音楽イヴェント:上田雅利 feat. FABRICK スペシャルライブ@某ジャム(11/22(日))

 広島の某ジャムにて、元チューリップのドラマー、上田雅利(うえだ まさとし)さんを迎えてのスペシャルライヴが、11/22(日)お昼14時から行われました。お昼のライヴって珍しいですね。

 サポート・アクトに、メンバー全員マイミク(百花(Ds)さん、へるぷ!(Bass)さん、モコ2☆ヒツジ(Gt)さん、うさぴー(Key)さ
ん)の、ビートルズ・トリビュート・バンド、B-JOB(美女部)と、マイミクしゅうちゃんさんが参加している、横川スパイダースが参加です。

 メイン・アクトは上田雅利 feat.
FABRICK。FABRICKは、言わずと知れたビートルズ・トリビュート・バンドです。この組み合わせで、どんなステージになるのか?。上田雅利さん
のソロ・ナンバーを取り上げるのか、チューリップの曲をやるのか、はたまた、ドラマーに徹してビートルズ・ナンバーを演るのか?。興味は尽きないわけです
が…。



 B-JOB(美女部)/I'm Down

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=u35zqp4zIqk



 まず、最初のステージ(14:00~)は、B-JOB(美女部)です。今回も、時にはしなやかに時にはたおやかに(笑)、ビートルズの世界を繰り広げてくれました。

 動画のI'm Downは、B-JOBのラスト・ナンバーでしたが、(今回はどのバンドもラスト・ナンバーを動画に選んでみました)ステージ初披露だったそうです。そういわれてみれば演奏振りが初々しいかな、という気がしますね。



 B-JOB(美女部)セットリスト

 DRIVE MY CAR

 DAY TRIPPER

 IF I NEEDED SOMEONE

 THE WORD

 YOU'VE REALLY GOT TO HOLD ON ME

 HOLD ME TIGHT

 ALL MY LOVING

 I'M DOWN



 B-JOB(美女部)の全演奏動画ファイルは以下のURLからダウンロード出来ます。本日から一週間限定です。(以下全ての動画ファイルに同じ。)

 http://firestorage.jp/download/8ad47919fd145d70ced744530dad89106b8e0283


 横川スパイダース/心の旅

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=kFsnnK1yL78



 続いては(14:45~)、横川スパイダースです。僕は彼らのステージは初めてでしたが、いつもやっていると言うGSナンバーではなく、全編チューリップ・ナンバーでした。

 4曲目と5曲目ではなんと、上田雅利さんが登場され、ドラムスを叩きました!。

 バスドラのキックが鮮明で、一打一打の音の輪郭がクッキリした、素晴らしいドラムスです!。

 残念ながらカメラチェックが入ってしまい、上田さんの演奏は動画に収めることが出来ませんでした。ま、プロだから著作権・肖像権の絡みもあるし当然かな。



 横川スパイダース セットリスト

 虹とスニーカーの頃

 サボテンの花

 銀の指輪(feat. 上田雅利 on Ds)

 青春の影(feat. 上田雅利 on Ds)

 夢中さ君に

 心の旅



 横川スパイダースの動画は上田さんの登場をはさんで、二つに分かれてしまいました。以下のURLからダウンロード出来ます。

 http://firestorage.jp/download/a62eb7e05bd2be18274929e4c8df6b4529d9d4fb

 http://firestorage.jp/download/ef2cbb365da52419eb07f80b3c33600a81c87129


 FABRICK/KANSAS CITY~HEY, HEY, HEY, HEY




 最後はいよいよFABRICKです(15:30~)。最初から上田さんと一緒ではなく、3曲目から上田さん登場でした。

 ご自身の曲やチューリップの曲をやるのかな、と、思ったら、全曲ビートルズ・ナンバー(一曲ジョン・レノン)でした!。

 8曲目までハンドマイクで、ソウルフルなヴォーカルを聴かせてくれました。MCも軽妙で、面白かったです。

 9曲目から12曲目までは、ドラムスを叩きながら、ヴォーカルをとっていました。ここでも上田さんのドラムスは快調、大迫力!。

 最後の2曲ではFABRICKのみの演奏。彼らの演奏も良かったです!。



 FABRICK セットリスト

 A HARD DAY'S NIGHT

 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU

 YOU CAN'T DO THAT(feat. 上田雅利 on Vo.)

 ANY TIME AT ALL(feat. 上田雅利 on Vo.)

 COME TOGETHER(feat. 上田雅利 on Vo.)

 GIRL(feat. 上田雅利 on Vo.)

 I've Just Seen A Face(feat. 上田雅利 on Vo.)

 STAND BY ME(feat. 上田雅利 on Vo.)

 DON'T LET ME DOWN(feat. 上田雅利 on Vo.& Ds)

 SOMETHING(feat. 上田雅利 on Vo.& Ds)

 I FEEL FINE(feat. 上田雅利 on Vo.& Ds)

 SLOE DOWN(feat. 上田雅利 on Vo.& Ds)

 I WANNA BE YOUR MAN

 KANSAS CITY~HEY, HEY, HEY, HEY



 横川スパイダースのところでも書いたとおり、上田さんはカメラNGでしたので、FABRICKの動画に、上田さんは映ってません。(まぁ、ほとんど、映ってません。(^_^;)悪しからずご了承ください。



 FABRICKの動画は、なぜか三つに分かれてしまいました。(アレ~?。)そして、二つ目のファイルには、なぜかパスワード保護が。(アレレ~?。)

 基本的にマイミクさん、および僕に直メールもらえる方にはパスワードお教えしますので、遠慮なくメッセージorメールをください。

 以下のURLからダウンロードできます。

 http://firestorage.jp/download/8cc8bc4ac87db270738ef34669a0b0206a3580f5

 http://firestorage.jp/download/885213c5d31c62a40073caa0fd5b5499f699b1a3

 http://firestorage.jp/download/ffda91797bff87a4d334ac05754c66de77c80040








 帰り際には、冷たい雨が降っていましたが、そんな天気を吹っ飛ばすような、ホットなライヴでした!。

























スポンサーサイト

音楽イヴェント:ジモ佐藤先生誕生会@某キッズ(11/20(金))。

 先週の金曜日は、広島のジモミュージックでギターを教えてらっしゃる、佐藤先生の誕生会ライヴを某キッズで、行いました。(11/21(土)で54歳になられました。いやぁ、まだまだお若いです!。)

 19時オープンの、20時開始、と言うのが事前の予定でしたが、まぁ、予定は未定(笑)。僕が19時過ぎ頃にキッズに着いた頃には、まだ、佐藤先生とCHOKKENさんだけでした。

 徐々に、人が集まってきて、20時半頃に、佐藤先生がステージへ。で、「気力も体力も落ちているので、いきなりゲストを呼びます」と言うこと
で、パーカッションの、みかりんさんが参加し、最初の数曲ではメイン・ヴォーカルもとりました。どこかけだるげでアダルトな、みかりんさんのヴォーカル
は、これから始まる素敵な時間を予感させるに充分でした。

 みかりんさんが自分のヴォーカル曲を歌い終わり、客席へ戻ろうとしたところ、佐藤先生が「一緒にいてよ」。(う~む、佐藤先生、女性には甘えんぼさんなんでしょうか?。)ということで、引き続き、みかりんさんはパーカッションで参加することに。

 途中で一回休憩を挟み、一時間強、佐藤先生のオンステージでした。もちろん、みんなの好きな「しあわせハッピー」も演りましたよ!。



 ▼佐藤先生と、みかりんさん。











 22時10分前くらいからオープンマイクになりました。

 CHOKKENさんの叫び系フォークに始まり、CHOKKENさんと佐藤先生のボブ・ディラン・セッション、Maggieさんと佐藤先生、Rachelさんと佐藤先生、と、歌い継がれたところで、プレゼント贈呈。お酒が多かったような気がしましたが!?。

 佐藤先生はちょっとお休みされ、他のメンバーでセッション。

 CHOKKENさんとMaggieさんが再び登場し、二人でギターを弾きながらセッション。佐藤先生早くも復帰(笑)され、othersたかしさんと演奏。

 その次はモッティーさんが登壇して、華麗なギター弾き語りと華麗な(?)手品。手品は事前準備無しの無茶振りだったので…(笑)。

 え、僕ですか?。え~、僕も少し前に出て「マイ・ウェイ」を演ったのですが…。最近、ギターにあんまり触れてなかったので、コードがちゃんと押
さえられてないところが多々ありで、情けない出来でした。(^_^; みかりんさんが即興でパーカッションをつけてくださったので、何とか形になりまし
た。しかし、みかりんさん、リズム感の悪い僕のギター演奏にバッチリ合わせてくださって、本職のパーカッショニストは違うなぁ~、と、感心してしまいまし
た~。え、その時の動画?。そんなもんありません(笑)。

 ちょっと、話が脇にそれてしまいましたが。(^^ゞ

 佐藤先生の誕生日まであと15分、と、言うところで、シローさんが登場。確かなテクニックとユーモアのセンスに裏打ちされた、見事なベース弾き語り(!)をされました。その時の模様から、一曲。

 シローさん/君と二人




 そして、佐藤先生(withシローさん、みかりんさん)で「君の友だち」を歌い終わった頃には、時計の針は0時を過ぎていました。

 佐藤先生/君の友だち



 会場からは、ハッピーバースディの合唱が!。感動的な瞬間でした!。

 このあと、また、しばらく、佐藤先生&みかりんで演奏を。

 そのあと、kingさんとシローさん、そして、三度登場のMaggieさんで盛り上がって、本会はお開きとなりました~。



 その後、僕は、まみさんのつくった豚汁を食べながら、一時前まで某キッズにいました。豚汁、美味しかったです。(^^)v

 他にも、おにぎりや、たかしさん差し入れのコロッケも美味しかったです~。



 こんな感じで、佐藤先生54歳記念パーティーは、あったかく過ぎて行ったのでした~。























音楽CD入手:ジミ・ヘンドリクス/エンジョイ~L.A.フォーラム1970

 ジミ・ヘンドリクス/エンジョイ~L.A.フォーラム1970(2CDライヴ)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 レコード会社(MSI)の告示では、明後日発売となっていたCDですが、昨日の夕方、予約していたタワーレコードから、入荷したとの電話が。MSIって、結構アバウトだよな~。(^_^;

 で、取りに行ったのですが、レコード屋の受付の人も、ちょっと混乱したみたいで、「明日発売なんですけれども…」と言われてしまいました。(^^ゞ

 昨日、連絡があった旨、伝えて、再度探してもらい、無事ゲットできました!。



 L.A.フォーラムのライヴというと、ファンの間では、1年前の1969年のものが有名。そちらは実際に正規盤で出すことを前提に製作された音源で、音も演奏も良い出来。かたやこちらは、1970年4月25日(土)の演奏。客席録りのブート音質。ひどくリスニングの妨げになるというほどひどい音
質と言うわけではありません。正規版としての発売なので値段が安い(2枚組みで¥3,360円)のがありがたいところ。演奏はと言うと、これが、良い!。
というか、いつものジミ・ヘンドリクスの水準をキープしていると言う方が適切かな。

 バックは、ミッチ・ミッチェル(Ds)、ビリー・コックス(Bass)と言う、最後期の布陣。もうすこしビリーのベースが聴き取れれば最高なんですが…。まぁしょうがないか。

 ジミ・ヘンドリクスの新譜は久々なので、結構興奮しながら聴いています。いや、やっぱり良いわ、ジミヘン!。









通院日記、うつ症状編。

 今日は隔週で行っている、うつ症状の通院日です。
 この二週間は、それほど調子が良いと言う訳では有りませんでした。早起きできた日は3、4日くらい。後の日は昼まで寝てたり…。ですが、大田川川原を歩くイヴェントに参加するなど、朝のイヴェントを増やすなど、生活習慣を、変えてきています。なので、今は、そういう生活の変化を行う時期なのだと思います。そういう風に、前向きに考えることにしました。…イヤ、あんまり前向きでもないのかもしれないのですけど…。と、言うような話をしましたところ、「いや、前向きでしょ。そんな風に人と直接触れ合っていくことが大事だと思いますよ」と、言われました。
 と言うわけで、これからも、イヴェントにぼちぼちと(色々と無理しない程度にね!)参加して行きますので、皆さん、(特に広島在住の方々、)よろしくお願いします!。



フィギュアスケート・グランプリ・アメリカ・2009・女子シングル結果

 オリンピック・センター1980リンク、レイクプラシッド、ニューヨーク州、アメリカ
 ショート・プログラム:11/14(土)
 フリー・スケーティング:11/15(日)



 順位.選手名(国)(年齢)(合計点=SP得点+FS得点)
 1.金妍児(キム・ヨナ)(韓国)(19歳)(187.98=76.28(PB)+111.70)
 2.レイチェル・フラット(アメリカ)(17歳)(174.91(PB)=58.80+116.11(PB))
 3.ユリア・シェベスチェン(ハンガリー)(28歳)(159.03=58.54+100.49)
 

飛行機本:F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)

 今日は、街の図書館に、今度やる昭和歌謡の宴の曲の楽譜を探しに行きました。(耳コピだるいんだよね、と言う僕に、図書館で楽譜を捜した見たら?、とサジェスチョンをくれたのはマイミクのBennieさん。)

 一曲は楽譜が見つかったのですが、もう一曲は見つからず。図書館でそれっぽい楽譜本を取り寄せてもらうことにしました。(でも収録されて無いだろうな~(笑)。)

 図書館の帰りに、街の本屋へ寄りました。

 目的は、14日に発売された、サンダーバーズ・ジャパンツアー(―日本の空を飛んだ世界最高峰のアクロバット飛行チーム全記録 (世界の傑作機別冊))の写真集をチェックすることでした。ですが、こんな本を見つけてしまい…。



 F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 …こちらの本を買っちゃいました。(^_^;

 好きなんです、この飛行機。世界で一番綺麗でカッコイイ飛行機だと思ってます。ちなみにサンダーバーズが使用しているのもこの飛行機です。

 1,000円の図書カードを持っていたので、払ったのは299円だけでした。

















音楽イヴェント:→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)ライヴ@ゆめタウン広島(11/18(水))

 昨日は、広島在住のマイミクさんの間で評判が赤丸急上昇中のインスト・ユニット、→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)のイヴェントを観に行きました。












 15時からと18時からの2ステージ、約30分ずつのステージでした。

 ユニット編成は、ピアノと、パーカッションの二人。パーカッショニストはカホン(Cajon)と言う、ちょっと変わった打楽器(スピーカーのエンクロージャーのような外見をしています)をメインに使用していました。(マイミクの百花さんが得意としている楽器ですね~。)

 グループ名は、使用している楽器に由来しているようで、Pianoと、Cajonをひっくり返して、くっつけているようです。



 →Pia-no-jaC←/台風

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=yWCE_hUj7h4



 僕は彼らの演奏は今回初めて聴いたのですが、なかなかひき付けられましたね~。

 特に、上掲の曲では、ELPのナット・ロッカーを思わせたりして…。いや、彼らの若さでELPの展覧会の絵を聴いているとは思いませんけれども(笑)。他にも、ベートヴェンの第9をモチーフにしたような曲や、ドヴォルザークの新世界をモチーフにした曲も演っていました。

 演奏全体はリズミックで、というか、パーカッシヴと言うべきなんでしょうか?。とにかくノリノリの演奏で、今回2ステージ演りましたけれども、
どちらのステージでもスローな曲は演りませんでした。とにかくリズムでぐいぐい押してきます。僕は最近のジャズ・ピアニストは上原ひろみ位しか知らないの
ですが、彼女もリズミック(パーカッシヴ)なピアノを得意としているようで、共通項が見えるような気もしました。

 もっとも、彼らは、自分たちの音楽を、ジャズとかフュージョンとか、ロックとか(はたまたイージーリスニングとか)、カテゴライズされたいとは思ってないのでしょうね。(個人的には、ロック・スピリッツが垣間見えるような気がしたのですが…。)



 →Pia-no-jaC←/うさぎDASH

 
 

http://www.youtube.com/watch?v=yyM41G4UWys



 また、彼らは、客の乗せ方も上手く、パフォーマーとしても優れているな、と、思いました。もちろん、音楽自体に客を乗らせるパワーがあるからパフォーマンスも引き立つのですけれども。



 15時からのファースト・ステージも良かったのですけど、18時からのセカンドステージはもっと凄かったです。ファースト・ステージとは若干セットリストを変えて、より一層、リズムの翻弄に巻き込んでいく感じでした。

 ファースト・ステージしか観れなかった人はちょっと残念でしたね。(^_^;

 セカンド・ステージでは、アンコールにも応えてくれたりもしました。(ちょっとユーモラスなパフォーマンスもあったりして。)



 短い時間でしたが、かなりおなかいっぱいと言う感じでした。一緒に見ていたマイミクさんはCDを買ったりしていましたけど、僕はすでに何枚かCDの予約を抱えているので(ストーンズの4枚組みライヴ、ジミ・ヘンドリクスの2枚組みライヴ)、今回は手が出ませんでした。

 ステージ横の宣伝用モニターに流れていた情報によると、彼らはすでに3枚のアルバム(全てがフルアルバムではないようですけど)を出しており、総売上が20万枚を越しているとか。現代のCD売り上げ状況からすると、これはかなり売れていると言って良いでしょうね。

 そんな彼らの実力を堪能できたライヴでした。(いやもちろん、彼らにしてみれば、「まだまだこんなもんじゃないぞ」と言いたいでしょうけど(笑)。)


 なお、今回は、動画は録りませんでした。(なので、youtube動画はもともとあったものを拾ってきています。)やっぱ、メジャーのミュージシャンなので、著作権に配慮して…。写真は良いのか、と言われると、よくわかんないんですが(笑)。














イヴェント:太田川緑地を歩こう!!。壁掛け電波時計。

 そんなわけで(って、毎度毎度、どんなわけなんでしょうね(^_^;)、安芸内漫歩倶楽部コミュニティのイヴェント「太田川緑地を歩こう!!」(http://mixi.jp/view_event.pl?id=46946330&comm_id=4533690)に行って来ました。大田川放水路の緑の川原を散歩しようと言うイヴェントです。

 元々は、先月末のハロウィン・ライヴ(11/4の日記参照)のとき、マイミクのHOBO みゆきさんから、このイヴェントについて聞かされていたのがきっかけでした。

 「あのイヴェントいつだったかな、もう終わったのかな」などとのん気に構えていたら、昨日、マイミク一行さんの日記にこのイヴェントのことが書かれていたので(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1336981865&owner_id=10825715)、どうしようかなと思っていたら、マイミクBennieさんからも誘われたので、行くことにした次第です。

 残念ながら、最初に誘ってくれたみゆきさんは、諸々の事情で不参加。当日集まったのは10人。マイミクの人も多かったですが、そうでない人も数名いました。



 僕は広島生まれの広島育ちのくせに、広島の地理にはうといので、前日に、集合場所の新竜王橋へ下見に行ってみました。ちょっと迷ったけど、(オ
イオイ(^_^;)なんとか橋の場所は分かりました。ですが、具体的に橋のどこに集まるのかよく分からなかったので、もう一つの集合場所の、鉄橋南の駐車
場(距離的には新竜王橋と目と鼻の先)もチェック。こちらの方がアクセスしやすかったので、当日は、こちらに行くことにしました。多分、誰か知った人がい
るだろうから、声をかけてもらえるだろう、と、アバウトな予想を立てて(笑)。(自分から声をかける、と言う選択肢もあるんですけどね(笑)。)



 てなわけで、今朝は7時半に目を覚まし、9時50分の集合時間に間に合うように、9時10分頃に家を出ました。ほんと言うと、もう10分早く出たかったところですけどね。まぁ、ちょっとお寝坊さんだったのさ!。(絶好調の時は朝5時前に目が覚めます。)

 9時45分頃、集合場所の駐車場へ行ってみると、一見して知った人がいなさそうだったので、自転車だけ停めて(そう、自転車で行動してるんで
す!)、新竜王橋へ向かってみようかな、と、思ったところ、ちょっと離れたところの自動車から、声をかけられました。マイミクCHOKKENさんだと思う
のですけど、一行さんも一緒にいたので、一行さんだったかもしれません。いずれにせよ、参加者の知人に無事会えたので、当初のもくろみは果たされました。

 その他の皆さんも無事、駐車場に集合し、ウォーキングが始まりました。

 ちょっと涼しいかな、と言う気候で、快晴とは行かなかったのですが、雑談しながら、気持ちよく歩くことが出来ました。JR鉄橋の下から北上し、
祇園大橋付近の行けるところまで行って(低いフェンスでさえぎられていました)、そこから元の駐車場まで歩いて戻りました。だいたい、一時間ほどのウォー
キングでした。駐車場についた時は11時まわっていたと思います。

 駐車場に着く直前に、ミニゲームで、宝探しをしました。事前の仕込みは一行さんがされていました。僕は、モネの絵のミニチュアの複製を貰いました!。(今は僕の部屋の入り口に飾って、というか、置いて(?)あります。)

 その後は、近くの西区民会館に行って、楽しいお弁当タイム。一行さんの奥さんのユミさんがおにぎりをたくさん作ってくださっていたので、ご相伴
に預かりました。ちらし寿司の味付けで、美味しかったです。サツマイモをふかしたものも用意されていたのですが、これも美味しかったです!。ご馳走様でし
た!。あ、そうそう、マイミクのothersたかしさん、ビール、ご馳走様でした!。てか、当然のようにビール代払おうとしなかった僕って…。(^_^;

 雑談しながら、お弁当を食べ終わり、楽しいイヴェントも解散の時とあいなりました。

 次回は、新春にスケート大会を予定しているそうです。スケート、滑ったこと無いんですけど、参加しても良いですかぁ~?、って感じです!。


 さて、調子が良い日には、あれこれ予定を入れてしまうのが僕の悪いくせです。

 今日も、散歩のイヴェントから帰ってきて、時計を買いに出かけました。

 うちのリヴィング(と呼んでいる部屋。単なる6畳間なんですけどね(笑))の時計が壊れてしまって、どうしようもなくなっていたので(100円
ショップで買った時計をしばらく飾っていたのですが、これもすぐ時間が狂ってしまい、使い物になりませんでした)、家電量販店デオデオで、2,980円の
壁掛け電波時計を購入しました。



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。



 こんな感じの時計です。電波時計なので、時間合わせの手間が無いのがありがたいですね。これで太陽電池なら、電池の交換もしなくて良かったんですが。















音楽CD:大塚愛/LOVE is BEST その他、予約中のCD。

 9/9以来、購入したCDは、ファンク・ミュージックでも、アリソン・ムーラーでもなく、…大塚愛でした~。ドテっ。

 昨日、楽天から届きました。発売日を一日越して到着とは、なめてくれるじゃねぇか、楽天。


 大塚愛/LOVE is BEST(DVD付き)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


 通常版と100円くらいしか違わなかったので、DVD付を買いましたが、多分見ないだろうなぁ(笑)。

 初回限定封入特典:「ラブ アイズ」(メガネ)付、と、有りまして、確かにそういうものが入っていたんですが、これを、どうしろと!?。ワタシ、音楽リスナーなんですけど!?。

 本体のCDは、ベストものと言うよりは、コンピレーションもの。新曲一曲に、ヴァージョン違いが4曲。大塚愛もとうとう新曲を書くネタが尽きたか!?、と、危惧させるような内容ですが、こういう、苦しい時に離れていくのは本当のファンではない、と、僕は思います。

 ツアーをやるので、それに合わせた新譜が欲しいと言うことでのリリースらしいです。個人的には、フェイヴァリットの「甘えんぼ」が収録されてい
るのが嬉しいです。ライヴでも当然演るんだろうな~。こないだのMusic
Loversでも演ってたし。ライヴDVDでたら、また買っちゃうんだろうな、この一曲のために(笑)。

 大塚愛の初心者には薦めないけど、聴き込んできた人は黙って買って聴く、そういうアルバムかな。…まぁ、聴き込んでいるといっても、僕の場合、最初の3枚のアルバムは持って無いんですけどね。(^_^;



 あ、参考までに、今僕が予約しているCDです。



 ローリング・ストーンズ/ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(3CD+DVD)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


 ディスク1はオリジナル・アルバム、ディスク2はストーンズの未発表ライヴ、ディスク3はサポート・アクトの、B.B.キングとアイク&ティナ・ターナーのライヴです。ディスク4はDVDで、デイスク2楽曲の映像が収録されるらしいですね。国内盤は12/9発売の模様。

 これは、アマゾンが安かったので、アマゾンで予約しました。


 ジミ・ヘンドリクス/エンジョイ~L.A.フォーラム1970(2CD)



 

 
 

 

商品詳細、購入はこちらから。


 1970年4月25日の白熱(多分(笑))のライヴ。最後期の頃の演奏ですね。ジミ・ヘンドリクスは久しぶりなので、楽しみですね。

 これは、ネットでも割引きが無かったので、街のタワーレコードで予約しました。11/25発売予定。











通院日記:眼科(糖尿関連)編。

 え~、今日は、年に一度の眼底検査の日です。糖尿病に絡んだ検査でして、眼球に出血がないかを検査するものです。糖尿とどう関係あるかと言うと、僕もよく覚えてないのですが、糖尿病患者は、眼球に出血している人が多いんだそうです。
 糖尿病の治療を始めて、初めて眼底検査を受けた時は、僕も出血してまして、半年に一度、眼科に検査に行っていました。
 程なくして、糖尿の治療の効果が現れて、眼底の出血はなくなり、半年に一度でなく、一年に一度の検査で良くなりました。
 でも、毎年、診てもらうたびに、「また出血してるんじゃないか」と、心配になります。
 検査は、視力検査から初めて、専用の目薬による「目を開く」処置を行います。どう表現してよいか分かりませんが、この処置によって、眼底検査が可能になるのです。ただし、視力に影響が出て、物がまぶしく見えたり、近くのものがぼやけたりします。5時間くらいは薬の効果が続きます。なので、通院に自分で運転するのは禁物。自転車でも駄目だそうです。ですので、今日はバスで通院しました。
 そして、この検査、やたら、目に光を当てるので、まぶしくてしょうがないのです。はっきりいって、苦手です。一年に一度でよかった(笑)。
 今回も、眼底に出血はなかったのですが、「白内障の気が有る」と言われてしまいました。詳しく聞くと、「深刻な症状ではない」と言うことなのだそうですが…。この病気、根本的な治療法が無いんですね。(家に帰ってからネットで調べました。最終手段としての手術はあるようですが。)発症したら、症状は進んでいくばかり…、なんだそうです。なんだか憂鬱ですが、症状には個人差が有り、死ぬまで発症に気づかない場合も有るそうです。今回は眼底検査で、顕微鏡的に見つかったので、自覚症状は無く、もしかしたら、このまま、特に視力に支障が無く進んでいくかもしれません。…そうだといいな。(..ゞ




プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR