【音楽CDレビュー】ジミ・ヘンドリクス/ウェスト・コースト・シアトル・ボーイ(4CD+DVD)

 

 
 


 ウェスト・コースト・シアトル・ボーイ~ジミ・ヘンドリックス・アンソロジー(完全生産限定盤)(DVD付)








 West Coast Seattle Boy: The Jimi Hendrix Anthology [Box set, Collector's Edition, Import, from US]













 West Coast Seattle Boy [CD, Import]





ディスク:1
1. Isley Brothers: Testify
2. Don Covay: Mercy, Mercy
3. Don Covay: Can't Stay Away
4. Rosa Lee Brooks: My Diary
5. Rosa Lee Brooks: Utee
6. Little Richard: I Don't Know
7. Little Richard: Dancing All Around The World
8. Frank Howard & The Commanders: I m So Glad
9. The Isley Brothers: Move Over And Let Me Dance
10. The Isley Brothers: Have You Ever Been Disappointed
11. Ray Sharpe: Help Me (Get The Feeling) Part One
12. The Icemen: (My Girl) She s A Fox Listen
13. Jimmy Norman: That Little Old Groove Maker
14. Billy Lamont: Sweet Thang
15. King Curtis: Instant Groove



ディスク:2
1. Fire - Previously Unreleased Alternate Recording
2. Are You Experienced - Previously Unreleased Recording
3. May This Be Love - Previously Unreleased Alternate Recording
4. Can You See Me - Previously Unreleased Alternate Recording
5. The Wind Cries Mary - Recorded Live At: Stockholm, Sweden, September 5, 1967
6. Love Or Confusion - Previously Unreleased Alternate Recording
7. Little One - Previously Unreleased Recording
8. Mr. Bad Luck - Previously Unreleased Alternate Recording
9. Cat Talking To Me - Previously Unreleased Alternate Recording
10. Castles Made Of Sand - Previously Unreleased Recording
11. Tears Of Rage - Previously Unreleased Recording
12. Hear My Train A Comin' - Previously Unreleased Recording
13. 1983 (A Merman I Shall Turn To Be) - Previously Unreleased Recording
14. Long Hot Summer Night - Previously Unreleased Recording
15. My Friend - Previously Unreleased Recording
16. Angel - Previously Unreleased Alternate Recording
17. Calling All The Devil's Children - Previously Unreleased Recording
18. New Rising Sun - Previously Unreleased Alternate Recording



ディスク:3
1. Hear My Freedom - Previously Unreleased Recording
2. Room Full Of Mirrors- Previously Unreleased Alternate Recording
3. Shame, Shame, Shame - Previously Unreleased Alternate Recording
4. Messenger - Previously Unreleased Recording
5. Hound Dog Blues - Previously Unreleased Recording
6. Untitled Basic Track - Previously Unreleased Recording
7. Star Spangled Banner - Recorded Live At: Los Angeles Forum, April 26, 1969 - Previously Unreleased Original Mix
8. Purple Haze - Recorded Live At: Los Angeles Forum, April 26, 1969 Previously Unreleased Original Mix
9. Young/Hendrix - Previously Unreleased Alternate Recording
10. Mastermind - Previously Unreleased Recording
11. Message To Love - Previously Unreleased Alternate Recording
12. Fire - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969 - Previously Unreleased Recording
13. Foxey Lady - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969 Previously Unreleased Recording



ディスク:4
1. Stone Free - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969 - Previously Unreleased Recording
2. Burning Desire - Previously Unreleased Recording
3. Lonely Avenue - Previously Unreleased Recording
4. Everlasting First - Previously Unreleased Alternate Recording
5. Freedom - Previously Unreleased Recording
6. Peter Gunn/Catastrophe - Previously Unreleased - Alternate Recording
7. In From The Storm - Previously Unreleased Alternate Recording
8. All God's Children - Previously Unreleased Recording
9. Red House - Recorded Live At: (Berkeley Community Theater, Berkeley, CA, May 30, 1970 - Previously Unreleased Recording)
10. Play That Riff - Previously Unreleased Recording#
11. Bolero - Previously Unreleased Recording
12. Hey Baby - Previously Unreleased Alternate Recording
13. Suddenly November Morning - Previously Unreleased Recording



 昨年12月に国内発売された、ジミ・ヘンドリクス・アンソロジー。5ヶ月以上聴き込んできたので、そろそろCDチェンジャーから出す時期かな、という感じなので、レビューしておきます。



 Hey Baby - Previously Unreleased Alternate Recording



 http://youtu.be/oA1la32AmQA



 その前に言っておきたいことが。入手時の日記にも書いた事なのですけれども。このBOX-SETのライヴ音源で、「Previously Unreleased」となっている物は、実は、すべて既発音源です。以下、その既発音源を列挙して、検証してみたいと思います。



 ディスク:2-5. The Wind Cries Mary - Recorded Live At: Stockholm, Sweden, September 5, 1967
 ライヴ・イン・スカンジナヴィアVol.1 [6CD Box set, Limited Edition, Live]
 




 
 


 ディスク:3-3.に収録。




 ディスク:3-7.~-8.Star Spangled Banner ~ Purple Haze - Recorded Live At: Los Angeles Forum, April 26, 1969
 L.A.フォーラム・コンサート69 [Limited Edition, Live]

 




 
 


 -6.-7.に収録。





 ディスク:3 -12. Fire - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969
   同    -13. Foxey Lady - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969
 ディスク:4 -1. Stone Free - Recorded Live At: Fillmore East, NY, December 31, 1969
 2ナイツ・アット・ザ・フィルモア・イースト [6CD Box set, Limited Edition, Live]






 
 


 

 ディスク:2 -6.Fire
 ディスク:2 -10.Stone Free
 ディスク:3 -4.Foxey Lady
 に収録。





 ディスク:4 -9.Red House - Recorded Live At: (Berkeley Community Theater, Berkeley, CA, May 30, 1970
 ライヴ・アット・バークレイ: ファースト・ショウ [Limited Edition, Live]




 
 



 7.に収録。



 “The Wind Cries Mary”は未発表とは銘打っていないですが、ブックレットの解説では、元音源はすでに廃盤となっています。(まぁ、実際に廃盤なんですが。)元音源は、以下の4CDセットです。無理すれば買えないことは無いです。でも、ディスク4以外は他のCDでも聴けるので、ここで無理する事は無いと思います。オリジナルの国内盤は\8,200円でした。



 Stages [Import, from UK]




 
 









 Stages [Import, from US]

 




 
 






 ジミヘンの公式音源を管理しているエクスペリエンス・ヘンドリクス的には、これらの音源は、非正規音源として、未発表扱いしたい所なのでしょうが、こうして、ファンの手に届くような形で発売されています。



 演奏はどれも超逸品!。やはりジミのライヴは燃えるぜ!。
 と、一番書きたい事は書いちゃいましたので、それでは!。…あ、いや、もう少し、お付き合いを。




 ディスク1は、ジミが下積み時代にギタリストとして参加した音源で、45分ちょいしか収録されていません。ブックレットの解説では、まだ把握している音源が有ったようなので、出し惜しみせずに出して欲しかったと思います。とはいえ、ここら辺は、ジミとしては肩慣らしみたいなもので、通常のジミ・ファンにはそれほど楽しめない音源では有りましょう。かく言う私も、ディスク2からのほうが圧倒的に楽しんでおります。



 そのディスク2は、一曲目が単なるミックス違いで、ガクっと来ますが、諦めてはいけません。丁寧に聴き込めば、宝石はちりばめられています。全体的におおむね年代順に収録されているのですが、「アクシス」セッションの曲の合間に「エレクトリック・レディ」セッションと思しき音源が挟まっていたりして、細かな所はアバウトです。西洋人てそう言う所あるよね。
 面白い音源は、ホテルの一室でデモ録音された音源集で(ディスク:2-11.~-16.)、かなり早い時期に“エンジェル”が作られていた(この録音は1968年2月未明)事がわかって、興味深いです。(ブックレットの解説では、この一年前にかなり詰めて録音していた事が書かれている。)
 ディスク2のラストは、“New Rising Sun”のフルレングス版です。「ヴードゥー・スープ」に短縮版が収められていましたが、今回めでたく長尺版が収録されました。


 

 
 



 Voodoo Soup [Import, from US]



 Voodoo Soup



 ディスク3での白眉は、なんと言っても、9.Young/Hendrix でしょう。以前、アルバム「ナイン・トゥ・ザ・ユニバース」に10分強の短縮版が収録され、CD化もされましたが、ここでの21分弱にも及ぶ全長版には腰が抜けます!。素晴らしいの一言!。ラリー・ヤングのオルガンも、ジミのギターも燃えています!。
 メッセージ・フロム・ナイン・トゥ・ザ・ユニヴァース

 




 
 




 さらには、「ヴードゥー・スープ」にも収録された、かっこいい“Message To Love”が、ここでも再録されているのは、嬉しい所です。「ヴードゥー~」では、ドラムスがオーヴァーダブされていたのかな?。どうかな?。このボックスセットのブックレットの解説では、「クラッシュ・ランディング」の元ネタ音源、みたいな説明になっている。どっちが本当でしょう?。





 Crash Landing [Import, from US]

  
 





 



ディスク4で良いのは、ディスク3から続くフィルモアのライヴ音源と、バークレー1stショウからの“レッド・ハウス”。ここら辺の時期のライヴでの長尺化する演奏は答えられませんわぁ。スタジオ・テイクでは、11. Bolero~12. Hey Baby(New Rising Sun)がLIVE感溢れて感動的。



 全体的に、未完成マテリアルと、ほぼ完成済みマテリアル(Mix違いのみの物など)の落差が激しいボックスのような気がしますが、(個人的には、ほぼ完成済みマテリアルは要らんかったかも)聴き応えのあるBOX-SETには違いありません。こういうのって、限定盤にせずに、いつでも手に入れられるようにして欲しいんですけど、無理ですかね?。>レコード会社各位様。



 おまけ(なのかな?)のDVDは、ドキュメンタリー。まぁ、月並みな内容かな、と、僕は思いましたけど…。DVDは、国内盤が別売りもされていますので、解説が要らなければ、本体は輸入盤を購入して、それに、日本語字幕のある国内盤DVDを組み合わせる、という技もあります。…でも、DVD、月並みだよ(笑)。



 ウェスト・コースト・シアトル・ボーイ [DVD]

  
 




 DVDのさわりはこんな感じ。


 http://youtu.be/tb7wOGsCbBE



YouTube
        - Hey Baby

http://www.youtube.com/watch?v=oA1la32AmQA&feature=youtu.be [more]

スポンサーサイト

【音楽CDレビュー】SAM COOKE with The SOUL STIRRERS COMPLETE (3CD)

 Complete Recordings of Sam Cooke With Soul Stirrer


 

 
 
 



ディスク:1
1. Come, Let Us Go Back to God
2. Peace in the Valley
3. I'm Gonna Build on That Shore
4. I'm Gonna Build on That Shore
5. I'm on the Firing Line
6. I'm on the Firing Line
7. Joy, Joy to My Soul
8. Until Jesus Calls Me Home
9. Jesus Done Just What He Said
10. Jesus Gave Me Water
11. He's My Rock (Wait on Jesus)
12. How Far Am I from Canaan?
13. Christ Is All
14. It Won't Be Very Long
15. It Won't Be Very Long (take 2 - alternate)
16. It Won't Be Very Long (take 3 - alternate)
17. Jesus Will Lead Me to That Promised Land (take 1 - alternate)
18. Jesus Will Lead Me to That Promised Land [incomplete] (take 2 - alternate)
19. Jesus Will Lead Me to That Promised Land
20. Just Another Day
21. Let Me Go Home (take 1 - alternate)
22. Let Me Go Home
23. Jesus Paid the Debt
24. Jesus Paid the Debt (take 2 - alternate)
25. How Far Am I from Canaan?
26. How Far Am I from Canaan? [incomplete] (take 1 - alternate)
27. How Far Am I from Canaan? (take 3 - alternate)
28. Someday Somewhere
29. Someday Somewhere



ディスク:2
1. End of My Journey
2. He'll Welcome Me
3. He's My Friend Until the End
4. He's My Friend Until the End (take 2 - alternate)
5. I Have a Friend Above All Others
6. Come and Go to That Land
7. Come and Go to That Land (take 1 - alternate)
8. Come and Go to That Land (take 3 - alternate)
9. I'd Give Up All My Sins and Serve the Lord
10. I'm So Happy in the Service of the Lord
11. All Right Now
12. All Right Now (take 2 - alternate)
13. All Right Now (take 4 - alternate)
14. He'll Make a Way 2:36
15. He'll Make a Way (take 2 - alternate)
16. Jesus, I'll Never Forget
17. Jesus, I'll Never Forget (take 5 - alternate)
18. Any Day Now
19. Any Day Now (take 6 alternate)
20. One More River
21. Nearer to Thee
22. I'm So Glad (Trouble Don't Last Always)
23. Be with Me Jesus
24. He's My Guide (take 4 - alternate)
25. He's My Guide [incomplete] (take 12 - alternate)
26. He's My Guide (take 13)
27. Pilgrim of Sorrow
28. Pray [incomplete]
29. The Last Mile of the Way [incomplete] (take 1 - alternate)
30. The Last Mile of the Way (take 2A - alternate)



ディスク:3
1. The Last Mile of the Way
2. He's So Wonderful
3. Touch the Hem of His Garment
4. Jesus, Wash Away My Troubles
5. Farther Along
6. Must Jesus Bear This Cross Alone?
7. Pilgrim of Sorrow
8. Happy in Love
9. I Need You Now
10. I'll Come Running Back to You
11. Lovable
12. I Don't Want to Cry
13. That's All I Need to Know
14. Forever
15. Lord Remember Me
16. That's Heaven to Me (take 1 - alternate)
17. That's Heaven to Me
18. Were You There? [false starts] (takes 1-4)
19. Were You There? (take 5 - alternate)
20. Were You There?
21. Mean Old World (take 3 - alternate)
22. Mean Old World
23. I Have a Friend Above All Others
24. Be with Me Jesus
25. Nearer to Thee


 このCDを今年の1/27に買ってから、3ヶ月以上が過ぎました。一枚あたり一ヶ月の聴き込み、と、換算すれば、それなりに聴き込んだことになるのでしょうが、正直、まだ聴き込み足りない!。本当はまだまだ聴き込みたいんですが、僕のCDチェンジャーにはセットできる枚数に限りがある。新しいCDを入手したら、旧いCDから出さざるを得ない。なにしろ、同じサム・クックの、「Keen Records Story」(3CD)を4/26に注文、同日に発送済みなので、それが届いたら、このソウル・スターラーズのCDは、チェンジャーから出さなければならない運命なのだ。…などと悠長に下書きしていたら、今日、「Keen Records Story」が届いてしまった。急いでチェンジャーの内容を入れ替える。「Keen Records Story」のことはまたいずれ書くとして。
 それにしても、すばらしい内容のCDです。サム・クックがスペシャルティ・レコードに吹き込んだ全音源のコンプリート。各CD74分以上の、限界ぎりぎりの収録時間。そして、なにより、演奏が、サムの歌が、本当に素晴らしい。(もう一人のリード・シンガー、ポール・フォスターも見事!。)
 中心となる吹き込みは、当然、ゴスペル・クワルテット、ソウル・スターラーズによるもの。(5人組なのに「クワルテット」なのはゴスペルのお約束。少人数なら4人を超えていてもカルテットと言うのです。ある程度以上の大人数になると、クワイヤ、だそうです。)マイミクさんに指摘されて、ゴスペル以外の曲も、スターラーズ以外のメンバーと吹き込んだものが入っていると教えてもらいました。そういわれて聴くと、バックの演奏がぜんぜん違います。(^_^; (DISC:3-(8)~(14))(その意味では、タイトルはちょっと紛らわしい。ソウル・スターラーズとしてのコンプリートであると同時に、前述したようにスペシャルティ・レコードでのコンプリートでもある。)
 ほぼ吹き込み順に収録されていて、スタジオ録音は、1951年3月1日(木)のものから、1957年の4月19日(金)まで。前述した世俗曲は1956年の8月21日(火)と12月12日(水)に吹き込まれています。3枚組みのラストは、1956年7月22日(日)にシュライン・オーディトリアムで収録された、大盛り上がりのライヴ音源です。日曜日のAuditoriumですよ。神様にお祈りを捧げていたんでしょうねぇ。まぁ、盛り上がる事、盛り上がる事。この3曲だけでもLP片面分の演奏時間!。サムも、スタジオでのスムースな歌声はどこへやら、激しくシャウトします。あえて時系列を乱してでも、このライヴでCDセットを締めたかったんでしょうねぇ、選曲者は。
 もちろん、スタジオ録音でも素晴らしいです、サムは。スムースな美声で、ぐいぐいとグループを引っ張っていきます。時には激しく、時にはまろやかに。男声ゴスペル・クワルテットというと、僕なんかは単細胞に、激しいシャウトを期待してしまうのですが、サムは、もちろん、激しいときは激しいのですが、滑らかに、まろやかに、というのが、やはり得がたい持ち味なのではないだろうか、と言う気がします。
 先の世俗曲でも、サムはのびのびと歌っていて、なかなか気持ち良いです。この世俗曲を録音した後の、スターラーズとの録音が、スペシャルティでの最後の録音となるわけですが。
 唯一残念なのが、輸入版だから仕方ないのですが、歌詞カードがない事です。以前の日記では、「どうせ無反省に神を礼賛してるだけの歌詞だろう」なんて強がって見せましたが、やはり、ゴスペルは祈りを聴かせる音楽。歌詞が欲しかったなぁ、と、これが唯一の傷です。
 それにしても、3枚組みのヴォリュームでもまだ足りない!、もっと聴きたいと思ってしまう!。ほんとにこれで全部なのか!?。隠してないか、スペシャルティ?!。隠すと為になんねぇぞ!。…いや、まぁ、今更、隠したりしてないだろうけど…。(^^ゞ

【音楽CD入手】ポール・マッカートニー&ウィングス/バンド・オン・ザ・ラン スーパー・デラックス・エディション(3CD+DVD)


 ポール・マッカートニー&ウィングス/バンド・オン・ザ・ラン

 




 
 




 

 

 ディスク1(41:10)
 1.バンド・オン・ザ・ラン
 2.ジェット
 3.ブルーバード
 4.ミセス・ヴァンデビルト
 5.レット・ミー・ロール・イット
 6.マムーニア
 7.ノー・ワーズ
 8.ピカソの遺言
 9.西暦1985年



 ディスク2(34:24)
 1.愛しのヘレン(オリジナル・アルバム未収録シングル(1973.10.26@UK)/アメリカ盤LP『バンド・オン・ザ・ラン』収録、1993年版CD『バンド・オン・ザ・ラン』にボーナス収録)
 2.カントリー・ドリーマー(「愛しのヘレン」シングルB面、1993年版CD『バンド・オン・ザ・ラン』にボーナス収録)
 3.ブルーバード(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 4.ジェット(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 5.レット・ミー・ロール・イット(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 6.バンド・オン・ザ・ラン(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 7.西暦1985年(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 8.カントリー・ドリーマー(『ワン・ハンド・クラッピング』より)
 9.ズー・ギャング(「バンド・オン・ザ・ラン」シングルB面(1974.6.28@UK)、1993年版CD『ヴィーナス・アンド・マース』にボーナス収録)



 ディスク3(ドキュメンタリーCD)(51:11)
 1.ポール・マッカートニー(ダイアローグ・イントロ)/バンド・オン・ザ・ラン (ナイスリー・トーステッド・ミックス)
 2.バンド・オン・ザ・ラン(オリジナル)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク1)
 3.バンド・オン・ザ・ラン(バーン・リハーサル:1989/7/21)
 4.ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク2)/マムーニア(オリジナル)(バックグラウンド)/デニー・レイン(ダイアローグ)/マムーニア(オリジナル)(バックグラウンド)/リンダ・マッカートニー(ダイアローグ)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク3)
 5.ブルーバード(ライヴ・ヴァージョン:オーストラリア1975)
 6.ブルーバード(オリジナル)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク4)
 7.ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク5)/ノー・ワーズ(オリジナル)(バックグラウンド)/ジェフ・エメリック(ダイアローグ)
 8.ノー・ワーズ(オリジナル)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク6)/トニー・ヴィスコンティ(ダイアローグ)/バンド・オン・ザ・ラン(オリジナル)(イラストレーション)/トニー・ヴィスコンティ(ダイアローグ)
 9.ジェット(オリジナル・フロム「ピカソの遺言」)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク7)/ジェット(オリジナル・フロム「ピカソの遺言」)(バックグラウンド)/アル・コウリー(ダイアローグ)
 10.ジェット(ベルリン・サウンドチェック:1993/9/3)
 11.ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク8)/クライヴ・アロウスミス(ダイアローグ)
 12.西暦1985年(オリジナル)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク9)/ジェームス・コバーン(ダイアローグ)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク10)/ジョン・コンテ(ダイアローグ)
 13.ミセス・ヴァンデビルト(オリジナル)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク11)/ケニー・リンチ(ダイアローグ)
 14.レット・ミー・ロール・イット(カーディントン・リハーサル:1993/2/5)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク12)
 15.ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク13)/ミセス・ヴァンデビルト(オリジナル)(バックグラウンド)/マイケル・パーキンソン/リンダ・マッカートニー/マイケル・パーキンソン(ダイアローグ)
 16.愛しのヘレン(クレイズド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク 14)/クリストファー・リー(ダイアローグ)
 17.バンド・オン・ザ・ラン(ストラム・ビット)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク15)/クレメント・フリュード(ダイアローグ)
 18.ピカソの遺言(オリジナル)(バックグラウンド)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク16) /ダスティン・ホフマン(ダイアローグ)
 19.ピカソの遺言(ドリンク・トゥ・ミー)(アコースティック・ヴァージョン)
 20.バンド・オン・ザ・ラン(ナイスリー・トーステッド・ミックス)/ポール・マッカートニー(ダイアローグ・リンク17)
 21.バンド・オン・ザ・ラン(ノーザン・コミック・ヴァージョン)



 ディスク4(DVD)
 1.バンド・オン・ザ・ラン(ビデオ・クリップ 5:10)
 2.マムーニア(ビデオ・クリップ 4:52)
 3.アルバム・プロモ(7:42)
 4.愛しのヘレン(ビデオ・クリップ 3:39)
 5.ウイングス・イン・ラゴス(無音のモノクロ映像に「バンド・オン・ザ・ラン」の別ヴァージョンをBGMとして使用 3:01)
 6.オスタレイ・パーク(ジェームス・コバーンなど、全ての出演者が登場するジャケット写真撮影の舞台裏 15:20)
 7.ワン・ハンド・クラッピング(TV放送用にアビイ・ロード・スタジオにて1974年8月に収録されたスタジオ・ライヴ 51:49)ジェット/ソイリー/C・ムーン/リトル・ウーマン・ラヴ/恋することのもどかしさ/マイ・ラヴ/ブルーバード/レッツ・ラヴ/オール・オブ・ユー/アイル・ギヴ・ユー・ア・リング/バンド・オン・ザ・ラン/死ぬのは奴らだ/西暦1985年/ベビー・フェイス


 ポールの名盤の再リリースです。
 あ、いや、失礼。
 ポールの「超」名盤の再リリースです。
 一度は、発売中止の憂き目に会いましたけれども、こうして無事にリリースされました。



 最初に梱包を開いて思ったことは、「装丁、豪華すぎ!」ってこと。そんなところにお金かけるんなら、もっと質素な装丁にして、価格を下げて欲しかった…。音源以外で豪華なのは、ノーサンキュー。(>_<)



 僕はこのアルバムを通して聴くのは初めてだったのですが、全9曲中、4曲も聴いた事がある曲があってビックリしました。ポールのライヴCDなどで聴いたのだと思うのですけれども、なるほど、このアルバムは名盤なんだな、と言う思いを強くしました。
 その他の初めて聴く曲も、スッと耳に入ってきて馴染みます。ポールのソングライター、サウンド・クリエイターとしての絶好調振りが感じられますね。



 ディスク2は、アルバム未収録曲3曲と、映像「ワン・ハンド・クラッピング」からの6曲です。
 アルバム未収録曲は、“バンド・オン・ザ・ラン”のシングル・エディット・ヴァージョンも入れて欲しかったな~。画竜点睛を欠く、って感じがするな。
 「ワン~」からの曲はDVDに収録されていない曲もあるので、マスターから採ったんでしょうね。ぶっちゃけ二次使用音源ですが、僕はこういうのは嫌いではありません。やっぱりCDで聴ける方が良いし。でも、そこまでやるんだったら、「バンド・オン・ザ・ラン」関係の曲だけでなく、その他の演奏曲も入れて、完璧版にしてほしかった。収録時間、34分ちょっとと、短いし。
 で、肝心の「ワン~」からの曲の演奏ですが、肌触りは、マスター・ヴァージョンとさほど変わりません。その意味では面白みはないのですけれども(ジミ・ヘンドリクスやストーンズとは違うって事かな)、逆説的に、この時期の新ウィングスの演奏力の高さを示しているような気がします。



 ディスク3は、メンバーのおしゃべりが入った、ドキュメンタリーCD。しかし、そういうのは普通、DVDでやらんか?。CDで延々話されてもねぇ。DVDでおしゃべりと字幕を一緒に楽しみたかったわ。まぁ、一応対訳はあるが。読む気にもなれんが(笑)。CDはやっぱり、純粋に音楽だけを楽しみたいと思うのよ。このディスク3があるだけで価格が倍以上高いと言うのは、納得いかんなぁ~。中途半端にレア音源がまじっとるのが、余計腹立たしい。こんなんだったら、レア音源だけ集めて、ディスク2と一緒にして欲しかった。



 DVDは…。ま、あんなもんでしょ(笑)。ディスク3で喋り捲っているせいか、ドキュメンタリー的な要素は少ないです。目玉はやはり、「ワン・ハンド・クラッピング」と言う事になるでしょうね。完奏されていない曲もありますが、それなりに観応え、聴き応えはあります。



 しかし、インタビューをだらだら書き連ねた、解説は、読む気になれんな~。もっと、資料的に的確にコンパクトにまとめた解説ができない物かね。そういうのは日本人ライターが得意なんだがな。外人は駄目だな。アルバム未収録曲のリリース年月日みたいな、基本的な情報すらも書いてないんだもんな~。(僕の探し方が悪いのかも知らんが。)



 あと、気になったのは、アルバム未収録のシングル曲の扱い。一枚物の通常盤には、それらの曲は収録されて無いみたいなんだが、それで良いのか!?。旧CDではボーナストラックで収録されていたでしょ?。ディスク2が付くデラックス・エディションは限定盤。せっかくのCDフォーマットを、もっと生かさんか?。



 と、後半はほとんど文句になってしまいましたが、それも、このアルバム本体が素晴らしいから。昨日、これが届いてから、ほとんどこの3枚のCDしか聴いてません(笑)。ハマっちゃったな~。(^^ゞ



 次は、「ウィングス・オーヴァー・アメリカ」を、ぜひ!。これも聴きたいけど聴けてない作品なんだな~。








 http://ohy.blog.ocn.ne.jp/ohyama/2010/09/dvd_398f.html

 ↑例の如く、アフィリエイトよろしくです。m(_ _)m




 

音楽レビュー:「大塚愛/I ♥ XXX」大塚愛、完全復活か?。

 大塚愛/I ♥ XXX (DVD付き)




 
 

 



 大塚愛/I ♥ XXX (通常盤)
 




 
 


 ♥は、黒抜きハートマークです。Windowsだとかろうじて表示されるようですが、機種依存文字だと思いますので、マッキントッシュや携帯ではまともに表示されてないかもしれません。











http://www.youtube.com/watch?v=McDhD-KtbjY

 ※この動画は、オフィシャルで提供されているものですが、曲の途中までしか収録されていません。


 この曲は、傑作だと思います。

 思えば、「甘えんぼ」で衝撃を受けて以来、僕が大塚愛に本当に求めていたのはこういう楽曲だったのかもしれません。

 「さくらんぼ」みたいなアッパーな曲が大塚愛の魅力だと思っている人には物足りないかもしれませんが、「甘えんぼ」がフェイヴェリットな僕に
は、ジャスト・フィットです!。

 正直、最近の大塚愛はスランプだと思っていました。企画編集版「LOVE is
BEST」で、Hip-Hopミュージシャンと共演したあたりが、一番不調だったと思いますが(彼女の楽曲のキャラクタにHip-Hopがまったく合って
いなかった)、今回の作品で、完全に復調したのではないでしょうか。美しいバラードで、「ゾッ婚ディション」あたりの軽薄さは微塵も感じられない、良い出
来になっています。

 願わくば、このレヴェルの作品を、今後も出し続けて欲しいものです。



 作品的には文句のつけようがないのですが、惜しむらくは、カップリング曲がないことです。大塚愛は、カップリング曲にも捨て曲がないので、今回
も、気合の入ったカップリング曲を入れて欲しかったと思います。あるいは、それほどこの一曲に注力していた、と、言うことなのかもしれませんが。

 なので、多分、僕は、このシングルは買わないと思います。アルバムに収録されるのは解り切っているので。

 楽曲的には大傑作ですが、販売方法には疑問が残ります。

 みんなのうたの8月9月の放送曲なので、そちらで堪能して、(できればエアチェックして)アルバムに収録されるのを待つ、と言うのが賢い消費者
かな(笑)。あ、でも、「ゾッ婚ディション」みたいに、アマゾンで大幅に値崩れしたら、買うかも(笑)。

 DVD付きに収録されている映像は、みんなのうた放送の映像とは違っているようですね。(掲記のYoutube動画がそれだと思われます。)み
んなのうたの保谷瑠美子のアニメーションが、曲調に良く合っていて、大変暖かく美しいので、こちらのほうが必見です。(しつこいようですが、是非録画保存
を!。)アレンジもちょっと違っていますので、必聴です!。(しつこいですが、是非録画…。)



 みんなのうた放送スケジュール

 http://www.nhk.or.jp/minna/schedule/schedule.html

 近いところだと、明日の午後7時50分の教育テレビがありますね。8月は、高校野球の関係で、みんなのうたの放送そのものが少なくなっているの
で、チャンスは逃さないようにしたいものです。



 「第77回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部・課題曲、と言うことなんですが、合唱で歌うにはちょっと、難しい曲じゃないかな、と言う
気がします。中学生たちがどんなに歌いこなすか、ちょっと興味があるところですけど…。まぁ、好きにやってくれい(笑)。ぼくは、もう、合唱には興味ない
(笑)。


 http://ohy.blog.ocn.ne.jp/ohyama/2010/08/i_xxx_c3b4.html

 ↑例のごとく、上記の僕のブログ経由で予約していただくと(9/8発売です)、僅かながら、僕にアフィリエイトが入りますので、よろしくお願い
します。m(_ _)m















 ◎2010年08月24日(火)追記

 みんなのうたの映像がyoutubeに上がっていました。保谷瑠美子さんの映像がとても素敵です。





http://www.youtube.com/watch?v=1td-Q_0GrEA

音楽DVD:ローリング・ストーンズ/ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実

 ローリング・ストーンズ/ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実[DVD] 




 
 



 傑作アルバム「メイン・ストリートのならず者」について、後付のインタヴューによって(まぁ、製作当時のマテリアルも有る事は有りますが)、製作時のエピソードなどをドキュメントしたものです。
 BBCが作成した60分ちょっとのメイン・ドキュメントに、メンバーや部外者のインタヴュー等を1時間半ほど追加してあります。
 正直、音楽的な興味をかき立てるような話はほとんど無いです。ボーナス・フィーチャーでのドン・ウォズ(だったと思うんだけど)が、若干つっこんだ話をしているくらいでしょうか。
 インタビューに答えている面々では、リズ・フェアがいい女だな、と、思いました(笑)。



 でもまぁ、「ならず者」製作時の混乱状況は伝わってきます。それを聞くと、良くそんな状況で2枚組みアルバムなんて作れたな、と、思ってしまいます。そこらへんが、ストーンズのしたたかさ、と言う事でしょうか。



 まぁ、\2,720円(Amazon、2010/7/27(火)現在)なら買っても良いかな、どうかな、ってとこですね。



 http://ohy.blog.ocn.ne.jp/ohyama/2010/07/dvd_2018.html
 ↑例のごとく、上記の僕のブログ経由でAmazonから購入していただくと、僕にアフィリエイトが僅かながら入りますので、よろしくお願いします。って、このレビューで買う気になる人いるんだろうか(笑)。

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR