・ストーンズ/ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>

 ストーンズの名ライヴ・アルバムの、拡張盤発売です!。



 ローリング・ストーンズ/ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(3CD+DVD)

 




 
 

 

 商品詳細、購入はこちらから。




 Amazonにしては珍しく、発売日の前日(昨日)の夜に届きました。これはAmazonが頑張ったと言うよりは、佐川急便の手柄ですかね?。
 内容は申し分ありません。ヤヤズ・アウトのCDは今回初めて買いましたが、低音が強調気味のマスタリングが、迫力を盛り上げています。
 ディスク1は、オリジナル・アルバム。ディスク2は未発表のライヴ・マテリアルを5曲。少なめのような気もしますが、ストーンズが当時演奏していたのは、これだけなのだそうです。
 ディスク3は、前座のミュージシャン2組。なんと、B.B.キング!、と、アイク&ティナ・ターナーです。
 ディスク4はDVDで、ディスク2収録の5曲(ただしテイクは違う)にドキュメンタリーをプラスです。







 ディスク1(オリジナル・アルバム)の素晴らしさは言うまでも無いでしょう。ミック・テイラー(Gt)が加入し、ライヴ・アクトが可能になった喜びが伝わってくるような快演です。
 ディスク2は、オリジナル・アルバムからあぶれた演奏です。なかなか味が有って良いのですが、オリジナル・アルバムと比べると、これら5曲が外されたのはなんとなく分かるような気がします。
 ちなみに僕は、ディスク1と2をリッピングして、2in1にして聴いています。
 ディスク3がまた良いんですよ!。B.B.キングは快調そのもので、ギターの音色が冴えまくっています!。ストーンズのおまけで発表するのがもったいないくらいです!。アイク&ティナ・ターナーも健闘!。ビートルズのカム・トゥギャザーを取り上げたりして、頑張ってます!。
 ディスク4のDVDでは、バックステージの様子なども映りますが、なんと、ジミ・ヘンドリクスの姿が!。しかもギターを弾いて、ちょっとだけだけど、ストーンズの連中とセッションしてます!。これは貴重だなぁ。ちなみにこのDVD映像は、ギミー・シェルターのおまけ映像とはダブらないそうです。



 核となるのがオリジナル・アルバムであることは間違いないのですが、おまけマテリアルの豪華さは、やはり、すごいです!。これは、オリジナルを持っている人も、食指が動くんじゃないですかねぇ~。






アニメ映画:宇宙戦艦ヤマト復活編【ネタバレ有り、注意】。

 広島バルト11まで観に行ってきました。以前、ストーンズのシャイン・ア・ライトを観に行ったときに、初めてバルト11に行ったんですけど、とにかくアクセスが不便だったと言う記憶があります。

 その時はバス停で降りて、向かって左に向いてソレイユを回ってバルト11を探したんですけど、見つけるのにかなり苦労しました。Webページに
はソレイユの中央入り口(目印は煙突)から入って、って書いてあるんですけど、その煙突が見つけられなかったんです。軽くトラウマになってしまいました。
「新作映画、バルト11じゃなきゃ良いな」って。

 今回は、バス停から降りて、衝動的に前回と逆の右に向いてソレイユへ向かったんですけど、そうすると、あっさり煙突も中央入り口も見つかってしまいました。前回あんなに苦労したのはなんだったんでしょう?。

 トラウマは解消されましたが、やっぱりバルト11じゃない映画館の方が良いです。自転車で行くにはちょっと遠いような気がしますし。ソレイユ行
きの無料シャトルバスが広島駅前から出てるんですけど、一番早いので9時40分発なんですよね。朝一の映画には間にあわないんです。しょうがないので有料
のバスで、っていうことになるんですが、これが気に食わない。余計なお金がかかっちゃう。

 今度、地図をよく見て、自転車で行ってみようかな。(今回は広島駅まで自転車で行き、そこから府中行きのバスに乗り換えました。)でも一時間ぐらいかかりそうだな~。



 ちょっと前に、キムタク主演での実写版製作発表が話題になったヤマト。アニメ版も出来上がってました。



 宇宙戦艦ヤマト復活編 公式Webページ

 http://yamato2009.jp/index.html



 えっと、今回は、ブラックホールが地球に近づいてきて、地球と敵対する異星人連合が現れて、ヤマトが復活して、両方とも波動砲でぶっ飛ばして、地球は守られました、メデタシメデタシ、でも行方不明になった雪は見つかりませんでした、復活編・第一部・完、と言う内容。

 かいつまみすぎですかね。(^_^;

 でもそんな感じですよ。どこが見所のヤマだったのか、よく分かりませんでした。異星人連合の幹部メッツラーをやっつけたところが一つのヤマだっ
たのかな。でも、ちょうどそのあたりで眠りに落ちてしまっていました(笑)。完全に寝たわけじゃなくて、ところどころ目をつむってた、て感じですけど。

 最後にブラックホールを波動砲でぶっ飛ばす、ってのは、ヤマトのファンなら常識的に予測できるので、ヤマと言うには弱すぎるしなぁ。

 まぁ、色々と趣向を凝らしてはいるんですよ。敵の異星人連合が複数の星の同盟で成り立っていて、そのうちのいくつかがヤマトに共鳴して寝返っちゃうとかね。

 古代進の娘の美雪が進に対して素直になれなかったりとかね。

 雪が行方不明になっちゃう時のワープシーンでヌードになったりとかね(笑)。(最初のヤマトでもそういうシーンがありましたね。)

 あとまぁ、せまりくるブラックホールからは逃げられない、ってんで、人類がアマール星の月へ移住しようとしたりとかね。これは今までのヤマトには無かったパターンではありますわな。

 でも、どれも、なんとなく生煮えな感じ。

 新しく出てきたキャラたちもいまいちアイデンティファイしにくい。そもそも、主人公(なのかな?)の古代進にしてからが、何考えてるのか伝わってこない。薄っぺらい感じ。

 そもそも、ヤマトの復活が、なんか、劇的じゃない。あっさり復活しちゃってる。演出の仕方がイマイチということでしょうか?。

 おしまいのあたりで進が言う「ヤマトよりも守るべきは地球だ」(うろ覚え(^_^;)と言うセリフが、どうも決めゼリフらしいんだけど(パンフ
読むとそんな感じ)。でも、自衛隊や各国の軍隊が自国を守るのはあまりにも当たり前のことなので、このセリフも、全然、胸に響いてこない。

 あと、音楽の使い方で、ちょっと不満が。今回はヤマトのオリジナル・スコア以外にもクラシック曲からいくつか使用しているらしいんだけど、
まぁ、僕はクラシックには造詣が深くないんで、ほとんど気にならなかったんだけど、一つだけ。グリーグのピアノ協奏曲だけは分かったんだけど、これが敵の
要塞のテーマ曲みたいに扱われていたのには違和感を覚えました。グリーグのピアノ協奏曲をそういう風に使って欲しくなかったです。僕よりクラシックに親し
んでいる人は、多分、他の部分でもっと違和感を感じたんじゃないでしょうか。やっぱり、徹頭徹尾、オリジナル・スコアで行くべきだったんじゃないかな、
と、思いました。

 と、つらつら不満を述べてきましたが、第二部が作られたら、観に行くんだろうなぁ、多分(笑)。








音楽雑誌:レコードコレクターズ2010年1月号、ミュージックマガジン 2009年 12月号

 今日は、タワーレコードによって、音楽雑誌を2冊買いました。当初はレコードコレクターズだけ買うつもりだったのですが、ミュージックマガジンも買ってしまいました…。



 レコード・コレクターズ 2010年 1月号



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 ローリング・ストーンズの名ライヴ盤「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」の40周年記念盤の特集です。

 肝心のライヴ盤の国内盤は12/16(水)に発売延期になってしまってますが(本来は11月末発売予定でした。輸入盤はとっくの昔に出てます。)、発売日まで、この特集号で、渇きを癒すとしましょう。

 記事は、ライヴ盤の元となったコンサートのセットリストが載ってたりして(もちろん、ライヴ盤がどの日のコンサートから収録されたかも詳細に記述!)、レココレらしい、資料性の高い一冊となっています。読み応え有りそう~。

 あと、マイミクの、るーべんさんが、ジャケットの考察をされていて、これもなかなか読み応えのある記事になっています!。


 MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 12月号



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 こちらは加藤和彦の追悼特集です。おざなりな御託が書いてあるだけなら、購入意欲はわかなかったのですが、加藤和彦のディスコグラフィ(グルー
プ活動も網羅!)が載っていたので、それに惹かれて、買ってしまいました。こちらも読み応えありそうですね。でも、700円の臨時出費は結構痛い
なぁ。(^_^;





















音楽CD:LOVE(大塚愛)/LOVE.IT

 LOVE(大塚愛)/LOVE.IT(ミニ・アルバム)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 LOVE/White Choco

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=t_C0ZlKv8hw


 今年は、大塚愛は新曲があんまり出なくて、おとなしいなぁ、と、思ってたら、別名プロジェクトのLOVEで、ミニ・アルバムを出していました。11/18(水)発売だったのですが、情報収集が遅れて、今頃購入です。

 なにせ、レコード会社的には、大塚愛とLOVEとは別アーティスト扱いなので、情報収集もめんどくさいです。おまけに、LOVE名義のミュージシャンは他にもいるみたいで、ややこしいです(笑)。

 LOVE、と言うのは、ジャケットにも出ているウサギのキャラクターの名前らしいのですけれどもね。

 サウンド的には、大塚愛版Perfume?、あるいはPerfume風の大塚愛?。ピコピコ・サウンドにのせて、大塚愛が歌っています。

 まだ、あんまり聴き込んでないので、詳しい評価は避けておきますが、僕的には、これもアリ、だと思ってます。















プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR