【PC Tips】Windows 8.x にXP風なプログラム・メニューを追加する。(フリーソフト不要、無料!、レジストリ操作なし!。)

 さて、スタートメニューが無くて使いづらいと評判の Windows 8.x 。今回は、そんなWindows 8.xにWindows XP風のプログラム・メニューを追加しようというもの。もちろん無料。フリーソフトのインストールも不要。レジストリもいじらない。要らないと思ったら、ゴミも残さず消せる。安心して試してみてほしい。
 また、基本的にWindows7でも同じ方法でXP風プログラム・メニューを追加できるはずだ。7のメニューは使うたびに項目が変わってかえって使いづらいという人(僕だ)は試してみてほしい。自分のログインアカウントがわからないという人は途中までしかついてこれないが、そこまででもそこそこ便利なので、ついてきてみて欲しい。
 ではタスクバーに注目してみよう。標準だと画面の下に鎮座ましましているおなじみのアレだ。(以下、Windows 8.1 Pro のデスクトップ画面の場合で示す。)



 タスクバーの何も無いところで右クリックすると、メニューが出てくるが、その項目の中に(一番上)、[ツール バー(T)]というのがあるのがお分かりだろうか。それをクリックすると色々出てくる。



 手始めに、[デスクトップ(D)]と言うのを選んでみよう。
 タスクバーに、「デスクトップ」と言う項目が追加されたのがお分かりだろうか。この項目の右端にある「>>」をクリックすると、あら不思議!。(と言うほどの物ではないが。)デスクトップ上のアイコンがここからアクセスできるようになっている。



 これだけでもずいぶん便利になったと思う。筆者は、XP時代にこの機能を使い、スタートメニューとデスクトップメニューの二刀流で便利に使っていたものだ。

 さぁ、それでは、小手調べは済んだので、本番に行こう。追加したデスクトップメニューを取り除くのは、タスクバー右クリック-[ツール バーを閉じる(C)]をクリックすればよい。追加したいときはいつでも手軽に追加できるので、今は消しておいても良い。
 さて、本番も段階を踏む事にする。プログラム・メニューは実は二種類有って、ユーザーごとのメニューと、ユーザー全員が使うメニューがある。まぁ、なんのことかわからなくてもいい。ユーザー全員が使うメニューの方が簡単なので、そちらから追加してみよう。例のごとく、タスクバーを右クリックだ。
 今度は[ツール バー(T)]の中の[新規ツール バー(N)...]をクリックする。



そうすると、フォルダ選択ダイアログ[新規ツール バー - フォルダの選択]というのが開くはずだ。



 画面下の方の[フォルダー:]欄に以下の一行をコピーして貼り付けてほしい。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs




 あぁ、ちなみに、これは、システムをC:にインストールしてある場合だが、まぁ、余程のことがない限りC:だろう。
 コピー&貼り付けができたら、[フォルダーの選択]ボタンをクリックする。
 すると、「プログラム」という項目がツールバーに追加されたはずだ。「>>」をクリックすると、全ユーザーで共通で使えるプログラムがメニューで表示される。



 これでかなり便利になったはずだ。いちいちモダンUIを起動しなくても、このメニューからたいていのプログラムは起動できる。
 しかし、まだ終わりではない。各ユーザーごとのプログラムが、この中には入っていない。また、このメニューは色々カスタマイズ可能だが、全ユーザー共通のメニューを個人用にカスタマイズするのは、ちょっと美しくない。まぁ、独りで使っているPCなら別にいいんだけど。でも美しくないし、推奨したくない。
 というわけで、ユーザーごとのメニューも追加してみよう。これはちょっとハードルが高くなるが、しっかりついてきてほしい。
 まず、自分がPCにログインするアカウント名を確認する必要がある。色々確認する方法はあるが、まずはC:\をエクスプローラで開き、その中の「ユーザー」というフォルダを開こう。




 すると、その中に幾つかのフォルダが有る。自分がログインの時に使っているユーザー名のフォルダが有るだろうか。それが見つかれば話は早い。人によっては、Microsoftアカウントでログインしている人もいるだろう。僕なんかそうで、その場合はMicrosoftアカウントに登録した名前があるだろう。僕は「大山 基久」で登録したが、このフォルダでは「基久」と言うフォルダが有る。これが目的のフォルダだ。



 自分のアカウントのフォルダが分からないと言う人は、申し訳ないが、ここで頓挫だ。自分でPCをセットアップしたのならわかるはずだが、他人にしてもらったと言う場合は、セットアップしてもらった人に確認するしかないだろう。盲滅法にフォルダを開いて確認するというのはお勧めできない。

 さて、自分のアカウントのフォルダが確認できたとしよう。ここからは、隠しフォルダをいじっていくので、フォルダオプションを確認/変更しておこう。エクスプローラの上部にあるリボンから[表示]と言うタブを選択し、[オプション]をクリック。「フォルダー オプション」ダイアログを開く。上部のタブから[表示]を選ぼう。その中の[詳細設定]の中にある[ファイルとフォルダーの表示]を見る。「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」の方に●が着いていればOK。ついていなければ、「~表示する」の方をクリックして●を着け、[OK]をクリックして「フォルダー オプション」ダイアログを閉じる。エクスプローラも閉じて良い。この「「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブ」の項目は、作業終了後、好みに応じて「~表示しない」の方をクリックしておくといいだろう。



 さて、作業再開。ここからしばらくはフォルダの探索になる。しっかりついてきてほしい。
 では、タスクバーを右クリック-[ツール バー(T)]-[新規ツール バー(N)...]-[新規ツール バー - フォルダの選択]まで開いてほしい。




 そして、自分のアカウントのフォルダを開こう。僕の場合は「C:\ユーザー\基久」だ。以降、図は端折るが、

C:→ユーザー→基久(あなたのユーザー名のフォルダ)→AppData→Roaming→Microsoft→Windows→スタート メニュー

 と開いていく。



そして、いよいよ「プログラム」というフォルダ(ショートカットの方ではない。つまり、矢印のついていない方)を選択し、画面下の方の[フォルダー:]欄に「プログラム」と表示されているのを確認して、[フォルダーの選択]ボタンをクリックする。



 タスクバーにもう一つ、「プログラム」が表示されるだろう。こちらは、あなただけのメニューだ。好きにカスタマイズしていい。



 最後にメニューカスタマイズのために「プログラム」を簡単に開く方法を記しておこう。タスクバーに登録された「プログラム」(2つのうちのどちらでもいいが、あなただけのメニューのほうが好ましいのは前述のとおりだ)を右クリックして出てくるメニューから[フォルダーを開く(O)]をクリック。プログラム・メニュー・フォルダの中身がエクスプローラで表示されるはずだ。あとは、好みに応じてカスタマイズしていけばいいだろう。僕は、ユーザー全員のメニューの方の「プログラム」は、ユーザーごとの(自分の)メニューの中にショートカットを作成し、そちらから必要に応じてアクセスするようにしている。こうすれば、タスクバーに「プログラム」を2つ表示させなくても良い。また、デスクトップ(C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\デスクトップ)のショートカットもここに作成している。マイコンピュータのショートカットを作成しておいても便利だ。(これはやり方は自分で探求してみてほしい。)
 等など、カスタマイズ可能なプログラムメニューをあなたも手に入れたわけで、これで、PCライフもグッと快適になるだろう。なるといいなぁ。なってよね?。(^_^;
スポンサーサイト

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

晒します。

 こんなDMが来ても、余裕の無視でOKです。
 間違っても連絡とったりしないように。

 
   

【道具】トング for ポテトチップス

 イエロー・マジック・オーケストラの曲にあったな。…それは“トンプー”か…。(^_^;
 それはともかく、Twitpicが文字化けしているという今日この頃、皆様、いかがお過ごしですか?。



R0013534




 モコ2☆ヒツジさんがちょっと前の日記(9/21、友人の友人まで公開、なので、私のマイミクさんは読めますね)で、類似品を入手してレポされてましたね。
 僕の場合は、近所のセブン・イレブンでポテトチップスを買ったら、おまけでもらえました。只です、只。只ほど高い物は無い。あ、こりゃこりゃ。



 まぁ、それはともかく、トング、という物です。流行ってるのかな、これ?。
 説明書きはこんな感じ。
R0013535




 開封してみると、素の製品はこんな風貌です。
R0013536




 さっそく、これでポテトチップスを食べてみました。いや、正確には、コイケヤのカラムーチョですが(笑)。
R0013537




 カラムーチョを食べる限りでは、なかなか快適に食べられました。



R0013538




 最後の一枚まで、この通り!。



 と、ここで終わっておけば、「あぁ、便利なのね」なのですが。(^_^;
 写真はつけませんが、肝心のカルビー製のポテトチップスでの使用感。
 カラムーチョは、砕かれた砕片がないので、このトングで快適につまめましたが、カルビーのポテトチップスはそうは行きませんでした。細かく砕かれた砕片をつまむのはちょっと難しかったです。結局素手で、砕片をかき集めて口に放り込むという、いつもと変わらないエンディング(笑)に…。



 とはいえ、大まかには便利な物と認識。しばらくは使ってみましょう。

クレーム日記、デオデオカード編。

 クレジットで使用しているデオデオカードが、ライフからオリコに変更になり、切り替えに関して、トラブルが発生しました。
 オリコへの切り替えはオンラインでも出来ると案内に有ったので、Webからおこなったのですが、その時、銀行口座の振り替え情報まで引き継がれないことに気がつかなかったのでした。その結果、先週の金曜日、「振り替え金融機関が登録されておりません」というお知らせとともに振込用紙が…。
 ふ、ふ、ふざけんな~!。振り込みじゃぁ、余計な手数料がかかっちまうじゃねぇか~っ!。だいたい、金融機関の振り替え先が決まってないことぐらい、Web上やメールで注意の知らせをしろよ~。何のためにオンラインでユーザー登録したのだ~。僕は、登録してから、結構、足しげく、オリコのWebで自分の決済情報をチェックしていたのです。しかし、そのWeb上で、「振り替え金融機関がまだ届け出られていません」なんて注意事項は、毛ほどにも表示されていないから、僕は安心していたのだ~っ!。
 そこへ、青天の霹靂で、振り替え用紙と、金融機関申し込みの用紙が送られてきたのです!。
 とりあえず、面倒は起こしたくなかったので、金融機関申し込み用紙に記述して投函し、振り替え用紙で、振り込み手数料も払って振り込みました。
 しかし、納得行かない。振り込み手数料はせいぜい¥63円のものだったけど、僕に瑕疵が有るわけじゃないのに払わなければならないのが納得いかない。それに、用紙振込みだと、デオデオ・ポイントは付かないんじゃないか!?。二重で損なような気がする。(厳密に言うと、僕に瑕疵が無いわけではありません。よく考えれば、クレジットカードの信販会社が変われば、金融機関情報は引き継がれようが無いはずだということに思い至るはずだからです。…しかし、それについて、なんの説明も無いってのは、ユーザー・フレンドリーじゃ無い!。)
 昨日まで、体調が優れなかったので、電話してなかったけど、今日、やっと、文句の電話をしました。
 僕の要求は二つ。
 (1)払い込んだ金額に関してデデオ・ポイントを付けてくれ!。
 (2)振込み手数料を返却してくれ!。



 …と、ここまで、書いてきて、先を書くのがめんどくさくなってしまいました(笑)。
 まぁ、結果だけかいつまんで言うと、
 (1)デオデオ・ポイントは、振込みでもつくような仕組みになっていた。ので、問題なし。
 (2)振込み手数料は、今回に関しては、次回引き落とし時に払い戻しをする。
 ということになりました。
 金融機関の申し込みの登録までは一ヵ月半かかる場合があり、その場合は、また、用紙で振り込まなければならない場合も有るとのこと。その場合は、振り込み前に再度連絡すれば、振り込み手数料が発生しないように出来る、とのことでした。
 まっ、クレーム対応能力としては、まぁまぁだったんじゃないかな?。










まんが図書館の貸出機の不思議。

 今年の6月末週から、自転車で片道30~40分かけて、まんが図書館に、ほぼ、毎日通っているわけですが。
 この図書館で、不思議なことが一つあります。
 貸出機。
 いつも、係りの人に、借りる本と自分の貸出カードを出すと、スキャナーでスキャンして貸出票を印刷して渡してくれます。
 不思議なのは、本の情報をスキャンしている様子がないのに、印刷された貸出票には、本のタイトルが(巻数までは無いのですが)印字されているのです。いったいどこで本の情報を取得しているのでしょう?。
 不思議に思った僕が、ふと部屋の隅を見ると、そこには、「自動貸出システム」なるものが…。

 




 
 

 どうやら、係りの人が使っているのと、原理は同じのものの模様。コレを使って借りてみれば、謎が解明できるのではないか!?。さっそく借りてみましょう。



 




 
 



;
 ここは本を置く所のようです。ん~特別スキャナらしきものは無いですが…。



 




 
 



;
 ディスプレイはタッチパネルになっているようです。指示に従って、操作してみましょう。貸出ボタンに触れてみます。



 




 
 

 さっきの台の上に、本を置きました。



 




 
 

 スキャナで利用券を読み込むよう、ディスプレイに表示されます。



 




 
 



;
 スキャナは台のうえにあるコレです。



 




 
 


 僕の利用券はコレ。個人情報丸出しですが、気にしません(笑)。


 



 
 

 利用券をスキャンしました。「4冊貸し出し中。1冊まで貸出できます」と表示されます。ちなみに、正しい情報です。…ま。当然ですか…。



 




 
 

 「台の上に本を置いてください」と出ます。すでに本を置いているので、本の冊数が出ます。…て、ここから、もう、不思議ゾーンです。どうやって冊数を判定しているのでしょう?。まぁ、この場合はたまたま選択肢が一つ「1」冊だけですが、複数借りると、複数の冊数が表示されるのかもしれません。その中から、実際の冊数を選ぶようになっているのでしょう。多分、重さとかで概算を出してるんじゃないかな。と、無理やり納得してみます。
 この場合は「1」しか表示されていないので、「1」にタッチします。



 




 
 



;
 すると、「貸出の確認」画面になりますが、なんと!。画面下半分で本の名前が!「Happy!」と!。いったい、どこで、本の情報を取得したのでしょうか!?。謎は深まるばかりです。



 貸出ボタンにタッチすると、貸出票が印刷されて出てきます。
 




 
 



;
 ちょっと丸まってますが(^_^;、こんな感じです。



 




 
 



;
 今回借りた本は、浦沢直樹の「Happy!」第2巻でした。



 結局、本の情報をどこで取得しているのかは、分からずじまいでした。
 やっぱり、台の上に載せたとき、なんらかスキャンしているんでしょうか?。
 本の裏に、タグらしきものがあるのですが、今回わざとそれが台から読み取れない方向に本を置いたのですが…。う~ん、謎です!。



































 ◎2009年07月29日(水)追記。
 今日、図書館の係りの人に、「どうやって本の情報を取得してるんですか?」と聴いたら、本の後ろの、裏表紙の裏を見せてくれて、「ここにICチップがあるんですよ。台の下に機械が有って読み込んでいるんです。」と教えてくれました。複数の本を重ねていても、ちゃんと全部の情報を読み取る優れものだそうです。一度に借りれる冊数は5冊までなので、充分対応できるんでしょうね。

 本の裏をめくったところ。カバーとの境目にICチップがあるのが分かるでしょうか。(カバーは本にセロテープで止めてあるので、めくることが出来ません。)
 




 
 


 



 そのICチップをアップで撮ったものです。「M750AG4」と有ります。
 




 
 



 こんな小さなICチップが、図書の管理に一役買っていたんですね。







プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR