【CD入手】Perfume/LEVEL3(初回限定盤)(DVD付) #Perfume_um #prfm #LEVEL3


【CD】
1. Enter the Sphere
2. Spring of Life (Album-mix)
3. Magic of Love (Album-mix)
4. Clockwork
5. 1mm
6. 未来のミュージアム
7. Party Maker
8. ふりかえるといるよ
9. ポイント
10. だいじょばない
11. Handy Man
12. Sleeping Beauty
13. Spending all my time (Album-mix)
14. Dream Land

【DVD】
1. 1mm -Video Clip-
2. 「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」メモリアル
3. Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ!

 1mm

http://youtu.be/0OANDqgw9qU

 そういえば、Perfumeについて、まじめに書いたことなかったなぁ、と、ふと、気づいたので、新譜が出たことだし、徒然なるままに書いてみます。
 テクノポップ、と言う文脈で語られる事のあるPerfumeですが、僕は彼女らを「テクノポップ」と呼ぶのには抵抗があります。この感じは、イエロー・マジック・オーケストラ(“君に、胸キュン。”以前の)などを聴いたことのある人なら共感してもらえるんじゃないでしょうか。まぁ、僕は本格的なテクノはイエロー・マジック・オーケストラしか聴いたことがないので、それとの比較になってしまうわけですが。
 やっぱり、Perfumeには「毒が無い」んです。イエロー・マジック・オーケストラは、独特の「異物感」が有りました。「コレはなにかいけないことをしてるんじゃないか」と思わせるような、毒が有ったわけです。その毒、異物感こそが、テクノポップのキモだと思い込んでいた僕にとっては、Perfumeは綺麗すぎるんですね。もちろん、楽曲としてのクオリティの高さは尋常では無いですし、サウンドワークの緻密さも、評価に値するとは思います。でも、思いの外、普通なんですね。普通のポップ。当たり前といえば当たり前で、彼女らはアンダーグラウンドで勝負しようとしているわけではなく、あくまでJ-POPシーンの中での独自性/コマーシャリズムを追求しているわけです。
 翻(ひるがえ)って、イエロー・マジック・オーケストラはどうだったかと言うと、リーダーの細野晴臣が「“ファイヤークラッカー”でミリオンセールスを狙うぞ」と宣言したという「伝説」からも分かる通り、コマーシャリズムを否定したわけでもなかったのです。実際、イエロー・マジック・オーケストラはオリコンで一位になるほど売れまくるのですが、しかし、同時に彼らは、言いようの知れぬ「異和」をまき散らしていました。それはまさしく、「ロック」と言う音楽に例外なく潜む、いや、潜むと言うよりはむしろ、顕(あら)わになっている、特徴でした。コマーシャルで異和。それこそロックです。イエロー・マジック・オーケストラ/テクノポップはまさしく、新時代のロックだったのです。
 Perfumeは、国内のロックフェスティヴァルにも参加したりしていますけど、まぁ、今はももクロがロックフェスに登場する時代ですからねぇ。その嚆矢(こうし)がPerfumeあたりだったとは言えるでしょうが、それでもPerfumeを「ロック」と言うのは無理があると思います。電子音を使ったサウンドにしても、今の時代ではそれほど珍しいとは言えません。いや、まぁ、あそこまで徹底的にやって売れてるのはPerfumeだけだろ、というPerfumeファンの声も聞こえてきそうですが…。(小さな声で)でも、まぁ、基本、普通のポップミュージックだよねぇ…。
 こういうことばっか書いてると、「てめぇ、Perfumeのファンじゃねぇのかよ!」と凄まれそうなので、自己弁護を。

 「僕は のっち 推しです!。」

 いや、そう言うの、自己弁護になっていないから。(^_^;
 まじめに書くと、なんだかんだ言って、今、日本のメジャー・シーンで良質なポップを聴きたければPerfumeだ、と、結構マジで思っております。
 今回のニュー・アルバム「LEVEL3」も、変わること無く、良質なサウンドを展開しておりまして、僕は楽しんで聴いております。
 本編に関してはもう、その一言で言い尽くされると思いますので、おまけDVDについて、ちょっと言っておくと。
 「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」メモリアル、“Magic of Love”(斉藤和義二日目)、“だいじょばない”(奥田民生一日目)、“Spending all my time”(マキシマム・ザ・ホルモン)の三曲は完奏じゃん。ちょっと得した気分。彼女らのパフォーマンスがたっぷり観れますよ。

 なお、今回のアルバムに未収録のシングル曲/バージョンは以下のとおり。
Spring of Life(シングル・ヴァージョン)
コミュニケーション(c/w:Spring of Life)
Spending all my time(シングル・ヴァージョン)
Hurly Burly(c/w:Spending all my time)
Magic Of Love(シングル・ヴァージョン)

 あと、冗談交じりで言及した「のっち 推し」ですが、もし大本彩乃があんなに可愛くなければ、僕はPerfumeに興味を持っていなかったと思います。(僕が彼女らを「アイドル」とみなす所以(ゆえん)です。)彼女に惹かれたおかげで、国内メジャーシーンで最もとんがった(なおかつポップな)音楽に巡り会えたのですから、女神に感謝、ですね。

スポンサーサイト

【急募!】クラプトン&ウィンウッド@広島、一緒に行ってくれる方、1名!。

 エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッドの広島グリーンアリーナ公演(11/26(土)17:00~)のチケットが一枚余っています。
 空席のままにしておくのはクラプトン&ウィンウッドに失礼だと思うので、一緒に行ってくれる方を急募します。チケット代は言い値で結構です。
 コメ、レス、メッセージ、メール、つぶやき、お待ちしております。m(_ _)m

エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッドのコンサートのお誘い。

公演名   :ERIC CLAPTON&STEVE WINWOOD 黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents ERIC CLAPTON&STEVE WINWOOD JAPAN TOUR 2011
ホール   :広島グリーンアリーナ 
日・時   :11月26日(土) 17:00
券種・料金 :S  ¥12,000



 チケットが一枚余ってます!。一緒に行ってくれる人、募集します!。妙齢の女性でなくてもかまいません!(笑)。ドゾ、ヨロシク!。

【音楽イヴェント】梅雨をぶっ飛ばせ!@アップルジャム(6/26(日))。宵っ張りなイヴェントは、多分これが最後…。

 さて先週の土曜日に続き、今週の日曜日は、広島横川アップルジャムのイヴェント、「梅雨をぶっ飛ばせ!」を観戦してきました。土日の二日にかけてやっていたイヴェントでしたが、土曜日はB-JOBを観に(聴きに)行ったので、日曜日のみ。まぁ、ちょうどマイミクさんが出るのが日曜日に固まっていたので。
 スタートは18時からだったんですが、風呂に入ってから行こうと考えたのが失敗の元。お風呂場ですっかり寝こけてしまい、最初のバンドは全然見れませんでした。
 2バンド目から観れた(聴けた)んでっすが、何せ日をまたぐほどの長丁場のイヴェント。印象に残ったバンドだけ書いて行きます。



 3バンド目は、マイミクmyumyuさん率いるSugar Blizzard。生ギターに、パーカッションと言う楽器編成(時々voのmyumyuさんがkey)で、なかなか楽しい演奏を聴かせてくれました。myumyuさんは衣装も女の子らしいキュートでポップな装いでなかなか良かったです。
 では、myumyuさんの日記から、セットリストをコピペさせてもらいます。ハイ、ほとんど知らない曲でした(笑)。無知だね!。(^^ゞ



#1.Vogue Bambini:Kahimi Karie
#2.Time after time:CYNDI LAUPER
#3.Umbrella+3:Rehanna
~召喚Time
#4.Physical(アコースティックエロエロVer):Olivia Newton Jhon
#5.Fantasy:Earth Wind & Fire
#6.I want you back(メンバー紹介):Jackson5



 一曲目のラストで、voのmyumyuさんが思いっきりpercのシンバルをぶっ叩くのが、なかなか楽しい演出でした。
 シンディの“タイム・アフター・タイム”は歌いこむたびに情感が乗ってきて、良くなっていてるような気がします。
 召喚Timeからは、コーラスにMAYUMIさん(マイミクさん)とJAMさんが加わって、いっそう華やかに。
 myumyuさんは、超音波voice(失礼!)の持ち主なので、必ずしも僕の感性とは一致しないのですが(まぁ、アリサ・フランクリンのシャウトをヒステリックと感じるような男の言う事なんで、軽~く聞き流しちゃってください(^_^;)、今回は、超音波控えめで、良くなっていたんじゃないでしょうか。(myumyuさんの日記に寄せたコメへのレスによると、控えたと言うよりは声の出し方が良くなった、と言う感じのようですが。)



 Sweetnyは、女性voのR&Bでしたが、ソフィスティトされた音でしたね。メロウな曲が3曲も続くと飽きるかな、と言う感じなのですが、「そーいやぁー、俺って、スモーキー・ロビンソンは歌い方が軟弱だから嫌いだ、なんて思ってたなぁ~(^_^;」と言うような男の言う事なので、以下略。(^^ゞ
 4曲目と5曲目でもう一人女性vo.が加わってデュオになりました。この二人で、高声をヒットさせるところがあったのですが、女声の高音が苦手な僕でも、それほど嫌でなく聴ける感じでした。…なんか、何気に上から目線だね、俺。orz
 僕はそんな程度だったのですが、聴く耳のある人たちの心には響いたようで、アンコールがかかりました!。いや、それは多分、voのお姉さんの胸の谷間が見えていたとか言う理由では無いと思います、多分。(そー言うー目で見ていたのはオマエだけだ!。)



 DIZZY5のステージでは、申し訳ないことに、半分寝ていました。(^_^;
 決して、演奏が退屈だったと言うわけではなく、体力的に、睡魔が襲ってきたので、止むを得なかったのです。
 演奏曲目も、迷信や、ピンボールの魔術師、ブラウンシュガー等、僕のツボだったのですが…。orz
 ごめんなさい、DIZZY5のみなさん…。



 そして、The All、フォーピースのモッズ系(なのかな?)バンド。なんと、×CN勤務時代の知り合い(僕は彼の名前思い出せなかったけど、彼は僕の名前を覚えていました。情けねぇな、俺)がリードギター&voでした!。
 出だしは、The JAMの“イン・ザ・シティ”!、ノリノリでした!。そして、続けて、KINKSの“オール・ディ・アンド・オール・オブ・ザ・ナイト”へ!。その次は知らない曲でしたが、いずれも勢いのある良い演奏でした。
 知らないバラードを一曲やった後(なかなかサマになっていました)、バッド・フィンガーの“ウィズアウト・ユー”。サビは一緒に歌っちゃいました!。
 もう一曲、バラードをやった後、今度は勢いのある曲で盛り上げます!。
 そして、締めは、The Who の“サマータイム・ブルース”!。(原曲は言うまでも無くエディ・コクラン。)大いに盛り上がったステージとなりました。



 JAZZヴォーカルのユニット、Sweet Shellは、テナー・サックスのワンホーン・カルテットに女声vo入りと言う編成。
 このバンドは一曲ごとに曲名を言ってくれたので、セットリストが書けます。(^^ゞ
 でも聞き取りがあいまいな部分もありです。特に最後の二曲。(^_^;



 おいしい水
 アイ・ガッタ・リズム
 帰ってくれれば嬉しいわ
 ディサフィナード
 バツカード



 さすがに3曲目の“ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ”くらいは聴いた事がありましたが、他は、おぼろげながらタイトルは聞いた事あるかな?、いや、この曲は初耳だな…、みたいな感じでした。
 でも、雰囲気が良かったので、楽しく聴けました。
 そして、テナー・サックスの豆団子さんが(LIVEの後日、マイミクになってもらいました)、無茶苦茶若くて、可愛い!。惚れた!。俺の嫁になってくれ!、ストーンズ好きの女の娘って良いよね!と、思っていたら、ZZ.Ridersのtomoさんが、早速粉かけたらしい(笑)。(なんて言い草だ。(^^ゞ)近々、ZZ.Ridersと豆団子さんの共演が聴けるかもしれませんね。
 ラストの曲では、豆団子さんのソロで曲が締めくくられました。僕はJAZZテイストの良し悪しが解るほどこのジャンルには詳しくないのですが、なかなか良かったのではないでしょうか。と言うような事を、上野樹里のテナー(映画「スウィングガールズ」最高!)で感動しているようなやつに言われてもどうなのか、という疑問はありますが。(^_^;
 つい豆団子さんについて熱く語ってしまいましたが(岡本玲ちゃん似の(豆団子さんのほうがちょっと可愛いかな)ショートカットの良く似合う可愛い娘ちゃんです!、と、さらに熱く語ってしまいました!)、voの女声も感じが良くて、終始気持ちよく聴けました。JAZZ研のベース君にソロが多かったのも嬉しかったです。(Bass大好き人間なもので。)



 そして、真打、ZZ.Ridersの登場!。



I Shall be Released
Heart of Gold
Rock Steady
Wild Horses
Route 66
Honky Tonk Women



 ZZと言えばこの曲、みたいな、“アイ・シャル・ビー・リリースト”で幕開け!。ルーズでタイトな(どっちなんだ(^_^;)ZZのアンサンブルは、何度聴いても心地よいですね!。
 ナオミさんのヴォーカルもだいぶこなれてきた感じがあり、良い感じでした!。
 MCのグダグダ感(失礼!)もZZならでは。
 そして、怒涛のストーンズ・ナンバー3連発!。大奮発ですね!、何か良いことあったんでしょうか!?。
 “ワイルド・ホーセス”は情感の乗った良い演奏でしたし(Akiraさんのスライドが絶品!)、“ルート66”も抜群のノリでした!。(この曲は、ストーンズの、というよりは、チャック・ベリーの曲として演奏したのかもしれませんが。まぁ、原曲のボビー・トゥループは雰囲気が違いすぎるので、無い、とは思いますが。)エンディングは余裕の技でしたね。
 ラストの“ホンキー・トンク・ウィミン”では風流さんも飛び入りし、大いに盛り上がりました。ここでもナオミさんのvoは絶好調!。ソウルフルで良いですね!。 全編を通じて、Akiraさんのギターが変わらず好調なのが嬉しかったです!。“ホンキー~”では、一人キース、テイラー(笑)。



 さぁ、ラストは、アップルジャム・イヴェント恒例の、期間限定トリビュート・バンド!。今回は、サザン、クワタバンドのトリビュートです。バンド名は Honky Jill All Stars。
 ヴォーカルの人が、いきなり、「ここからはもう、打ち上げです!」てなことを言って、いきなり盛り上がりがピークに!。
 そして、クワタバンドの二曲、“バン・バン・バン”“スキップ・ビート”を立て続けに演奏。あ、ちなみに、サザンは僕の守備範囲外ですので、バンド名、曲名とも、正しい表記で無い場合がありますが、そこはご容赦を。
 次は、“涙のキッス”でメロウに決めて。そして、アップテンポの“ロックンロール・スーパーマン”へと繋ぎます。畳み掛けるように、引き続きアップテンポの曲(マイナー・キー)をやったのですが、これは曲名がわかりませんでした。客席と掛け合いやってましたね。ラストは「桑田佳祐の一番新しいシングル曲」だそうです。これ、紅白でやった曲なのかなぁ?。それはもう旧いのか?。
 一応これで締めの予定だったらしいのですが、予期せぬアンコールに応え、急遽、“明日晴れるかな”をキーボードメインでやる事に。この曲は、数少ない、桑田佳祐関連での好きな曲だったので、これは嬉しかったです。



 そんな感じで、割と良い気分でライヴ会場を後にしました。日付はとっくの昔に変わっていました。
 小雨が降っていたのですが、まぁ、傘を差すほどでもないかな~、と、思ったのですが、せっかく、傘を持ってきていたし、自転車にも傘スタンドをつけていたので、傘スタンドの試運転をかねて、傘差してみるかな、と。で、スタンドに傘をセットしたんですが…。これ、傘、後ろに傾けちゃ駄目なんですね。前傾させなければ…。後ろに傾けてセットしてしまったので、もろに風のあおりを食らい、傘がひっくり返って、骨が折れてしまいました…。「こりゃこの傘差せんな」と。まぁ、雨も小雨だし良いか、と、思ったら、雨脚はどんどん強くなって行き…。家に帰ったときにはすっかり濡れ鼠でした。
 せっかくライヴは良い感じで終わったのにな~。そのときかばんに入っていた物の中には、まだ湿気を帯びているものもあります…。(虫干ししろよ。(^_^;)



 こんな感じでしたが、え~と、通院日記でも書いたのですが、職業訓練も始まりましたし、これからは宵っ張りなイヴェントには参加できないと思います。
 アップルジャムのイヴェントは、早く始まって遅く終わると言う、かなり極端なイヴェントですが、それ以外のマイミクさん出演のイヴェントでも、宵っ張りのイヴェントが多すぎます。21時始まりとか、普通、21時はコンサートが終わる時間ですから。健全なライヴは、19時始まりの、21時終りです。江波方面は22時過ぎると、交通手段がなくなるんですよ。自転車でイヴェントに向かうのは、そういう理由もあるんです。やむを得ず…という面もあるんです。
 なので、あんまり遅くない時間に開始して、少なくとも22時までには終わってくれれば、僕もイヴェントに参加できるかもしれません。音楽イヴェントを執り行う方は、僕だけのために、開始時間を考慮していただきたいものです。










【音楽イヴェント】STAX 異種格闘技戦 Vol-1 vs B-JOB @楽座(6/25(土))

 先週の土曜日、立町ウィング地下の楽座まで、ライヴを観に(聴きに)行ってきました。出演バンドは、B-JOBとSTAX。

 心配された雨は、行きはまったく降らず。帰りにちょこっと降ったかな。

 楽座の前について、入り口に誰かいるなと思ったら、マイミクのささりんさんでした。向こうはこっちに気づいてくれたのに、こっちは気づかなかったと言う、大失礼な僕!。

 あと、お店の中で、こないだスタジオダックでZZ.Ridersを見に行った時に、近くに座っていたという人にも声をかけられちゃいました。



 そんなフレンドリーな雰囲気の中、B-JOB(美女部)が登場しました。



 I Saw Him Standing There

 Bad Boy

 Hold Me Tight

 If I Needed Someone(うさぴーさん)

 Here There and Everywhere(百花さん)

 While My Guitar Gently Weeps(百花さん)

 The Word

 Day Tripper

 Please Mister Postman

 She Loves You

 (アンコール)

 Birthday



 ビ-トルズ・トリビュート・バンドなのに、なぜか楽器編成はフェイセス(Ds,Bass,Gt,Key)という、ちょっと変わった(お前が言うな(笑))4ピース・ガールズ・バンド、B-JOB。

 今回のいでたちは…。白の上着(ブラウスなのかな…ちょっとようわからん(^_^;)に赤いスカーフを蝶ネクタイ風に結び、下は、赤い地にチェックの模様のミニスカート、それに黒系のストッキングという、ガーリィ&セクシーな装い。

 勢いよく、最初の3曲を立て続けに演奏します。へるぷさん(Bass)、モコさん(Gt)のヴォーカルがかっちょいい!。

 「He was just seventeen,You knowu what I mean...」「Now, Junior, Behave yourself!」「It's You, You, You, You ~」

 そこで一息つき、今回のSTAXとの共演の経緯をkeyのうさぴーさんがMCで。中野ホルスタインの皆さんがキューピッドだったようですね。

 と言った所で、うさぴーさんのヴォーカルで一曲、ほのぼのと。12弦ギターのサウンドをkeyで鳴らしているのが印象的でした。

 B-JOBは本家のビートルズ同様、メンバー全員がヴォーカルを取るのが特徴。続いては、ドラムスの百花さんの番。

 しっとりと一曲歌った後、告知。



 B-JOB:9月3日島根県益田市Cafeにちにち食堂(http://nichinichi.main.jp/)でライヴ(「にちにち夜ライブ Vol.4」)予定。

 Ruby grass(百花さんがpercで在籍しているバンド):7/9 ヲルガン座(http://www.organ-za.com/) \1500(要ワン・オーダー)チャップマン・スティックのラムジィさんと共演。



 と、一通り告知が済んだ所で、もう一曲、百花さんの男前なヴォーカル。モコさんはクラプトン張りのギターを弾きます。(ちょっと電源周りがトラブってモコさんのギターが鳴らない瞬間がありましたが、致命的な箇所ではありませんでした。)

 ヘルプさんのMCで、「B-JOBは当て字で美女部を当てている。言葉には力があるから、本当に美女に近づければ良いと思っている」。いやいや、今でも充分美女ですよ~。と言う事で言葉の歌を。

 そして、B-JOBお得意の“デイ・トリッパー”でノリノリに。

 ここでモコさんの汗疹(あせも)話が。モコさんの麗しい肌(見たこと無いけど(^_^;)が汗疹に侵されるとは!。もったいない!。みなさん、夏は汗に気をつけましょう!。

 ここで、モコさんから手拍子のリクエスト。「トトンがトン…」って、いや、それは違うだろう、と、メンバーたちから突込みが…。たまりかねた
(?)百花さん、正しいリズムをドラムスで叩き出しました。その、リズムに合わせて、手拍子も曲も開始。郵便屋さんに切ない思いのたけを訴えかける名曲を
演奏。

 ラストは勢いのあるR&Rで締め。…のはずが、アンコールの声がかかり、あわてるメンバーたち。うさぴーさんは、鍵盤用の楽譜を楽屋に取りに行きました。

 そして、6月生まれの人に捧げる曲(客席には一人しかいませんでしたが、B-JOBではへるぷさんが6月生まれ)をアンコールで奏で、本当に締めに!。

 前から思ってたんですけど、B-JOBって、アンコールに慣れてませんよね?。そこが初々しくて良かったかな。


 そして、次は、STAXです。老舗の(いや、今はもうやってないですが)R&B、ソウル・レーベルの名前を大胆不敵にも冠したバンド。このバンド、以前にも一度観た(聴いた)ことがあります。(http://ohy.blog.ocn.ne.jp/ohyama/2010/07/roots_in_black_.html)その時は、HOBO みゆきさんのJOSHA TREESと対バンで、やはり楽座でした。

 バンド編成は、Ds,bass,Gt,ts&ss,voの5人。

 セットリストは…。すみません、ソウル、R&Bには詳しくないもので、省略と言う事で。(^_^;

 一曲目はアイ・フィール・ファインのリフをギターが奏でて始まりましたが、なんていう曲だったんだろうな。ソウルでも良く使われるリフなのかしら?。

 以下、知ってる曲を中心に書いていきます。

 サム・クックのユー・センド・ミーを、リズムをちょっと変えて演奏。なかなか軽快なアレンジで気持ちよかったです。

 ジョージア・オン・マイ・マインドは、聴いた事あるのですが(さすがに(^_^;)、なかなかメロディのとらえどころの無い曲であります(オイオイ(^^ゞ)。犬さんの切々とした声がなかなかの物でした。

 ホワッツ・ゴーイン・オン~マーシー・マーシー・ミーはなかなか迫力あってよかったです。ただ、自分は、どこからマーシー・マーシー・ミーに変わったのか解りませんでした。(耳悪っ!。)

 最高にかっこよかったのが、JBのアイ・フィール・グッド!。ブレイクをはさんで、盛り上がりまくり!。個人的にもツボにハマった一発でした!。

 聴いてて思ったんですが、ソウル・R&Bの曲って、リフがバッチリ決まっている曲が多いのかな、と。だから知らない曲でも、リフのノリでノッちゃう。アレンジャーがうまいのか、それともコンポーザーがリフも込みで作曲しているんでしょうか。

 ギターのカッティングもファンキーな物が多く、割と僕好みでした。

 ベーシストの人も、相変わらずぶっとい音でブリバリでしたね。

 サックスも良い音してました。アンコールの“男が女を愛するとき”では、サックスの人が客席に乱入して、そのまま店の外に出て行っちゃってましたが…(もちろん演奏中に戻ってきましたが(笑))。



 え~、B-JOBの文章に比べて、STAXの文章に力が入っていないじゃないか、思われた方、そこはそれ、俺は男、I'm a Man, ですから…。(^_^;

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR