【雑感】2016年を振り返って。#MickJagger #シンゴジラ #世界の片隅に @shiinamasako @paulmochiyan

 2017年も20日以上を過ぎて、今更「2016年を振り返る日記」を書くのも間の抜けた話しではあると思うのですが、かと言って、もたもたしていると音楽日記も上げなきゃだし(何度も書いていますが、別に誰に強制されているわけでもなく、単に僕の自己満足的なけじめとして書いているだけの日記ですが)、ここらへんでまとめておくかな、と。

 と言うのも、僕的にはどうしても書いておきたいことがあるのです。別にストーンズの日記を上げる予定があるのでその時に言及しても良かったのですが、これはやはり、別件として言っておきたい。

Deveraux Octavian Basil Jagger
 72歳のミック・ジャガー(ローリング・ストーンズのリード・ヴォーカリストで実質的なリーダー)が29歳の娘、メラニー・ハムリック(Melanie Hamrick)を妊(はら)ませたと言う事件(と言ってもいいんでしょうね)は、全世界の男性に勇気を与えたのではないでしょうか。(一部妙齢の女性からは不評を買ったとは思いますが。(^_^;)少なくとも僕はささやかながら励まされました。52歳の僕だって捨てたもんじゃない、と。いやまぁ、ミックと僕とではあまりにもいろんな条件が違いすぎるのではありますが。まぁ、良いじゃないですか、僕が9歳の娘と交際したいと思ったって(笑)。
 少し前になりますが、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズのギタリストで、ミックとはソングライターとしてもプロデューサーとしてもコンビを組んでいます)が、「ミックが昔マリアンヌ・フェイスフルにフラれたのは、ミックのちんぽのサイズがマリアンヌを満足させられなかったからなんだ」と言う、およそどうでも良い暴露話をしてミックに激怒されていました。しかし、さすがのキースもこの件ではミックに一目置かざるを得ないのではないでしょうか。生粋のジャンキーのキースには健康オタクのミックのような「繁殖力」はないでしょうからね。などと書いていますが、まぁ、キースもミックほどではないですが、すでに4人の子供がいるので、充分といえば充分ではあります。
 ちなみにミックは今回で8人目の子供になります。昨年の12月8日にミック立ち会いのもと無事出産が終わり母子ともに健康とのこと。掲記の写真はその赤ちゃんの Deveraux Octavian Basil Jagger 君(男の子なのですが、未だ「ちゃん」かな?)です。
 ミックとメラニーはすでに恋人関係を解消しているそうですが、そこは流石にミック。家族のための援助は惜しんだりしません。新しい家族の誕生を喜んでおり、彼女らのために日本円換算で8億円の大邸宅を買い送り、息子が18歳になるまで、毎月170万円(1万5千ドル)ほど養育費として支払うそうです。その時にはミックは91歳です。生きていれば、ですが。(^_^;
 僕がこの事件を知ったのは、ツイッターでフォローしているセミプロの女性シンガー 椎名まさ子さん @shiinamasako のつぶやきによってでした。ただ一言「ミック・ジャガーの底力。」と、つぶやかれていただけなのですが、事の次第を知らない僕は、「えっ!?、どこどこ?!。」と、間抜けなリプを返してしまいました。そのしばらく後に、寺田正典(敬称略失敬!) @paulmochiyan のつぶやきなどを見て事態を知ることになったのです。
 まぁ、僕は、基本的にはキース派だったんですけど、この件でころっと寝返ったね(笑)。流石だよミック!。男の鑑だ!。43歳年下の娘に自分の子供を産ませるとは!。及ばずながらも俺も9歳の女の子と…!。(やめとけ(笑)。)

 とまぁ、この件を書き連ねて、これ以上セクハラまがいの発言を連発してしまうのも何なので、ここらへんにしておきましょう。

 まぁ、一般的には、音楽業界の大事件と言えば、ディランのノーベル文学賞なんでしょうけど、その件は、以前ディランの日記でもう触れたし、僕的には「ふ~ん。あっ、そう」と言うレヴェルの話なので、今回は華麗にスルーしておきます。

 もう少しプライヴェートな話で行くと、今年は映画をたくさん観ました。なんと、映画館で3本も観てしまった!。(たった3本かい!、というもっともなツッコミ大歓迎です。(^_^;)そのうち一本はローリング・ストーンズの音楽映画『ハバナ・ムーン』で、これは後ほど音楽日記に上げる予定なので、今はパス。まぁ、映画としてと言うよりは付属のサウンドトラックCDを聴いての感想とするつもりではありますが。
 残りの二本ですが、いずれも邦画で、『シン・ゴジラ』と『この世界の片隅に』です。前者は夏の盛りに、後者は晩秋に観に行きました。もう既に細部の記憶は怪しいのですけど、ともかく観てよかった!、と言える映画でした。出不精な僕が映画館で映画を観るなんて、よっぽどなんだから~。

『シン・ゴジラ』

 『シン・ゴジラ』
は、「たかが怪獣映画でしょ?」と言わせない圧倒的なリアリティが圧巻でした。もちろん、細かいところを言えば、「なんでそこで石原さとみなの、好きだけど」とか、後に防衛省のお偉い方が「敵性と認めなくとも災害要件で自衛隊は出動できるし装備(武器)も使用できる」などと根本的な考証ミスを指摘したりもしましたが、そういったことが些細な事に思えるほどの素晴らしい出来でした。「庵野秀明ってしょせんエヴァの人でしょ?」と言うやつは観てから言え!。
 今までゴジラをフォローし続けてきて、「なんでそこで非リアルな設定になっちゃうかなぁ」と、いつも残念な思いを抱いてきた(元祖『ゴジラ』ですら「オキシジェン・デストロイヤー」と言うトンデモ兵器に頼らざるを得なかったのです)僕にとっては、まさに大いに溜飲を下げられた映画でありました。
 国際的な評価は最低らしいですが、まぁ、大雑把な外国人にはこの緻密で日本的な世界観は理解できなくて当然でしょ。
 ちなみに、この映画、驚異のロングランを続けており、主要都市の映画館ではまだまだ上映されています。観ようかどうか迷っているという方は、僕を信じて観に行って欲しい。…いや、そんな偉そうなことが言えるほど信頼されてるとは思っちゃ無いですけどね。(^_^;

『この世界の片隅に』

 『この世界の片隅に』
は、戦時下の庶民の暮らしに焦点を絞ったことにより、圧倒的に親近感を覚えられる戦争映画(と言って良いのでしょうね)となりました。また、「ジブリばかりが日本のアニメじゃない」と言う事を端的に示したというのも功績としてあげられるでしょう。もっともこの点は、僕が観ていない『君の名は。』のほうが世評が高いかもしれません。僕は恋愛要素が絡むお話は苦手なので意図的に観ないことにした映画なのですが。まぁ、TVで放映されたら録画するとは思いますが(笑)。
 『この世界の片隅に』は、何年か前に原作を全巻(と言っても3分冊ですが)読んでいたことも有り、世界観を知っていたのが大きかったです。「自分の苦手なタイプのお話ではない」とわかっていたわけです。主人公/ヒロインの すず が、どこにでもいるような平凡な女性であることもポイント高かったです。平凡であることが必ずしも魅力的ではないと言うことにはならない、と言う好例だと思います。
 その声を担当したのは能年玲奈改め のん ですが、不自然な所はほとんど無く(幼少期の すず はちょっと無理があったかもしれません)、世界観の中にすっぽり収まっていたのが素晴らしかったです。制作費をクラウンド・ファウンデイング(インターネット上の公募)で募るといういささか苦しい台所事情で制作されたこの映画で、仮にもかつて売れっ子だったことのある(と言う言い方をしなければいけないのはいささか業腹ではありますが)能年玲奈改め のん を起用するというのはかなり冒険だったはずですが、成果は見事に上がったと言えるでしょう。ちなみに、能年玲奈と言う名前は芸名ではなく本名なのですが、前事務所の圧力で使用できないという理不尽な状況らしいです。そう言う能年玲奈改め のん にとってもこの映画の成功は嬉しいのではないでしょうか。個人的には のん と言う名前が浸透するのも嬉しいだろうと思いますが、堂々と本名を名のれる状況に復帰できるのが一番だと思います。密かにではありますが、応援し続けたいです。
 ちなみに、この映画もロングランを続けており、『シン・ゴジラ』同様、主要都市の映画館ではまだまだ上映されています。観ようかどうか迷っているという方は、僕を信じて…くれると嬉しいなぁ…。(^_^;

 最後になったけど、昨年の2月末に就職できたのも大きなイヴェントでした。うつ病のため勤怠がどうしても不安定になる僕が、就職面接で採用されるまでに回復したのですから、これは快挙でしょ(笑)。いやまぁ、最近また調子が落ちてきたので、踏ん張らなきゃなんですけどね。

 と言う感じで、だらだらと、僕の2016年の振り返りを書いてみました。ご笑覧いただけたなら欣快(きんかい)の至りであります。



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

2017年の年賀状


2017年の年賀状

 旧年の僕のビッグ・イヴェントは何と言っても就職したこと!。本年もバリバリと働き…たくはないなぁ(笑)。ま、ほどほどにね!。

テーマ : 新年のご挨拶。
ジャンル : 日記

2016年の年賀状。

2016年の年賀状
 この写真は、昨年未公開だった2015年6月7日(日)防府北基地航空祭でのブルーインパルス。
 今年もどうぞよろしく!。

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

【今朝のつぶやきのまとめ】2015/6/5(金)3:30am~4:43am

「☆彡ふらんぼうは音楽三昧できる時間がたっぷりあっていいね」みたいなことを言われた。好きで時間があるわけじゃないんだけど。あと、音楽の吸収効率は悪いから。めっちゃ悪いから。この歳になってまだ聴いてない名盤傑作盤死ぬほどあるから。まぁ楽しみが残っているということなんだろうけど。

音楽の吸収効率悪いから、一回聴いて「これだ!」と思えることはまず無い。必然的に一回きりのライヴよりも繰り返し聴けるCDに偏ることになる。「音楽は生が一番でしょ」みたいなことを言う人も多いけど、それが絶対だと思われると困る。いや、思ってもいいけど押し付けないで。

いやまぁ押し付けてきた人は実際にはいないんだけど(笑)。ただあまりにも「生が一番でしょ!」みたいなことが言われすぎているような気がして、僕は居心地が悪い時がある。一枚のCD/レコードを何日も何ヶ月もじっくり腰を据えて繰り返し聴いた後に訪れる充足感はライヴでは味わえない。

だから、僕のマイミクさんにはライヴ活動している人が多いんだけど、最近は一切ライヴに行っていない。そのマイミクさんたちと出会って、僕にしては足繁くライヴに通った末の結論が、「金を出すならCD/レコード」。

まぁ、ライヴ、CD両方楽しめるのが一番いいんだろうけどね。後、生のライヴは嫌いなくせにライヴ・アルバムは大好物ってのは、どうよ、俺(笑)。歪んでるなぁ(笑)。まぁ少数派だろうね、僕みたいなのは。

と言うわけで、ライヴを開拓していた時代にマイミクになっていただいた方には悪いんだけど(人間的にビューティフルな人たちばかりなのでマイミクで在り続けてもらってるんだけど)、演奏会に誘われても、行かないですけど、金輪際行かないですけど、ごめんなさい。m(_ _)m

あと、毎月音楽日記をCD5、6枚分ぐらい上げてるけど、これ、就職したら多分ほとんど上げられなくなるね。CDを聴くペースもぐっと落ちるだろう。買うペースはどうか知らんが(笑)。変なところに就職するより生活保護のままの方が経済的に豊かな生活できるというのはあるんだけど。

みたいな感じで、生活保護受けてるくせに、ツェッペリンのリマスターCDラスト3作を一気に予約した俺ってどうよ(笑)。てかまぁ、今月はストーンズの大物映像&CDをガン!と予約してるんだけど、これもどうよ(笑)。

まぁ、生活保護受けれてるというのも、精神障害者と認定されて、就労が困難、という判定がされているからではある。

でもまぁ、「お前の場合は生活習慣が悪いだけだろ」みたいなことを言われたらそうなのかもしれないな、という気もする。本当に障害で苦しんでいる人に申し訳ないような気になることもある。ただ、「やろうと思えば出来るだろ」と言われても、出来ないもんは出来ない。それは病気であろうとなかろうと。

なので、俺に無理なことを言って縁を切った知人もいたけど、そいつは、自分にできることだから(そいつも障害者だった)、なんであんたに出来ないのよ、みたいなこと言ってきたんだけど、出来ないものは出来ない。

あとまぁ、一応は病気という前提で話をすると、精神障害、鬱病と一言で言っても、人によって全く症状が違う。これ、障害者自身でもわかってない人多い。「自分にできたんだから」とか「同じ障害者だから」とか、妙な仲間意識で自分の価値観を押し付けてくる奴がいたんだけど、全部ノー・サンキューだ。

他人は他人、俺は俺。それぞれに違う。病気も違う。心も違う。価値観も違う。違う価値観の中にはイラッと来るものもあるだろう、そりゃ。俺だってサザンがいいから食わず嫌いはやめて聴いてみろ、とか言われたらイラッとする。生理的に受け付けないものをどうしろと。

卵焼きが好きなんだけど卵アレルギー、みたいな人に卵を薦めているようなもんだと何故理解できない?。そりゃまぁ、俺だって、サザンがすごいことくらい解る。生理的に受け付けないのは桑田佳祐の歌い方だけで、他の部分では無茶苦茶レヴェルの高いことをやっているのは俺にも解る。

そんなごちそうが目の前にあるのに、たったひとつの理由で食えずにいる人間に、「食ってみろ」とかどの口で言うんだ。いや、実際に食ってみろと言われたわけじゃないが、サザン聴かないのは人間じゃない、みたいな評価を最近されたので、ちょっと感情的になっている。

あと、当社比200%くらい誇張表現混じってます(笑)。

ユーモアというのは難しいもんで、特に僕なんかは皮肉っぽい人間だから(まぁコンプレックスの塊みたいな人間なんでしょうがない、と、自分では思っている)、ふと言葉にした表現が、ユーモアと取ってもらえなくて、ドツボにはまることもある。これも最近あった。

「スピルバーグはどうも理解できない。宮﨑駿は許容できるんだけどな(笑)。」みたいな表現をしてしまって、「スピルバーグは許容できないっていうのか!。そんな上から目線で言えるほどのタマか、貴様!」みたいなことを最近言われてしまった。あ、もちろん当社比200%の誇張ありなんだけど(笑)

そういう当社比200%のジョークについてこれない人は、マイミク外して頂いて結構だし(mixiのプロフィールには「結構毒吐きます。それに耐えられない人はマイミクお断り。 」って明記してあるんだけどな)、フォローも外して頂いて結構。僕は気が合う人と仲良くやりたくてSNSやってるんであ

って、議論とかしたいわけではない。あ、もちろん、異なった価値観の人と活発に議論したい人がSNSを使うことを否定したいわけじゃない。そういう人にもSNSは有効なツールだと思う。ただ、僕とは目的がずれている。ノー・サンキューだ。言い負かすのも言い負かされるのもノー・サンキュー。

ジョークにはジョークで応えて欲しいもんなんだがね。額面通りに受け取られてもね。あと、「Aは理解出来ないけどBは許容できる」は「Aは許容できない」とイコールじゃないからね?。「許容できる」とは言っているけど「許容できない」とはひとことも言ってないからね?。

まぁ、詭弁的な言い訳かもしれないけどさ。

何故東京弁になる?。>俺。(^_^;

そんなこんなで傷つく事も多いんだけど、なんとか今日も生きています!。「あんまり僕をひどく評価しないでくれ」by Brian Jones! 今日は鬱病と糖尿の通院日!。通院を終えたらジャンクスイーツ食いまくって音楽三昧してやる!。ざまーみろ!。(誰にだ?。(^_^;)

桑田佳祐は生理的にダメなのに甲本ヒロトはOKなのはなんでだろう?。

えーと、まぁ、友達なくすようなつぶやきたくさんしたけど、ほんと、ごめんね、ここらへんの価値観を「許していただける」方以外とは交流しないほうがいいと思うの。めっさごめん。自分の考えは変える気無いんで。それでも、「許してやるよ」という寛大な方は、どうかお友達でいて下さい。

…そして誰もいなくなった、ていうオチかもな。(^_^;

Twitterとかmixiのつぶやきって、新しい順に流れてくるから、意味を取りにくい時があるよな。まぁ、僕の垂れ流したつぶやきをまじめに受け止めようとしてくれるなら、発言順に読み直してもらったほうが僕の気持ちの推移は理解してもらいやすいかもね~。(4:34am)

あぁ、そうそう、大事なことを言い忘れてた。僕は基本、来る者は拒まず去る者は追わず、なので、僕を気に入らない人は自分から切ってよね。僕から切ることはしないから。めんどくさいし。(4:43am)

2015年元旦 今年も明けましたね~。どうぞ一年よろしくです~。

2015年の年賀状
 今年の年賀状です。紙の年賀状では「賀正」の代わりに手書きで相手へのコメントを書きました。
 使用したイラストは郵政Webのフリー素材です。それにコメントを書くためのフキダシを加えました。

テーマ : 新年のご挨拶。
ジャンル : 日記

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR