FC2ブログ

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。[画像大きめ閲覧注意]

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
アレサ・フランクリン / 至上の愛~チャーチ・コンサート<完全版>
リー・モーガン / VOL.3
ボブ・ディラン/セルフ・ポートレイト
ジェフ・ベック / OFFICIAL BOOTLEG USA '06
ロッド・スチュワート / アトランティック・クロッシング
 今月は四組セットする予定だったんだけど、突然の訃報で急遽五組目を冒頭に追加。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

【CD入手】var. / ROOTS OF ROCK & ROLL - ROUGH AND ROWDY (10CD, 輸入盤) #LouisJordan #BigJoeTurner #TinyBradshaw #Rocket88

■目次
●基本情報(ジャケット画像)
●曲目およびYoutube音源引用
●“ロック・アラウンド・ザ・クロック”前後のR&Rたち
●史上初のロックン・ロール・ヒット“ロケット88”
●もう一つの“ロック・アラウンド・ザ・クロック”
●マディ・ウォーターズやエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲群(1950年代)
●リトル・リチャードの元ネタたち(1950年代)
●ヤードバーズとストレイ・キャッツが採り上げた楽曲群(1960年代以降)
●名残惜しいけど。


●基本情報(ジャケット画像)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。

var. / ROOTS OF ROCK & ROLL - ROUGH AND ROWDY

■目次に戻る

 
●曲目およびYoutube音源引用

Disc: 1 (49:38)
1. Louis Jordan - Caldonia (Moore) 1945 #1 - 2:39
2. Ruth Brown - Wild, Wild Young Men (Nugtre) 1953 #3 - 2:31
3. Bobby Day - Honeysuckle Baby (Thomas) 1957 - 2:34
4. Oscar Mclollie - Roll, Hot Rod, Roll (Scott) 1955 - 2:59
5. Johnny Otis Orchestra with Marylin Scott - Beer Bottle Boogie
(Scott) 1951 voc. Marylin Scott - 2:46
6. Champion Jack Dupree - Shake Baby, Shake (Dupree) 1952 - 2:24
7. Hank Ballard & The Midnighters - Work with Me Annie (Ballard) 1954 #1 - 2:46
8. Smiley Lewis - Lillie Mae (Bartholomew / Lewis) 1955 - 2:13
9. Big Joe Turner - Lipstick, Powder and Paint (Stone) 1956 #8- 2:30
10. Don Julian & The Meadowlarks - Boogie Woogie Teenage (Jenkins) 1956 - 2:23
11. Fluffy Hunter - Fluffy's Debut (Banks / Pyles) 1948 & Buddy Banks Sextet - 2:30
12. Jackie Brenston - Rocket 88 (Brenston (Actually Ike Turner)) April 1951 #1 - 2:49
13. Pee Wee Crayton - You Know Yeah (Crayton / Crayton / Taub) 1954 - 2:33
14. Eddie Bo - I'm Wise (Bocage / Collins / Smith) 1956 - 2:13
15. Richard Berry - Crazy Lover (Berry / Josea) 1955 - 2:54
16. The Gaylarks - Teenage Mambo (Richards) 1956 - 1:46
17. Johnny Guitar Watson - Space Guitar (Watson) (Inst.) 1954 - 2:37
18. Professor Longhair - Oh Well (Byrd) 1951 - 2:27
19. Bullmoose Jackson - Watch My Signals (Jackson) 1955 - 1:59
20. Ivory Joe Hunter - Shooty Booty (Hunter) 1958 - 1:46



 
Disc: 2 (50:45)
1. Mickey & Sylvia - No Good Lover (Vanderpool / Baker) 1956 - 2:56
2. Professor Longhair - Go To The Mardi Gras (Byrd / Terry) 1950 - 2:34
3. Roy Montrell - (Every Time I Hear That) Mellow Saxophone
(Montrell / Marascalco / Blackwell) 1956 - 2:23
4. Big Joe Turner & Pete Johnson - Roll 'Em Pete (Turner / Johnson) 1939 - 2:49
5. Bob Merrill - I Ain't Mad At You (Sparkler) 1954 - 2:38
6. Stick Mcghee & His Buddies - Drinkin' Wine Spoo Dee O Dee (McGhee / Williams) 1949 #2 - 3:11
7. Big T. Tyler - King Kong (Tyler) 1957 - 2:01
8. Huey "Piano" Smith & The Clowns - Rockin' Pneumonia (Smith / Vincent) 1957 #5 - 2:12
9. Wyona Carr - Ding Dong Daddy (Carr) 1958 - 2:09
10. Johnny Otis Orchestra With Redd Lyte - Little Red Hen (Hillis / Otis) 1951 voc. Redd Lyte - 2:29
11. Etta James - W-O-M-A-N (Hawkins / James / Mallory / Mitchell) 1955 - 2:43
12. Hank Ballard & The Midnighters - Sexy Ways (Ballard) 1954 #2 - 2:29
13. Lavern Baker - Whipper Snapper (Leiber / Stoller) 1957 - 2:11
14. Willie Nix - Just Can't Stay (Nix) 1953 - 2:40
15. Big Jim Wynn - Be-Bop-A-Liba (Dixon) 1945 - 3:16
16. Zeb Turner - Jersey Rock (Turner) 1953 - 2:35
17. Merrill Moore - Red Light (Moore) 1953 - 2:29
18. Billy Boy Arnold - I Ain't Got You (Calvin Carter) 1955 - 2:13
19. Joe Lyons - Shufflin' Jive (Lyons) 1959 - 2:18
20. John Lee Hooker - Dimples (Hooker / Bracken) 1956 - 2:10



 
Disc: 3 (48:29)
1. Big Joe Turner - Bump Miss Susie (Toombs) 1951 - 2:22
2. Arthur "Big Boy" Crudup - I Want My Lovin' (Crudup) 1946 - 3:00
3. Chuck Higgins - Motorhead Baby (Porter / Watson) 1952 - 2:12
4. Johnny Otis Orchestra with Little Esther & Mel Walker - Cupid's Boogie
(Otis) 1950 voc. Little Esther & Mel Walker - 2:36
5. Ruth Brown - Hello Little Boy (Ellington / Kemp) 1954 - 2:36
6. Chuck Willis - Caldonia (Moore) 1952 - 2:22
7. Clarence Henry - Ain't Got No Home (Henry) 1956 #3 - 2:21
8. Big Mama Thornton - They Call Me Big Mama (Thornton) 1953 - 2:02
9. Paul Gayten - Music Goes Round and Round (Farley / Riley / Hodgeson) 1956 - 1:59
10. Bobby Day - Beep, Beep, Beep (Thomas / Byrd / Vikki) 1957 - 2:35
11. Young Jessie - Hit, Git and Split (Smith / Paul) 1956 - 2:30
12. Etta James - That's All (Davis / Josea) 1955 - 2:13
13. Roy Milton - You Got Me Reelin' and Rockin' (Milton / Williams) 1955 - 2:08
14. Lionel Hampton Orchestra - Rag Mop (Wills / Anderson) 1950 #4 voc. The Hamptones - 2:49
15. Piney Brown - That's Right Little Girl (Perry) 1950 - 2:38
16. Don Covay - Bip Bop Bip (Covay) 1957 - 1:54
17. Dolly Cooper - My Man (Ling) 1955 - 2:10
18. Joe Houston - Rock That Boogie (Houston / Porter) 1956 - 2:25
19. Clarence Garlow - Crawfishin' (Rene) 1953 - 2:35
20. Hank Ballard & The Midnighters - Annie Had a Baby (Glover / Ballard) 1954 #1 - 2:40



 
Disc: 4 (50:06)
1. Calvin Boze & His All Stars - Waiting and Drinking (Boze) 1950 - 2:28
2. Ann Cole - Got My Mojo Working (Preston "Red" Foster) 1957 - 2:39
3. Slim Harpo - I Got Love If You Want It (Harpo) 1957 - 2:46
4. Nappy Brown - Open the Door (Brown) 1956 - 2:18
5. Big Maybelle - Tell Me Who (Myles) 1956 - 2:04
6. Zeb Turner - Chew Tobacco Rag (Briggs) 1951 - 2:34
7. Piano Red - Wildfire (Instrumental) (Perryman) 1957 - 2:21
8. Hank Ballard & The Midnighters - Annie's Aunt Fannie (Ballard / Bass / Woods) 1954 #10 - 2:49
9. Frankie Lee Sims - Hey Little Girl (Sims) 1957 - 2:36
10. Roy Hamilton - Don't Let Go (Stone) 1958 #2 - 2:30
11. Jimmy Liggins & His Drops of Joy - Saturday Night Boogie Woogie Man (Liggins) 1950 - 2:57
12. Erline Harris - Jump And Shout (Harris / Lieb) 1950 - 2:17
13. James Waynes - Please Baby Please (Wayne) 1952 - 2:27
14. Ruth Brown - Mama, He Treats Your Daughter Mean (Wallace / Lance) 1953 #1 - 3:00
15. Oscar Wills - Flatfoot Sam (Wills) 1957 - 2:08
16. Chuck Higgins & His Mellotones - Motor Head Baby (Watson / Haven) 1952 - 2:12
17. Big Joe Turner - Honey Hush (Turner) 1953 #1 - 2:39
18. Lester Robertson - Take It Home To Grandma (Robertson) 1958 - 2:02
19. Oscar Mclollie & His Honeyjumpers - All That Oil in Texas (Rene) 1953 - 2:26
20. Rosco Gordon - New Orleans Wimmen (Gordon) 1952 - 2:32



 
Disc: 5 (51:04)
1. Rosco Gordon - Booted (Gordon) 1952 #1 - 3:10
2. George Green - Brand New Rockin' Chair (Randolph) 1953 - 2:34d
3. Harold Burrage - Way Down Boogie (Burrage) 1953 - 2:53
4. Marvin & Johnny - Tick Tock (Josea) 1954 #9 - 2:52
5. Hank Ballard & The Midnighters - Henry's Got Flat Feet (Glover) 1955 #14 - 2:41
6. Jackie Brenston - Much Later (Turner) 1957 - 2:16
7. Nappy Brown - Don't Be Angry (Brown / McCoy / Mendelsohn) 1955 #2 - 2:24
8. Bobby Day - Little Bitty Pretty One (Byrd) 1957 #57 - 2:28
9. Mercy Dee - Romp and Stomp Blues (Walton / Bihari) 1955 - 2:23
10. Rene Hall - Twitchy (inst.) (Duncan) 1953 - 2:26
11. Big Joe Turner - Flip, Flop and Fly (Calhorn / Turner) 1955 #2 - 2:49
12. Big John Greer - Bottle It Up And Go (Trad.) 1953 - 2:29
13. Smiley Lewis - Bumpity Bump (Bartholomew) 1955 - 2:31
14. Anita Tucker - Hop, Skip and Jump (Jones) 1956 - 2:42
15. Slim Saunders - Let's Have Some Fun Honey (Delove / Saunders / Sturgill) 1954 - 2:16
16. Gene & Eunice - Bom Bom Lulu (Forrest / Frost) 1957 - 2:32
17. The Rocking Brothers - Play Boy Hop (McNeely) 1954 - 2:36
18. Junior Gordon - Blow Wind Blow (Smith) 1957 - 2:18
19. Marvin & Johnny - Wine Woogie (Phillips) 1952 - 2:10
20. Johnny Otis Orchestra - Rock Me Baby (Otis) 1953 - 2:32



 
Disc: 6 (52:14)
1. Little Esther - Hollerin' and Screamin' (Leiber / Stoller) 1953 - 2:54
2. Mike Gordon & The El Tempos - You Got To Give (Gordon) 1954 - 2:13
3. Jimmy Rushing - Hi Ho Sylvester (Rushing) 1951 - 2:22
4. Harold Burage - You Eat Too Much (Burage) 1956 - 2:45
5. Fluffy Hunter - The Walkin' Blues (Powell / Bass) 1951 - 2:53
6. Wynonie Harris - The Deacon Don't Like It (Nubin) 1953 - 3:05
7. Roy Brown - Fanny Brown Got Married (Brown) 1955 - 2:19
8. Lionel Hampton - Hey Ba-Ba-Re-Bop (Hammer) 1946 #1 - 3:10
9. Sunnyland Slim - It's You Baby (Luandrew) 1956 - 2:20
10. Tiny Grimes - Hey Now (Grimes) 1949 - 2:34
11. Tiny Topsy - Come On, Come On, Come On (Cooley) 1957 - 2:40
12. Calin Boze - Safronia B. (Boze) 1950 #9 - 2:22
13. Fats Noel - Ride Daddy, Ride (Noel) 1951 - 2:09
14. Milt Trenier - Flip Our Wigs (Leiber / Stoller) 1953 - 2:59
15. Freddie Kohlman & His Orchestra - Hole in the Ground (Kohlman) 1953 - 2:25
16. Tiny Bradshaw - Breakin' Up the House (Glover) 1950 - 2:42
17. Harold Burage - She Knocks Me Out (Burage / Toscano) 1956 - 2:15
18. Stomp Gordon - Damp Rag (Gordon) 1952 - 2:27
19. Otis Rush - Three Times a Fool (Rush) 1957 - 2:50
20. Sly Fox - I'm Tired of Beggin' (Fox) 1954 - 2:31



 
Disc: 7 (49:39)
1. Wynonie Harris - Bloodshot Eyes (Penny / Hall) 1951 #6 - 2:42
2. Larry Williams - Short Fat Fannie (Williams) 1957 #1 - 2:24
3. Roy Brown - Mister Hound Dog's In Town (Brown) 1953 - 2:34
4. Wynona Carr - Nursery Rhyme Rock (Carr) 1956 - 1:59
5. Sonny Boy Williamson II - Don't Start Me To Talkin' (Williamson) 1955 - 2:34
6. Lavern Baker - Jim Dandy (Chase) 1956 #22 - 2:10
7. Smiley Lewis - Shame, Shame, Shame (Hopkins / Fisher) 1956 - 1:57
8. Howlin' Wolf - Smoke Stack Lightning (Burnett) 1956 #8 - 3:04
9. Linda Hopkins - Rock And Roll Blues (Conelly / Warner) 1957 - 2:08
10. Bobby Day - Sweet Little Thing (Byrd) 1957 - 2:23
11. Amos Milburn - Chicken Shack Boogie (Milburn / Cullum) 1948 #1 - 2:52
12. Stick Mcghee - One Monkey Don't Stop No Show (Terry) 1949 - 2:41
13. Mabel King - Alabama Rock And Roll (Kramer / Herman) 1956 - 2:40
14. Willis Jackson - Gator's Groove (Inst.) (Jackson) 1952 - 2:37
15. Roy Brown - Butcher Pete (Brown) 1949 - 2:28
16. Tommy Ridgley - Jam Up (Ridgley) 1954 - 2:45
17. Ella Mae Morse - Oakie Boogie (Tyler) 1952 - 1:57
18. Larry Williams - Bony Maronie (Williams) 1957 #18 - 3:01
19. Amos Milburn - Soft Pillow (Tylor) 1957 - 2:20
20. Etta James - Tough Lover (James) 1956 - 2:12



 
Disc: 8 (50:32)
1. Roy Milton & His Solid Senders - Milton's Boogie (Milton) 1946 #4 - 2:51
2. Jackie Brenston & Billy Love - Juiced (Brenston) 1951 - 2:31
3. Big Joe Turner - Low Down Dog (Turner) 1947 - 3:01
4. H-Bomb Ferguson - Rock, H-Bomb, Rock (Ferguson) 1951 - 2:09
5. Melvin Smith - I'm Out Of My Mind (Maceo / Howard / Hughes) 1952 - 2:25
6. Varetta Dillard - Easy, Easy Baby (Toombs) 1952 #8 - 2:40
7. Big Maybelle - Ring Dang Dilly (Mendelsohn) 1957 - 2:17
8. Hal Singer Sextet - Corn Bread (Singer / Reig) 1948 #1 - 2:58
9. Marie Adams & The Three Tons Of Joy - Ma (He's Making Eyes At Me) (Conrad / Clare) 1957 #2 - 2:26
10. Pearl Bailey - I Can't Rock and Roll to Save My Soul (Tobias) 1956 - 2:22
11. Boo Breeding - Country Woman (Davis) 1955 - 2:25
12. Roy Byrd & His Blues Jumpers - Bald Head (Byrd) 1950 #5 - 2:32
13. Plas Johnson & His Orchestra - Blue Jean Shuffle (Johnson) 1956 - 2:18
14. Sparkle Moore - Rock-A-Bop (Morgan) 1956 - 2:15
15. Vince Monroe - Give It Up (Monroe / West) 1956 - 2:20
16. Lowell Fulson - Rocking After Midnight (Fulson) 1949 - 2:44
17. Smiley Lewis - She's Got Me Hook, Line And Sinker (Bartholomew / King) 1956 - 2:27
18. Professor Longhair - Misery (Byrd) 1957 - 1:58
19. Rufus Thomas - Tiger Man (Burns / Louis) 1954 - 2:49
20. Donna Hightower - Hands Off (McShann / Bowman) 1956 - 2:55



 
Disc: 9 (50:52)
1. Melvin Smith - California Baby (Smith) 1952 - 2:09
2. Champion Jack Dupree - Shim Sham Shimmy (Dupree) 1953 - 2:43
3. Johnny Otis & Marie Adams - Bye Bye Baby (Otis) 1957 #20 - 2:19
4. Todd Rhodes - Rocket "69" (Glover / Mann) 1951 - 2:43
5. H-Bomb Ferguson - I Love My Baby (Turner) 1951 - 2:46
6. Ernie Williams - My Pretty Baby (Williams) 1954 - 2:01
7. Memphis Slim - Rockin' The House (Chatman) 1947 - 2:47
8. Doc Starkes & The Niteriders - Women and Cadillacs (Starkes) 1954 - 2:54
9. Big John Greer - I'm The Fat Man (Greer) 1952 - 2:29
10. Cootie Williams - Mercenary Papa (Williams) 1949 - 2:15
11. Jackie Brenston - In My Real Gone Rocket (Brenston) 1951 - 2:30
12. Jimmy Preston - Oh Babe (Prima / Kobak) 1950 - 2:48
13. B. B. King - She's Dynamite (King) 1951 - 2:30
14. Mister Sad Head - Sa Head Blues (Thurman / Ford / Astor) 1952 - 2:45
15. Wild Bill Moore - Hey Spoo-Dee-O-Dee (Brannon / Theard) 1950 - 2:41
16. Eddie Davis - Mountain Oyster (Bernard) 1949 - 2:40
17. Jesse Allen - Let's Party (Allen) 1952 - 2:25
18. Frank Motley - New Hound Dog (Motley) 1954 - 2:27
19. Tiny Bradshaw - Walk That Mess (Bradshaw / Glover) 1951 - 2:43
20. Jimmy Wilson - Jumpin' From Six To Six (Ervin) 1954 - 2:06



 
Disc: 10 (53:00)
1. Sonny Dae & His Knights - Rock Around The Clock (Freeman / De Knight) 1954 - 2:46
2. The Treniers - Rock-A-Beatin Boogie (Haley) 1954 - 2:18
3. Big Mama Thornton - Hound Dog (Leiber / Stoller) 1953 #1 - 2:57
4. Big Joe Turner - Shake, Rattle And Roll (Calhoun) April 1954 #1 - 3:02
5. Huey "Piano" Smith & The Clowns - Don't You Just Know It (Smith) 1958 #4 - 2:35
6. Little Willie Littlefield - K. C. Loving (Leiber / Stoller) 1952 - 2:39
7. Louis Jordan & His Tympany Five - Choo Choo Ch'boogie (Horton / Darling / Gabler) 1946 #1 - 2:45
8. Jimmy Preston - Rock The Joint (Crafton / Keene / Bagby) 1949 #6 - 2:36
9. Bobby Charles - Later Alligator (Guidry) 1955 #14 - 2:51
10. Billy "The Kid" Emerson - Red Hot (Emerson) 1955 - 2:25
11. Arthur Gunter - Let's Play House (Gunter) 1954 - 2:45
12. Tiny Bradshaw - The Train Kept A-Rollin' (Bradshaw / Mann / Kay) 1951 - 2:46
13. Big Maybelle - Whole Lotta Shakin' Goin' On (David / Williams) 1955 - 2:41
14. Little Richard - Tutti Frutti (LaBostrie / Luby / Penniman) 1955 #2 - 2:24
15. Ella Mae Morse - Razzle Dazzle (Calhoun) 1955 - 2:45
16. Bo Diddley - Bo Diddley (McDaniel) 1955 #1 - 2:28
17. Ruth Brown - Lucky Lips (Leiber / Stoller) 1957 #26 - 2:10
18. Milton Brown - Keep A Knockin' (Brown) 1936 - 2:34
19. Chuck Berry - Maybellene (Berry) 1955 #1 - 2:19
20. Roy Brown - Good Rocking Tonight (Brown) 1948 #11 - 3:02



■目次に戻る

 
●“ロック・アラウンド・ザ・クロック”前後のR&Rたち

 おそらくは、1955年の“ロック・アラウンド・ザ・クロック”のヒットを軸に編集されたオムニバスの10枚組。肝心のビル・ヘイリーによる“ロック~”は収録されていませんが、競作となったソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツのヴァージョンが収録されています。

 興味深いのは、『ルーツ・オブ・ロック&ロール』と言うタイトルが指し示すように、“ロック・アラウンド・ザ・クロック”以前の楽曲が多めに収録されていること。そして、更に興味深いのが、それら“~クロック”以前の曲と、以後の曲とに、さほどのスタイルの違いが感じられないことです。
 これは、ロックン・ロールと言う音楽のスタイルが、ビル・ヘイリー一人によって作られたのではないことを示す一つの具体的な証拠と言えましょう。
 つまり、“~クロック”タイプの楽曲は、それ以前からも脈々と演奏され続けており、その中から“~クロック”が選ばれたのは、ある種、偶然だったのではないか?、ということです。
 さて、それでは、そういった観点を踏まえながら、各楽曲を見ていきましょう。と言っても、全部に触れるのは無理なので、個人的に気になる楽曲を選択することになりますが…。

■目次に戻る

 
●史上初のロックン・ロール・ヒット“ロケット88”

 まずは、ジャッキー・ブレンストンの“ロケット88”。
 サム・フィリップス(エルヴィス・プレスリーらを輩出したサン・レコードの創始者のひとり)が「史上初のロックン・ロール・ヒット」と称した楽曲。まぁ、これはちょっと屋上屋というか、自分がプロデュースした楽曲の宣伝、みたいなところもあると思いますけど。サムがこの発言をしたのがいつ頃か、詳しくは調べていないのですけれども、雰囲気的にビル・ヘイリー(の“ロック・アラウンド・ザ・クロック”)のヒット以降のような気がします。
 もともとはアイク・ターナーが作った曲で、彼自身のコンボにブレンストンを参加させて吹き込んだもの。その時のプロデューサーがサムでした。
 これが、チェス・レコードから発売される段になると、ターナーの名前はどこにも無くなってしまい、ブレンストンのオリジナル扱いで発売されたので、ターナーはむちゃくちゃ不機嫌になったとかならなかったとか。しかもそれがそこそこヒットした(ビルボードR&Bチャートで首位)もんだから、ターナーの不機嫌さはいや増したとか増さなかったとか。(^_^;

 ジャッキー・ブレンストン“ロケット88”ディスク1-12. Jackie Brenston - Rocket 88 (Brenston (Actually Ike Turner)) April 1951 #1 - 2:49


■目次に戻る

 
●もう一つの“ロック・アラウンド・ザ・クロック”

 さて、“ロケット88”が史上初のロックンロール・ヒットなら、こちら“ロック・アラウンド・ザ・クロック”は史上初のナンバーワン・ロックンロール・ヒット。“~88”も前述の通りR&Bチャートでは首位になっていますが、ナショナル・チャートでは首位になっていません。“~クロック”は、ビル・ヘイリーのヴァージョンが Billboard Best Sellers in Stores と Billboard Most Played by Jockeys (後に両者が合わさってホット100チャートになった…らしい(^_^;)で1位を獲得。ロックンロール・ムーヴメントの突端となったことは衆目の一致する所。

 前述の通りこのCD-BOXには、ビル・ヘイリーのバージョンの代わりにソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツの音源が収録されています。ここでは両者を聴き比べてみましょう。

 ソニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツ“ロック・アラウンド・ザ・クロック”ディスク10-1. Sonny Dae & His Knights - Rock Around The Clock (Freeman / De Knight) 1954 - 2:46


 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ“ロック・アラウンド・ザ・クロック”(当CD-BOXには未収録)


 聴き比べてみると、ソニー・デイの方は、なんとも朴訥(ぼくとつ)で、アピールが希薄です。これは明らかにビル・ヘイリーの方ができが良いですね。とは言っても、ビル・ヘイリー・ヴァージョンがヒットしたのも、映画「暴力教室」の挿入歌に抜擢されたればこそ。でなければそのまま歴史に埋もれていてもおかしくはなかったのでは。

■目次に戻る

 
●マディ・ウォーターズやエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲群(1950年代)

 さて、ここからは、後のミュージシャンに影響を与えた曲、有り体に言えばカヴァーされた曲を、そのカヴァー・ヴァージョンとともに見て(聴いて)いきましょう。順不同です、悪しからず。

 まずは1950年代編。同時代のミュージシャンへ影響を及ぼした楽曲群です。

 アン・コールと言う女性シンガーのことはよく知らないのですが、後に大御所ブルース・マン、マディ・ウォーターズがカヴァーする“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”を最初に吹き込んだ人として名前は知っていました。その、アン・コールのヴァージョンがこのCD-BOXで聴けます…!。
 マディ・ウォーターズは間髪をいれず1957年に採り上げてスタジオで吹き込んでいるのですが、ここでは、僕が初めて聴いた1960年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでのライヴ演奏を聴いていただきましょう。

 アン・コール“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”ディスク4-2. Ann Cole - Got My Mojo Working (Preston "Red" Foster) 1957 - 2:39


 マディ・ウォーターズ“ガット・マイ・モジョ・ワーキング”(ニューポート1960年)(当CD-BOXには未収録)


 
 1950年代のロック・スターと言えば、なんと言ってもエルヴィス・プレスリー。彼が採り上げた2曲です。

 “ハウンド・ドッグ”はもうプレスリーがオリジナルだと思っている人がいるくらい彼に馴染んでいる曲ですが、元ネタはビッグ・ママ・ソーントンです。本家ならではの力強い歌唱が印象的ですね。

 ビッグ・ママ・ソーントン“ハウンド・ドッグ”ディスク10-3. Big Mama Thornton - Hound Dog (Leiber / Stoller) 1953 #1 - 2:57


 エルヴィス・プレスリー“ハウンド・ドッグ”(当CD-BOXには未収録)


 
 お次は、以前の日記でも紹介したビッグ・ジョー・ターナーの最有名曲“シェイク・ラトル・アンド・ロール”です。この曲はビル・ヘイリーも吹き込んでヒットさせていますが、エルヴィスも演っていたんですね。
 どのヴァージョンもノリノリのジャンプ・ブルース(ここではテンポ速めでリズミカルなブルースだと思ってください)に仕上がっています。…エルヴィスは軽めなロカビリーかな…?。
 このCD-BOXはビッグ・ジョーのヒット曲が多めに(全7曲)入っているのがなんとも嬉しいところ。

 ビッグ・ジョー・ターナー“シェイク・ラトル・アンド・ロール”ディスク10-4. Big Joe Turner - Shake, Rattle And Roll (Calhoun) April 1954 #1 - 3:02


 ビル・ヘイリーと彼のコメッツ“シェイク・ラトル・アンド・ロール”1954年(当CD-BOXには未収録)


 エルヴィス・プレスリー“シェイク・ラトル・アンド・ロール”1956年(当CD-BOXには未収録)


 
 今度は、ジェリー・リー・ルイスが採り上げた楽曲です。と言うか、このCD-BOXを聴くまで、この曲はジェリー・リーのオリジナルなんだとばかり思っていました。ジェリー・リーが軽快な(当時はこれでも「凶暴な」と思われていたようですが)ピアノの響きに乗っているのに対し、ビッグ・メイベルの歌いぶりはいかにもヘヴィで迫力があります。

 ビッグ・メイベル“ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン”ディスク10-13. Big Maybelle - Whole Lotta Shakin' Goin' On (David / Williams) 1955 - 2:41


ジェリー・リー・ルイス“ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン”1957年(当CD-BOXには未収録)


■目次に戻る

 
●リトル・リチャードの元ネタたち(1950年代)

 このCD-BOXは、なぜかリトル・リチャードびいきなようで、彼が採り上げた楽曲の元ネタが3曲も入っています。
 曲によっては改題されていますが、間違いなくリチャードの元ネタです。
 “カンサス・シティ”はおまけでビートルズの演奏も引用しておきました。ビートルズは著作権監視が厳しいから、すぐ無くなっちゃう気がするな。(^_^;

 エディ・ボー“アイム・ワイス”ディスク1-14. Eddie Bo - I'm Wise (Bocage / Collins / Smith) 1956 - 2:13


 リトル・リチャード“スリッピン・アンド・スライディング”(当CD-BOXには未収録)


 
 リトル・ウィリー・リトルフィールド“K.C.ラヴィング”ディスク10-6. Little Willie Littlefield - K. C. Loving (Leiber / Stoller) 1952 - 2:39


 リトル・リチャード“カンサス・シティ”(当CD-BOXには未収録)


 ビートルズ“カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ”(当CD-BOXには未収録)


 
 ミルトン・ブラウン“キープ・ア・ノッキン”ディスク10-18. Milton Brown - Keep A Knockin' (Brown) 1936 - 2:34


 リトル・リチャード“キープ・ア・ノッキン”(当CD-BOXには未収録)


 こうして並べて聴くと、リトル・リチャードがいかに強力なシャウターなのか解かります。正直、他の演奏は色あせて聴こえますね…。

■目次に戻る

 
●ヤードバーズとストレイ・キャッツが採り上げた楽曲群(1960年代以降)

 ここからは1960年代以降です。

 まずはヤードバーズが採り上げた曲を2題。
 「お金も名誉も手に入れたけど、お前だけが手に入らないよ」と言う(訳は意訳ですのでご了承を(^_^;)切なくも豪快なジャンプ・ブルースを、エリック・クラプトン在籍時のヤードバーズは若さいっぱいでカヴァーしていました。

 ビリー・ボーイ・アーノルド“アイ・エイント・ガット・ユー”ディスク2-18. Billy Boy Arnold - I Ain't Got You (Calvin Carter) 1955 - 2:13


 ヤードバーズ“アイ・エイント・ガット・ユー”1964年(当CD-BOXには未収録)


 そして“トレイン・ケプト・ア・ローリン”。この曲は、ジェフ・ベック時代のヤードバーズが採り上げているのですが、ジョニー・バーネットが採り上げたヴァージョンを参考にしているのではないかと思われます。そして、確か、ヤードバーズのヴァージョンが初出の時は作者を詐称していたのではなかったかな?。僕の勘違いかもしれないんだけど。
 オリジナルのタイニィ・ブラッドショウが、いかにもジャンプ・ブルース然としているのに対し、ジョニー・バーネットは完全にロカビリーのスタイルになっています。そのバーネットの演奏にちらっと出てきたギター・リフを拡大して、全面的に適用し、8ビートに仕立て上げたのがヤードバーズの演奏。
 どの演奏をとっても兄なり難く弟たり難い名演だと思います。

 タイニィ・ブラッドショウ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”ディスク10-12. Tiny Bradshaw - The Train Kept A-Rollin' (Bradshaw / Mann / Kay) 1951 - 2:46


 ジョニー・バーネット・トリオ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”1956年(当CD-BOXには未収録)


 ヤードバーズ“トレイン・ケプト・ア・ローリン”1965年(当CD-BOXには未収録)


 
 そして最後は、ぐっと時代が下がって、ストレイ・キャッツの元ネタです。てか、僕はストレイ・キャッツがカヴァーしていたというのを知らなかったのですが。(^^ゞ
 マイナー・キーで哀愁深くも、ぐいぐいノッて聴かせる楽曲です。

 ロイ・モントレール“メロウ・サクソフォン”ディスク2-3. Roy Montrell - (Every Time I Hear That) Mellow Saxophone (Montrell / Marascalco / Blackwell) 1956 - 2:23


 ストレイ・キャッツ“ワイルド・サクソフォン”(1981年)(当CD-BOXには未収録)


■目次に戻る

 
●名残惜しいけど。

 と言う感じで、本当はまだまだ触れたい楽曲はあるのですが…。渋いブルース・マン、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIとか、ジョン・リー・フッカーとか、ハウリン・ウルフとか。
 ギター演奏が冴えるピー・ウェイ・クレイトンとか、ジョニー・ギター・ワトソンとかにも触れたかったなぁ…。
 あと、おきゃんなスパークル・ムーアとか、重厚なエタ・ジェイムスなどの女性シンガーにも触れておきたかった…。ですが、キリが無くなるので、このへんで妥協します。(^_^;

■目次に戻る





■ミュージシャン別日記一覧




テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD雑感】今月CDチェンジャーにセットしたCDたち。[画像大きめ閲覧注意]

 画像をクリックするとアマゾンの該当ページが開きます。
バッド・カンパニー / バーニン・スカイ (デラックス・リマスター 2CD)
ジョン・コルトレーン / トレーニング・イン
ポール・サイモン / ひとりごと
イエロー・マジック・オーケストラ / ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー (紙ジャケット仕様)
デイヴィッド・ボウイ / ピンナップス
シモンズ / ヒット・コレクション
 勘違いしている人がいるかも知れないので一応言っとくけど、今月「セットした」であって、最近「購入した」、ではないですからね?、念の為。コレ書いとかないと「えらい金回りがええやないけ、ワレ~」とか思う人がいるので。あくまで以前、比較的余裕があった頃に入手したもの中心ですから。



■ミュージシャン別日記一覧




テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

【CD入手】ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD) #BobDylan #TheBand #TheBasementTapes

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●著作権監視が厳しいためYoutube音源引用はありません
●絞り出した雑感
●ディラン日記の今後の予定


●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
ボブ・ディラン&ザ・バンド/ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)(6CD)

 

All songs written by Bob Dylan except where noted; traditional songs arranged by Dylan.

Disc 1
No. Title Writer(s) Length
1. エッジ・オブ・ジ・オーシャン "Edge of the Ocean" 2:21
2. マイ・バケッツ・ガット・ア・ホール・イン・イット "My Bucket's Got a Hole in It" Clarence Williams 1:35
3. ロール・オン・トレイン "Roll on Train" 2:00
4. ミスター・ブルー "Mr. Blue" DeWayne Blackwell 1:52
5. ベルシャザール "Belshazzar" Johnny Cash 3:22
6. 忘れじの人 "I Forgot to Remember to Forget" Charlie Feathers, Stanley Kesler 3:19
7. ユー・ウィン・アゲイン "You Win Again" Hank Williams 2:43
8. スティル・イン・タウン "Still in Town" Hank Cochran, Harlan Howard 3:04
9. ワルツィング・ウィズ・シン "Waltzing with Sin" Sonny Burns, Red Hayes 2:49
10. ビッグ・リヴァー(Take 1) "Big River" (Take 1) Cash 0:43
11. ビッグ・リヴァー(Take 2) "Big River" (Take 2) Cash 2:23
12. フォルサム・プリズン・ブルース "Folsom Prison Blues" Cash 2:46
13. リムニーのベル "Bells of Rhymney" Idris Davies, Peter Seeger 3:16
14. スペイン語は愛の言葉 "Spanish is the Loving Tongue" Charles Badger Clark 3:53
15. アンダー・コントロール "Under Control" 2:50
16. オール・ロージン・ボー "Ol' Roison the Beau" Traditional 4:55
17. アイム・ギルティ・オブ・ラヴィング・ユー "I'm Guilty of Loving You" 1:09
18. クール・ウォーター "Cool Water" Bob Nolan 3:04
19. ジ・オールド・トライアングル "The Auld Triangle" Brendan Francis Behan 5:47
20. ポ・ラザルス "Po' Lazarus" Traditional 1:00
21. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 1) "I'm a Fool for You" (Take 1) 1:06
22. アイム・ア・フール・フォー・ユー(Take 2) "I'm a Fool for You" (Take 2) 2:34

Disc 2
No. Title Writer(s) Length
1. ジョニー・トッド "Johnny Todd" Traditional 2:05
2. トゥペロ "Tupelo" John Lee Hooker 2:22
3. キッキン・マイ・ドッグ・アラウンド "Kickin' My Dog Around" Traditional 2:43
4. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 1) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 1) 0:30
5. シー・ユー・レイター・アレン・ギンズバーグ(Take 2) "See You Later Allen Ginsberg" (Take 2) 0:51
6. タイニー・モンゴメリー "Tiny Montgomery" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:57
7. ビッグ・ドッグ "Big Dog" 0:24
8. アイム・ユア・ティーンエイジ・プレイヤー "I'm Your Teenage Prayer" 3:52
9. フォー・ストロング・ウィンズ "Four Strong Winds" Ian Tyson 3:42
10. ザ・フレンチ・ガール(Take 1) "The French Girl" (Take 1) Tyson, Sylvia Tyson 2:12
11. ザ・フレンチ・ガール(Take 2) "The French Girl" (Take 2) Tyson, Tyson 3:00
12. ジョシュア・ゴーン・バルバドス "Joshua Gone Barbados" Eric Von Schmidt 2:46
13. アイム・イン・ザ・ムード "I'm in the Mood" Bernard Besman, Hooker 1:58
14. ベイビー・エイント・ザット・ファイン "Baby Ain't That Fine" Dallas Frazier 2:11
15. ロック・ソルト・アンド・ネイルズ "Rock, Salt and Nails" Bruce Phillips 4:37
16. フール・サッチ・アズ・アイ "A Fool Such As I" (a 1969 re-recorded version was released in 1973 on Dylan) William Marvin Trader 2:57
17. ソング・フォー・カナダ "Song for Canada" Pete Gzowski, Tyson 4:31
18. ピープル・ゲット・レディ "People Get Ready" Curtis Mayfield 3:15
19. アイ・ドント・ハート・エニィモア "I Don't Hurt Anymore" Donald Robertson, Walter Rollins 2:15
20. ビー・ケアフル・オブ・ストーンズ・ザット・ユー・スロウ "Be Careful of Stones That You Throw" Benjamin Lee Blankenship[a 3] 3:04
21. ワン・マンズ・ロス "One Man's Loss" 3:52
22. ロック・ユア・ドア "Lock Your Door" 0:23
23. ベイビー、ウォント・ユー・ビー・マイ・ベイビー "Baby, Won't You Be My Baby" 2:53
24. トライ・ミー・リトル・ガール "Try Me Little Girl" 1:38
25. アイ・キャント・メイク・イット・アローン "I Can't Make it Alone" 3:34
26. ドント・ユー・トライ・ミー・ナウ "Don't You Try Me Now" 3:12

Disc 3
No. Title Writer(s) Length
1. ヤング・バット・デイリー・グローイング "Young But Daily Growing" Traditional 5:40
2. ボニー・シップ・ザ・ダイアモンド "Bonnie Ship the Diamond" Traditional 3:21
3. ザ・ヒルズ・オブ・メキシコ "The Hills of Mexico" Traditional 3:05
4. ダウン・オン・ミー "Down on Me" Traditional 0:43
5. ワン・フォー・ザ・ロード "One for the Road" 4:50
6. アイム・オールライト "I'm Alright" 1:46
7. 100万ドルさわぎ(Take 1) "Million Dollar Bash" (Take 1) 2:52
8. 100万ドルさわぎ(Take 2) "Million Dollar Bash" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:35
9. おもいぞパンのビン(Take 1) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 1) 1:50
10. おもいぞパンのビン(Take 2) "Yea! Heavy and a Bottle of Bread" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:16
11. アイム・ノット・ゼア "I'm Not There" (Originally released in 2007 on I'm Not There) 5:13
12. おねがいヘンリー夫人 "Please Mrs. Henry" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:34
13. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 1) "Crash on the Levee (Down in the Flood)" (Take 1) 2:11
14. 堤防決壊(ダウン・イン・ザ・フラッド)(Take 2) "Crash on the Levee" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:06
15. ロー・アンド・ビホールド(Take 1) "Lo and Behold!" (Take 1) 2:54
16. ロー・アンド・ビホールド(Take 2) "Lo and Behold!" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
17. どこにも行けない(Take 1) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 1) 2:48
18. どこにも行けない(Take 2) "You Ain't Goin' Nowhere" (Take 2 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 2:46
19. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 1) "I Shall Be Released" (Take 1) 4:04
20. アイ・シャル・ビー・リリースト(Take 2) "I Shall Be Released" (Take 2 - Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 3:58
21. 火の車 "This Wheel's on Fire" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Rick Danko 3:54
22. なにもないことが多すぎる(Take 1) "Too Much of Nothing" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 3:03
23. なにもないことが多すぎる(Take 2) "Too Much of Nothing" (Take 2) 2:51

Disc 4
No. Title Writer(s) Length
1. 怒りの涙(Take 1) "Tears of Rage" (Take 1) Dylan, Richard Manuel 4:04
2. 怒りの涙(Take 2) "Tears of Rage" (Take 2) Dylan, Manuel 2:31
3. 怒りの涙(Take 3) "Tears of Rage" (Take 3 - Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) Dylan, Manuel 4:15
4. マイティ・クイン(Take 1) "Quinn the Eskimo" (Take 1) 2:03
5. マイティ・クイン(Take 2) "Quinn the Eskimo" (Take 2 - Originally released in 1985 on Biograph) 2:16
6. ドアをあけて(Take 1) "Open the Door Homer" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:53
7. ドアをあけて(Take 2) "Open the Door Homer" (Take 2) 0:58
8. ドアをあけて(Take 3) "Open the Door Homer" (Take 3) 3:14
9. なにもはなされなかった(Take 1) "Nothing Was Delivered" (Take 1 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 4:26
10. なにもはなされなかった(Take 2) "Nothing Was Delivered" (Take 2) 3:44
11. なにもはなされなかった(Take 3) "Nothing Was Delivered" (Take 3) 0:33
12. オール・アメリカン・ボーイ "All American Boy" Bobby Bare 3:59
13. サイン・オン・ザ・クロス "Sign on the Cross" 7:21
14. オッズ・アンド・エンズ(Take 1) "Odds and Ends" (Take 1) 1:48
15. オッズ・アンド・エンズ(Take 2) "Odds and Ends" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 1:49
16. ゲット・ユア・ロックス・オフ "Get Your Rocks Off" 3:46
17. 物干しづな "Clothes Line Saga (Answer to Ode)" (Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:59
18. リンゴの木(Take 1) "Apple Suckling Tree" (Take 1) 2:41
19. リンゴの木(Take 2) "Apple Suckling Tree" (Take 2 - Originally released in 1975 on The Basement Tapes) 2:50
20. ヘンリーには言うな "Don't Ya Tell Henry" 2:31
21. バーボン・ストリート "Bourbon Street" 5:05

Disc 5
No. Title Writer(s) Length
1. 風に吹かれて "Blowin' in the Wind" 6:36
2. いつもの朝に "One Too Many Mornings" 3:23
3. ア・サティスファイド・マインド "A Satisfied Mind" Hayes, Jack Rhodes 2:01
4. 悲しきベイブ "It Ain't Me, Babe" 3:32
5. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 1) "Ain't No More Cane" (Take 1) Traditional 2:41
6. エイント・ノウ・モア・ケイン(Take 2) "Ain't No More Cane" (Take 2) Traditional 1:58
7. マイ・ウーマン・シーズ・ア・リーヴィン "My Woman She's A-Leavin'" 2:30
8. サンタフェ "Santa-Fe" (Originally released in 1991 on The Bootleg Series Vol. 1-3) 2:08
9. メアリー・ルー、アイ・ラヴ・ユー・トゥー "Mary Lou, I Love You Too" 2:30
10. ドレス・イット・アップ、ベター・ハヴ・イット・オール "Dress it Up, Better Have it All" 2:53
11. ミンストレル・ボーイ "Minstrel Boy" (Originally released in 2013 on The Bootleg Series Vol. 10) 1:40
12. サイレント・ウィークエンド "Silent Weekend" 3:01
13. ホワッツ・イット・ゴナ・ビー・ホエン・イット・カムズ・アップ "What's it Gonna Be When it Comes Up" 3:04
14. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム "900 Miles from My Home" Traditional 2:14
15. ワイルドウッド・フラワー "Wildwood Flower" A. P. Carter 2:11
16. ワン・カインド・フェイヴァー "One Kind Favor" Traditional 3:33
17. シール・ビー・カミング・ラウンド・ザ・マウンテン "She'll Be Coming 'Round the Mountain" Traditional 1:39
18. イッツ・ザ・フライト・オブ・ザ・バンブルビー "It's the Flight of the Bumblebee" 2:09
19. ワイルド・ウルフ "Wild Wolf" 3:35
20. アカプルコへ行こう "Goin' to Acapulco" (Originally released with overdubs in 1975 on The Basement Tapes) 5:37
21. ゴナ・ゲット・ユー・ナウ "Gonna Get You Now" 1:31
22. イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター "If I Were a Carpenter" James Timothy Hardin 2:23
23. コンフィデンシャル "Confidential" Dorina Morgan 1:37
24. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 1) "All You Have to Do Is Dream" (Take 1) 3:56
25. オール・ユー・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム(Take 2) "All You Have to Do Is Dream" (Take 2) 3:20

Disc 6
No. Title Writer(s) Length
1. 2ドル99セント "2 Dollars and 99 Cents" 2:35
2. ジェリー・ビーン "Jelly Bean" 2:58
3. エニィ・タイム "Any Time" 3:17
4. ダウン・バイ・ザ・ステーション "Down by the Station" 1:29
5. ハレルヤ、アイヴ・ジャスト・ビーン・ムーヴド "Hallelujah, I've Just Been Moved" Traditional 3:04
6. ザッツ・ザ・ブレイクス "That's the Breaks" 4:18
7. プリティ・メアリー "Pretty Mary" 3:12
8. ウィル・ザ・サークル・ビー・アンブロークン "Will the Circle Be Unbroken?" Carter 2:09
9. キング・オブ・フランス "King of France" 3:53
10. シーズ・オン・マイ・マインド・アゲイン "She's On My Mind Again" 4:18
11. ゴーイング・ダウン・ザ・ロード・フィーリング・バッド "Goin' Down the Road Feeling Bad" Traditional 3:21
12. オン・ア・レイニー・アフタヌーン "On a Rainy Afternoon" 2:53
13. アイ・キャント・カム・イン・ウィズ・ア・ブロークン・ハート "I Can't Come in with a Broken Heart" 2:42
14. ネクスト・タイム・オン・ザ・ハイウェイ "Next Time on the Highway" 2:20
15. ノーザン・クレイム "Northern Claim" 2:05
16. ラヴ・イズ・オンリー・マイン "Love Is Only Mine" 1:50
17. シルエット "Silhouettes" Bob Crewe, Frank Slay Jr. 1:52
18. ブリング・イット・オン・ホーム "Bring it on Home" 3:07
19. カム・オール・イェ・フェア・アンド・テンダー・レディース "Come All Ye Fair and Tender Ladies" Traditional 2:09
20. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 1) "The Spanish Song" (Take 1) 2:47
21. ザ・スパニッシュ・ソング(Take 2) "The Spanish Song" (Take 2) 2:16
22. 900マイルズ・フロム・マイ・ホーム/コンフィデンシャル (隠しトラック) "900 Miles from My Home/Confidential" (Hidden track) Traditional/Dorina Morgan 2:27

Personnel
Bob Dylan – acoustic guitar, harmonica, piano, vocals
Rick Danko – bass guitar, vocals
Garth Hudson – organ
Richard Manuel – piano, drums, vocals
Robbie Robertson – electric guitar, drums, vocals
Levon Helm – drums, vocals (select tracks, unknown)

■目次に戻る

 
●絞り出した雑感

 1967年にディランがザ・バンドの面々と吹き込んだ音源集の完全盤と謳われた6枚組のCDセットです。ぶっとい!。

 前回の『地下室』の日記で、「必要なことは全部書いてしまった」とある通り、今回は特に付け加えることも無いです。なので、まぁ、今回の6枚組で漠然と気づいたことなどをそこはかとなく記していこうと思います。CDは6枚組だけど、この日記の内容は前回の2枚組の日記以下の内容です(笑)。
 なので、できれば『地下室』の日記も合わせて読んでね…!。

 出てくる音がとにかく芳醇(ほうじゅん)で耳を惹(ひ)きつけられる、というのは前回の日記でも書きました。なので、6枚組の大きさなんですけれども、最後までしっかりと聴いてしまいます。

 一曲目からごきげんなノリなのですが、最初に特に耳を惹(ひ)かれたのが、ディスク2の18曲目、インプレッションズの“ピープル・ゲット・レイディ”。出だしのタイミングが合わなかったのか、歌い直しているのがご愛嬌。ここでのディランは繊細ささえ感じられる歌いっぷりで、なんとも感動的です。
 もちろん、ジェフ・ベックが1985年に採り上げていなければ(アルバム『フラッシュ』に収録)、僕みたいなへなちょこな音楽ファンは知らなかった曲ではあります。(^^ゞ

 この曲に限らず、実に多くのカヴァー曲、伝承曲が採り上げられています。それらのいずれもが「ディラン・ミュージック」として結実しているのが、この6枚組の特に素晴らしいところだと思います。当時のディランにしてみれば、「好きな曲を気ままに演奏しただけ」なのかもしれませんが、その存在感たるや、いやはや。

 ザ・バンドの曲として発表された“怒りの涙”や“火の車”も素晴らしいわけですが、やはりここは、“アイ・シャル・ビー・リリースト”にとどめを刺すでしょう。
 これらはいずれも、ザ・バンドのデビュー・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に素晴らしい「オリジナル」ヴァージョンが収められているわけですが、ここでのディランのヴォーカルも、やはり素晴らしいものです。
 “アイ・シャル・ビー・リリースト”のテイク2は、『ブートレッグ・シリーズ1~3集』にも収録されていたので、物珍しさという点では一歩譲(ゆず)るでしょう。それでも、テイク1と並べて聴くと、格調高さが際立つような気がするのですが、それは贔屓の引き倒しでしょうか?。

 また、今回、改めて通して聴いた時びっくりしたのは、ディスク5の冒頭でいきなり“風に吹かれて”をやっていたこと。曲目一覧に目を通さずにいい加減に聴いていたことがバレバレな話ですけど、本当びっくりしました。でもまぁ、よく考えてみれば、こう言うプライヴェート録音で自分の既発曲を全然演らないというのも却(かえ)って不自然かもしれないですね。
 ここでのアレンジは、それ以前ともそれ以降とも違う、この時ならではの唯一無二のもので、実に聴き応えがあります。
 なお、その他に“いつもの朝に”や“悲しきベイブ”が(ディラン作の)既存曲です。

 この6枚組で一つ残念なのは、ディスク6の扱い。音質に難のあるものをそこに追い出した、と言う事らしいんですけど。でも、こういうコレクションはそう言うのを承知の人が聴くものなんだから、時系列の本編に組み込んでもらったほうが、色々都合が良かったと思います。

 なお、この6枚組の日本盤のブックレットでは、各楽曲の簡単な解説が付いています(英文ブックレットにはない)ので、それと合わせて聴けば、興味も増すというものでしょう。ただ、欧米人の解説にありがちな、「資料的には不足」な感は無きにしもあらずで、ここはやはり緻密な日本人(笑)による補解説が欲しかったところです。また、ディスク6の楽曲についての解説はありません。
 なお、菅野ヘッケルによる日本語解説はありますが、あくまで「追記」のかたちで、本格的なものではありません。

 ところで、前回紹介した『地下室』と今回の6枚組と、重複して所持する価値があるのか、と、疑問に思われる向きもあるかもしれません。
 確かに、いくつかの楽曲は『地下室』と同じヴァージョンが収録されています。しかし、また、いくつかの曲は、『地下室』において1975年のダビングが施されており、こちらの6枚組では、その、素の姿を聴くことが出来ます。逆に言えば『地下室』は『地下室』で、より完成度の高いバージョンが聴けるとも言えます。(まぁ、いくつかの曲の、ザ・バンドだけのテイクは『地下室』の方でしか聴けないしね。)
 それで、先程の疑問に対する答えとしては、「自分で判断しなさい」と言うことになるのですが(笑)。自分の振る舞いには自分で責任持とうよ!。(^^ゞ

■目次に戻る

 
●ディラン日記の今後の予定

 さて、『ベースメント・テープス』も採り上げたし、次回のディラン日記は、いよいよ本筋に戻って、『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。ここまで長かった(笑)。『ブロンド・オン・ブロンド』を採り上げたのが 2016/05/31 でしたから、二年以上かけているわけです。(^_^;
 その割には内容が薄い?。うるせー、バカヤロウ(笑)、言われなくてもわかってらぁ!。(^^ゞ
 と言う感じで、へなちょこなディラン日記、次回は、いよいよ『ジョン・ウェズリー・ハーディング』です。大事なことなので二回言いました(笑)。あまり期待せずに、お楽しみに待っていてね~。(^o^)/

■目次に戻る




■ボブ・ディラン日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

【CD聴く】フリー / ハートブレイカー +6 (リマスター・紙ジャケット仕様) #TheFree #Heartbreaker

■目次
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)
●Youtube音源引用
●アンディ・フレイザーのいない、最後のザ・フリー
●各曲雑感
●締めの言葉


 
●基本情報(ジャケット画像、曲目など)

 ジャケ画をクリックするとアマゾンのページが開くよ!。
フリー / ハートブレイカー +6 (リマスター・紙ジャケット仕様)

1. ウィッシング・ウェル "Wishing Well" (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Kossoff, Bundrick) – 3:43
2. カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング "Come Together in the Morning" (Rodgers) – 4:38
3. トラヴェリン・イン・スタイル "Travellin' in Style" (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Kossoff, Bundrick) – 4:01
4. ハートブレイカー "Heartbreaker" (Rodgers) – 6:12

5. マディー・ウォーター "Muddy Water" (Bundrick) – 4:15
6. コモン・モータル・マン "Common Mortal Man" (Bundrick) – 4:06
7. イージー・オン・マイ・ソウル "Easy on My Soul" (Rodgers) – 3:44
8. セヴン・エンジェルス "Seven Angels" (Rodgers) – 5:03

9. ウィッシング・ウェル (USミックス from 『Song of Yesterday』) [ボーナス・トラック] "Wishing Well" (US mix) – 3:39 (includes additional guitar over-dubs by Walden)
10. レット・ミー・ショウ・ユー [ボーナス・トラック] "Let Me Show You" (Single 'B' side of "Wishing Well") (Rodgers, Kirke, Yamauchi, Bundrick) – 3:01
11. マディ・ウォーター (オルタナティヴ・ヴォーカル) [ボーナス・トラック] "Muddy Water" (Alternative vocals) – 4:15
12. ハンド・ミー・ダウン/ターン・ミー・ラウンド (プロスペクティヴ・アルバム・トラック) [ボーナス・トラック] "Hand Me Down/Turn Me Round" (Prospective album track) (Bundrick) – 3:19
13. ハートブレイカー (リハーサル・ヴァージョン) [ボーナス・トラック] "Heartbreaker" (Rehearsal version) – 5:40
14. イージー・オン・マイ・ソウル (リハーサル・ヴァージョン) [ボーナス・トラック] "Easy on My Soul" (Rehearsal version) – 8:42

Personnel[1-8]
Paul Rodgers – vocals, lead guitar (5 & 7), rhythm guitar (1-4), piano (7)
Paul Kossoff – lead guitar (1-4, 6, 8)
John "Rabbit" Bundrick – organ, piano (1-6, 8), vocals
Tetsu Yamauchi – bass guitar, percussion (5)
Simon Kirke – drums, percussion (2-4, 6-8), rhythm guitar (5)
"Snuffy" Walden – rhythm guitar (6-8)
Rebop Kwaku Baah – percussion (1)
NOTE: The album lists Kossoff as an additional musician.

Released January 1973
Recorded October – November 1972

■目次に戻る

 
●Youtube音源引用

Heartbreaker +6 / The Free


■目次に戻る

 
●アンディ・フレイザーのいない、最後のザ・フリー

 ザ・フリー名義のラスト・アルバム。
 アンディ・フレイザー(ベース)不在のザ・フリー。ここでは、あの、ごつくてぶっとい、存在感のあるベースは聴くことが出来ません。
 フレイザーの代役の山内テツ(ベース)は頑張っているとは思いますが、これは比較するのが酷というものでしょう…。不足があるというわけではないですが、やはりフレイザーを知っていると、ちょっと比較になりません…。
 なお、キーボードでジョン・バンデリック“ラビット”が加わっており、これはつまり、「コゾフ/カーク/テツ/ラビット」+ポール・ロジャース、と言う布陣であります。それで、ポール・ロジャースがいるだけでこんなに良くなっちゃうのか、とか言っちゃうと後の4人が可哀そうでは有るんだけれども、どうもそうとしか言いようがないです。「コゾフ/カーク/テツ/ラビット」だけでは多分“ウィッシング・ウェル”のような名曲はできてないでしょうし。
 アンディ・フレイザーの存在感も大きかったけど、初期からソング・ライティングに関してはロジャースに一日の長があったのかな、と。…それもちょっと違うかなぁ…。

 そして、このアルバムでは、正規メンバーであるはずのポール・コゾフ(ギター)が、ゲストであるかのようにクレジットされており、コゾフ自身も、他のメンバーも動揺したと言う話が伝わっています。

■目次に戻る

 
●各曲雑感

 一曲目の“ウィッシング・ウェル”はむちゃくちゃかっこいいです。
 キャッチーなギター・リフと、ヴォーカル・メロディがよく映えるヘヴィ・ロックン・ロールとなっています。
 その他は、ザ・フリーらしい重たい音と言うよりは、むしろメロウな感じの楽曲が並んでいるような気がします。アンディ・フレイザー(ベース)がいないとこうなっちゃうのかな、と言う感じ。

 その中では、二曲目の“カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング”は傑出していると思います。スローなバラードで美旋律!。

 他の曲にも少しだけ触れておきましょう。
 “トラヴェリン・イン・スタイル”は軽い感じですが、これも親しみやすく仕上がっています。
 タイトル曲の“ハートブレイカー”は往年のザ・フリーを思わせるヘヴィな作風。…フレイザーの不在が惜しいですが…。
 “マディー・ウォーター”は題名に反して爽やかなバラード。
 “コモン・モータル・マン”は短調の、これもバラード。
 “イージー・オン・マイ・ソウル”はミディアム・テンポの、でもこれもバラードなのかなぁ。題名のフレーズを連呼するサビがなかなかカッコいいです。
 “セヴン・エンジェルス”は短調だがテンポ速め。この曲でザ・フリーの歴史が締めくくられたかと思うと感慨深いです。もっとも当時のファンがこれをラストのアルバムだと認識していたかどうかは知らないのですけど。

 以下はボーナス・トラック。
 “ウィッシング・ウェル”のUSミックスは、ギターがダビングされているということなんだけど、僕の聴き方が悪いのか、そこらへんの違いがよくわからない。ちょっとキーボードとパーカッションが強めなのかな、と言う感じ。
 そのB面だった“レット・ミー・ショウ・ユー”はちょっとメロウな感じのするミディアム・テンポで明るめのナンバー。
 “マディ・ウォーター”はヴォーカル違いとのことですが、よぅワカラン。(^_^;
 “ハンド・ミー・ダウン/ターン・ミー・ラウンド”は「プロスペクティヴ Prospective」な、と言うことで、アルバム収録候補曲だったらしいです。マイナー・キーのバラードで、出来は悪くないと思います。ヴォーカルはこれは、ラビットなのかな。少なくともロジャースではないですね。
 “ハートブレイカー”と“イージー・オン・マイ・ソウル”はリハーサルということですが、それぞれに趣があって良いですね。“イージー・オン・マイ・ソウル”が音が悪い感じなのはなにか理由があるのかな?。

■目次に戻る

 
●締めの言葉

 以上、ライヴ・アルバムも含めて、ザ・フリーの7枚のアルバムの日記を書いてきました。ザ・フリーはこれでおしまい。本当は未発表曲満載のBOXセット『Song of Yesterday』も聴きたかったのですけれども、それはまたいずれ、金銭的余裕ができたときのお楽しみに取っておきましょう。

 ザ・フリーはいかにも英国のブルース・ロック・バンドらしい佇(たたず)まいを持ちながらも、唯一無二の「重たくうねるグルーヴ」を体現した、稀有なバンドでした。こんなバンドは、僕の知る限りでは、他にはいません。…なに?、お前の知る限りなんてたかが知れとる?…、うむ、言い返せん(笑)。

 そんなわけで、次回からは、バッド・カンパニーに戻りまして、ファースト・アルバムは以前の日記で採り上げたので、その次のセカンド・アルバム『ストレート・シューター』から聴き進めていこうと思っています。
 ではまた、いつの日かわかりませんが(笑)、バドカン日記でお会いしましょう!。いやもちろん、その他の音楽日記も鋭意更新中ですので、そちらもドゾよろしく!。(^_^;

■目次に戻る



■ザ・フリー/バッド・カンパニー日記一覧
 
 
 
 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆彡ふらんぼう

Author:☆彡ふらんぼう
 音楽好きの禿オヤジです。戦闘機もすき。♀アイドルも好き。そんな私です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR